◇記事一覧

税金の無いアンドラで買い物

2017年4月12日
アンドラ1
アンドラに入国したところ。

DSC08644_20170413035002de7.jpg
ピレネー山脈、山中にあるアンドラ公国。
広さは468k㎡(金沢市とほぼ同じ)。
人口は約79000人(金沢市の約6分の1)という非常に小さな国。

DSC08651.jpg
アンドラ最初の町から数km走って、首都「アンドラ・ラ・ベリャ」。

DSC08656.jpg
険しいピレネー山脈にある人口8万人弱の国という情報から考える、のどかで牧歌的なイメージとはまるでかけ離れた、賑やかな町。

DSC08657.jpg
この国には税というものがほとんどないらしく、いろんなものを安く買うことができる。
税金を掛けないことで隣国からたくさん買い物に来てもらい、外貨を集めるのが目的らしく、こういう国や地域のことを「タックス・ヘイヴン(租税回避地)」というらしいです。主にアンドラのように小さい国が生き抜くための手段らしい。勉強になった。

DSC08658_20170413035859660.jpg
一番に目に付くのはたばこ。
町じゅうに、たばこがカートンで積まれている。

DSC08661.jpg
そして酒。
税金がたくさん掛かっているものほど、ここでは安くで買えるということらしい。
あとは貴金属類、ブランド品、化粧品、電化製品、バイク用品、アウトドア用品、などがよく目に付く。
人口8万人の国とは思えないほど、とにかく町の中は店だらけ。

DSC08648_2017041303500313c.jpg
ガソリンスタンドも明らかに多い。
自炊用のガソリンを補給。
レギュラーガソリンがリッター1.1ユーロだったんですが、これは安いのか?

P_20170412_104641.jpg
他の国での値段をちゃんと把握できているものがあまりないんですが、ゴープロはポルトガルで359ユーロで売っていたものが、アンドラで349ユーロ。
大して変わらず。

DSC08663.jpg
スーパーに行って食料品の値段も調べましたが、食料品に関してはスペインとほぼ一緒。
全く安くはない。
果物、野菜に関してはむしろ高いぐらい。

DSC08662_20170413035901a97.jpg
ナルト71巻は6.9ユーロ。

DSC08653.jpg
ヨーロッパでよく見かけるインタースポーツというスポーツ用品店。

DSC08654_20170413035046c23.jpg
自転車コーナーもある。

P_20170412_152542.jpg
今は寝るときに銀マットを使っているんですが、腰を労わるためにもエアマットが欲しい。
悩みに悩んで、左の「プロライトプラス」というのを購入。
79ユーロ(約9500円)。


アマゾンだと1万5千円なので、かなり安い。

DSC08670_2017041303593342d.jpg
意外と自転車屋が他に見つからないなと思っていたんですが、町の出口辺りに大きな自転車屋があった。ここでは走る時のレーサーパンツ、キックスタンド、チェーン掃除のオイル、チェーンを購入。占めて80ユーロ。


値段を比較できるもので言うと、このフィニッシュラインのオイルが7.16ユーロ(約850円)。
これはアマゾンと大して変わらず。


あと、このチェーンが15.96ユーロでした(約1900円)。
日本のメーカーの物なので、日本のアマゾンよりは高いですが、ほかのヨーロッパ諸国と比べると間違いなく安い。

DSC08673.jpg
さて、ここからフランス国境までは30kmちょいくらい。
今日中に国境まで行こうと思っていたんですが、なんやかんやしている内にもう夕方6時。

DSC08666.jpg
9時ごろにようやく暗くなりだす日の長さなので、走る時間はありますが、問題はこの先、どのくらい上るのか。とりあえず進行方向の景色を見る限り、めっちゃ上りそう。

DSC08676.jpg
看板があった。
どうやら現在の標高が1138mで、この先25kmを掛けて1270m標高を上げ、最終的に2400mまで上るってことらしい。
100パー無理。

DSC08677_20170413035952bc2.jpg
あまり標高を上げ過ぎても夜が寒いってことで、数km走った次の町であっさり終了。
明日はいきなり1000mアップからか……。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年04月 16日05:57 アンドラ

印象的な峠を越えて

2017年4月13日
アンドラ2

DSC08684_2017041417200407b.jpg
昨日から引き続き、上り坂からのスタート。

DSC08687.jpg
フランスまでは25km。
ずっと上りが続くのでお昼くらいになるかも。

DSC08690_20170414172007866.jpg
現在の標高は1391m。
この先20kmを掛けて1017mアップ。

DSC08694.jpg
アンドラにはアウトドアショップが多いんですが、ほとんどがスキー用品店。
アンドラはスキーで有名らしい。

DSC08704.jpg
スイス的風景。

DSC08711_20170414172023806.jpg
2000mくらいまで上ってきて雪が増えてきた。
この標高まで来ても、日差しの強さと、南風と、坂を上ることで生み出される熱エネルギーによって、ギリギリ半そでで走れている。

DSC08708.jpg

DSC08713_20170414172025c9a.jpg
前から思っていましたが、寒い場所を走る時の方が、エネルギー消費が多いからかお腹が減りやすい気がする。寒い場所での上りなので、たぶんすごいカロリーを消費しているはず。

DSC08719_20170414172056dd0.jpg
次第に空気の薄さを感じるようになってきた。
ただ、自転車だと標高を上げるペースがゆっくりだし、呼吸も深くなるし、水分もしっかり取るので、高山病にはかかりにくい。

DSC08720_2017041417205809c.jpg
そしてゴーール。
標高2408mまで。
この標高まで来るのってアフリカではなかったと思うし、南米ぶりかも。

DSC08724_20170414172059f48.jpg
ガソリンスタンドやレストランなどがある。
レストランの看板にも2408m。

DSC08727_201704141721010a5.jpg
この辺りの道は、隣がずっとスキー場だった。
僕が半そでで汗を垂らして自転車漕いでるすぐ隣でスキーを滑っているっていうギャップが面白かった。

DSC08734_2017041417240988b.jpg
この時期だし雪質は良くないと思うんですが、割と滑っている人は多い。シーズン中だとものものすごい人になりそう。

DSC08740.jpg
幹線道路のすぐ脇に車を路駐して、その場からリフトに乗って、滑れるっていう手軽さ。

DSC08742.jpg
すこし下ってフランスとの国境の町。
ここでも町の賑わっているすぐそばからリフトが出ていてすごく便利そう。

DSC08745.jpg
お昼休憩を挟んで、町を出るとすぐにフランス。

DSC08746.jpg
アンドラはシェンゲン圏ではないので、スペインからの入国時と同様、出入国管理所があった。
しかし素通りだし、そもそも無人だった。

DSC08748_2017041417253021a.jpg
下ります。

DSC08749_2017041417253136b.jpg
雄大で、美しくて、辛くて、とても印象的な峠でした。

DSC08750.jpg
しんどいけどおすすめします。

DSC08753.jpg
いい感じの村を素通りしつつ、ひたすら下る。

DSC08756_20170414172535609.jpg
夕方。
一気に2000m近く下って、あとはほぼ平坦。

DSC08759.jpg
適当に道路わきで野宿。
夕方4時の時点で30kmしか走れていなかったのに、最終的に100km以上走れているのがすごい。

●アンドラの出費
滞在期間:4月12日、13日(2日間)
使ったお金:176ユーロ(約20400円)
1日当たり:88ユーロ(約10200円)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年04月 17日05:19 アンドラ

PageTop

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート