◇記事一覧
次のページへ>>

タンザニア入国

2016年5月9日続き
タンザニア1
ケニア、タンザニアのイミグレーションで出国、入国手続きを済ます。
ケニア入国の際にビザ代50ドルも払ったのに、たった4日で出国というのがなかなかもったいない。
だったらタンザニアから始めても良かったんじゃと思われる方がおられるかもしれませんが、僕もちょっと思ってます。
しかもタンザニアでもビザ代50ドル掛かったし。

DSC00089_20160513153148db3.jpg
あとタンザニアでの入国手続きの際に、イエローカード(黄熱病の予防接種をした証明書)の提示を求められた。
そういえば、ケニアで荷物を流されたときにイエローカードも紛失していたことに、再出発の3日前に気が付いたんですよね。気が付いた日がゴールデンウィーク中の数少ない平日の日で、検疫所に問い合わせたところ、ギリギリ即日の再発行が可能とのことだったので、すごく助かった。この日を逃したら出発までに再発行するチャンスはなかったし。
というわけで無事タンザニアに入国。

DSC00207_201605121907402a9.jpg
タンザニアのお金をATMで下します。
ただ、タンザニアシリングのレートを調べ忘れて、いくら下せば良いか分からず困った。
深く考えずに最大の40万シリングを下したんですが、下してから多すぎる気がしてきた。
40万シリングって一体いくらなんだ!

DSC00208_2016051219080345f.jpg
とりあえず目に入ったホテルにチェックイン。
6000シリングでした。
6000シリングがいくらなのかはこの時点で不明。
(後に300円くらいと判明。安い)

2016年05月 15日05:28 タンザニア

部族に国境はない

2016年5月10日
タンザニア1
今日からタンザニア走行開始。

DSC00214.jpg
104km先のアルーシャという町が今日の目的地。

DSC00216_20160512190847855.jpg
上が雲で隠れているけれど、タンザニアに入ると正面に立派な山がある。
スマホのオフラインマップによると標高は2629m。
ちなみにアフリカ最高峰のキリマンジャロも割と近く、直線距離で80kmくらいのところにある。

DSC00218_20160512190848df5.jpg
タンザニアの子どもたち。
しっかりと追いかけてきてくれる子どもは意外と少ない。

DSC00219_2016051219084944b.jpg
スピードを落とすためのボコボコは、この先に町があるという証。

DSC00221_20160512190850c2e.jpg
休憩。
25円くらい。

DSC00222_201605121909481fc.jpg
この家で雨季を持ちこたえられるとは思えないんですが。

DSC00232_20160512190953a32.jpg
ケニアにはマサイ族がたくさんいたんですが、この人もマサイらしい。
ケニアから装飾が変わった気がする。

DSC00234_201605121910195c3.jpg
前方で雨の気配。

DSC00237.jpg
雨雲が去るまで、この穴で手持ちのピーナッツとピーナッツバターを食べて休憩。

DSC00238.jpg
一時間くらい休憩して外に出ると、さっきの部族の子たちが追いついてきた。
彼らは一体どこまで行くつもりなんだ。

DSC00239.jpg
こういう人たちに写真撮っていいかと尋ねると、1000000%金を要求してくる。この時は手持ちのピーナッツの残りをあげて撮らせてもらった。

DSC00241_2016051219140320d.jpg
「もう向こうの方雨大丈夫かな?」とジェスチャーで尋ねるんですが、残念ながら意思の疎通は図れず。

DSC00244_20160512191405531.jpg
先に進むと地面が濡れた跡。
休んでおいて正解だった。

DSC00260_201605121914382bb.jpg
立ち寄った町でごはん休憩。

DSC00259_20160512191440296.jpg
明らかに米の量が多い。
そして美味しくない。米も野菜もスープも全てが。
いくらおなかが減っていたとしても、この料理を完食できる日本人はそういないのではないかと、わざわざスープをお代わりしてまで完食した自分を誇らしく思えるくらいに美味しくない。

DSC00267_201605121915065b8.jpg
夕方、無事目的のアルーシャに到着。

DSC00268_20160512191510644.jpg
『SHIROBAKO』って書いてあるんかとおもった。



DSC00290_20160512191511408.jpg
そしてホテルの部屋が激せま。

2016年05月 16日05:37 タンザニア

世界のこんなところに日本人

2016年5月11日
タンザニア2

DSC00293.jpg
アルーシャの町。
標高1300mくらいあり、気温16度と大変過ごしやすい。

DSC00295_20160512191544f83.jpg
アルーシャを出てしばらく道路の工事区間。
道路がどのくらいでできるのかわからないけれど、1年か2年後くらいには車線も広がり走りやすくなっていることでしょう。

DSC00303.jpg
アルーシャの手前から下りが続いている。

DSC00299_2016051219154885b.jpg
バナナ休憩。
アボカドも売っていて買いたいところなんですけど、今回日本から醤油を持ってくるのを忘れて、どうして食べたらいいのかがわからず困っている。基本的にアボカドは醤油と一緒に食べていたので。

DSC00305_201605121916264df.jpg
キリマンジャロレギオン。
レギオンって何だ。
今日の目的地は36km先のモシ。
モシはキリマンジャロの最寄りの町でもある。

DSC00309_20160512191657910.jpg
モシ18km手前の町でお昼ご飯。
何かの肉。
硬くて顎が疲れる。
冷めるほど硬くなっていくので、急いで食べないといけない。急いで休むことなく噛み続けるので余計に顎が疲れる。そんな悪循環にハマっていく食べ物。

DSC00312_201605131925086b7.jpg
ふと左手を見るとキリマンジャロが顔を出していた。赤道が近いこの地域の雪山にすごい違和感。

DSC00314_20160513192505350.jpg
モシに到着。
実はモシでは人を訪ねるあてがあります。
元サイクリストで現在はモシ在住の日本人の方とご縁があり、訪ねさせてもらうことになっていたのです。

P_20160511_202447.jpg
夜は肉をごちそうになる。
モシには少し滞在します。

2016年05月 17日05:54 タンザニア

僕の尊敬する自転車旅行者

2016年5月13日
自転車で世界を走る上で情報収集は大切なので、色んな自転車旅行者のブログを見るんですが、そんな中で尊敬しているサイクリストが2人くらいいます。

その一人が、現在世界一周中の染谷裕太さん。
→ブログ『自転車でゆく!地球一周旅日記』
ブログを見る限り、すごく近くにいそうな気がしていたのでメールしてみたらやっぱりすごく近くにいて、モシで出会うことができました。
うれしい。

DSC00320_2016051319283626b.jpg
染谷さんの自転車。
ずっとブログを追いかけていたので、いろいろ聞きたいこともあるし、話のタネは尽きない。

色々しゃべる中で「この先はどうすすむんですか?」と尋ねてみた。
というかこの先は海岸沿いにあるタンザニア最大の町、ダルエスサラームに進むしかないんですが、できれば一緒に走りたいなと思っていたので、そのお願いの前段階として、とりあえずこの先の予定を尋ねてみた。

そしてら予想外の
「ちょっとキリマンジャロの周りをぐるっと回ってみようとおもうんです」
との答えが。
(現在いるモシは、キリマンジャロの麓の町)

衝撃的だった。

この時の僕の気持ちを、なるべくたくさんの人に分かりやすく伝えるために『刃牙(格闘漫画)』で例えるなら、
baki_201605172000420c9.jpg
このくらいの衝撃でした。

僕なんかは、「アフリカなんてみんなが通る王道ルートをなぞってそれで終了」と、もはや考えることを放棄していた愚かな人間なので、そんなことを考えている人がいるのかと自分のことが恥ずかしくなった。

凡庸で浅はかなサイクリストである僕は、恥ずかしながら「自転車で世界一周した」という称号を得るために世界一周しているところがあるんです。でも染谷さんはたぶんそんなことは全然思っていなくて、染谷さんが一番こだわっているのは、「自転車旅を楽しむ」という一点だと思うのです。ブログを読んでいるとそんな雰囲気が伝わってくるし、自転車旅を楽しむためのこだわりや考え方なども、随所に書かれている。

常に自転車旅を楽しむことを考えているから、キリマンジャロ一周なんて普通の人は絶対に行かないルートを思いつくし、逆に「世界一周」することが目的になってしまっている僕には絶対に思いつかない。
この“自転車旅”に対して純粋で真面目なところが、僕が染谷さんを尊敬する理由です。

キリマンジャロ
そしてわがままを言って一緒に付いていかせてもらうことになりました笑
あくまでも自転車旅を楽しむうえで大事なのは、「こんなルート走ったら楽しいんじゃないか」と思い付き、それを実行することであって、その思い付きに便乗させてもらうことに価値なんてないのですが、それでもやっぱり染谷さんと一緒に走ってみたかったのです。
というわけで明日から一緒に行ってきまーす。

2016年05月 19日05:36 タンザニア

キリマンジャロ一周スタート

2016年5月14日
キリマンジャロ

DSC00335_20160517180138c17.jpg
今日から、同じ世界一周中のサイクリスト染谷さんと数日一緒に走ります。

DSC00336_2016051718013730f.jpg
キリマンジャロ一周が目標なのですが、雨季のため厚い雲に覆われている。

DSC00337_20160517180142e27.jpg
大きい木。

DSC00341_201605171801416a4.jpg
雨季のアフリカは緑が豊か。

DSC00344_20160517180141a47.jpg
ヒモという町の交差点。

DSC00345_2016051718020061b.jpg
ここまでは大きな幹線道路を進んでいたんですが、ここから左に進路を変え、キリマンジャロに向かって走ります。

DSC00347_20160517180202f8e.jpg
ヒモ以降、より南国の雰囲気を感じられるようになる。
ひたすらバナナの木が続く。

DSC00349_20160517180204a4f.jpg
お昼を食べたマラングの町。
ヒモからここまではずっと緩い坂が続く。

DSC00351_201605171802068ce.jpg
ハリネズミ。
よく道端に潰れたウニみたいなのを見かけるんですが、こいつの事だったことが判明。この時も道路のど真ん中でなぜかじっとしていて、潰れたウニになる寸前の状態。自分の防御力を過信しているのかもしれない。

DSC00357.jpg
田舎になるほど声を掛けられる頻度が高くなるのは、割とどこの国でも共通する傾向。

DSC05418-001.jpg
ファンタで休憩。
染谷さんの自転車は前輪部分のフロントバッグが無い、特徴的なパッキング方法。サイクリストはみんなこだわりの荷物の積み方をしているので、非常に興味深い。

DSC00362_20160517180424b0c.jpg
マラング以降はアップダウンが続く。
そこそこしんどい坂もある。

DSC00364.jpg
半分到着を諦めかけていた、今日の目的地タラケアに何とかたどり着けた。
実はケニアとの国境がすぐ近くで、両替商がいた。
そして夜はホテルに泊まり、ビール片手に自転車旅談義に花が咲くのであった……。

2016年05月 20日05:38 タンザニア

タンザニアの田舎を走る

2016年5月15日
キリマンジャロ2

DSC00373_201605171804440dd.jpg
タラケアという町のホテル。

DSC00365_20160517180425f03.jpg
2人の場合、ツインの部屋に一緒に泊まって宿泊費を抑えることがあるのだが、ツイン2万シリング(約1000円)、シングル1万シリング(約500円)という価格設定だったため普通にシングルに泊まる。

DSC00375_201605171804451bc.jpg
今日は雨季には珍しい快晴で、昨日は全く見えなかったキリマンジャロがはっきりと見える。

DSC00378_201605171804477d0.jpg
ロンガイ方面がキリマンジャロ一周コース。

DSC00384_2016051718044780a.jpg
昨日から引き続き、景色はバナナ畑のみ。
ひょっとしてキリマンジャロの周り、ずっとバナナ畑なんじゃないかと思ったところで、

DSC05431.jpg
一面とうもろこし畑に切り替わる。

DSC00393_2016051718111568f.jpg
ケニアとの国境スレスレのところを通っている。
右っかわに茂っている木とか下手したらケニア。

DSC05449.jpg
ここが多分ロンガイの村。
非常にのどか。

DSC00398.jpg
そして村の端にケニア国境。
イミグレーションが無い国境って初めて見たかもしれん。
こういう国境を超える場合って出入国のスタンプとかどうするんでしょうね?

DSC00411_2016051718111916d.jpg
ロンガイ以降、また景色が変わる。

DSC00418_20160517181122bd9.jpg
なんだか細い木が絡み合って大木を形成している感じが、どこか戸愚呂100%中の100%状態を思わせる木でした。

DSC00419_20160517181145b02.jpg
ここら辺は松エリア。
ガラッと景色が切り替わるので面白い。

DSC00430_20160517181148644.jpg
景色が良さそうで立ち寄った村。
おばさんと一生懸命コミュニケーションを取ろうと試みる染谷氏。

DSC00424_201605171811451a3.jpg
肉眼だとすごい良い景色でした。

DSC00431_20160517181148bc0.jpg
日本三大松原というのがありますが、ケニア三大松原の一つに認定しても良いくらい松原。

DSC00437_201605171811540c1.jpg
カムワンガという町からとうとう……

DSC00439_20160517181519f1a.jpg
未舗装路になる。
長くなったので続きは明日書きます。

2016年05月 21日05:39 タンザニア

昔の日本を想う

2016年5月15日続き
キリマンジャロ3

DSC00441_20160517181526dfc.jpg
カムワンガ以降、未舗装路になったところから。

DSC00442_201605171815245cf.jpg
本当にいつもびっくりするんですが、未舗装路になった瞬間、一気に世界が変わるんですよ。

DSC00443_2016051718152467e.jpg
同じ道を走っていたのが信じられないくらいに。

DSC00444_201605171815242a1.jpg
舗装路を走っていても同じようなボロさの村はよく見るんですが、
舗装路を走りながらそういう村を眺めるのって、車に乗りながら動物たちを見るサファリツアーのようなものなんですよね。

DSC00448_20160517183040043.jpg
確実に自分たちとその村に住む人たちの間には壁があるのです。

DSC00445_20160517183038022.jpg
走る道が未舗装路になっただけで、その壁が取り払われたような気がします。
より彼らと同じ世界に立っているようなかんじ。

DSC00453_201605171831099db.jpg
走っていて楽しいのは間違いなく未舗装路。
走っていて楽なのは間違いなく舗装路。

DSC00456_201605171831110a8.jpg
フンコロガシ初めて見た。
彼らは何のためにフンを転がしているのか?(哲学的問い)

DSC00458_20160517183112325.jpg
最初は5~6人で追っかけてたのですが、
1人また1人と脱落していき……、

DSC00459_20160517183114d91.jpg
最後まで残った少年。
付いてきた意図は最後まで不明。
やっぱり金なんですかね。

DSC00473_201605171834042bb.jpg
昼ごはんで立ち寄った村。
水道が使えるのが非常にうれしい。
ここで秘蔵の秘密兵器を投入する。

DSC00470_20160517183114d56.jpg
UFO(明太子マヨ)
日本から持ってきていました。

DSC00471_20160517183344875.jpg
UFOって4年ぶりくらいちゃうかな。

DSC00472_201605171833473d8.jpg
染谷さんの持っていたパンを提供してもらい一緒に焼きそばパンにして食べる。

DSC00474_20160517183348e5c.jpg
緑の多さ、地形の起伏の多さなど、非常に日本的だと思った。
赤土が日本っぽくないけど。

DSC00479_20160517183523c54.jpg
知らないけれど、100年前くらいの日本にこういう景色がいっぱいあったんじゃないですかね。
なんかタイムスリップしたみたいでとても良かった。

DSC00482_2016051718352742c.jpg
僕の中では、この辺りの景色がキリマンジャロ一周の中で一番値打ちがあったかなと思った。

DSC05528_20160517182606bd8.jpg
5時半くらいまで走って適当なところでキャンプ。
支援していただいた新しいテントなんですが、出発して初めて使いました。

2016年05月 22日05:40 タンザニア

キリマンジャロ一周達成

2016年5月16日
キリマンジャロ4

DSC00495.jpg
非常に気持ちの良い朝。
昨日、景色が日本っぽいという話をしましたが、この景色もなんだか日本的じゃないですか?

DSC00503_20160517184543ed3.jpg
から少し進んでナイロビという町。
一気にアフリカになる。
こんな町だけれど、久しぶりにまともな町が登場したなと思った。

DSC00510_20160517184542c62.jpg
いい感じの未舗装路を進む。
そういえばキリマンジャロ一周で心残りなのが、キリマンジャロコーヒーのコーヒー畑を見れなかったことなんですが、

DSC00515_201605171845469f5.jpg
「あれひょっとしてコーヒー豆の収穫ちゃうかな?」と思って見てたら、スナップエンドウの収穫でした。
お姉さんが近づいてきて、「水をくれ」と言うので、
「じゃあ代わりにスナップエンドウちょうだい」と言ったら、

13243920_1037857229628047_3746425206236090541_o.jpg
一緒に収穫して、いっぱいもらった。

DSC00518_201605171847040b0.jpg
これで一人分。
「まだ袋満タンになってないしこっちに来い」みたいなこと言うんやけど、
水500mlでそんなにもらうのも申し訳ないし、もう十分なのでお礼だけ言って出発。

13268204_1037858019627968_2716651261271482377_o.jpg
その後、目的地の違う染谷さんとはお別れ。
2人ともやけに顔がにやけているのは、ヤギが邪魔をして写真に映り込もうとしたため。
アフリカでは多分会うことはないけれど、ヨーロッパ、中東くらいで時期が被りそうな気がするので、また会えたら会いましょうと言ってお別れした。

DSC00521_20160517184707212.jpg
その後少しして舗装路になる。

DSC00534.jpg
キリマンジャロ。
せっかくやし登れたら登りたかったんですけどね。
今は雨季なのでちょっと難しそうです。

DSC00535_201605171850005b7.jpg
舗装路になると急に作業感が強くなる。
しばらく進んで元の幹線道路に合流し、そしてモシに帰ってきました。
キリマンジャロ一周達成。
幹線道路だけを走っていたら決して見られないアフリカの姿がたくさん見られました。
やっぱり行って良かった。
改めて染谷さんに感謝。

2016年05月 23日05:41 タンザニア

モシの町ぶらり歩き

2016年5月17日
DSC00328_20160517192644231.jpg
昨日、キリマンジャロ一周をして再びモシの町に帰ってきた。
次の大きい町までまたしばらく日にちが掛かるので、準備をしていきます。

DSC00326_2016051319283760e.jpg
タンザニアでは貴重なwifiの使える先進的なカフェ。
wifiは無料ではなく1時間で1000シリング(約50円)掛かる。

DSC00321_201605131928390cf.jpg
タンザニアのセブンイレブン。
その実態はなぜかレストラン。

DSC00313_20160513192517c8b.jpg
モシで一番のスーパー。
大きいスーパーの安心感はすごい。

DSC00331_20160517192650308.jpg
タンザニアに入って、このフルーツ盛り合わせをよく見る。
50円くらい。
色んな種類が食べられて便利。

DSC00537_20160517185003b52.jpg
市場。

DSC00538_20160517194800fc2.jpg
生のピーナッツらしきものが売っていたので買ってみた。
これで20円くらい。
ちょっとしっとりしている。
ローストした方が美味しい。

そういえばタンザニアに入って、パン屋を見かけなくなった。
これほどパン屋が無い国は多分初めて。
残念。

2016年05月 24日05:50 タンザニア

(元)首都を目指す

2016年5月18日
タンザニア5
モシの次は、タンザニア最大の町ダルエスサラームを目指します。ナイロビのように先進的な大都市ではなく、ただの汚い大きな町で治安も悪いらしいので行く価値はそこまでないのですが、次のwifiポイントとして。
wifi後進国のタンザニアではwifiが繋がる町が少ない。

DSC00539_2016052403091639a.jpg
モシでお世話になった元サイクリストの福田さんと、お知り合いの大箭(オオヤ)さんにお見送りしていただきました。

DSC00542_201605240309169b8.jpg
ヒモという町の交差点。
先日のキリマンジャロ一周ツーリングではこの交差点を左に行きましたが、ダルエスサラーム行きの道は右。
ちなみにダルエスサラームは昔のタンザニアの首都。現在は内陸にあるドドマという町に移されている。しかし、現在も経済、政治の中心地はダルエスサラームとのこと。これは中米のベリーズと同じパターンですね。

DSC00544.jpg
バオバブの木らしい。

DSC00545_201605240309197a5.jpg
これもそうらしい。

DSC00548_20160524030943518.jpg
ムワンガという町で休憩。
向かい風しんどかったー。

DSC00550_201605240309464aa.jpg
標高800mくらいのモシから海沿いの町に向かうので、標高は緩やかに下がっていく感じなんですが、向かい風が強すぎて、全く楽ではない。

DSC00551_20160524030947cab.jpg
日本語で「ゆっくり、ゆっくり」。

DSC00554.jpg
ダルエスサラームまでぶっ飛ばして行くつもりだったので、今日も140kmくらいの町を目標にしていたのだが、さっきのムワンガでの休憩の時点で完全に諦めている。

DSC00556_20160524031317fc3.jpg
85kmくらいの地点。
向かい風からの逃避で1時間くらい休憩していた。
あとちょっと頭痛いんですが軽い熱中症なのかな。

DSC00557_201605240313202d3.jpg
そこから20km走ってサメという割とまともな町。
とりあえずご飯。
タンザニアの米はポソポソの長粒種なんですが、結構歯ごたえがあって割と美味しい。

DSC00562_20160524031318974.jpg
まだ4時で走れる時間ですが、ホテルにチェックイン。
これ以上向かい風を浴び続けていたら精神に異常をきたしそう。

2016年05月 25日05:32 タンザニア

PageTopNext>>

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート