◇記事一覧
次のページへ>>

米に始まり米に終わる

2017年3月19日
スペイン3

DSC07459.jpg
毎朝ご飯を炊いています。
たくさん炊いて、半分はタッパに詰めてお昼ご飯に。
ご飯を炊く際は、米を研いだり、しばらく吸水させたり、手間と時間が掛かるんですが、そういうのを夜のうちに済ませておけるので、朝が一番ご飯を炊きやすい。

DSC07509.jpg
コンスタンティナの町を出ると20数kmほぼ下りっぱなし。
遠くに町が見えてきた。

DSC07511_201703201730573b2.jpg
下った先の「ロラ・デル・リオ」の町で2回目の朝ごはん。
2ユーロ(約240円)

DSC07530_20170320174833b59.jpg
小さなバルにも大体こんな感じで塊の生ハムが置いてあって、トーストしたパンと一緒に食べるのが定番の朝ごはんっぽい。
激ウマ。

DSC07515_20170320173108a50.jpg
ロラ・デル・リオの町を出るときに適当に道を走っていたらなぜか小川にぶつかる。
裸足になって越える。

DSC07521.jpg
もっと未舗装を走っていたかったんですが、あっけなく幹線道路に出る。
オリーブ畑ゾーンからオレンジゾーンに変わりつつある。

DSC07531_2017032017313144d.jpg
春のヨーロッパっていうのは、ペースを落としてのんびり走りたくなる魅力がある。

DSC07535_201703201731360d3.jpg
ポサダスという町。
土日は大体の店が閉まっていて、人気が無い。
人を見かけるのはバルの前だけってくらい、みんなバルに集まっている。

DSC07529_20170320173114301.jpg
僕は全然ビールが好きではないんですが、ついつい昼間からビール。
すぐ酔っぱらうのでこのコップ一杯の量がちょうどいい。
ちなみにこれ1杯で顔が真っ赤になる。
そしてやはりタパス(おつまみ)は付いてこず。
1ユーロの小ビールだから付けてくれないんだろうか。

DSC07536.jpg
町で野宿の準備を整え、町の外で野宿地を見つける。

DSC07538_20170320173150565.jpg
野宿地に着いてまず一番にすることは、米を研いで吸水させること。
美味しくご飯を炊くために30分くらいは水につけておきたいので、この間にテントを立てたり、ストレッチをしたり。

DSC07540_201703201731529b8.jpg
一通り準備が済んだら米を炊く。

DSC07543_2017032017315344c.jpg
米を炊いている間に果物とゆで卵でビタミン、タンパク質は摂ったので、おかずは無しで白ご飯のまま食べます。ご飯は大好きなのでこれだけでも全く問題なし。
食べ終えると、また翌朝炊く分の米を研いで水につけておき、そして寝る。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しました。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 23日05:21 スペイン

スペインのバル

2017年3月18日
スペイン2

DSC07461_20170319194043ed1.jpg
ジェレナの町。

DSC07463_201703191940447d3.jpg
この町からコルドバまで幹線道路が通っているんですが、小さめの道を通っていくことにします。そっちの方が交通量も少ないだろうし。

DSC07467.jpg
日本的風景。
右側に広がるのが稲だったら完璧だったんですけれど、たぶん牧草だと思う。

DSC07471_201703191940552de.jpg
アンダルシア地方に入る。
茄子が有名なんでしょうか。
『茄子アンダルシアの夏』の題名から察するに。

DSC07473.jpg
小さい道なので、もっと山の深いところに入っていくのかと思っていたんですが、意外と景色は開けている。

DSC07480_201703191944510be.jpg
相変わらず丘の上にはお城。

DSC07491_20170319194453f95.jpg
スペインでは恐らく羊を一番よく見かける。
順番で言うと、羊は豚の次にかわいい。

DSC07500.jpg
夕方、コンスタンティナという町に到着。

DSC07502_20170319194508e95.jpg
今日は、通る町通る町でやたらとバルが賑わっていたんですが、ひょっとしたら土曜日だからかな。お祭りかなとか思っていたんですが。みんな休みの日なのにバルでだべる以外にすることが無いのかってくらい、町の中で、ただ唯一バルだけが賑わっている。
スペインのバルは利用者層も用途も広くて、例えるならバーとカフェとレストランを合わせた感じ。小さい子どもを連れた家族連れも多い。

DSC07504_201703191945099d0.jpg
スペインの町を走っていると、人々の日常生活の中にバル文化が溶け込んでいるのがよく伝わってくる。市民の社交場であるバル文化が深く根付いているだけあって、スペイン人はとても社交的で、スペインに入って声を掛けられることが増えた。

DSC07506_20170319194510ad8.jpg
僕もバルでビールを頼む。
バルでビールを頼んだら、タパスっていうおつまみも一緒に出てくると聞いていたんですが、なぜか出てこず。
ただこれ1杯で1ユーロ(約120円)と安かったのでまあいっかと思った。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しました。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 22日05:41 スペイン

選択肢の多さに困る

2017年3月17日
DSC07426_20170318035933888.jpg
昨日、スペインに入り、現在は国境から50kmくらいのところ。
出発してすぐに町が見えてきた。

DSC07429_20170318035937394.jpg
いきなり休憩。

DSC07428_20170318035936f59.jpg
見た目はバーみたいな感じですが、みんなコーヒーとパンで朝ごはんを食べている。
おっさんばかりじゃなく、女性の姿も目立つ。
これがよく聞く「バル」なのか。
というか、「バル」って「バー」のスペイン語読みのことですよね。

DSC07431_20170318035938c0d.jpg
真面目に治療してもらえるのか不安になる歯医者さん。

DSC07434_20170318035939030.jpg
そういえばアフリカとか中南米では幹線道路以外に走る道の選択肢が無い場合が多かった。
ちゃんと舗装されているのが国と国を繋ぐメインの幹線道路だけだったりして。

DSC07435_201703180359496ac.jpg
一方で、ヨーロッパは無数に道の選択肢がある。
行きたい町とか走りたい道があればいいんですが、スペインでは特にそういうのも無いので、どこを走ろうか困う。

スペイン1
強いて言えば、バルセロナにあるサグラダ・ファミリアはちょっとだけ見てみたいので、そうなると地中海沿いを走る感じになるのか。
北の方を通ると、まだ寒いと思うのでちょうどいいかもしれない。
とりあえずコルドバっていう観光地が少し先にあるので、そこを目指しています。

DSC07436_2017031803594992b.jpg
リスボンを出発してずっと向かい風が続いているんですが、不思議なくらい走っていて楽しい。
やっぱり緑って大切だなと思います。

DSC07451_201703180359563b2.jpg
とてものどか。

DSC07438_201703180359521a2.jpg
小高い山の上にお城が建っていて、山の麓に町が広がるっていうベタな構図が良い。

DSC07453_20170318040427f67.jpg
コルドバまで192km。
いい加減向かい風にムカついてきた。

DSC07457_20170319194039188.jpg
夕方、ジェレナという町に到着。
スーパーで買い物だけして町の外のオリーブ畑で隠れてキャンプ。
モロッコにもオリーブ畑をよく見かけたけれど、オリーブの木は背が低くく枝葉が広がっていて、隠れてキャンプしやすい。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しました。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 21日05:59 スペイン

あっさりとスペイン入国

2017年3月16日
risubon.jpg

DSC07359.jpg
モンサラーシュの朝。
少し歩く。

DSC07364_20170317181510250.jpg
やっぱりヨーロッパの魅力は村ですね。

DSC07356_20170317181137b95.jpg
改めてそう思わせてくれるモンサラーシュの村でした。
超オススメ。

DSC07370_20170317181218389.jpg
出発。

DSC07371_201703171812181fe.jpg
「ESPANHA」っていうのがスペインってことかな。
もうあと小一時間でスペイン入国。

DSC07374_2017031718122301a.jpg
国境近くの町。
ポルトガルでは、町の中心の丘の上にレトロな感じのお城が建てられているパターンを見かける。
これがまた中世ヨーロッパ感があってカッコいい。

DSC07383_20170317181223b2b.jpg
で、スペイン入国。

DSC07387_20170317181238250.jpg
国境でみかんを食べる。

DSC07389_20170317181239c60.jpg
数km走ったスペイン最初の「ビジャ・ヌエバ」という町。
イベリコ豚のサンドイッチを食べる。
4ユーロ(約500円)
ここで2時間くらいお昼休憩。
毎日こうして自転車で走って、こまめにブログまで書いていたら、『けやかけ』『KEYABINGO』を観るヒマが無いのではと思われるかもしれないですが、こういう休憩の時にネットで観てます。

DSC07391.jpg
町を出ると下り坂があるんですが、ちょうど下りきってもう町まで引き返せなくなったタイミングで雨に降られる。

DSC07394_20170317181242790.jpg
その後もずっと降ったり止んだりを繰り返す。
雨宿りできる場所が無いのでめんどくさい。

DSC07402_2017031718124390a.jpg
0.5秒前までカメラ目線のカッコいいシルエットだったんですが、ちょっと遅かった。

DSC07410.jpg
20~30km置きくらいに小さな町がある。
町の雰囲気はポルトガルとあまり変わらず。

DSC07421_20170317181301193.jpg
スペインに入って豚をよく見かけるようになった。イベリコ豚かな。
豚が食べられないイスラム圏の国は当然ですが、そういえば他の国で豚ってあまり見たことなかったかも。

DSC07408.jpg
世界各国で様々な家畜を見てきた僕が断言しますが、豚はかわいい。

DSC07425.jpg
やはり道路わきにずっと柵が続いて野宿場所が見つからなかったんですが、今は使われていない旧道みたいなところが見つかり、無事そこで野宿。

【ポルトガルの出費】
滞在期間:2017年3月8日~3月16日(8日間)
使ったお金:135ユーロ(約16300円)
1日当たり:2000円ちょい

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しました。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 20日05:31 ポルトガル

ポルトガルで最も美しい村に癒される

2017年3月15日
risubon3
エヴォラを出発。

DSC07277_201703160442072d5.jpg
今日も東からの向かい風ですが、昨日よりも暖かいので頑張る。

DSC07284_201703160442082c3.jpg
砂しかなかった西アフリカから来たこともあって、ヨーロッパのごくごく普通の道を走っているだけで感動。だって走ってたら花の匂いが香ってくるんですよ? 生き物の死骸の臭いとかゴミの臭いとか全くしないんですよ? 感動。

DSC07298.jpg
飼われている家畜も、西アフリカのようにゴミの中から果物の皮を漁らなくても、ちゃんと牧草を食べられる。

DSC07305.jpg
40km弱走ってモンサラーシュという町。
ここはポルトガルで最も美しい村という話で来たんですが、全然普通の町でした。
おかしいと思って調べてみると、ここは 「Reguengos de Monsaraz(レゲンゴシュ・デ・モンサラーシュ)」って町で、ここから10数km離れたところにまた別に「Monsaraz(モンサラーシュ)」の村があるらしい。(地図)
紛らわしい。

DSC07316_20170316044249086.jpg
町を出て少し走るとモンサラーシュが見えてきた。
まあまあ上るな。

DSC07319_201703160442524bd.jpg
激坂の先にモンサラーシュの村。

DSC07340_20170316044435a65.jpg
観光地になっていて駐車場にはキャンピングカーがたくさん止まっている。
ここってキャンプできるのか。
助かる。

DSC07320.jpg
先にテントを立てます。
いらない荷物を置いて、身軽な状態で観光できるのが最高。
この時点でモンサラーシュ大好きになっている。

DSC07323_20170316044335af8.jpg
で、歩いてみた結果、確かにここはポルトガルで最も美しいと言っても過言じゃない感じの村でした。

DSC07329_20170316044339a32.jpg
まず素晴らしいのがこのロケーションで、平坦な土地が広がっているところに小高い丘があって、その丘のてっぺんにこの村が築かれている。

DSC07330_201703160444155e4.jpg
なので、村の周り360度、絶景が広がっている。

DSC07334.jpg
村の中も、石畳の路地に白い壁の建物で雰囲気が良い。

DSC07339_2017031604443451e.jpg
一瞬で回れるくらい小さな村なんですが、いくらでものんびり見て回れる。

DSC07338_20170316044433af2.jpg
小さな闘牛場。

DSC07343_20170316044458770.jpg
明日にはポルトガル出国なので、最後に贅沢をしてレストランで外食をする。

DSC07350_201703160445029ca.jpg
メニューを見て、「トラディショナルなんたら」って書いてあった料理。
なんか思ってたのと違うのが出てきた。
なかなかインパクトのある見た目。
10ユーロ(約1200円)。

DSC07351_201703160445048fc.jpg
周りの茶色いのは豚肉なんですが、土台のペーストは、米を練ったような感じの物。
東アフリカで食べられるウガリ(トウモロコシの粉を練ったやつ)にも似ている気がする。
とりあえずこの土台が恐ろしくボリューミー。
絶対一人で食べるやつじゃない。
最近ダイエットのために食べる量を減らしていたんですが、久しぶりにお腹が膨れるまで食べた。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しました。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 19日05:06 ポルトガル

PageTopNext>>

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート