◇記事一覧
次のページへ>>

危険なボツワナ

2016年6月22日続き
ボツワナ1

DSC01402_20160628022700005.jpg
ボツワナに入国したところから。
アフリカでは初めてのビザが不要な国。
ビザ代が掛からないのでありがたい。
この先は南アフリカまでずっとビザなしで入国できる。

DSC01404_20160628023323b34.jpg
右に曲がるとナミビア。
左に曲がるとジンバブエ。
そんな国境密集地帯。
ケニア、タンザニアぐらいまでは分かりやすかったんですけど、ザンビア、ボツワナ辺りから国名が紛らわしくなってきました。僕でも紛らわしいので、読んでいる方は余計によくわからないことだと思います。

DSC01406_20160628023323581.jpg
少し進んだ交差点にちょっとしたモールがあり、そこのスーパー。
新しい国に入ったときのスーパーほどワクワクするものはこの世にない。

DSC01405_20160628023322eac.jpg
国境の小さな町にあるスーパーにしてはかなり立派。物価はそんなに変わらない気がする。

DSC01408_20160628023325281.jpg
この先は、100km先の町まで何もなく、象など動物が出没する危険エリアが広がっている。
今日は交差点にあるガソリンスタンドでキャンプをさせてもらう。

と思ったら、女性が近づいてきて、
「昨日ここに象が出たから、キャンプするのは危険です。良かったらウチの庭でキャンプしますか?」とのお誘い。
テントを張ったばかりだったので心底めんどくさかったので、「いや、まあダイジョウブでしょ」と断りたかったんですが、女性の表情がわりと険しかったので、これマジで危ないんかなと思い、お誘いを受けることに。

DSC01410_20160628023324892.jpg
少し走ったところの集落にある家。
乏しい英語力のため、どのくらい理解できたかはわからないけれど、その女性に象の危険性について懇々と説明された。
この辺りでは象やライオンに襲われて人が死ぬことは決して珍しいことではないらしく、実は昨日もここカサネの町に襲撃してきた象の群れにより2人が亡くなっているとか。

ここのルートは自転車で走っている人も割といるんですが、ここを自転車で走るというのは地元民からするとすごく危険なことらしい。ポカンと聞いている僕に対して、「怖くないのか」と言うんですが、ちょっと色々飲み込めていない状況です。

2016年07月 02日05:50 ボツワナ

ボツワナのデンジャラスゾーンを抜ける1

2016年6月23日
ボツワナ1
今日から本格的にボツワナ走行スタート。
しょっぱなからかなり危険なエリアを走ることになります。

DSC01411_20160628023344fe9.jpg
泊めてもらった集落を出発。

DSC01413_201606280233431a3.jpg
幹線道路に復帰すると、動物注意みたいな看板があった。
動物が出没する道は、タンザニアのミクミ国立公園でもあったのですが、ミクミと違うのはまず出てくる動物。

DSC01414_201606280233508bb.jpg
象注意。
ミクミではキリン、シマウマなど草食動物が多かったんですが、ここでは他にライオンとかハイエナとか襲われたら高確率で死ぬ動物が多い。

DSC01415_20160628023348ea3.jpg
さらに厄介なのは区間が広いことと、町が少ないこと。
ミクミでの動物出没エリアは50kmだけだったんですが、こっちは300km先のナタの町までが危険エリアで、途中の町は100km先のパンダマテンガだけ。

DSC01416_20160628023348dcd.jpg
絵に描いたようなサバンナが続く。

DSC01421_20160628024822063.jpg
カメレオンがいた。
口を開けているのは威嚇なのか。

DSC01423 (2)
象がいた。
かなり遠い。
残念なのかラッキーなのか。

DSC01428 (2)
その後も3回くらい見かけるけれど、すべて遠く。

DSC01429_20160628024842be0.jpg
朝作ったオートミール弁当でお昼休憩。
周りに象のフンがたくさん転がっているような所なんですが、のんきに昼寝を挟み1時間ちょいの休憩。

DSC01438_20160628024846ec0.jpg
パンダマテンガまで12km。
進行方向的にわかってましたが、ずっと強い向かい風~横風が吹いています。

DSC01441_20160628025108fe9.jpg
そして到着。
看板の手前にキャンプ場があったんですが、80プラ(約800円)とそこそこ高かったので、断念。

DSC01443_20160628025109cbd.jpg
ガソリンスタンド兼ストア
ここでテントを張らせてもらえました。
柵もあるので安心。

2016年07月 03日05:03 ボツワナ

ボツワナのデンジャラスゾーンを抜ける2

2016年6月24日
ボツワナ2
ナタに向け、パンダマテンガの町を出発。
問題は今日なんですよね。

DSC01444_20160628025110982.jpg
とりあえず200km先のナタまで町はなし。150km地点にキャンプ場があって、そこまで補給ポイントはほぼなし。現在、チョベ国立公園内で動物が出没するので、野宿するのは危険。

DSC01445_201606280251121aa.jpg
ということは何が何でも150km先のキャンプ場までは走らないといけない。昨日に引き続き、朝一から強い向かい風~横風が吹く中の走行なので、つまり大変ということ。
というか強風の中、150kmを走り切る自信はない。

DSC01446_20160628025112877.jpg
途中で野宿はするつもりはないので、もしダメそうならヒッチハイクします。

DSC01451_2016062802513543c.jpg
2台の車に「さっき道路にライオンが2頭いたから気を付けてね」との忠告を受ける。
見たのは15~20kmくらい先らしいので、結局出会うことはなかったんですが、

DSC01462 (2)
象がいた。
この区間は多分象が一番よく出没する。

DSC01467_20160628025818f09.jpg
シマウマ。
あとはキリンと鹿っぽいのがいた。

DSC01452_20160628025138444.jpg
20km間隔ぐらいで休憩所がある。

DSC01448_20160628025132e33.jpg
「ワイルドライフエリアなので自己責任で休憩してください」の看板がある。

DSC01468_20160628025817c30.jpg
90kmくらいの休憩所。
辛くなってきた。
一日中、強風に抗いながら自転車を漕ぐのはものすごく大変なのです。セルフサファリのドキドキワクワク感はもう完全に消え去っている。

DSC01472_20160628025853268.jpg
130kmくらい走って象がたくさんいるエリアがあった。たまたまなのかそういう場所なのか。

DSC01473_20160628025854ee9.jpg
道路を走っていたら茂みから出てきた象の群れと鉢合わせ、びっくりして「うわー!」と叫ぶと、象が逃げていくという一幕があった。
気のせいかもしれないけれど、日本の動物園で見る象よりもデカい気がする。自然の中で見るからか、威圧感がすごい。
ちなみに写真奥で象が道路を横断しています。

P_20160624_170444.jpg
そのすぐ先に国立公園の出口らしき、検問所みたいなのがあった。
ジュース、お菓子などちょっとした補給もできる。

DSC01479_20160628025859958.jpg
もう体力、気力の限界なので、今日はここでキャンプさせてもらう。今日は多分アフリカに来て一番頑張った日。走行時間が8時間を超えた日とか多分そうないはず。
目標の150km先のキャンプ場までは行けなかったけれど、無事キャンプができて良かった。

2016年07月 04日05:04 ボツワナ

ボツワナのデンジャラスゾーンを抜ける3

2016年6月25日
ボツワナ3
チョベ国立公園の検問所から。

DSC01481.jpg
動物出没エリアのゴール、ナタまで58km。

DSC01491_20160628031004a45.jpg
この辺りは一般的なイメージ通りのアフリカな気がする。
ひたすら広大なサバンナが広がっていて、周りにいるのは、人よりも動物みたいな。

DSC01490_20160628030956674.jpg
実際には動物なんてほとんど会うことはないし、幹線道路を走っている限りでは無人区間の方が少なくて、道路の脇では民家が途切れず、そこら中に人が住んでいる。

DSC01492_20160628031032447.jpg
ナタに到着。
もう少し大きな町を期待していた。
ガソリンスタンドと併設の商店がちょこちょこっとある程度。

DSC01493_20160628031029e7c.jpg
ファーストフード店があったので、パソコンの充電がてら久しぶりにハンバーガー。オートミール弁当もあったので、単品のみ。

DSC01494_20160628031030c4b.jpg
ナタから進路を西に変え、ナミビアを目指す。
304km先のマウンが大きな町みたい。

DSC01499_20160628031315618.jpg
40km走ってゾロガの村。
のどかで村の雰囲気は好きだったんですが、商店の品ぞろえがまるでやる気がなかった。

DSC01498_20160628031034d43.jpg
数軒回って、水がどこにも売ってなかったし。
水とジュースの値段が変わらないので、水が置いていないことはよくある。

DSC01500_2016062803131906b.jpg
さらに少し進んで、野宿。
動物に襲われる心配のない夜を過ごす。

2016年07月 05日05:04 ボツワナ

サイクリストのためのチョベ国立公園情報

無題
ボツワナの国境の町カサネからナタまでの300kmの大部分はチョベ国立公園に属しており、象など危険動物出没エリアです。分かる範囲で、この300kmの情報を記しておきます。

カサネの交差点(0km地点)
キャンプ場、ガソリンスタンド、大きめのスーパーがあり、補給は問題なし。
交差点近くにも象が来ることがあるらしいので、野宿は危険かも。

レソマ(10km地点)
幹線道路上には何もない。
ロッジ、キャンプ場の看板があった。

パンダマテンガ(100km地点)
補給ポイント。
町の入り口にロッジ兼キャンプ場(キャンプで80プラ=約800円)、中心地にガソリンスタンドと併設の小さな商店がある。ガソリンスタンドの1.5km先にも同程度の規模の商店、バー(?)などがある。
ガソリンスタンドで野宿できました。柵もあるので安全だと思う。
また、ガソリンスタンドの水道水は飲料可。

チョベ国立公園の出口ゲート(238km地点)
ジュース、お菓子などのちょっとした補給ができる。職員のキャンプ地みたいになっていて、一緒にキャンプさせてもらいました。

エレファントサンズロッジ&キャンプ場(244km地点)
泊まった人の話では、象の生息地にあるため、すぐそばまで象がやってくるとのこと。
高めのレストランもある。

ナタ(297km地点)
デンジャラスゾーンのゴール地点。
小さな町なので、商店、スーパーのレベルもそれなり。

まとめ
この地域では動物に襲われて人が死ぬことが決して珍しくないそうです。実際にここを走って野宿をしているサイクリストもたくさんいますが、やはりおすすめはしません。もしキャンプが可能な地点にたどり着けない場合は、無難にヒッチハイクするのがいいんじゃないでしょうか。

2016年07月 06日05:07 ボツワナ

相変わらずサバンナ

2016年6月26日
ボツワナ4

DSC01501_201606280313147cc.jpg
昨夜は茂みの中でキャンプしていたので、タイヤに棘が刺さっていないかチェックしてからのスタート。

DSC01503_201606280313145a4.jpg
この辺りはアリの聖地みたいになっていて、3m以上もあるようなアリ塚がそこら中にある。
これだけのアリ塚を作るのに、どれだけの歳月を費やしているのか想像もつかない。

DSC01504_201606280313227ae.jpg
このアリ塚はモニュメント。
『プラネットバオバブ』というキャンプ場。
おすすめされていたので泊まりたいと思っていたんですが、タイミングが合わずスルー。

DSC01505_201606280313487a0.jpg
グウェータという町のガソリンスタンド併設のストア。なぜか商品はカラでした。潰れたのかな。
めんどくさいけれど、幹線道路を少し外れて町の中に入る。

DSC01506_20160628031349a84.jpg
ミニスーパーの隣にいい感じの日陰スペースがあったので、少し早めのお昼にしていく。

DSC01511_20160628031349486.jpg
いつものサバンナが続く。

DSC01515_20160628031832107.jpg
休憩所。
キャンピングトレーラーを牽いて旅行中の家族。
白人を見ることが多くなってきましたが、聞くとだいたい南アフリカ出身。
南アフリカって白人が多いんですね。

DSC01519_20160628031835a7c.jpg
Phuduhuduという言いにくい名前の村。
これが商店っていうのは絶対に聞かないとわからない。

DSC01518_20160628031838a7f.jpg
村の子どもたち。
アフリカも南に下ってきてだんだん先進的になってきているはずなんですが、こういう田舎の子どもは当たり前のように全員はだし。

DSC01520_20160628031833dcf.jpg
走っていたらキリンがいた。
ここもまだ動物が出るのか。
というか安全にキャンプできるのか。

DSC01522.jpg
しばらく進むと、鉄塔の敷地で職員っぽい人がテントを張っていた。
聞いてみると、「この辺はときどきライオン出るよ」とのこと。
ナタ以降は安全だと思っていたんですが、そうでもないのか。

DSC01525_20160628031902678.jpg
今晩は一緒にテントを張らしてもらうことに。
危なかった。

DSC01524_2016062803190273c.jpg
職員のおっさんと夜ごはんを少しだけ交換したんですが、ロバの肉とのことでした。
まあ想像通り硬い。

2016年07月 07日05:16 ボツワナ

多分ボツワナ最初で最後のキャンプ場泊

2016年6月27日
ボツワナ5
マウンまで約100km手前の地点。

DSC01529_2016062803190200d.jpg
マウンはボツワナでは初めてのまともな町なので、キャンプ場に泊まって、久々のネットを満喫する予定。

DSC01532_20160628031904eef.jpg
wifi環境が整っていないアフリカでブログを毎日更新し続けるのは割と大変なことなんですが、
「今日ネットを使えなかったら毎日更新が途切れる!」
みたいなギリギリの状況を味わうのが実はけっこう楽しい。

DSC01535_2016062803311293a.jpg
嘘です。
マウンまで20km。

DSC01536_201606280331134b1.jpg
ボツワナって8月か9月かで建国50周年を迎えるらしいです。意外と若い。
これを教えてもらったときに、「日本ってできて何年目?」って聞かれてちょっと困った。
とりあえず「ロングタイムアゴー」って答えておいた。

DSC01539_20160628032707afd.jpg
大きな町での楽しみ、スーパー。
久々にスーパーで買い物をすると一気に自転車の重量が増える。
この時で5kg以上は買ってるはず。

DSC01546_20160628211620834.jpg
目的のホテル兼キャンプ場。
『SEDIA RIVERSIDE HOTEL』(地図)

DSC01547_2016062821162000f.jpg
こんなきれいなホテルに来るの初めてかもしれない。
もちろん泊まるのはキャンプ場なんですが。

DSC01544_2016062821161807a.jpg
キャンプ場で70プラ(約700円)
最近頑張って走っているので、2泊して明日は休養にします。

2016年07月 08日05:32 ボツワナ

スーパーの町マウン

2016年6月28日
ボツワナ6
ボツワナ北部では貴重なちゃんとしたまともな町。
ここで1日休養します。

DSC01546_20160628211620834.jpg
泊まっている『SEDIA RIVERSIDE HOTEL』。
のキャンプ場。
すごいきれいで快適なところなんですが、町の中心地まで遠いのが唯一の難点。
町の中心地まで7kmくらいある。

DSC01540_20160628211602d46.jpg
中心地辺り。
そこまで大きな町でもないし、中心の栄えているエリアも割と狭いんですが、走っていて思ったのは、

DSC01543_20160628211619a61.jpg
スーパーがやけに多い。
確認した限り、メインストリートの一番栄えている2~3kmの範囲内に、立派なスーパーが6軒あった。

DSC01552_2016070522565415f.jpg
ザンビアでよくお世話になった「ショップライト」。
ざっと見た感じ、ここが一番安かった。
たぶん周りに大きな町がないから近隣の村の人たちもたくさん買いに来ていて、結果、スーパーがいっぱいできたんだと思いますが、さすがにちょっと多すぎる気もする。1軒ナタに分けてあげてほしい。

DSC01542_201606282116146e3.jpg
こういう安くてマズくて健康に悪そうなケーキをついつい食べたくなっちゃうんですよね。
実際、クリームも油っぽくて気持ち悪いし、スポンジもスッカスカなんですが、わかっていてもつい買っちゃう。

2016年07月 09日05:45 ボツワナ

やっぱりサバンナ

2016年6月29日
ボツワナ6
マウンを出発。

DSC01548_20160705225651e71.jpg
次の休憩ポイントはナミビアの首都ウイントフック。
到着は1週間後くらい。

DSC01550_20160705225654fbc.jpg
次のネットもたぶんウイントフックになると思うので、最後にホテルのwifiを満喫してから出発。

DSC01553_201607052256566ed.jpg
町を出るとやっぱりサバンナ。

DSC01554_20160705225854c70.jpg
ちょくちょく町はあるみたい。

DSC01558_2016070522585911d.jpg
お昼。
小さなレストランがあった。
そういえばボツワナでレストラン入るの初めてな気がする。

DSC01557_20160705225857c5a.jpg
食べられるものは手前のザンビアと全く一緒。

DSC01561_2016070522590082d.jpg
白骨化するまでずっと道のわきに置かれてたんだろうか。

DSC01562_20160705230100b85.jpg
マウンから100km弱走ってセヒスワという小さな村。
マットを敷いて休憩。
時刻は4時なので、あと1時間半くらい走って終わる。

DSC01565.jpg
乾燥地帯でよく見るマキビシエリアだったらしく、タイヤに刺さっているのを抜いてから出発。
肉厚のタイヤを履いているのでパンクには至らないんですが、折れた棘がずっとタイヤに埋まっていて、タイヤがすり減ってきたころにチューブに達してパンクするケースがあるので注意が必要。

DSC01568_20160705230101baa.jpg
特に意味はないけど、ガンジって町まであと160kmやしこの辺で終わっとく。

DSC01570_20160705230102ad6.jpg
茂みに入ってキャンプ。
この辺りは牛が多いんですが、代わりにどこでもテントを張れる。

2016年07月 10日05:00 ボツワナ

普通に走って終わり

2016年6月30日
ボツワナ7

DSC01572_2016070523010338c.jpg
乾燥しているので日中と朝晩の気温差が激しい。
日が昇るまではフリースが手放せないくらい寒い。
ただ、星空はめっちゃきれいですけど。

DSC01574.jpg
ガンジって町まで160kmの地点から。
この辺りでは大きめの町で、ちゃんとしたスーパーもあるという話。

DSC01575_20160705230122411.jpg
50kmくらい走って小さな村。
かろうじて交差点付近に小さな商店があった。
特に何も買わず。

DSC01577_20160705230125bf0.jpg
少し進んで休憩所でお昼。
ボツワナでは定期的に、ちょっとしたベンチ、テーブルが置いてあるパーキングスペースが登場する。

DSC01580_20160705230349811.jpg
休憩。
町が少ないし景色変わらないし、気持ちがだれる。

DSC01578_20160705230126e8f.jpg
一応今は冬なので、日中暑くなるといっても知れているし、補給ポイントが少なくても問題ないんですが、水の消費が多くなる夏に走ると大変だろうなと思います。

DSC01582.jpg
デッカーという小さな村。
村の規模にしては立派な商店がある。
幹線道路から2kmくらい入ったことろにあるんですが、気晴らしに来てみた。
内1kmは砂道なので、無理して来る必要はないと思う。

DSC01585_20160705230351b42.jpg
幹線道路復帰。
時刻は5時前。
あと少し走って終了したいところですが、この辺りはずっと道の両側に柵があるんですよね。
無事キャンプ地は見つかるのか。

DSC01586_2016070523035355d.jpg
結局柵は途切れず、日没も迫っていたので、柵を乗り越えてキャンプ。

2016年07月 11日05:04 ボツワナ

PageTopNext>>

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート