◇記事一覧
次のページへ>>

北欧上陸!

2016年8月15日
世界地図1
南アフリカから、途中、ドバイでの乗り継ぎ待ちを合わせて丸1日の移動の末……

DSC02631_2016081602363750d.jpg
スウェーデン、ストックホルムに到着!
曇ってるからってのもあるかと思いますが、真冬のケープタウンよりも真夏のストックホルムの方が若干寒い気がする。

空港のwifiを使って、中心地までの行き方を調べる。
地図を見ていると中心地から割と近いところに空港があったので嬉しいなと思っていたんですが、実は45kmくらい離れた郊外にある別の空港に着いていたことがささやかな誤算。
自走して行くと夕方遅めの時間になりそうなので、バスで行きます。

DSC02633_20160816023641f9e.jpg
バスで中心地まで行き、そこで自転車組み立て。
空港ではうっかり工具を手荷物バッグの中に入れていて、全部没収という危機的事態に見舞われたんですが、没収される前にしれっとこの六角レンチ一本だけバッグに入れておいた。自転車は最低限の解体しかしていないので、一応これ一本あれば組み立てはできる。

DSC02634_2016081602364236f.jpg
完成。
北欧は比較的治安が良いらしいんですが、首都のストックホルムはどうなんでしょう。
あわよくば野宿したいんですが。
いちおう野宿のお願いしてみようと警察署、消防署の場所はメモってきた。

DSC02638_201608160236565c8.jpg
「いやー先進国に来たなー」と思いながら自転車を走らせる。
自転車旅としてはアメリカぶりの先進国なので、実に2年半ぶりくらい。
ケープタウンもアフリカの中で見れば断トツで近代的ですけど、やっぱりそれでもケープタウンとストックホルムを比べると全く違う。ケープタウンで喜んでいたあの頃は若かったな……。

DSC02641_20160816023659a33.jpg
こうやって自転車を普通に駐車しておけるところとか、素晴らしく先進国的。

DSC02639_20160816023658855.jpg
旅行者は大体2種類に分けることができて、「汚い途上国の市場とかが好きな人」と「先進的な街並みが好きな人」とに分かれる。僕はというと断然、後者。途上国の民芸品が売っているような市場には最後まで興味を引かれなかったし、それだったらヨーロッパのきれいな雑貨屋さんを回りたい派の僕。

DSC02642_20160816023700b56.jpg
北欧は物価が高いので買えないのが残念なところですが。

DSC02646_201608160237195a7.jpg
こんなきれいな街並みが現実にあるんだなってくらいきれい。

DSC02648_20160816023720ae2.jpg
マクドナルドのwifiが速くて感動。
さすが先進国。
まあ首都なので予感はしていましたが、警察にも消防署にも野宿を断られる。
地図を見ながら「町の郊外が森になってるし、この辺やったらたぶんいけんちゃう?」と軽い感じで教えてもらい、夜になってからそこに移動。

DSC02651_20160817021711888.jpg
これで夜の9時くらい。
アラスカを思い出す。
アラスカでは真夏のピークを経験しているので、もっと日照時間が長かった。

DSC02652_201608170217135e3.jpg
ビックリなことに町の中心地から5kmも走れば森の中になるので、楽勝で野宿できた。
野生のシカを見掛けるくらいの森。

2016年08月 26日05:41 北欧

おしゃれの町ストックホルム

2016年8月16日
ほくおう

DSC02653_201608170217157f5.jpg
美しい湖畔で迎える朝。
海なんですけど。

DSC02655_20160817021716bd1.jpg
今日は1日、ストックホルムを観光します。
必要なものの買い物も兼ねて。
空港で没収された自転車の工具も買いなおさないといけないし。

DSC02665.jpg
いらない荷物は駅のコインロッカーに入れておく。
1日で90クローナ(約1080円)。
アフリカでの1日分の生活費がコインロッカー代で消える。

DSC02686.jpg
通りの一本一本、建物の一つ一つがおしゃれ。

DSC02656_2016081702171806d.jpg
セブンイレブンも。

DSC02681_201608170218231f6.jpg
逆に住みたくなくなってくるくらいにおしゃれ。

DSC02667.jpg
美術館へ。
行こうと思っていた国立美術館が工事中で、インフォメーションセンターで別の無料の美術館を教えてもらった。

DSC02674.jpg
日本だとある程度年代別、ジャンル別で分けてあると思うんですが、結構ごちゃごちゃに一貫性無く置かれている気がする。何らかのカテゴリーで分けられてるんだろうか。

DSC02675_201608170217586c2.jpg
ピカソっぽいなと思ったらピカソだった。

DSC02677_20160817021759f47.jpg
カフェに彫刻が置かれていておしゃれ。

DSC02688_20160817021911643.jpg
別の美術館にはしご。

DSC02695_20160817021914ec1.jpg
なぜストックホルムに樹木希林が……って思ったら草間彌生でした。

DSC02690_201608170219124de.jpg
ピカソっぽいなと思ったらピカソだった。

DSC02696.jpg
アウトドアショップ。
現在、円高の影響で日本だと高級の北欧ブランドのアウトドア用品も比較的お求め安くなっている。ざっと見た感じ、ゴアテックスのレインジャケットが2000~3000クローナ(約24000~36000円)くらい。なぜかカナダ超高級ブランドのアークテリクスもよく置いていて、値段も同じくらい。日本より絶対安いですよね。なぜだ。

DSC02697_20160817021918aae.jpg
一番大事なスーパー。
ドキドキしながら値段チェック。
当然高いことは高いんですが、レジで白目剥きながら値段を聞き返すほどではない。
ほんと円高さまさま。

DSC02876.jpg
例えば、アフリカでもよく食べていたこの豆煮も10クローナ前後(約120円)で買える。
これ1缶でそこそこお腹膨れるし、豆は低脂肪高たんぱくなのでサイクリストにオススメ。
まあアフリカだとこの半額で買えたんですけどね。
安い食材を選んで自炊していれば、めちゃくちゃ高くなることはないと思う。

2016年08月 27日05:52 北欧

ストックホルムを名残惜しく去る

2016年8月17日
ほくおう

DSC02698_20160817203205516.jpg
昨日のキャンプ地。
ただの広場。
ストックホルムは自然が多く、ここも町の中心地から5kmも離れていないのに、ひと気が無く、簡単に野宿できる。

DSC02699_20160817203203205.jpg
今日から自転車旅を始めたいんですが、今日は移動日。
フェリーでお隣のフィンランドに行きます。

DSC02701_2016081720321307d.jpg
昨日は買い物の用事もあったし、全然観光し足りなかった。
ストックホルムにはもっと長居したかったんですが、早くしないと北欧の短い夏は終わってしまうので仕方がない。
ストックホルムにはまたいつかもう一回来たいな。
普通の旅行で。

DSC02705_2016081720323959a.jpg
アフリカでは、こういう風にまた来たいって思うことは一度もなかった。
辛うじて南アフリカとかナミビアには、もう一回くらい行ってみてもいいかなと思うくらい。

DSC02706_20160817203240a54.jpg
今日フィンランドに移動し、明日からヨーロッパ最北端を目指して北上し始める。
なぜスウェーデンではなくフィンランド側を北上するのかというと、ざっと見た感じフィンランドの方がアップダウンが少なそうなのと、あとサンタクロースの住んでいる町に行ってみたいから。

DSC02707_201608172032412de.jpg
じゃあなぜケープタウンからフィンランドに飛ばなかったかというと、スウェーデン行きの飛行機の方が安かったから。
そしてフェリーがめちゃくちゃ豪華だった。
大人1人+自転車で315クローナ(約3780円)
この値段でこんな豪華なフェリー乗ってもいいのかな。

DSC02709_20160817203242146.jpg
朝7時45分発で、フィンランドのトゥルクって町に夜7時50分着。

DSC02714_20160817203328c27.jpg
快適な船内で過ごす。
屋上の船上デッキ含めて12階建て。
デカすぎる。

DSC02717.jpg
午後8時、フィンランドのトゥクルに到着。
同じユーロ圏なので、入国検査はなし。

DSC02720_2016081922450091b.jpg
フィンランド第3の都市らしいんですが、それにしてはあまりにも控えめな町。
日本の地方都市の雰囲気。

DSC02722_20160819224500a0d.jpg
基本的に人口が少ない国の方が自転車で走っていて楽しいので、これは喜ばしいことと言える。
人と車でごった返してた町を走ってもうっとうしいだけですし。

DSC02726_20160819224503c65.jpg
町の外まで出て、適当に茂みに入って野宿。
さすが先進国、野宿するのに全く不安感が無い。

2016年08月 28日05:34 北欧

ヨーロッパ最北端を目指して

2016年8月18日
北欧ルート1
今日から本格的に北欧走行スタート。
ヨーロッパの最北端ノールカップを目指します。

DSC02728_201608192249580db.jpg
日照時間が長いからか、朝晩があまり冷え込まないのがうれしい。
そういえばアラスカを走っていた時も、寝るときはむしろ暑いくらいだった気がする。

DSC02730_201608192249586f6.jpg
自転車ルートが整備されていて、車道は通ったらダメな雰囲気がしていたので、こっちを走る。

DSC02731_20160819225000c9c.jpg
この幹線道路に沿って進む。
この自転車道、分岐の度に必ず標識があるわけではないので、ところどころ迷う。

DSC02737.jpg
稲ではなく麦。
寒冷なフィンランドでは野菜、果物が育ちにくく、麦を育てているってウィキペディアに書いてあった。スーパーにも珍しい色んな種類のパンが置いてある。

DSC02741.jpg
これトナカイかな。
なんせサンタクロースの国ですし。
野生のトナカイとか遭遇してみたい。

DSC02742_20160819225014ed0.jpg
なんかアフリカの最後の方からあまり調子が良くない。
今日も休み明けの初日とは思えないくらいしんどい。

DSC02747.jpg
自転車道が途切れたのか見失ったのか、途中から車道を走っている。
あとそういえば、この近くにムーミンの作者の故郷の町があって、「ムーミンワールド」ってテーマパークがあるらしいです。
行かないですが。

DSC02756_2016081922502049a.jpg
恐らくフィンランドでは最後までこんな景色なんだろうなと、初日にして悟る。
でもそれでも全然構わない。

DSC02754_20160819225017d25.jpg
特に前々から北欧に来たかったわけでもないし、スウェーデン、フィンランド、ノルウェーの位置関係も北欧に来てからちゃんと把握したくらいなんですが、なぜか今北欧にいるってだけで、不思議なくらい幸せなのです。
多分、ずっとアフリカにいたからでしょう。

DSC02755_201608192250195e0.jpg
今日の目的地のポリって町。
フィンランドでは町(市?)ごとにマークがある。
しかもカラーなのが何気にすごい。

DSC02757_20160819225249c4d.jpg
なかなか大きな町。

DSC02762.jpg
基本的に町の中は自転車ルートが定められていて、みんなちゃんと守ってそこを走っている。

DSC02765_2016081922525151c.jpg
ご飯を食べて、ちょこっと買い物をして、町の出口辺りにサッカーのグラウンドがあったので、水をもらう。
更衣室でシャワーを貸してもらえたのが非常に助かった。物価的にキャンプ場にもあまり泊まらないと思うので、じゃあ僕はどこでシャワーを浴びればいいんだろうって思っていた。

DSC02766.jpg
少し進んで適当に野宿。
夜9時にようやくテントを張り終えてゆっくりする。
基本的に日が長いのはうれしいんですが、問題は見つからないようにテントを張りにくいのと、寝るのが遅くなりがちになるところですね。


2016年08月 29日05:40 北欧

久々に受ける雨の洗礼

2016年8月19日
北欧ルート2

DSC02767_20160819225254e4b.jpg
朝から雨。
昨日も午後少し雨に降られた。
確か、結局アフリカでは一度も雨の中走っていないと思うので、相当久しぶりに雨の中を走る。

DSC02769_2016081922531217f.jpg
途中のカフェで休憩。
小ぶりなのでまだマシなんですが、それでも雨の中走ると消耗する。

DSC02771_20160819225314026.jpg
ずっと続くこの木はモミの木なんだろうか。

DSC02774.jpg
昼頃に日差しが出てきたのでここぞとばかりにテントを乾かす。

DSC02778.jpg
90km弱走ってようやくまともな補給ポイント。
おしゃれでセンスの良いイメージのフィンランドでありながら、なかなか安易というか、ダサい名前とロゴマークではあるんですが、フィンランドですでに何度か出くわしているチェーン店。
スーパー、フードコート、wifiという、サイクリストにとって必要なもののすべてが詰まった癒しの場。

DSC02779_201608212130176a9.jpg
出発しようとするも、今にも振り出しそうな空模様。
そしてその直後から土砂降りの雨になる。

DSC02780_20160821213019f35.jpg
その後も30分置きくらいに降ったり止んだりを繰り返し、その度に僕も出発しようとしたり、やっぱり止めたりを繰り返す。

DSC02781.jpg
そういっている内に夜7時になり、雨が止んだ隙に出発し、すぐ近くの変電所っぽいところで野宿。
休憩後も2時間くらいは走るつもりだったのに結局走れずじまい。

2016年08月 30日05:44 北欧

北欧の物価

2016年8月20日
北欧3
ポリから90km地点。

DSC02782_20160821213022020.jpg
今朝は若干ですが青空も見えていて、雨の心配はなさそう。
北欧は割と曇りがちで雨が多いみたい。
もうちょっと北上すればオーロラが見えるようになると思うんですが、問題は天気ですね。
雲が掛かっていると見えないので。

DSC02797.jpg
朝早く出発したことと、追い風のおかげで午前中に90km走って、大きな町の手前で休憩。

DSC02791.jpg
フィンランドの代表的な料理の一つでカレリアパイというものらしい。ウィキペディアに書いてあった。
ライ麦の生地でミルク粥を包んで焼いたもの。
1個0.5ユーロ(約55円)くらい。
まあそれなりに美味しい。
スーパーに売っているものは冷めているので、温かいものを食べてみたい。

DSC02793_20160821213342502.jpg
そういえば高い高いとよく聞くフィンランド(北欧)の物価ですが、数日過ごしてみて、たぶん問題ないだろうって結論に至った。500mlのコーラが2.5ユーロ(約280円)とかしたり、外食をすると恐ろしい値段が掛かりますけど、円高の現在(2016年8月)ならスーパーに売っている食料品とかは日本と大差ない気ような気がする。

DSC02794_2016082121334469b.jpg
これさえ食べていれば健康は保たれると僕が信じてやまない卵は、6個1ユーロ前後(約113円)とアフリカと変わらない値段。

DSC02792_201608212130453c4.jpg
ピクルスとかオリーブが安く、両方とも1ユーロ前後で買える。
あと、野菜、果物に関してはおそらく日本が世界一高いので、こっちの方が安いくらい。
肉類も間違いなくフィンランドの方が安いし、チーズ、ヨーグルトなど乳製品も安い。
米、パスタなどの主食は当然そんなに高いものではない。
フィンランドに来て、1日平均10ユーロ以内に収まっているので、もちろん贅沢はできないけれど全然やっていけそう。

DSC02799_201608212133487d7.jpg
少し進んでバアサという大きめの町。
素通り。

DSC02804.jpg
バアサから2時間くらい走って、畑の端っこで野宿。

2016年08月 31日05:14 北欧

雨でペース伸びず

2016年8月21日
北欧4

DSC02805.jpg
朝ごはんを作る。

DSC02884_20160827014042720.jpg
白米。

DSC02819.jpg
フィンランドで買ったリゾット用らしき米なんですが、日本の米と大差ない味で非常に美味しい。
確か1kgで2ユーロちょい(約250円)。

DSC02806_20160821214600fae.jpg
アフリカでは休憩中など、うっとうしいくらいによく話しかけられたんですが、北欧に来てから1度も声を掛けられないことに密かにびっくりしている。一体いつになったら話しかけられるんだろうと思っていたんですが、ここでの休憩中に初めて声を掛けられた。
日本の国旗を付けているので、「日本から来たのか?」って聞かれたんですが、日本から来たけどユーラシア大陸を横断してアジアからヨーロッパまで来たわけではなく、アフリカを走ってそのあとにこっちに来たっていう説明がめんどくさいなと思った。

DSC02809 (2)
フィンランドではフィンランド語が話されているんですが、Aの上に小さい丸やちょんちょんが付いていることがある(付かない場合もある)。これらの発音の違いが気になる。

DSC02812.jpg
知らん間に出発地点にワープしていても気が付かないだろうなってくらい景色が変わらない。杉(モミ?)の木と麦畑がひたすら続く。

DSC02813.jpg
コッコラという町で2回目のお昼ご飯兼雨宿りをしていたら、遅くなって午後4時半。あと1時間ちょい走って終わろうかなと思って出発するも、

DSC02815.jpg
再び雨が降り出し避難。

DSC02816.jpg

DSC02817.jpg
昔のものが並べられた博物館みたいなところだった。

DSC02821_20160823215253c5d.jpg
その後、雨脚が強まり少し先のガソリンスタンドに避難。
野宿のお願いをしたら、「裏にテントを張ってもいいよ」と。
「屋根の下にテント張りたいんですけど……」という僕の主張は伝わらなかったらしい。

2016年09月 01日05:42 北欧

雨ニモマケズ風邪ニモマケズ

2016年8月22日
北欧5
コッコラから20km地点。

DSC02823_201608232152557f2.jpg
昨晩、のどの痛みで何度か目が覚めた。
熱っぽくはないけれど、風邪かも。
そして昨日からずっと続く雨。
憂鬱。

DSC02824_20160823215257895.jpg
20km走って小さな町。
町の入り口には毎回この看板がある。
黄色のバックに黒い建物っていう色使いが印象的。

DSC02825.jpg
ちなみに出口にはこれ。
雨で1割、風邪で1割、計2割増しでいつもよりしんどい。
物価の高い北欧だと、風邪気味の時にホテルにチェックインして安静にするという技が使えないのが辛いところ。

DSC02830_20160823220020008.jpg
雨は止まず。
ガソリンスタンド併設のファーストフード店に避難。
こう雨が続くと辛い。
そういえばカナダを走っていた時も雨が多くてしんどかったなと思いだす。

DSC02828.jpg
自転車旅では何かと辛い思いをすることがよくあるんですが、以前にも同じ辛さを味わっていると、なんだか頑張れる気がしてくる。

DSC02833.jpg
休憩していたら次第に熱っぽくなってきたんですが、今日はまだ50kmくらいしか走っていないので、構わず先に進む。

DSC02834_201608232200221df.jpg
20kmくらい走ってガソリンスタンドがあったので裏でテントを張らせてもらう。
今日はずっと雨だったのでテントを乾かせず、びしょびしょのテントを再び広げる。カナダでもこういうことあったなぁ。
テントの中っていうのは、唯一の自分だけの空間なんですが、そのテントの中ですら、寝る用のマットの上以外はびしょびしょで、唯一の安らぎの場所すら奪われてしまったようなこの感覚、懐かしいなぁ。

2016年09月 02日05:57 北欧

やっぱり高くない気がする北欧の物価(スーパーの食品に限る)

2016年8月23日
北欧6

DSC02835_2016082322002307d.jpg
まだちょっと風邪っぽいんですが回復傾向にはある気がする。

DSC02839.jpg
走っているときは、太陽の位置で、今大体どの方角を向いているのかを把握するんですが、今更ながらお昼頃に太陽の位置が南なことにびっくりした。アフリカの南半球では、太陽は正午に北の方角だったので。
ずっと曇っていたから今まで気が付かなかった。

DSC02840.jpg
追い風にかなり助けてもらい、お昼までに85kmを走る。
休憩。

DSC02843_2016082322072412d.jpg
今日の目的地のオウルという町。
この辺りではかなり大きな町。

DSC02844_2016082322072593d.jpg
大型スーパーで買い出し。左から、
ヨーグルト……0.69ユーロ
オリーブの塩漬け……1.09ユーロ
マッシュルームの缶詰……0.99ユーロ
クラッカーみたいなの……0.99ユーロ
粉チーズ……0.57ユーロ
卵10個入り……0.69ユーロ
リンゴ2個……0.57ユーロ
オレンジ2個……0.84ユーロ
ブルーチーズ……1.85ユーロ
計……8.30ユーロ(約940円)
※1ユーロ=113円

やはり円高の影響が大きく、スーパーで買うものが全然高くないし、むしろ安い。
1日10ユーロ掛ければ、結構いいものを食べられると思う。
しかもフィンランドのスーパーでは、パン、乳製品、肉類などにちょくちょくおつとめ品の割引シールが貼ってあるのもうれしい。

DSC02847.jpg
夜は手持ちの米をマッシュルームと共にやわらかめに炊き、卵、粉チーズと合わせてカルボナーラ風リゾット。たぶん原価1ユーロくらい。そしてうまい。

2016年09月 03日05:13 北欧

奇跡的な快晴と野宿場所の探し方

2016年8月24日
北欧7

DSC02848_201608250148121ed.jpg
ゆうべはオウル郊外の公園っぽいところにテントを張っていた。

DSC02854_20160825014836df1.jpg
昨日の午後くらいから信じられないような快晴が続いている。

DSC02856.jpg
これまでは、1日に数分程度しか青空が見えない日も多かったのに。
こんな晴れることもがあるんですね。

DSC02858_20160825014840796.jpg
天気予報によると明日からまた天気が崩れるらしい。
このチャンスを逃すまいと、テント、寝袋を乾かし、衣類もちゃちゃっと洗濯。
ずっと曇りだったので、いつ洗濯をすればいいんだって思っていた。

DSC02859.jpg
そんな用事に加え、オウルの町を出るのに少し迷ったこともあって、12時の時点で20kmそこそこしか走れていない。ピンチ。

DSC02862.jpg
イイという町。
しかもこれまでずっと南からの追い風が吹いてくれていたんですが、今日だけはなぜか北からの向かい風。ペースが上がらない。

DSC02863_20160825014907250.jpg
未だに正午に太陽が南の方角にあることに違和感を覚える。
アフリカ(南半球)ではずっと快晴の荒野を走っていて、毎日太陽が東から上り、北の空を通って、西に沈むのを見てきたので。

DSC02869 (2)
顔。

DSC02875_20160825014910ca4.jpg
そして今日の目的地ケミに到着。
フィンランド語ではホテルの綴りが「HOTELLI」らしい。
スペルでは英語と近い単語をちょくちょく見るんですが、話している言葉を聞いている限りでは全然英語っぽくは聞こえない。

DSC02877.jpg
ファーストフード店でネット作業をしているといつの間にか夜の10時。アフリカにいた時の10倍くらいネットをしているのに、なぜ作業が終わらないんだ。
いまだにフェイスブックに「アフリカ縦断しました」っていう投稿ができていない。もうこのまま投稿しない気がする。
さて、今から野宿場所を探すわけですが、とりあえずスマホの地図アプリ「マップスミー」を開きます。

Screenshot_2016-08-24-22-06-17.jpg
ケミの町。
緑の部分が公園や森林になっているので、その中で人が来なさそうなところを適当に選びます。
左下にビーチがありました。
ここ良さそうやなということで向かいます。

DSC02879_20160827014040a6a.jpg
テントを張って寝ます。

2016年09月 04日05:24 北欧

PageTopNext>>

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート