◇記事一覧
次のページへ>>

ボルツァーノで今後のルートを思索

2017年5月19日
イタリア3

DSC00374_2017051923381716e.jpg
ボルツァーノに滞在中。

DSC00377_20170519233832c05.jpg
今日はボルツァーノで待機。
問題はこの先のルートをどうするか。

ドロミテ
昨日、ドロミテを走るつもりが悪天候で戻ってきたわけですが、
(青の点線で走るつもりが、赤線で戻ってきた)

ドロミテ街道
調べてみると、ここボルツァーノからコルティナダッペンツォっていう町までが「ドロミテ街道」っていうのになっているらしくて、そこを走ろうかなと考え中。

無題
ただ問題は天気。
ドロミテ街道上の町の週間天気予報ですが、明後日の日曜以外ほぼ雨。近くの他の町も大体こんな感じ。ボルツァーノからコルティナダンペッツォまでの道のりは110km程度なんですが、たぶん総獲得標高は3000m以上はあるはずなので、1日では走り切るのは無理。

DSC00376_201705192338317f5.jpg
明日の土曜で途中まで行って、晴れの日曜で走り切るって言うのが一番現実的な気がする。
できたら3日くらい掛けてゆっくり走りたかったけれど。
とりあえず行くかどうかは明日の天気次第って感じ。

DSC00378_201705192338347a4.jpg
たいして大きくもないボルツァーノの町を、昨日の午後からひたすら自転車で徘徊し続けているので、ひま。

DSC00382_20170519233835947.jpg
その後、突然天気が崩れる。
お店にいる時で良かったー。

DSC00384_20170519235237c48.jpg
イスがあんなところまで吹き飛ばされるくらいの嵐。
あと、ここで教えてもらったんですが、有名な自転車レース「ジロ・デ・イタリア」が今開催中らしいです。(5月5日から28日まで)
全然知らなかった。
この先ドロミティに行こうかと思っていると言うと、「来週にレースで通過するから通れなくなるよ」と教えてもらった。レースがこの辺りを通過するのは4日後、5日後(5月24日、25日)くらい。
せっかくだからちょっと観ていきたい気持ちと、道が塞がり自由に走れなくなるめんどくささから、早く離れたい気持ちの狭間で揺れる。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年05月 24日05:14 イタリア

無念の撤退

2017年5月18日
イタリア2

DSC00335_2017051915384090f.jpg
昨日、一昨日と晴れていたのに、ここにきてまさかの濃霧+霧雨。

DSC00337_20170519153841746.jpg
いよいよ本格的にドロミティの峠を攻め落としていこうというときに……。
今日で行きたかった峠は回り切れる予定だったから、明日からは雨でもよかったのに。

DSC00338_20170519153842aa9.jpg
もし明日天気が回復してくれるんなら、この町で待つところですが、しばらく天気は悪いみたい。

DSC00339_20170519153844ab9.jpg
悩んだ末、引き返すことに。
景色を楽しみにしていたのに、霧で景色が見えないんじゃ、全然やる気出ないし。

DSC00341_201705191538463be.jpg
取り合えず近くの大きな町まで戻って、天気が回復したらもう一度ドロミティに挑戦することにする。

DSC00342_201705191539045ab.jpg
昨日上った1000mを引き返し、幹線道路に復帰。

DSC00344_2017051915390714b.jpg
さらに少し下ってボルツァーノという大きな町まで。

DSC00361.jpg
特にすることも無いので、アテもなくブラブラ自転車を走らせる。

DSC00354_2017051915462399e.jpg
ここボルツァーノの旧市街も、多分に漏れず素敵な街並み。

DSC00355_20170519153956173.jpg
ブラブラ自転車で走っていたら、お呼ばれされた。
レモン入り白ワイン。

DSC00356_2017051915400201c.jpg
結局めんどくさくなってドロミティ行かずこのまま南下する可能性が若干出てきた。
標高1500m地点から200m台まで下ってきたのに、また上り直すのは正直めんどい。

DSC00346_20170519153907c2f.jpg
というか晴れてきたんですが。
山の方ではちゃんと悪天候が続いてるのかな。
昨日今日とで1000m上って下った無駄足すら無駄になってしまうから、土砂降りになってくれていないと困る。

DSC00362_20170519233812ff6.jpg
夕方、野宿地を求めて町の外へ。
ボルツァーノの本当に素晴らしいのは郊外の景色だと思った。

DSC00371_201705192338164ac.jpg
イタリアに入ってちょくちょくお城を見かける。
あまりイタリアにお城のイメージは無かった。

DSC00366_20170519233814a53.jpg
崖にもお城。
建設中に崖から落ちた人とかいるんじゃないかな。
「こんな崖ギリギリのところに建てる必要ある?」
って思いながら大工さんは働いていたと思う。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年05月 23日05:37 イタリア

ドロミテに行く

2017年5月17日
イタリア1

DSC00307_201705182013381dc.jpg
昨日に引き続き快晴。
あと2日くらい続いてくれたらほんと最高なんですけど。

DSC00310.jpg
オーストリア、イタリア国境のブレンナー峠の頂上で終わったので、今日は下りから。

DSC00311_20170518201341106.jpg
かなり緩い下り坂を降りていく。

DSC00316.jpg
途中通った町。

DSC00318_201705182013567d9.jpg
この辺りの町の看板は名前が2つ書かれている。
今いるイタリア北部のチロル地方ではドイツ語も話されているらしいので、イタリア語とドイツ語、2か国語で表記されているんだと思う。たまにそういう地域があります。めんどくさいし無駄ととらえるのか、普通に生活しているだけで2か国語覚えられて得ととらえるのか。

DSC00319_20170518201357fd4.jpg
ベンチでお昼休憩。
今日もまた標高の高いところで寝ることになると思うので、寝袋を干しして、フィルパワーを回復させておく。

DSC00322_201705182013590b0.jpg
食後に初イタリアンジェラート。

DSC00325_20170518201408df9.jpg
標高1300mちょいの峠の頂上から下り続けてキューザという町、標高400mくらいの地点まで来た。ここで川沿いに下る幹線道路を離れて、再び上り。

DSC00326_201705182014090d6.jpg
この辺りにはドロミティ山塊っていう美しい山々があって、自転車乗りの間でも有名なサイクリングスポットとなっている。

DSC00327_20170518201411a48.jpg
キューザから進路を東に向け、標高2100mまで上ったところにガルデーナ峠というのがあり、とりあえずそこを目指す。今日中には行けないので、登頂は明日になる。

DSC00330_201705182014213f3.jpg
意外と傾斜はきつくない。
ちょうどギリギリ休憩を挟まずに走り続けられるくらいの傾斜。

DSC00331_201705182014234f1.jpg
標高1000mくらい上って「サンタ クリスティーナ 」という小さな町で終了。
続きはまた明日。

DSC00333_20170518201424ad2.jpg
小さくて見えにくいけれど、パラグライダーで飛んでる人がいた。
すごい。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年05月 22日05:59 イタリア

ブレンナー峠を越えよう

2017年5月16日
オーストリア4

DSC00271_20170517155741558.jpg
珍しく朝からいい天気。
インスブルックで泊めてもらっていたステファンと握手でお別れをして出発。よかったら今日も泊まっても良いよと言ってくれたんですが、この貴重な晴れの日に走らない訳にはいかない。

DSC00275_20170517155753326.jpg
インスブルックからは進路を南に変え、イタリアに向かいます。
この辺りの、オーストリアからイタリアに掛けてのアルプス一体をチロル地方と言うらしい。

DSC00279_20170517155759223.jpg
あの「チロルチョコ」の名前もこのチロル地方から取っているらしい。
このチロル地方のアルプス縦断が、僕の中でのヨーロッパ編のハイライトという位置づけなので、晴れてくれてうれしい。この天気があと2,3日続いてくれたら完璧なんやけど。

DSC00278_2017051715580031a.jpg
アルプス縦断までには大きな峠をいくつか越える予定。
その一つ目が今日通過する、オーストリアとイタリアの国境にあるブレンナー峠。

DSC00284_20170517155801cd9.jpg
ブレンナー峠はアルプス縦断ルートの中では比較的標高が低く、傾斜も緩い峠。
古来より、オーストリア方面からイタリアに抜ける際の主要ルートとして利用されてきたらしい。
モーツァルトもイタリアへの旅行で、3回もこのブレンダー峠を越えたんだとか。

DSC00287_20170517155841cff.jpg
正直、車が多くて走っていてあまり楽しい道ではないんですが、モーツァルトが3回も通ったんだと思うとちょっとテンションが上がる。

DSC00288_20170517155843527.jpg
調べたら今回の峠越えは、インスブルックから40km弱を掛けて標高1000mを上る感じ。
自転車に乗らない人だとイメージしにくいと思いますが、この斜度は、はっきり言って激ゆる。
僕基準での一番しんどい傾斜が10kmで1000mアップなので(南米のアンデス山脈基準)、それを考えると楽勝。

DSC00290_20170517155846a04.jpg
旅の比較的序盤に南米を経験しておくと、それ以降に経験する上りが全て大したことなく感じるのでおすすめです。その代わり南米では地獄を見ることになりますが。

DSC00291_2017051715584787a.jpg
中間辺りにまともな町が登場したのでお昼休憩。

DSC00292_20170517155846c76.jpg
この辺りではよくこのベーコンの塊みたいなのを見かける。
チロル地方の食べ物らしい。
スーパーで半額になっていたのでお昼ご飯に食べる。

DSC00294_20170517155915043.jpg
ベーコンとビーフジャーキーの間みたいな感じでした。

DSC00295_20170517155906af7.jpg
傾斜の緩い坂をタラタラ上っているうえに、さらに追い風まで吹いているので、まるで疲れない。

DSC00297_2017051715591545c.jpg
で、峠の頂上に着いてイタリア入国。
最後まで疲れなかった。
こんなに簡単に標高1000m上ったの初めて。

DSC00305_201705171559294cc.jpg
ピーターも「ずっとカバンの中で寝てたけど、全然楽勝やった」って言ってたし、やっぱり大したことなかったんだと思う。

DSC00301.jpg
国境を越えたイタリア側に大きなアウトレットモールがあった。
イタリアの方が物価か税金が安くて、みんなオーストリアから買いに来るからとか、そんな理由だと予想。

DSC00302_201705171559146e0.jpg
今日は国境で終了。

【オーストリア走行記録】
2017年5月13日~16日(4日間)
走行距離……226km(1日当たり56.5km)
出費……55ユーロ(1日当たり13.75ユーロ)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年05月 21日05:36 オーストリア

インスブルック到着

2017年5月15日
オーストリア3

DSC00231_20170516005421b42.jpg
オーストリア西部の都市インスブルックを目指す。

DSC00235_20170516005422ecb.jpg
襲い掛かる牛。
自転車旅に出て4年が経とうとしている僕の敵ではなかった。

DSC00236_20170516005424bb9.jpg
川沿いに緩やかに下る道が続く。

DSC00238_201705160054295a8.jpg
そしてお昼前にインスブルック到着。
大きな町に滞在するときに度々利用しているウォームシャワーをここでも使い、サイクリストの家に泊めてもらいました。

DSC00251_201705160054356f6.jpg
シャワーを借りて、軽く横になって休み、昼から少し町を歩く。

DSC00256_20170516005443e60.jpg
一応観光地ということで、半分義務感で町に繰り出したわけですが、インスブルックは思ったよりも良いなと思った。

DSC00245_2017051600543401c.jpg
何が良かったのかは自分でもよくわからないんですが、しいて言えば、旧市街の街並みと、アルプスの山々を同時に見られるところとか。これは雲が掛かっていますが。

DSC00261_20170516005444836.jpg
向こうで思い切り雨が降っているので嫌な予感がしたんですが、その後やっぱり雨に降られる。

DSC00263_20170516005446a09.jpg
ベランダに干していた寝袋は泊めてもらっているステファンが取り込んでくれていると信じて、観光を続ける。
これは凱旋門。

DSC00267_201705171557407c6.jpg
スーパー。
スイスと比べると劇的に物価は下がった。
僕が普段買うものに関して言えば、平均して半額以下にはなったと思う。

DSC00265_2017051715573254a.jpg
そして寝袋はちゃんと取り込んでおいてくれていた。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年05月 20日05:36 オーストリア

PageTopNext>>

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート