◇記事一覧
次のページへ>>

自転車世界一周計画

今年の春ごろから自転車で世界一周しようと計画中の崎山です。
またいろいろと準備の状況や計画の詳細など書いていこうと思います。

2013年03月 18日20:07 旅の計画

旅の予定

世界地図小4


○期間
 約3年間(2013年5月~2016年5月)


○予算
 約450万円。
 内訳は,準備費用に100万円。
 旅行中の3年間の生活費に300万円。
 予備に50万円,といった具合。

 準備費用に関しては,新しい自転車に,新しいパソコン,カメラに新しい寝袋に新しいその他もろもろ,さらに3年間の保険代,予防接種代,行きしの航空券なんかを考えると,あっという間に100万円くらいなくなってしまう。初めはもっと掛かるかと思っていたくらいなので,僕の中ではうまく抑えられたと満足している。

 旅行中の生活費については,まわる国の物価によってかなり大きく違ってくるが,調べた感じだとざっくり1年間で100万円程度と考えていいようだ。その基準をもとに,3年間で300万円とした。質素に生活していれば,これを大きく上回ることはないと信じたい。


○ルート
 上に一応ルートがありますが,文字などがかなり見にくくなってます。まあルートに関しては適当に考えている部分も多いので許していただきたいと思います。

 今回の旅でたどるルートは大きく前半と後半に分かれている。まず前半の旅では,北米の一番北にあるアラスカを出発地点として,そこからひたすら南下し,南米の最南端まで行こうと思っている。
 南米の南端の先っちょには「ウシュアイア」という世界最南端の町が存在するので,そこを前半戦のゴールにするつもりだ。

 そこから飛行機でスペイン辺りに飛んで,ヨーロッパから後半戦がスタートする。ユーラシア大陸を西側から,東側まで横断し,とりあえず中国をゴールにしようと考えているが,細かいところは未定。
 後半の中でも,特にヨーロッパなんかは見どころが多すぎて,地球の歩き方をいくら読んでいてもルートが決まらなかった。物価も高いので,細かいルートはその時の貯金の残高などをみて,着いてから考えようと思っている。

 予定では,前半の北南米大陸縦断で1年半。後半のユーラシア大陸横断で1年半,合わせて3年ぐらいのつもりで考えているが,もし時間とお金に余裕があれば,前半と後半の間にアフリカ大陸縦断のボーナスステージを追加しようかとも考えている。

 今回の旅では,自転車世界一周のルートとしては割とベタなルートをたどっている(自転車で世界一周する人は意外と多いのです)。その分情報は豊富だし,今の時点で,あまり詳細にルートを決める必要はないと考えている。細かく決めすぎて,その予定に縛られるのも嫌だし,「ここには絶対行ってみたい」というスポットはいくつか考えているが,それ以外は行き当たりばったりで行くつもりだ。
 そんな自由さも,自転車旅の醍醐味の一つだからだ。

2013年03月 26日22:45 旅の計画

旅の動機 その1

 大学4年生の冬,ネットで自転車で日本を一周した人の存在を知った。こんな楽しそうなことをしてる人がいるんや,とすごく魅力的に感じたし,自分もしてみたいと思った。そして大学を卒業する(はずだった)年の春,初めて少しいい自転車(いわゆる競輪選手が乗っているようなやつ)を買った。
 自転車に乗ってみた感想としては「こんなものか」程度のものだった。大学4年間は原付しか乗っていなかったので,自転車に乗ること自体下手したら数年ぶりで,自転車がどんなものかすら忘れつつあったのだ。でも慣れてくるにしたがって,ペダルを思い切り踏み込んだときの加速感,前傾姿勢になり風を切って走る爽快感にやみつきになっていった。

P7300237.jpg

 自転車を買って数週間後,ためしに自転車で100kmを走ってみた。家に着いたときは,疲労感とともに味わったことの無い充実感があった。そして次はもっと遠くへ行ってみたいと思った。
 そこから,『びわいち(琵琶湖を一周することです)』なんかを経て数ヵ月後,初めて泊りがけでの自転車ツーリングにチャレンジした。京都から大阪~和歌山~三重~滋賀~京都という紀伊半島をぐるりと一周する,4日間のツーリングだった。そのときは全然楽しくなかった。冗談ではなく,心の底から楽しくなかった。想像以上の険しい山々に泣きそうになりながら必死にペダルをこぎ続け,ただただ苦しくつらい日々だった。しかしそんな苦しみの中,満身創痍の中なんとか自宅までたどり着き,玄関で靴を脱いでいてまず頭の中に浮かんだのは,なぜか「次はもっと遠くに行ってみたい」という強い衝動だった。
 不思議なもので,それからは時間が経てば経つほど,記憶の中から旅の苦しさは抜け落ちていき,わずかな楽しかった思い出だけが結晶のように心の中に残り続け,もっと遠くに行ってみたいという想いは膨らんでいった。
 そんなこんなで翌年はさらに期間,距離を伸ばし,京都から九州,四国を含む,西日本一周の旅に出かけた。厳しい日程の中,なんとか無事帰宅し,気持ちを落ち着ける間もなく,まず一番に「次は海外に行こう」と思った。

P7310278.jpg

 初めは,アメリカ一周くらいにしようかとも思っていた。でも調べてみたところ,実はアメリカ一周だと数ヶ月程度でまわれてしまうことがわかった。そしてアメリカ一周に行くとなると,たった数ヶ月の旅のためにわざわざ仕事を辞めないといけないし,失うものは果てしなく大きい。

 そんな思いの末,
「それやったらもっと期間をのばして世界一周したったらええやん」
 と,至極自然ないきさつで,僕の中で自転車世界一周旅行という目標が定まった。

 自転車旅において,常に僕の中にあるのは『次はもっと遠くへ行ってみたい』という想いだ。自転車旅の魅力に身を任せるままのめり込んでいき,そして『次はもっと遠くへ行ってみたい』と願い続けた。そして辿りついたのが『世界一周』だったのだ。
 友達には「よくそんな決断できたな」とか言われるけれど,僕の中で大きな決断なんてほとんど無かった。飛躍した発想で思い至った『世界一周』では無く,段階を踏んでいき自然な思考の流れで辿りついた『世界一周』だったからだ。今回のことと比べたら,僕の場合,家電製品なんかを選ぶ時の方がもっと悩むし,大きな決断を下している感覚がある。そのぐらい僕の中でこの世界一周は,極々自然な成り行きだったのだ。

 世界一周の決断を下すうえで,1つ幸運と言えば幸運だったのが,仕事について。
 多くの自転車旅行者が頭を悩ませている問題として,帰国したときの就職の問題がある。「家からの行き帰りも遠足の内」というのと一緒で,「仕事をいったん辞め,旅立ち,帰国してから再就職をするまでが“世界一周旅行”」なのだ。
 僕の場合,今年の3月まで小学校の講師として働いていたのだが,講師の場合は1年とかの区切りで採用があることが多いので,まず正規で採用されている人よりも辞めやすかったというのが1つ。そして京都市に限って言えば,講師の数が足りていないといううわさをちらほら聞いたりもする。これは現在の話なので,僕が再び日本に帰ってくるまで,その講師不足が続いていると考えるのは楽観的過ぎるかもしれないが,少なくとも普通のサラリーマンよりかは仕事に就きやすいだろう。そして正規の採用試験も毎年行われていることなので,講師をしながら毎年受けていればいつかは受かるだろう。すべては僕の希望的観測だが,それでも他の自転車旅行者よりも,『仕事』については頭を悩ませずにすんでいる。
 そんな事情もあり,僕は世界一周旅行を即決できたわけだ。

P8251146.jpg
 
 自分で書いていても,いろいろと子どもじみてると思うし,現在27歳の僕が世界一周から帰ってきたとき,おそらく30歳くらいになっていると思う。30過ぎで,仕事も無く,貯金もスッカラカンとかほんま終わってるなとも思うんやけど,まあ,そんな悲惨な状態になってでもやってみたいことがあるというのは,それはそれで良いんじゃないかと楽観的に捕らえている。

2013年03月 31日22:43 旅の計画

自転車

自転車

◎自転車…スワローランドナー(ARAYA アラヤ)
自転車を選ぶ上で,僕は機能面として2点,デザイン面として2点を条件として考えた。

・機能面
①自転車のフレームが鉄(「クロモリ」と言います)でできていること
「自転車ってふつう鉄でできてるやろ」と思われるかもしれないが,確かに普通のママチャリは鉄製である。
しかしちょっといい自転車(いわゆるスポーツバイク)のフレームの素材は,大きくアルミ,カーボン,鉄(クロモリ)の3つに分かれていて,レース用などの自転車を除けば主流は安価なアルミ。それぞれに長所と短所があるのだが,鉄の長所は丈夫だということ。
この旅ではかなりの荷物を積んで1日中自転車をこぎ続けることになる。自転車にかかる負担はとても大きいので,やはり丈夫な素材を選んでおきたい。さらにもし自転車のフレームが折れるようなことがあったとしても,鉄(クロモリ)だけが溶接可能なのである。町工場みたいなところは世界中どこにでもあるようで,もしもの時はそこに駆け込めば,万事解決ということで,自転車旅行者の自転車は,多くが鉄(クロモリ)製なようだ。

②タイヤがマウンテンバイクの規格であること
日本のスポーツバイク業界で一番多く普及しているのは「700C」というサイズのものである(Cの意味とかは知りません)。
しかし世界的にみると,この「700C」のサイズというのは少ないらしく,逆にマウンテンバイクの規格のタイヤが主に流通しているようだ。自転車のタイヤは消耗品なので,どこの国でも手に入れられるよう,マウンテンバイクのタイヤのものを選んだ。

・デザイン面
①ランドナー(自転車の種類の1つ)であること
ランドナーと言うのは簡単に言えば,競輪選手がのっている自転車のタイヤを太くしたり,タイヤに泥除けを付けたりして旅仕様にしただけのものである。自転車業界の中では“古き良き旅用自転車” みたいな位置づけのようだ。
旅用自転車といっても,ランドナーじゃなければ旅ができないわけじゃないし,マウンテンバイクを旅用に改造して旅に出ている人もたくさんいる。そういう僕も実は,ハンドルについては,このランドナーのようなドロップハンドルよりも普通のマウンテンバイク用のハンドルの方が楽なんじゃないかと思ったりしている。
でもそこはあえてランドナーにこだわりたかった。
僕はマウンテンバイクよりも,なんとなくロマンが感じられるランドナーの方が好きだし(なんたって“古き良き旅用自転車”だし),ただ自転車で世界を回るのではなく,自分が好きな自転車で世界を回りたかったのだ。
馬鹿げているようだが,今回の自転車旅行はあくまでも趣味の延長だ。
趣味なのだから合理性よりも,つまらないこだわりを大切にしたいと思う。

②トップチューブが水平であること
トップチューブとは自転車に乗り降りするときに一番邪魔になりそうな横向けの棒のことである。ハンドルとサドルの間に掛かってるやつね。
これも,とてつもなくつまらないこだわりだが,僕はこのトップチューブが水平の自転車がかっこいいと思うので,そういう自転車を選んだ。
僕は現在1台のスポーツバイクを持っているが,この自転車を買うときは,デザインは完全に二の次で,機能と値段だけを見て考えて選んだ。
でもはっきり言って,色んなメーカーの自転車を見比べても,同じくらいの価格帯の自転車は機能も似たり寄ったりだし,多少の差があったとしても,そんな些細な機能差,素人にはまず分からない。だから気にする必要全く無かったなと買ってから気がついた。
たとえ値段の割にいいパーツをつけていたとしても,目立たないところにはしょぼいパーツを付けていることだってあるかもしれない。
つまり自転車選びにおいて,デザイン以外あまり気にする必要は無いと僕は思うのです。
3年間も乗り続ける一番の相棒になるのだから,見た目にも愛着の持てるかっこいい1台を選びたかった。そうして自転車を探し,最終的にたどり着いたのが「スワローランドナー」だった。
この自転車にはとても満足しているし,早くこの自転車で世界を回りたい。

2013年12月 北米終了後
特に問題なく走ってくれている。
気になるポイントを挙げるとすれば,ギアが重いこと。
多分,このランドナーはこれだけの荷物を載せて,旅をすることを想定された自転車ではない気がする。せいぜい後輪のサイドとハンドルのところにバッグを取り付けて,2,3週間程度の旅行をするのがちょうどいいのではないだろうか。もちろん世界一周もできないことはないけれど。
でもこのギアはどこかでもっと軽いのに交換するかもしれない。
デザインは非常に気に入っている。


2014年7月 中米終了後
ギアが重いのが気になっていたけれど,後輪のギア(スプロケット)を交換したので,その問題点は解消された。
今度,出てきた問題は太いタイヤが付けられないこと。具体的に言うと,1.50インチ幅のタイヤが限界。今は1.75インチ幅のタイヤを履いているので,泥除けを外さなくてはならなくなった。
世界一周しているサイクリストの自転車のタイヤっていうのは1.75~2.00インチ幅くらいが多分標準。
やっぱりこの自転車は世界一周用というよりかは,数週間から1ヶ月程度の自転車旅行に適していると感じる。別に世界一周も問題なく出来るんですけどね。

2013年04月 12日15:01 持ち物

キャリア(荷台)

キャリア

◎キャリア(荷台)…(前)Ergo(tubus チューブス)
             (後ろ)Logo evo(tubus チューブス)
 
自転車用のカバンを積むためのもの。
カバンの重さが全てキャリアに掛かってくるので,一番負担が掛かるし,故障も多いパーツだと思う。それだけにできるだけ信頼できる,ド定番のものを選んだ。よく知らないけれど,世界中の自転車旅行者の中ではシェアNO.1なのではないだろうか。よく知らないのにそこまで言えてしまうくらい使っている人が多い。
負荷重量は後ろのキャリアで40キロ,前のキャリアで15キロの荷物まで耐えてくれる。これは数あるキャリアの中でも断トツの耐荷重量である。
ちなみに色はシルバと黒がある。
泥除けなど他の部品はシルバなのでキャリアもシルバでそろえるつもりだったのだが,間違えて黒を注文してしまった。僕は,人がうっかり間違えそうなところでは,大体うっかり間違えてしまうような人間なので,僕の中ではよくあることである。

2013年12月 北米終了後
前後とも何の問題も無く,重い荷物に耐えてくれいている。さすがチューブス。


2014年7月 中米終了後
これまでトラブルは無し。
ところどころ,塗装が剥がれた部分が錆びてきているのが少し気になるくらい。


2015年10月 南米終了後
特に書くことなし。
サビが多少気になるものの,チューブスのキャリアは折れたとかいう話も聞かないし,信頼している。





2013年04月 12日15:03 持ち物

自転車用バッグ

DSC00553.jpg

◎自転車用バッグ…(前)フロントローラー クラシック レッド 25L(ORTLIEB オルトリーブ)
              (後ろ)バックローラー クラシック レッド 40L(ORTLIEB オルトリーブ)
              (ハンドル)アルチメイト5 クラシック L ブラック(ORTLIEB オルトリーブ)
これまた超定番のものを選んだ。これも(多分)自転車旅行者シェアNO.1を誇るシロモノである。
このかばんの最も大きな特徴は,防水機能が優れているという点。
そもそもこのオルトリーブという会社は,防水用のカバンしか作っていないようなところなので信頼性はかなり高い。
旅の途中で雨が降ってカバンと中のものがびしょびしょになった時の絶望感といったら,もう言葉では言い表せられないくらいのものがあるので,迷うことなくこのメーカのものにした。

2013年12月 北米終了後
さすがの防水性能。
大雨の日でも,このバッグの中に入れてある荷物は安心。


2014年7月 中米終了後
壁で擦ったりしているダメージが蓄積されているけれど,中に水がしみてくるようなことは無い。
さすがオルトリーブさん。


2015年10月 南米終了後
特に書くことなし。
底に穴が開いたけれど,塞げば問題なく使える。


2013年04月 12日15:04 持ち物

レインウェア(上)

DSC00567.jpg

◎レインウェア(上)…トレントフライヤージャケット(mont-bell モンベル)
トレントフライヤージャケットは,モンベルのレインウェアの中でも軽量コンパクトなモデルである。
寒い中,暑い中,いろいろな気候で使用することになるので,薄手でシンプルなものの方が使い勝手が良いかなと思って,このレインウェアを選んだ。薄手なだけあり,レインコート特有の硬さもあまりなく着心地が良い。
両サイドに手を突っ込むポケットがないのが唯一の不満だが,それ以外のデザインは気に入っている。

2013年12月 北米終了後
軽くて薄いのがやはり良い。
ただ,ゴアテックスといえども,雨の中1日走ったら水が染みてくる。
もっと分厚いゴアテックスだったら染みないとかあるんだろうか。


2014年7月 中米終了後
とにかく収納コンパクトなのがうれしい。
中米では出番が少なかったので,そんなに書くことはない。



2013年04月 12日15:06 持ち物

レインウェア(下)

DSC00564.jpg

◎レインウェア(下)…サンダーパスパンツ(mont-bell モンベル)
レインウェアの上がゴアテックスなので,下もゴアテックスのいいやつにしようと考えていたが,自転車に乗っているとサドルでこすれたりするので,すぐにだめになるという話をチラッと聞き,レインウェアの下は,消耗品のつもりで一番安いモデルにした。
でも今思うと,やっぱりゴアテックスにしても良かったかなとも思う。
その辺りは実際に旅に出てみないとなんともいえないけれど。

2013年12月 北米終了後
1日雨の中を走ったら染みてくるけれど,大きな不満は無い。
値段も安かったし。


2014年7月 中米終了後
中米で履いた記憶が無い。
感想も無し。



2013年04月 12日15:07 持ち物

ダウンジャケット

DSC00572.jpg

◎ダウンジャケット…ライトアルパインダウンジャケット(mont-bell モンベル)
軽くて暖かいダウンである。
表面が撥水性のある生地なので,少しなら雨や汚れにも耐えてくれるかもしれない。
ただ表面の生地がナイロンの薄手の物なので,引っ掛けて破いたりしないかちょっと気を使いそうでもある。 
フリースを着て,このダウンを着て,レインコートを一番上に羽織るというのが,一番寒い場合を想定した組み合わせ。
ただ真冬の京都でもその格好でギリギリ過ごせたくらいなので,真冬の京都よりも寒い地域に行ったときには,新たに防寒具を追加しないといけないかも。
ただそうなると,かなりもこもこになってしまうな。

2013年12月 北米終了後
ものすごく使い勝手がいい。
専用の袋に入れると,小さく収納できるので,ちょっと寒いときに,かばんからパッと取り出してすぐに暖かくなることができる。最も活躍してくれている防寒具。


2014年7月 中米終了後
すごく便利。
同じ防寒具でも,圧縮袋に入れているフリースは出すのがめんどくさいけれど,これは専用の収納袋に入っているのですぐに取り出せる。
ボリュームも薄すぎず暖かいし。



2013年04月 12日15:09 持ち物

フリース

フリース

◎フリース…クリマエアジャケット(mont-bell モンベル)
暖かくていいフリースだと思う。
フリースに限ったことじゃないけれど,モンベル製品の何が良いって,とにかく安い。このフリースで確か9000円くらいだったと思う。
海外のアウトドアメーカのフリースだと,ぱっと見同じような物なのに,値段が2~3倍くらい高い。
僕はこのフリースしか着たことがないのでちゃんとは比べられないが,海外メーカのものが,このフリースの2~3倍の価値があるとはちょっと思えない。
確かに見た目でいうとモンベルよりも海外メーカのフリースの方がかっこいいかもしれないけれど,このクリマエアジャケットに限って言えば僕は十分かっこいいと思うので,大満足の買い物である。
今年の冬は半分くらいこのフリースを着て過ごしたと思う。

2013年12月 北米終了後
普段は圧縮袋に入れているので,出すのが面倒で,着る機会は少ない。でも暖かいし,値段も安かったので,気に入っている。
モンベルから出ている数種類のフリースの中で,唯一ダサくないフリースでもある。あとのは全部ダサいので,モンベルでフリースを買うならこれがおすすめ。


2014年7月 中米終了後
やっぱりこのフリーズは,どう考えても安い。
暖かいのはもちろん,日本にいた時から着ているのに,全くへたれてくる様子もない。
でこの値段ですからね。
おすすめ商品。

2015年10月 南米終了後
酷使してきたのでさすがにちょっとボロになってきた。
買い換えるときももう一度同じものを買いたいくらい良いフリースだと思う。



2013年04月 12日15:11 持ち物

PageTopNext>>

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート