◇記事一覧

ピアノの話

※自転車旅とは全く関係のない投稿です。

このブログ内でも何度も書いているんですが、僕はピアノが趣味です。
20歳の大学生の時、教室の片隅に置かれているピアノで、知らない人が坂本龍一の『戦場のメリークリスマス』の曲を弾いていて、「カッコイイ。僕も弾きたい」と思ったことが、ピアノを始めるきっかけでした。その当時、鍵盤楽器の経験は保育園の頃のピアニカのみで、「ド」の位置すら知らない状態だった。

学生時代はお金も無かったためピアノ教室には通わず、その大学のピアノで、独学で練習を重ねた。ピアノ教室に通えば、上手くなるまでの道のりを最短で導いてくれるのかもしれない。しかし、どうやったら上手く弾けることができるのか、自分で考え模索しながら練習するのも、回り道ながらそれはそれで楽しい。なんせ趣味ですし。

ピアノを独学で始める人は少数派なので、人からは「すごいやん」って言われることがあるけれど、実は想像以上にすごくはない。例えば、ギターを弾く人はほとんどが独学で練習していると思う。習っていなくても上手い人はたくさんいる。結局は珍しいかそうでないかの差なのでしょう。あとピアノは学問的なところがあるので、やっぱり基礎から学ばなければならないというイメージがあるのかもしれない。どちらにせよ、コンクールを目指す訳でもなく、ただ『戦メリ』が弾きたいだけの僕には大きな問題ではなかった。

僕はピアノを習っていなかったので、当然“基礎”というものができていない。
最初の2~3年くらいは基礎ができていなくても問題はなかった。ヘタクソなりに新しい曲を弾くたびに、少しずつ高度な曲が弾けるようになっていた。しかしそれくらいから成長が止まってしまい、それ以降は弾く曲の難易度がほとんど変わっていない。

難しい曲を弾くためには5本の指すべてが速く、正確に動き、狙い通りの強さで鍵盤を押すことができなくてはならない。それは基礎練習をしないと身に付かない技術なので、その練習をしていない僕には備わっていないというわけ。何度か自分の演奏を動画で撮影したことがあるけれど、やはり指の動きがぎこちなくてダサいなと感じる。初級者から次の段階へステップアップするための壁に阻まれ続けている状態と言える。(ちなみに目標にしていた『戦メリ』は2年目くらいの成長段階で無事通過)

独学で練習していてもこれ以上、上手くなることはない。
上手くなるためには基礎的な練習をしないといけない。
遠回りながら、基礎の重要性を理解した僕は、大学卒業後、社会人になってから多少お金に余裕もできたところで、ピアノ教室に通うことにした。当時仕事が忙しくピアノを弾く時間が激減していたのだが、一方で、このままでは終わりたくないという思いも強く、ピアノ教室の門を叩いたのだった。しかし結局時間が無いことには変わらず、月1~2回のレッスンを数か月続けたところで、どうせ練習する時間ないし意味ないなってことで辞めた。

一体これは何の話やねんっていう空気が広がってきたところで、今練習している曲。


10年ピアノに触っていて、さらに30回くらい取り直してこの程度ということです。


前も紹介したんですが、今僕がハマりにハマっている、Chouchou(シュシュ)の『piano01 oto』 っていうCDの中の1曲。


サンプルの動画。
きれいでおしゃれな和音に心惹かれる。


めっちゃ押すけど、こちらは『piano01 oto』 の楽譜付きCD。

2度目の一時帰国中

2016年3月21日
アフリカのケニアから一時帰国をし、2か月ほどが経ちました。
アフリカでは、腸チフス、発疹チフスに掛かったり、荷物が川に流されたりと、良くないことが続いていましたが、日本に帰国後も、2か月の間に2回も救急で病院のお世話になるなど、トラブルが続いています。いい加減、そろそろ運が上向いてくる頃じゃないかと思ってるんですけどね。
再出発の準備をしているんですが、少し時間が掛かりそうで、再出発は5月上旬を予定してます。
なので本編再開は5月中旬ごろになるかと思います。

P_20160320_155215.jpg

再出発日が決まりました。

5月5日に日本を発つことになりました。
行き先はケニアのナイロビ。
鉄砲水によるロストバゲージのため帰国したナイロビからまた再開ということで。

正直、アフリカはもう飛ばすという選択肢もあった。
でも、まあ、なんとなく途中で辞めるのも気持ち悪いし、
まだ動物ラクダしか見てないし、
荷物流されたときに助けてもらった町の人たち会ってお礼も言いたいし、
(僕のことを覚えている人がいるのかはわからないけれど)
もう一回アフリカに行ってきます。

航空会社はエミレーツ航空。
関空-ナイロビのチケットを買ったんですが、10万5千円しました。
高い。

調べたら7万円を切るくらいの値段の航空会社もありました。
しかし、やはりネックとなるのは自転車。
なかなか自転車を運べる航空会社が無くて(運べても寸法の制限があって無理だったり)、結局高いエミレーツ航空になりました。
どこの航空会社だったか、自転車を運ぶのに別料金を取るのはいいんやけど、預けるのが可能な荷物の寸法が縦・横・高さの和で158cmまでしか無理とか無茶言われた。立方体にして50cm四方の箱に自転車をどうしまえというのか。

エミレーツ航空の場合は、自転車も追加料金なしで一般の受託手荷物として運んでくれる。
受託手荷物の規定は、重さが30kgまで、寸法は縦・横・高さの和が300cm以内。
荷物の個数は合計で30kgを超えなければ300cmまでの荷物をいくつでも運んでもらえるらしい。
これくらい手厚いと余裕で自転車も運べる。
というわけで、残り一か月弱、頑張ってバイトに励みます。

※エミレーツ航空では北米、南米へのフライトの場合、無料で運べる荷物の寸法が300cmではなく150cmとなってしまうので注意が必要。

ご支援していただきました

今回、ケニアで荷物が流されてしまったため、装備のほとんどを準備しなおすことになったわけですが、一から新調しなおすだけのお金がなかったのでいくつかのアウトドアメーカーにご支援のお願いをすることにしました。その結果、2つの企業様にご支援していただくことになりました。

DSC00071_20160428195439c24.jpg
まずは最初の出発時にもお願いをしたモンベル様
こちらではチャレンジ支援という取り組みをされていて、今回、2度目の応募をしたわけです。無償提供、割引販売して頂いた品々。

DSC00069_201604281954380db.jpg
続いてモチヅキ様
海外のアウトドアブランド製品を日本に卸されている会社です。
調理用のガソリンストーブ、ガソリンボトル、メンテナンスキットと折り畳みマットを無償提供して頂きました。

南米走行時には自転車のフレームが割れて一時帰国時に自転車を買い替えることとなり、そして今回ケニアでは荷物が流され装備を新調しなおし、今回は世界一周3度目の挑戦と言える。とにかくお金、時間の掛かる自転車旅に、これだけ何度も挑戦できるというのはとても恵まれているし、ありがたいことだと思う。
自転車旅をしていると言うと、僕が自分一人の力で成し遂げているという印象を持たれるかもしれないですが、本当にいろんな人の力を借り、ご迷惑を掛けることで成り立っているなと思う次第です。

世界一周の後半戦(2回目)の予定

世界一周後半戦ですが、だいたい1年半の予定で考えています。

予定1
まずはケニアの首都ナイロビから南アフリカまで、アフリカの下半分を縦断。
ここを約3か月ちょいで走ります。
距離は6000kmちょいなので、多分楽勝。

予定2
そして南アフリカから飛行機でスウェーデンの首都ストックホルムまで飛行機でワープ。
(画像ではフィンランドになっているのは、画像作成時はフィンランドに行くつもりで、また作り直すのがめんどくさかったため)
もうここの航空券も取っています。
8月14日、エミレーツ航空の便。
南アフリカ-スウェーデンで3万6千円。安い。

予定3
そしてそこからさらに北上し、ヨーロッパの最北端ノールカップを目指して一気に南下。
概算で8000kmくらいあるんですが、頑張ってここを3か月で走破。
というのも、ヨーロッパにはシェンゲン協定っていう決まりがあって、国境間のパスポートチェックがない代わりに、ヨーロッパ全体で3か月しか滞在できないのです。
滞在期間を回復するためにはヨーロッパの外で3か月過ごさないといけない。

予定4
というわけで、西アフリカに脱出して適当に3か月過ごします。

予定5
その後、またヨーロッパに入り、ユーラシア大陸を横断。
細かいルートはまだ未定。
治安の関係で飛ばす区間もあると思う。
最大で1万5000kmくらい?
ここを9ヶ月で抜ける予定なんですが、ちょっと厳しい気がしている。
最終的には中国辺りからフェリーで帰国したいと思っています。
いきなりミスったかなと思ってるんですが、なぜか海外旅行保険に1年半しか入っていなくて、保険の期間内に帰ってくるにはユーラシア大陸横断を9ヶ月で走り切らなくてはならない。

予定が変更になる確率は高いけれど(特に「西アフリカで3か月適当に時間潰す」のとこらへんとか)、とりあえず今のとこそんな感じで考えています。

再々出発日(日本~ケニア)

2016年5月5日
無題

DSC00090.jpg

出発日、当日の朝。
現時点で、まだ荷造りには一切手を付けていないし、持ち物の買い物も全ては終わっていないし、自転車屋さんに行く用事もあるという状況。
どうしてこんなことになったのか。
そもそも準備でしないといけないことが多すぎるんですよね。自転車旅というのは。

DSC00105_20160506113932e6e.jpg
何やかんや言いつつ無事パッキングは終了して京都駅に到着。
出発は夜なので何とかなった。
電車で関空まで行きます。

DSC00106_20160506113933635.jpg
で、関空。
前回のエジプト行きの際は、片道航空券だったためにチェックインで少し揉めた。
今回もケニアまでは片道航空券だったが、南アフリカからアフリカ脱出の航空券を用意していたので、問題なく通過。

DSC00112_2016050611393664f.jpg
本屋で最後に日本を満喫していく。
アフリカの次に行くヨーロッパのガイドブックを読んでいたら、だんだんアフリカのことがどうでもよくなってきた。まああと3か月の我慢。

DSC00113_20160506113936043.jpg
一か所乗り継ぎがあるんですが、経由地はドバイでした。
僕は、小さいころの家族旅行を除くと、だれか知り合いと一緒に飛行機に乗ったことがない。毎回一人。誰かと一緒だったら心強いし、乗り継ぎ待ちも退屈せずに済むしいいなあと思う。

DSC00115_20160507220622c58.jpg
3か月ちょいぶりにナイロビに帰ってきました。
向こうの方がナイロビ市街なんですが、明らかに雨降っていて早速へこむ。
まあ雨季なので覚悟はしてましたけど。

PageTop

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート