◇記事一覧

再びヨーロッパの地に降り立つ

2017年3月8日
無題

P_20170308_091255.jpg
昨夜11時半にセネガルを出発し、朝9時過ぎ、リスボンに無事到着。
夜中にスペインのマドリッドでの乗り換えがあったので、ほとんど寝られなかった。
ダカール滞在中も早朝から夜遅くまで、欅坂、乃木坂関連の動画を漁り続けるのに忙しく、寝不足が続いていた。眠すぎる。

P_20170308_110408.jpg
空港の端っこのスペースを借りて自転車を組み立て。
で、これからどうしよう。

P_20170308_110949.jpg
ダカール(セネガル)で11泊もしていたのに、結局リスボンについても何も調べられずじまいでした。スタバのwifiで調べる。

P_20170308_124455.jpg
ポルトガルの水道水うますぎてがぶ飲み。

P_20170308_133009.jpg
出発。
先進国のきれいな町並みですが、寝不足のためかあまり元気が出ない。

P_20170308_133927.jpg
リスボンは坂が多い。

P_20170308_154554.jpg
景色は良いんですけど、自転車で迷うと地獄。

P_20170308_142506.jpg
初外食。豚肉のサンドイッチ。
イスラム圏の西アフリカでは豚は食べられなかったので久々の豚肉。
これで5ユーロ(約600円)。

P_20170308_155915.jpg
リスボンはとにかく地形が複雑でアップダウンが多い。
こんな地形だから地下鉄も通しにくいんじゃないだろうか。
自転車で移動する人も少なく、基本的に車移動の人が多い気がする。
その割にクネクネした細い道ばかりなので、そこらじゅうで渋滞が起きている。
首都を築く場所を間違えたんじゃないだろうか。

P_20170308_162053.jpg
恐らく中心地の広場。

P_20170308_172950.jpg
夕方。
キャンプ場の位置を一応調べたんですけど、地図を見る限り、全然野宿できそう。

P_20170308_184527.jpg
山道の途中にあったピクニックエリアでこっそりキャンプ。


2017年03月 12日05:27 ポルトガル

リスボンで出発準備

2017年3月9日
リスボン1
昨日ポルトガルの首都、リスボンに到着したんですが、いろいろ買いそろえないといけないものがあるので、今日はリスボンに滞在。

P_20170309_094446.jpg
荷物が邪魔になるので今日はキャンプ場に泊まる。
「LISBOA(リスボン)」だけにリスのマークってところがハイセンス。

ただ思ったよりも高くて、1泊11ユーロもするらしい。
11ユーロあれば美味しいものが食べられるなと考えると、キャンプ代に11ユーロは払えない。
あとこのキャンプ場に戻ってくるのに、結構しんどい山を上ってこなくてはならないので。

P_20170309_100328.jpg
ガソリンスタンドで、自炊用のガスコンロの燃料補給。
ここは5種類もガソリンがあって何を入れたらいいのか迷った。
どうやら95って書いてあるのがレギュラーガソリンっぽい。

P_20170309_125617.jpg
ネット接続のために入ったカフェでコーヒー代が70セントだった。
やすい。

P_20170309_161300.jpg
スーパーでポルトガルの物価調査。
全体的にそこまで安いとは感じない。
魚介が有名な割に、オイルサーディン系の缶詰が思ったよりも高いなと思った。
安いもので1ユーロ(約120円)くらい。
すぐ南のモロッコなんかは、こういうのがすごく安くて、30円くらいから買えた。

P_20170309_102946.jpg
そのほか、ショッピングモールや自転車屋なんかを回って、いるものを買っていく。

P_20170309_175801.jpg
そして向かうは日本大使館。
西アフリカを走行中にテントが風で飛ばされ、あとカメラを落として壊してしまったんですけど、代わりのテントとカメラを大使館宛に日本から送ってもらっていたのです。

P_20170310_160507.jpg
テントは以前使っていたのと同じ、モンベルのステラリッジテント(3型)。
こちらはモンベル様に支援して頂いたもの。

P_20170309_180409.jpg
チャレンジ支援を受け、大変お世話になっていますモンベル様。
この旅では何かと自然災害に見舞われ、これが4つめのテントなんですが、モンベル様のご厚意で毎回支援して頂いております。ほんとに情けないやらありがたいやらで、いたたまれなくなってくる。恵まれているなと痛感します。

P_20170309_181055.jpg
今度こそ、このテントと共に無事日本まで帰りたいと思います。

P_20170309_182253.jpg
そんなことよりもリスボンの坂の多さにうんざり。
道も複雑で、細い道が入り組んでいる。
自転車だと大きく迂回させられる場合が多くて、その度に上ったり下ったり。
多分普通に観光すればすごく良い町なんだと思いますが、自転車でブラつくにはまるで向いていませんでした。

P_20170310_080635.jpg
夕方、再び昨日キャンプをした山の中にあるピクニックエリアへ。
かなりの激坂を上らないといけないんですけど、ほかの場所を探すのがめんどくさかったし、あとここは水を使えるので。

P_20170310_083629.jpg
ニューテント。
これは3人用のテントなんですけど、やっぱり広いテントって快適。

2017年03月 13日05:04 ポルトガル

スタート地点へ

2017年3月10日
リスボン近郊1

P_20170310_110834.jpg
朝から自転車のメンテナンスとか部品の交換をして11時ごろの出発。本当はダカール滞在中にやっておかないといけなかったやつ。
それにしてもリスボンという町は、走れば走るほど坂しかないなと思います。

P_20170310_120656.jpg
海沿いの道を西へ。
ユーラシア大陸の最西端の岬、ロカ岬を目指します。
ロカ岬からユーラシア大陸横断編がスタート。
交通量が多いわりに路側帯が無いのがちょっと辛い。

P_20170310_121417.jpg
リスボンからロカ岬までは40km程度。
近くてうれしい。

P_20170310_122138.jpg
マクドナルドでwifi休憩。
ついでに日本から送ってもらった新しいカメラの充電。

DSC07095_20170311194508bf2.jpg
ここからはスマホではなく、ミラーレスカメラの写真になります。

DSC07104_20170311194651a66.jpg
カスカイスという町。
ポルトガルって新しい建物が多い気がする。
ヨーロッパって、古い建物を直しながら住んでいるイメージですけど。
特にフランスとかドイツとかがそうでしたが。

DSC07108_20170311194652af8.jpg
おしゃれなハンバーガー屋さんでお昼を食べていくか迷ったんですが、汚い恰好で入るのは気が引けた。こういうところで気を使ってしまうのが先進国を旅行する際の数少ないデメリットの一つ。アフリカとかどんなにシャワーを浴びていなくても一切気を使う必要が無かったので。

DSC07111.jpg
カスカイスって町から内陸に入る。
ちょっと海沿いを離れただけで、すごい山道。
まるで日本。

DSC07114_20170311195033eb7.jpg
景色が開けてもまだ上り続ける。

DSC07124_2017031119514621c.jpg
で、最後の数kmで一気に下ってロカ岬到着。
一応記念撮影。

DSC07123.jpg
思ったよりも観光地で、インフォメーションセンター、レストラン、お土産物屋さんがある。
今日はロカ岬で野宿するつもりだったんですけど、ここってキャンプしていいのかな。

DSC07121_20170311195013c28.jpg
ちょうど日没の時間で人も多い。
米を炊けるような雰囲気ではない。
晩ご飯どうしよ。

DSC07125.jpg
とりあえず今日キャンプしていいか聞こうと思ったところにキャンプ禁止の看板を発見。
ピンチ。

DSC07127.jpg
ロカ岬を出てすぐのところに良い感じの野宿スポットがあった。
良かった。

2017年03月 14日05:44 ポルトガル

最後の目的地

2017年3月11日
リスボン近郊2
昨日、リスボンからユーラシア大陸最西端のロカ岬までやってきました。
ここからユーラシア大陸横断編が始まります。
一応、上海辺りまで走って、日本にはフェリーで帰国予定。

DSC07130_201703121754141b8.jpg
ロカ岬。
もう3年以上になるこの旅の中で、いろんな大陸を走り、その度にいろんな場所を目指してきました。
アメリカ大陸では南米最南端ウシュアイアを目指し、
東アフリカではケープタウンを目指し、
北欧ではノールカップを目指して
西アフリカではセネガルのダカールを目指して走ってきた。

DSC07133.jpg
そして次の目的地は日本。
これまで、どこかこの旅がずっと続くんじゃないかと思いながら走っていたところがありましたが、今初めて旅の終わりを意識しています。

DSC07137_20170312175418097.jpg
次の目的地でもうおしまいか~。
感慨深い。

DSC07142_20170312175419fb1.jpg
今日はまたリスボンまで帰るんですけど、来た時と同じ、海沿いの道を戻るのも面白くないので、シントラっていう観光地に寄って帰ることにした。

DSC07145_201703121754348f4.jpg
シントラ手前にとんでもない激坂がある。
誰にも伝わらない自慢ですが、なんとこの上りを押さずに上り切りました。

DSC07147_20170312175436b60.jpg
山の中にあるシントラの町。

DSC07154_20170312175503bea.jpg
シントラは世界遺産になっているらしい。
確かに素晴らしい町でした。

DSC07156_201703121755043fa.jpg
やっぱりいいなあヨーロッパって。
またこんな美しい町々を自転車で回れることが幸せだ。

DSC07151.jpg
シントラ以降も海沿いではなく、内陸の道を走ってリスボンまで戻る。

DSC07167_20170312175508a78.jpg
スマホの地図アプリを頼りに進むんですが、道がややこし過ぎてイライラしてきた。
シントラから素直に海沿いの道に出ておけばよかった。

DSC07171_20170312175523eaf.jpg
夕方、無事リスボンに到着。
ショッピングモールに寄ってサンダルだけ買って行く。
飛行機の中に忘れてきたので。

DSC07169.jpg
ちょっと前からゴープロ欲しいなって思ってます。
でも今更かなと思って迷っているところ。

DSC07173_20170312175526aaa.jpg
その後、リスボンで毎日泊まっていたピクニックエリアまで戻り、終了。
今日はずっと坂を上りっぱなしで疲れた。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
試しにちょっと世界一周ブログランキングっていうのに参加することにしました。
上のバナーをクリックすることで投票できます。
1週間の内に押されたクリック数で順位が決まるっぽい。
1日1回投票できるので、毎日クリックして頂けると嬉しいです。

毎日更新しているだけでも、それなりの順位まで行けるって聞いたことがあって、このブログは何位くらいまで行くのか少し気になったっていうのが参加した最大の動機。
これは主にバックパッカーのブロガーが参加しているもので、サイクリストのブロガーは少ない。
あと期間限定での参加です。期間は決めていないですが、またしばらくしたらやめると思います。

2017年03月 15日05:22 ポルトガル

リスボンを出発

2017年3月12日
リスボン近郊2
昨日、ロカ岬からリスボンに返ってきたところ。

DSC07178_20170313191852626.jpg
そういえば3月上旬のリスボンの気温ですが、晴れていたら昼間は半そで半ズボンで過ごせる。
曇っていたら上に着ないと寒いくらい。

DSC07182.jpg
あと天気に関して。
ポルトガルは冬が雨期で夏が乾期にあたるらしい。
今はちょうど間くらい。
今のところ雨には降られていないし、予報を見てもしばらく雨の心配はなさそう。

DSC07183.jpg
リスボンの町は半島の先っちょにあるので、半島を抜けるために最初は北上。
今日は天気予報で強風注意報が出るくらい風が強いんですが、完全に向かい風。
めっちゃきつい。

DSC07184_2017031319190610c.jpg
マクドナルドに避難。
そういえば、海外に来てから初めて花粉症の症状が出た。
僕は自分が何のアレルギーか知らないんですが、松とか杉をよく見るのでその辺りのやつでしょう。

DSC07185_201703131919071f4.jpg
リスボンから40kmくらい北上し、ビラ・フランカという町。

DSC07189_20170313191909e59.jpg
カフェでエスプレッソとエッグタルト休憩。
合わせて1.5ユーロ(約180円)。
ポルトガルはカフェが安いですね。

DSC07190_201703131919101b6.jpg
この町からようやく進路を北から東に変え、横風から追い風気味の風に変わる。

DSC07194.jpg
ついでに地形がまっ平になってペースが上がる。

DSC07195.jpg
ずっと道路わきに柵があり、先進国だなと思う。
ただ柵があると、茂みに入って野宿できないから困るんですよね。
西アフリカには無かったので油断していた。

DSC07199_20170313192515480.jpg
日没を過ぎる。
全然柵が途切れなくてちょっと焦ってきた。
最悪、道路のすぐ脇でもテントを張れるし、街灯も無いので見つかる心配もないと思うんですが、その場合、車の走行音がうるさくて寝られないのが心配。

DSC07200.jpg
もう少し走って、やっと柵が途切れてくれた。
中に入って無事野宿。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しました。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 16日05:35 ポルトガル

北風と戦いながら

2017年3月13日
risubon2
リスボンから70kmくらいの地点。

DSC07201_201703131925295e2.jpg
出発。
ポルトガルでは松がよく植えてある。
ほとんど木造建築は見かけないんですが、松の木材は何に使われているんでしょう。

DSC07204.jpg
天気は良いんですけど、昨日から冷たい北風が吹いていて寒い。

DSC07206.jpg
スープで温まる。
ポルトガルでは、よくレストランの店先とかで「SOPAS(スープ)」の看板を見かける。
大体1ユーロ代と安い。
フィッシュスープを頼んだはずなんですが、魚は見当たらず。

DSC07208.jpg
町が見えてきた。

DSC07212_20170314031142b99.jpg
モンテモルという町。
ちっちゃい町って良いですよね。

DSC07213_20170314031143742.jpg
トラディショナルフードと言われて頼んだ羊肉のサンドイッチ。
ポルトガル初日に同じような豚肉のサンドイッチを食べたんですが、ひょっとしたら羊だった可能性がある。豚だと思った根拠は、僕の舌からの情報だけなので。

DSC07217.jpg
今日の目的地はエヴォラという町。
風とアップダウンがあるのであと1時間くらいかな。
ほんとこの冷たい北風をどうにかしてほしい。

DSC07219_201703140312091ac.jpg
そして1時間後、エヴォラ到着。
セントロ(中心地)の周りを城壁が囲っている。
カッコいい。

DSC07224.jpg
中心地の広場。

DSC07231_20170314031302b3b.jpg
この遺跡がこの町の見どころの一つらしい。
一応義務的に写真を撮っておく。

DSC07232_20170314031306ba4.jpg
遺跡はイマイチでしたが、町の雰囲気は良かったです。

DSC07234_20170314031308acf.jpg
細い路地が入り組んでいる町って大体好きだなと感じる。

DSC07235_2017031403130817c.jpg
エヴォラでした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しました。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 17日05:14 ポルトガル

風に心折れる

2017年3月14日
risubon3

DSC07241.jpg
強風が木々を揺らす音で目覚める。
昨日、一昨日と、ものすごく風が強かったんですが、今日はまた一段と強い。
しかも東からの風で、進行方向的には完璧向い風。

DSC07246.jpg
この時点で80%くらいやる気が失せてます。
とりあえずエヴォラの中心地に。

DSC07256_2017031502364908e.jpg
もっと広くて観光のしがいのある町だったら、迷わずもう1日滞在していたのに。

DSC07247.jpg
半日あれば十分観光できるくらいの広さなんですよね。

DSC07252.jpg
なんとなく教会に足を運ぶ。

DSC07254.jpg
久しぶりにこういう場所にも入ったけれど、やっぱりこの冷たく緊張感のある雰囲気が好きだと思った。キリスト教徒の素質があるのかもしれない。

DSC07260.jpg
モロッコなんかもそうだったけれど、ポルトガルはカフェ文化が発達していて、こういう小さいお茶菓子みたいなのもよく食べられている。

DSC07273_2017031604420217a.jpg
庶民が気軽に行く場所だから値段も安い。
コーヒー1杯が1ユーロ以下。
あと基本エスプレッソなのもモロッコと同じ。
これは全部イタリア辺りからやってきた文化なんでしょうか。

DSC07267.jpg
午後2時半まで迷った挙句、出発。

DSC07270_20170315023713fb8.jpg
しかし町を出た瞬間、この風に挫ける。

DSC07257_2017031502365149b.jpg
潔く諦めます。
エヴォラにUターン。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しました。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 18日05:20 ポルトガル

ポルトガルで最も美しい村に癒される

2017年3月15日
risubon3
エヴォラを出発。

DSC07277_201703160442072d5.jpg
今日も東からの向かい風ですが、昨日よりも暖かいので頑張る。

DSC07284_201703160442082c3.jpg
砂しかなかった西アフリカから来たこともあって、ヨーロッパのごくごく普通の道を走っているだけで感動。だって走ってたら花の匂いが香ってくるんですよ? 生き物の死骸の臭いとかゴミの臭いとか全くしないんですよ? 感動。

DSC07298.jpg
飼われている家畜も、西アフリカのようにゴミの中から果物の皮を漁らなくても、ちゃんと牧草を食べられる。

DSC07305.jpg
40km弱走ってモンサラーシュという町。
ここはポルトガルで最も美しい村という話で来たんですが、全然普通の町でした。
おかしいと思って調べてみると、ここは 「Reguengos de Monsaraz(レゲンゴシュ・デ・モンサラーシュ)」って町で、ここから10数km離れたところにまた別に「Monsaraz(モンサラーシュ)」の村があるらしい。(地図)
紛らわしい。

DSC07316_20170316044249086.jpg
町を出て少し走るとモンサラーシュが見えてきた。
まあまあ上るな。

DSC07319_201703160442524bd.jpg
激坂の先にモンサラーシュの村。

DSC07340_20170316044435a65.jpg
観光地になっていて駐車場にはキャンピングカーがたくさん止まっている。
ここってキャンプできるのか。
助かる。

DSC07320.jpg
先にテントを立てます。
いらない荷物を置いて、身軽な状態で観光できるのが最高。
この時点でモンサラーシュ大好きになっている。

DSC07323_20170316044335af8.jpg
で、歩いてみた結果、確かにここはポルトガルで最も美しいと言っても過言じゃない感じの村でした。

DSC07329_20170316044339a32.jpg
まず素晴らしいのがこのロケーションで、平坦な土地が広がっているところに小高い丘があって、その丘のてっぺんにこの村が築かれている。

DSC07330_201703160444155e4.jpg
なので、村の周り360度、絶景が広がっている。

DSC07334.jpg
村の中も、石畳の路地に白い壁の建物で雰囲気が良い。

DSC07339_2017031604443451e.jpg
一瞬で回れるくらい小さな村なんですが、いくらでものんびり見て回れる。

DSC07338_20170316044433af2.jpg
小さな闘牛場。

DSC07343_20170316044458770.jpg
明日にはポルトガル出国なので、最後に贅沢をしてレストランで外食をする。

DSC07350_201703160445029ca.jpg
メニューを見て、「トラディショナルなんたら」って書いてあった料理。
なんか思ってたのと違うのが出てきた。
なかなかインパクトのある見た目。
10ユーロ(約1200円)。

DSC07351_201703160445048fc.jpg
周りの茶色いのは豚肉なんですが、土台のペーストは、米を練ったような感じの物。
東アフリカで食べられるウガリ(トウモロコシの粉を練ったやつ)にも似ている気がする。
とりあえずこの土台が恐ろしくボリューミー。
絶対一人で食べるやつじゃない。
最近ダイエットのために食べる量を減らしていたんですが、久しぶりにお腹が膨れるまで食べた。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しました。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 19日05:06 ポルトガル

あっさりとスペイン入国

2017年3月16日
risubon.jpg

DSC07359.jpg
モンサラーシュの朝。
少し歩く。

DSC07364_20170317181510250.jpg
やっぱりヨーロッパの魅力は村ですね。

DSC07356_20170317181137b95.jpg
改めてそう思わせてくれるモンサラーシュの村でした。
超オススメ。

DSC07370_20170317181218389.jpg
出発。

DSC07371_201703171812181fe.jpg
「ESPANHA」っていうのがスペインってことかな。
もうあと小一時間でスペイン入国。

DSC07374_2017031718122301a.jpg
国境近くの町。
ポルトガルでは、町の中心の丘の上にレトロな感じのお城が建てられているパターンを見かける。
これがまた中世ヨーロッパ感があってカッコいい。

DSC07383_20170317181223b2b.jpg
で、スペイン入国。

DSC07387_20170317181238250.jpg
国境でみかんを食べる。

DSC07389_20170317181239c60.jpg
数km走ったスペイン最初の「ビジャ・ヌエバ」という町。
イベリコ豚のサンドイッチを食べる。
4ユーロ(約500円)
ここで2時間くらいお昼休憩。
毎日こうして自転車で走って、こまめにブログまで書いていたら、『けやかけ』『KEYABINGO』を観るヒマが無いのではと思われるかもしれないですが、こういう休憩の時にネットで観てます。

DSC07391.jpg
町を出ると下り坂があるんですが、ちょうど下りきってもう町まで引き返せなくなったタイミングで雨に降られる。

DSC07394_20170317181242790.jpg
その後もずっと降ったり止んだりを繰り返す。
雨宿りできる場所が無いのでめんどくさい。

DSC07402_2017031718124390a.jpg
0.5秒前までカメラ目線のカッコいいシルエットだったんですが、ちょっと遅かった。

DSC07410.jpg
20~30km置きくらいに小さな町がある。
町の雰囲気はポルトガルとあまり変わらず。

DSC07421_20170317181301193.jpg
スペインに入って豚をよく見かけるようになった。イベリコ豚かな。
豚が食べられないイスラム圏の国は当然ですが、そういえば他の国で豚ってあまり見たことなかったかも。

DSC07408.jpg
世界各国で様々な家畜を見てきた僕が断言しますが、豚はかわいい。

DSC07425.jpg
やはり道路わきにずっと柵が続いて野宿場所が見つからなかったんですが、今は使われていない旧道みたいなところが見つかり、無事そこで野宿。

【ポルトガルの出費】
滞在期間:2017年3月8日~3月16日(8日間)
使ったお金:135ユーロ(約16300円)
1日当たり:2000円ちょい

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しました。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 20日05:31 ポルトガル

PageTop

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート