◇記事一覧
次のページへ>>

選択肢の多さに困る

2017年3月17日
DSC07426_20170318035933888.jpg
昨日、スペインに入り、現在は国境から50kmくらいのところ。
出発してすぐに町が見えてきた。

DSC07429_20170318035937394.jpg
いきなり休憩。

DSC07428_20170318035936f59.jpg
見た目はバーみたいな感じですが、みんなコーヒーとパンで朝ごはんを食べている。
おっさんばかりじゃなく、女性の姿も目立つ。
これがよく聞く「バル」なのか。
というか、「バル」って「バー」のスペイン語読みのことですよね。

DSC07431_20170318035938c0d.jpg
真面目に治療してもらえるのか不安になる歯医者さん。

DSC07434_20170318035939030.jpg
そういえばアフリカとか中南米では幹線道路以外に走る道の選択肢が無い場合が多かった。
ちゃんと舗装されているのが国と国を繋ぐメインの幹線道路だけだったりして。

DSC07435_201703180359496ac.jpg
一方で、ヨーロッパは無数に道の選択肢がある。
行きたい町とか走りたい道があればいいんですが、スペインでは特にそういうのも無いので、どこを走ろうか困う。

スペイン1
強いて言えば、バルセロナにあるサグラダ・ファミリアはちょっとだけ見てみたいので、そうなると地中海沿いを走る感じになるのか。
北の方を通ると、まだ寒いと思うのでちょうどいいかもしれない。
とりあえずコルドバっていう観光地が少し先にあるので、そこを目指しています。

DSC07436_2017031803594992b.jpg
リスボンを出発してずっと向かい風が続いているんですが、不思議なくらい走っていて楽しい。
やっぱり緑って大切だなと思います。

DSC07451_201703180359563b2.jpg
とてものどか。

DSC07438_201703180359521a2.jpg
小高い山の上にお城が建っていて、山の麓に町が広がるっていうベタな構図が良い。

DSC07453_20170318040427f67.jpg
コルドバまで192km。
いい加減向かい風にムカついてきた。

DSC07457_20170319194039188.jpg
夕方、ジェレナという町に到着。
スーパーで買い物だけして町の外のオリーブ畑で隠れてキャンプ。
モロッコにもオリーブ畑をよく見かけたけれど、オリーブの木は背が低くく枝葉が広がっていて、隠れてキャンプしやすい。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しました。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 21日05:59 スペイン

スペインのバル

2017年3月18日
スペイン2

DSC07461_20170319194043ed1.jpg
ジェレナの町。

DSC07463_201703191940447d3.jpg
この町からコルドバまで幹線道路が通っているんですが、小さめの道を通っていくことにします。そっちの方が交通量も少ないだろうし。

DSC07467.jpg
日本的風景。
右側に広がるのが稲だったら完璧だったんですけれど、たぶん牧草だと思う。

DSC07471_201703191940552de.jpg
アンダルシア地方に入る。
茄子が有名なんでしょうか。
『茄子アンダルシアの夏』の題名から察するに。

DSC07473.jpg
小さい道なので、もっと山の深いところに入っていくのかと思っていたんですが、意外と景色は開けている。

DSC07480_201703191944510be.jpg
相変わらず丘の上にはお城。

DSC07491_20170319194453f95.jpg
スペインでは恐らく羊を一番よく見かける。
順番で言うと、羊は豚の次にかわいい。

DSC07500.jpg
夕方、コンスタンティナという町に到着。

DSC07502_20170319194508e95.jpg
今日は、通る町通る町でやたらとバルが賑わっていたんですが、ひょっとしたら土曜日だからかな。お祭りかなとか思っていたんですが。みんな休みの日なのにバルでだべる以外にすることが無いのかってくらい、町の中で、ただ唯一バルだけが賑わっている。
スペインのバルは利用者層も用途も広くて、例えるならバーとカフェとレストランを合わせた感じ。小さい子どもを連れた家族連れも多い。

DSC07504_201703191945099d0.jpg
スペインの町を走っていると、人々の日常生活の中にバル文化が溶け込んでいるのがよく伝わってくる。市民の社交場であるバル文化が深く根付いているだけあって、スペイン人はとても社交的で、スペインに入って声を掛けられることが増えた。

DSC07506_20170319194510ad8.jpg
僕もバルでビールを頼む。
バルでビールを頼んだら、タパスっていうおつまみも一緒に出てくると聞いていたんですが、なぜか出てこず。
ただこれ1杯で1ユーロ(約120円)と安かったのでまあいっかと思った。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しました。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 22日05:41 スペイン

米に始まり米に終わる

2017年3月19日
スペイン3

DSC07459.jpg
毎朝ご飯を炊いています。
たくさん炊いて、半分はタッパに詰めてお昼ご飯に。
ご飯を炊く際は、米を研いだり、しばらく吸水させたり、手間と時間が掛かるんですが、そういうのを夜のうちに済ませておけるので、朝が一番ご飯を炊きやすい。

DSC07509.jpg
コンスタンティナの町を出ると20数kmほぼ下りっぱなし。
遠くに町が見えてきた。

DSC07511_201703201730573b2.jpg
下った先の「ロラ・デル・リオ」の町で2回目の朝ごはん。
2ユーロ(約240円)

DSC07530_20170320174833b59.jpg
小さなバルにも大体こんな感じで塊の生ハムが置いてあって、トーストしたパンと一緒に食べるのが定番の朝ごはんっぽい。
激ウマ。

DSC07515_20170320173108a50.jpg
ロラ・デル・リオの町を出るときに適当に道を走っていたらなぜか小川にぶつかる。
裸足になって越える。

DSC07521.jpg
もっと未舗装を走っていたかったんですが、あっけなく幹線道路に出る。
オリーブ畑ゾーンからオレンジゾーンに変わりつつある。

DSC07531_2017032017313144d.jpg
春のヨーロッパっていうのは、ペースを落としてのんびり走りたくなる魅力がある。

DSC07535_201703201731360d3.jpg
ポサダスという町。
土日は大体の店が閉まっていて、人気が無い。
人を見かけるのはバルの前だけってくらい、みんなバルに集まっている。

DSC07529_20170320173114301.jpg
僕は全然ビールが好きではないんですが、ついつい昼間からビール。
すぐ酔っぱらうのでこのコップ一杯の量がちょうどいい。
ちなみにこれ1杯で顔が真っ赤になる。
そしてやはりタパス(おつまみ)は付いてこず。
1ユーロの小ビールだから付けてくれないんだろうか。

DSC07536.jpg
町で野宿の準備を整え、町の外で野宿地を見つける。

DSC07538_20170320173150565.jpg
野宿地に着いてまず一番にすることは、米を研いで吸水させること。
美味しくご飯を炊くために30分くらいは水につけておきたいので、この間にテントを立てたり、ストレッチをしたり。

DSC07540_201703201731529b8.jpg
一通り準備が済んだら米を炊く。

DSC07543_2017032017315344c.jpg
米を炊いている間に果物とゆで卵でビタミン、タンパク質は摂ったので、おかずは無しで白ご飯のまま食べます。ご飯は大好きなのでこれだけでも全く問題なし。
食べ終えると、また翌朝炊く分の米を研いで水につけておき、そして寝る。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しました。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 23日05:21 スペイン

シャワー浴びれない問題

2017年3月20日
スペイン4
今日の目的地コルドバまでは30kmほど。

DSC07544_20170321032841e59.jpg
ゆっくり走って2時間の距離なので、のんびりバルで朝ごはん(2回目)を食べていく。
トーストの上に刻んだ生ハム。
たっぷりオリーブオイルを掛けて食べる。
激ウマ。
カフェオレと合わせて2.5ユーロ(約300円)。

DSC07546_20170321032842397.jpg
そういえば、ヨーロッパなど先進国を走る際に陥りがちなのが、『シャワー浴びれない問題』。
物価は高いけれど、治安が良くてどこでもキャンプができるヨーロッパでは基本野宿生活になる。

DSC07548.jpg
そうなると困るのはシャワーが浴びられないこと。
ヨーロッパだとキャンプ場でも下手したら10ユーロとかしちゃうし、いくらなんでもシャワーを浴びたいがためにそんな大金は払えない。そのお金で生ハムどんだけ食べれんねんって話になってくるし。

DSC07551_20170321032847e15.jpg
というわけで、ヨーロッパにやってきて12日くらいノーシャワー。
そろそろ混んでるバルには入りづらくなってきた。におい的に。
一応公園とかにある公共の水道を見つけた時に頭を流したり、ウエットティッシュで体を拭いたりとホームレス的対処はしているものの、そろそろ限界。

DSC07553_2017032103285664b.jpg
そんなギリギリの中で走ってきたわけですが、今日コルドバでようやくシャワーを浴びられるんです。

DSC07561.jpg
前回ヨーロッパを走った時にもお世話になったんですが、『ウォームシャワー』っていうサイクリストを無償で泊めてくれるサービスを利用します。バックパッカー向けの同じようなコミュニティで『カウチサーフィン』っていうのがあって、そっちを利用することもできるんですが、ウォームシャワーはサイクリスト専用コミュニティなので、ホストはみんな自転車旅への理解がある人たち。
くさい体でお邪魔しても大丈夫。

DSC07554_201703210328580d5.jpg
マクドナルドのwifiでホストの方にコンタクトを取って、家に向かう。

P_20170320_131512.jpg
で、到着。
久々にシャワーを浴びて生き返った。
ほんとこの瞬間のために自転車旅をしているんじゃないかと錯覚しそうになるほど気持ちいい。
おまけにご飯まで振る舞ってもらい快適に過ごす。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 24日05:51 スペイン

コルドバ観光と外国人のフレンドリーさ

2017年3月21日
スペイン5

DSC07644.jpg
今日は休養日にします。
コルドバで1日観光。

DSC07609_201703231806126e6.jpg
メスキータという大聖堂みたいなところ。
コルドバで一番の観光スポット。
本来は10ユーロくらい掛かるらしいのですが、朝8時半~9時半くらい(?)の間は無料で入場できるとのことなので、早起きして来てみた。

DSC07610_201703231806143a4.jpg
メスキータは、イスラム教とキリスト教の文化が混ざっているところがすごいらしい。
そもそも「メスキータ」っていうのがスペイン語で「モスク(イスラム教の大聖堂)」って意味とのこと。

DSC07622_201703220405179f7.jpg
確かに独特な雰囲気な感じがする。

DSC07613_20170323180617010.jpg
この辺はキリスト教っぽいし。

DSC07633_20170322040709866.jpg
こういう本って、心惹かれますよね。
何が書かれているんでしょう。

DSC07590_20170321033527469.jpg
メスキータを後にする。
この辺りは細い路地に花がたくさん飾ってあるっていう観光スポット。

DSC07593_201703210335327eb.jpg
まあ、きれいなんじゃないでしょうか。

DSC07598_201703210335526de.jpg
広場。
左に写っている顔は心霊写真じゃないよ。

DSC07603.jpg
これ全部人が住んでいるっぽいんですが、部屋相当狭そう。

DSC07639.jpg
スーパー。
塊の生ハムが売っている。足一本で29ユーロ(約3500円)ってめちゃくちゃ安い。これを自転車の後ろにぶら下げて走っていたらカッコ良いですね。

DSC07582.jpg
わんこ。
今日はがっつり2時間も歩いたせいで、膝の裏辺りの筋を痛めた。

DSC07585_201703210334591ea.jpg
普段、自転車で走っている時って、下手したら1日に200~300mくらいしか歩いていないと思うので、こうして観光してたくさん歩くと、すぐに筋肉痛になったり足を痛める。

DSC07650.jpg
夜、ウォームシャワーでお世話になっているホストのロロにバルに連れて行ってもらった。
滞在中にロロの友だちを紹介してもらう機会が何度かあったのですが、そういう時に毎度すごいなと思うのが、その友達から全く壁を感じないこと。

仮に、海外で会った人が日本まで僕を訪ねてきたとする。
僕が日本の友達と会う約束をしていて、その海外の友人を連れて行き、紹介したとする。
そしたら絶対に日本の僕の友達は戸惑うだろうし、「なんで外国人連れてきてんねん」とも思うかもしれない。

今まで幾度となく、僕が紹介される立場になったことがありますが、一度たりとも現地の人からそういう空気を感じることはなかった。みんなウエルカム。
まあ日本と海外の文化の違いと言えばそれまでなんですが、いつもすごいなと思うし、ありがたいなとも思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 25日05:53 スペイン

細い道の方が走って楽しい

2017年3月22日
スペイン5
コルドバを出発。
ここから2日の距離のところにグラナダっていう観光地があるので、そこを目指します。

DSC07651_20170323181149edf.jpg
2日間お世話になったロロとレギーネ。
大変良くしていただきました。
お礼を言って出発。

DSC07656.jpg
コルドバを去る。 

DSC07657_20170323181152b2f.jpg
よく信号付きのロータリーを見かけるんですが、どう考えても無駄だと思う。青信号で直進する場合もロータリーを回るのに減速しないといけないわけだし。

DSC07663.jpg
コルドバを出るとすぐに牧草地帯。

DSC07670.jpg
じわじわ上り続けている。

DSC07664_20170323181211cfc.jpg
途中の町で休憩。
普通にカフェオレだけ頼むつもりが、ついつい生ハムトーストも注文してしまう。
食料はたくさん積んでいるし、お昼用にご飯も炊いてきたのに。
カフェオレと合わせて4.7ユーロ(約560円)
激ウマ。

DSC07677_2017032318123271b.jpg
途中から農道みたいなところを走る。
もちろんペースは落ちるけれど、アスファルトと違って走っていて飽きないし、車が通ることもないので楽しい。

DSC07680_2017032318123316b.jpg
ついでにアスファルトか砂利道かの違いで、周りの風景の見え方も違ってくるように感じます。
ちなみにここはグーグルマップで自転車ルートを調べたら出てきた道。

DSC07684.jpg
舗装路に戻り、少し走ったバエナという町。
またすごい急斜面にある町。
今日はこの町までかなと思っていたんですが、まだ時間に余裕があるので、少し休憩して次の町まで。

DSC07687_20170323181236927.jpg
30km弱先のアルカウデテって町を目指す。

DSC07688.jpg
バエナ―アルカウデテ間にも自転車ルートがあってそこを走ったんですが、ここがまた素晴らしかった。

DSC07689.jpg
何が素晴らしいって、こんな地形の場所に作られた自転車道なのに、アップダウンがほとんどないこと。路面も舗装はされていないけれど、かなり走りやすく整備されているし。

DSC07694.jpg
おすすめ。

DSC07697_20170323181253e94.jpg
ちなみに野宿もしやすいです。

DSC07698_201703231813056e7.jpg
今日の目的地、アルカウデテの町に到着。

DSC07706_20170323181306ecb.jpg
ロゴがかわいかった。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 26日05:01 スペイン

オリーブ畑と坂道と

2017年3月23日
スペイン6

DSC07708_20170324042513c76.jpg
昨夜は雨が降ったので、テントを乾かしてから出発。

DSC07709_20170324042514bb7.jpg
今日の目的地グラナダまでは78km。

DSC07712_20170324042517fa2.jpg
見渡す限りの山の斜面に、オリーブの木がびっしり。
昨日からオリーブ畑地帯が続いている。

DSC07710_20170324042515d8d.jpg
山を切り開いてオリーブの木を植える。
結構な斜面にあったりするので収穫するのが大変そう。

DSC07718_20170324042527692.jpg
長い上り坂を上り切った先の町でお昼休憩。
900mくらいまで標高が上がって寒い。
雹が降るほど寒い。

DSC07714_201703240425188db.jpg
そして、どこの町にもある、この小高い丘の上に建っている建物は何なんでしょう。
丘の上にあって行くのが大変なので、近くまで行ったことはない。

DSC07721.jpg
上ったり下ったりが続く。
大きな幹線道路なので、傾斜はそこまできつくはない。

DSC07720_20170324042528fa9.jpg
景色は延々オリーブ畑。

DSC07726_201703240425445c9.jpg
ほんとにこれだけのオリーブ畑が広がっていて、どうやって収穫しているんだろう。

DSC07723_2017032404253264f.jpg
モロッコのオリーブ畑地帯を走ってきた僕のこの鼻が、あの建物はオリーブオイル工場だと告げている。

DSC07725.jpg
プエルト・ロペという町。
この町を出たら大きく下って、その後は20kmくらい平坦が続く。

DSC07729.jpg
そしてグラナダ到着。
ここは郊外の大型店舗が集まっているエリア。
もう夕方なので、町の中心地に行くのは明日にする。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 27日05:39 スペイン

人に親切にしてもらう日

2017年3月24日
スペイン7

DSC07730_201703260526428ad.jpg
グラナダ郊外から中心地へ。
ここグラナダは、イスラム教とキリスト教が混ざった歴史的な街並みが有名な観光地。

DSC07732_20170326052642195.jpg
立派な大聖堂があったけれど、お金が掛かるので中には入らず。
教会って救いを求めて行く場所のはずなのに、そこに入るのにお金を取るのはいかがなものか。
まあ救いを求めやってくる人が少なくなったからお金を取るようになったのかもしれないけれど。

DSC07734_20170326052642b86.jpg
この大聖堂の前でたまたま短期でスペインを回られている日本人観光客の方に話しかけられ、なんとお昼ご飯をごちそうになる展開に。生ハムトースト以外のものをレストランで食べるのも初めてだし、こんなちゃんとした食事はこれが最初で最後な気がする。
長期旅行者と短期旅行者って意外と接点が無くて、町で見かけても話したりすることってほとんどない。短い時間でしたが楽しくお話ができて、いい気分転換になりました。

DSC07736_201703260526452c6.jpg
その後、中南米ぶりのバスキングを試みる。
中南米で数回やったことがあったんですが、現地の方の名前を紙に漢字で書いて、良かったらチップくださいというやつ。

DSC07735_20170326052644675.jpg
看板はグラナダの前に滞在していたコルドバで作りました。
あまりの寒さで30分しかできなかったんですが、3人の方に名前を書いて3ユーロの収入。

DSC07818.jpg
グラナダでは、スペインで2回目のウォームシャワーを利用します。
グラナダ中心地から10kmくらい離れた郊外にお家がある。

DSC07741_2017032605270319b.jpg
本当は庭でキャンプをさせてもらう約束だったんですが、外は寒いからとめっちゃいい部屋を使わせてもらえた。ウォームシャワーのホストの方は皆さん本当に良い人たちなんですけど、今回お世話になるヨハンがまたすごいおもてなし意識の高い人で、グラナダの地図を見せて観光案内所ばりに解説してくれたり、キッチンにある食材も自由に食べていいよと、もう至れり尽くせり。

DSC07821.jpg
ほんとにこういう時に英語が話せたらと思うんですけどね。
上手くコミュニケーションが取れないので沈黙が辛い。
お世話になっているのに、ずっと黙っているのもなんか申し訳ないし。
かといって、聞きたいことも聞けないし。
僕にできることと言えば、以前ケニアで起きたキャンプ中にテントと荷物が川に流させるっている爆笑鉄板エピソードを披露することくらい。ほんともし流されてなかったらこういうときに話せることもないし、むしろ流されて良かったな。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 28日05:40 スペイン

グラナダで観光

2017年3月25日
スペイン7
今日は1日グラナダ観光。

DSC07816.jpg
冠雪しているシエラ・ネバダ山脈。
標高3400mくらいあって山頂までアスファルトが続いているらしい。
ヨーロッパでは最高地点のアスファルトだと泊めてもらっているヨハンに教えてもらった。
ヨーロッパのアスファルト最高地点がスペインってちょっと意外。

DSC07778.jpg
グラナダは山の麓に築かれた町なので、山の斜面にも家が立ち並ぶ。

DSC07772_201703260527235f9.jpg
まず向かったのは「サン・ニコラス広場」(地図)

DSC07766_20170326052707e67.jpg
ここからは「アルハンブラ宮殿」っていうのが見える。
お昼前だったんですが、ちょっと逆光気味。

DSC07770.jpg
ここでまた、人の名前を漢字で書いてチップをもらうっていうのをやろうと思ったんですが、同じことをアラビア語でやっている人たちがいた。しかも向こうの方が看板もちゃんとしているし、柄付きのちゃんとした紙だし、そして字もうまい。全てにおいて負けていた。やっぱりヨーロッパで稼ごうと思ったらそれなりにクオリティも上げないといけないのか。
恥ずかしくなって、また30分くらいで3ユーロだけ稼いで終わる。

DSC07775.jpg
結構な斜面を上ってきたので景色が良い。

DSC07780_20170326052807b93.jpg
次に向かったのは「アルハンブラ宮殿」(地図)
ここはグラナダ観光の目玉スポット。
すごい人気で、入場チケットを買うのにネットから事前に予約をしないといけない。

DSC07786.jpg
ただ、チケットが必要なのは敷地内の建物の中に入る際で、敷地に入るだけならチケットは不要。

DSC07782.jpg
そして一か所だけチケット不要で入れる建物があった。
この建物の中に無料の博物館エリア、美術館エリアもある。
まあチケットを持っていなくてもそこそこ楽しめる。

DSC07789.jpg
移動。

DSC07792_20170326052843aa8.jpg
続いて、中心地から少し離れてメルカド(市場)に来た。(地図)
肉、魚、野菜、いろいろあって、少なくとも野菜、果物はスーパーよりも安かった。

DSC07796_20170326052908d90.jpg
オリーブ売り場でナスの漬物を発見。
これって『茄子アンダルシアの夏』に出てきたやつかも!
ここアンダルシア地方だし。

nasu.jpg
コレ
ちょっとピリ辛の浅漬けみたいな感じで美味しかったです。

DSC07806_20170326052935e51.jpg
続いて中心地にある、ちょっと観光客向けのメルカド。(地図)
雰囲気が賑やかで、メルカド内にバルがたくさんある。
みんな市場で売っている生ハムとか魚介をつまみにお酒を飲んでいる。
複数人で来ていて、お酒が好きならこのメルカドは楽しいと思う。

DSC07805_201703260529142a2.jpg
あとは教会を見て回ったり、

DSC07813.jpg
無料の美術館を見て回ったり。
今日観光した場所は全てグラナダでお世話になっているヨハンに教えてもらった場所。

DSC07804.jpg
生ハム屋。

DSC07798_20170326052910bf3.jpg
グラナダはとても良かったです。
町自体もそんなに広くなくて回りやすいし。

DSC07788_20170326052812c0e.jpg
また明日から自転車旅頑張ります。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 29日05:41 スペイン

わかりやすくて大きな峠

2017年3月26日
DSC07822_201703271912004f0.jpg
ウォームシャワーでお世話になったヨハンにお礼を言ってグラナダを出発。

DSC07823_201703271912025e4.jpg
彼は今日友達とトレッキングに行くらしくて、良かったら一緒に行かないかと誘われたんですが、ヨーロッパの滞在期限にあまり余裕が無いので出発することにした。

DSC07826_20170327191203784.jpg
現在、ヨーロッパ19日目で、ヨーロッパの残り滞在日数は71日。
まだヨーロッパは全然序盤なので、今からすでに日数が足りなくなる予感がしている。

スペイン7
グラナダ以降のルートは内陸か海沿いかになるんですが、内陸を行きます。ヨハンの家に内陸を通る自転車ルートが書かれれた地図があり、メモしてきた。そのルートで進むことにする。

DSC07827_201703271912059fb.jpg
そういえば今日から、サマータイムで1時間進んだ。
ポルトガルとスペインの間でも1時間の時差があるのですが、ずっと時計はポルトガル時間のままだったので、2時間の時差になった。まあ僕は太陽の位置を基準に生活しているのでそんなに支障はない。

DSC07828.jpg
グラナダを出ると上り始める。
グラナダが標高600mで、1300mまで上る峠。

DSC07830_20170327191215657.jpg
途中のケンタルという町が恐ろしい山の斜面に築かれた町だった。

DSC07833_20170327191217634.jpg
すごい小さな町なのに、町が立体的過ぎて一生出れないんじゃないかって思った。

DSC07835.jpg
山と山の谷間の道を上り続けている。

DSC07836_20170327191219f82.jpg
複雑な地形の場所を上ったり下ったりしながら進むのではなく、景色は開けているので、なんとなくあそこら辺がゴールなのかなっていうのも見えている。道はアップダウンを繰り返すのではなく、割と一定の傾斜でひたすら上り坂が続く。

DSC07840_20170327191221015.jpg
そんなシンプルでわかりやすい峠が好き。

DSC07843_201703271913164eb.jpg
峠の頂上。
まあまあ疲れた。

DSC07847.jpg
山の反対側は気候が違うのか、景色が変わった。
草木が少ない。

DSC07845.jpg
あとこの辺りは、ほら穴に家を作る文化がある。
冬は暖かくて夏は涼しいらしい。

DSC07848_201703271913201bc.jpg
岩山と同化している家もちょくちょく見かける。
確かにちょっと粘土質というか、崩れにくそうな土質な感じがする。

DSC07849.jpg
一応目的地として考えていたグアディクスという町。
グアディクスまでの道中で結構アップダウンが多くてめんどくさかった。

DSC07851_20170327191411ed1.jpg
まだ走れる時間なので、もうちょっと進んでおく。
プルプルしていた足も、みかん食べてしばらく休んでたら割と回復してくれた。

DSC07852_20170327191412317.jpg
今進んでいるサイクリングルートは幹線道路ではなく、ローカルな道がメイン。

DSC07855.jpg
こういう道の方が走っていて楽しいけれど時間はかかるので、どっかのタイミングで幹線道路に復帰するかもしれない。

DSC07856_20170327191414dc4.jpg
河原でキャンプ。
野宿地で水が使えるっていうのは結構でかい。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年03月 30日05:36 スペイン

PageTopNext>>

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート