◇記事一覧
次のページへ>>

2度目のフランス

2017年4月14日
フランス1
昨日、5ヶ月ぶりくらい、2度目のフランス入国を果たしたところ。

DSC08764_2017041516505565a.jpg
出発して少し走った小さな町でフリーマーケットみたいなのをやっていた。
キウイが8個で2ユーロと、りんご1kg1ユーロが安かったので買って行く。

DSC08772_20170415165057e64.jpg
平日なのにやけに賑わっていると思ったら、今はイースターっていうキリスト教の連休だからか。

DSC08768_2017041516505673b.jpg
今日は北風で肌寒い。

DSC08774_2017041516510089f.jpg
田舎道を走って目指すのは……、

DSC08775.jpg
カモンという村。

DSC08776_201704151651151cc.jpg
この看板は『フランスの最も美しい村』に認定されたしるしなのです。

DSC08777_20170415165118cd4.jpg
「人口が2000人以下」とか、いくつかの条件を満たすと『最も美しい村』の認定を受けられるそう。

DSC08780_20170415165119bec.jpg
ネーミングに疑問が残るところですが、フランスで150個くらいの村が「最も美しい村」に認定されている。
前回フランスを走った時もいくつか回った。

DSC08781.jpg
村によってどこ程度観光に力を入れているかは様々なんですが、全く観光地色のない村も多い。

DSC08786.jpg

DSC08783_20170415165151ea7.jpg
この村もそうで、ただ美しいだけの小さな村でした。

DSC08789_201704151651547b9.jpg
けれど、そんな全く観光地化されていない、「ただ美しいだけ」の村を回れるのが、とてもいいなと思う。

DSC08793.jpg
ここでお昼休憩を挟み、出発します。
ほんと何もなかったな。
唯一目立つ建物の大きな教会は入るところがわからなかったし。

DSC08796.jpg
カモン近くで、元々線路だったところをサイクリングロードとして活用されている道があったのでここを走ることにする。

DSC08794.jpg
馬で走っている人がいた。

DSC08800.jpg
通りかかった町の教会。

DSC08801.jpg
ドアの淵から飛び出している何か、

DSC08533_201704151703239e7.jpg
先日滞在していたバルセロナにいたのと同じやつかな。
キリスト教のキャラクターなのかも。

DSC08805_2017041516523456f.jpg
夕方、カルカソンヌという大きな町に到着する。
郊外のマクドナルドでネット作業に勤しみ、ご飯の買い物をしようと思ったら、すでに閉まっていた。
スペイン人は夜型でスーパーが閉まるのも遅かったから、まさか夜8時で閉まるとはびっくり。僕は時計を1時間遅らせて生活しているので、僕の中ではまだ午後7時。
もちろん言葉もそうだけれど、やっぱり国境を跨ぐといろんなものが違ってくるな。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年04月 18日05:46 フランス2

城塞都市カルカソンヌを観光

2017年4月15日
フランス2
カルカソンヌは世界遺産にもなっている町。
今日はちょっと観光していきます。

DSC08807_201704171938239b8.jpg
午前中はマクドナルドでネット作業。
向こう1ヶ月分くらいのルートを、ある程度ここで決める。
フランスの後、イタリアかスイスかどっちに行くか迷っていたんですが、スイスを目指すことにした。そのあとにイタリア。

DSC08808_2017041719382580c.jpg
午後からカルカソンヌ市街に向かう。
この辺りは北風か南風かで気温が全然違う。
今日は北風で寒い。

DSC08809_20170417193828018.jpg
カルカソンヌは堅牢な城壁で有名な、城塞都市。
門をくぐる。

DSC08812.jpg
思ったよりも普通の町。
観光案内所があったので入ってみたところ、受付の方がなんと日本人で、地図をもらうついでにいろいろ教えてもらえた。

DSC08814.jpg
実は有名な城壁があるエリアは、カルカソンヌからちょっとだけ離れたところにあるらしかった。
知らなかったら普通に「全然大したことなかったな」で去るところだった。
危ない。

DSC08817.jpg
向かう。
立派な城壁が見えてきた。

DSC08821.jpg
到着。
確かに立派。
昔はここが町の中心だったらしい。

DSC08823.jpg
お城の入り口と言えば、やっぱりこの橋ですよね。
敵が来た時に橋を上げて侵入を防ぐやつ。
テンション上がるなあ。

DSC08827.jpg
城壁が2重にある。
ここは城壁と城壁の間の通路。

a0092659_1475153_20170417200342c52.jpg
ネットから拾ってきた写真ですが、上から見るとこんな感じ。
超カッコいい。

DSC08825.jpg
ヨーロッパの町を回っていると、アニメとかゲームの中に出てくる中世の町みたいって思うことがよくありますが、そういう意味で、このカルカソンヌの町のは、これまでの中でも群を抜いてアニメやゲームに出てくる町だった。

DSC08848_20170417193935529.jpg
「ちょっと冒険っぽいことしてみたい」って思って、自転車で世界一周しているくらいなので、やっぱりこういう町には一段とテンションが上がる。

DSC08830.jpg
町の中では、十字軍の鎧が飾られていたり、子ども向けのおもちゃの剣や弓などがよく売られていた。剣で頭叩かれたら鼓膜破れそう。戦うときは耳栓必須ですね。

DSC08832.jpg
当時、キリスト教の派閥間での争いが起きていたらしく、この十字軍はカルカソンヌに侵略してきた側。当時の歴史に詳しくはないですが、攻めてきた十字軍側が正義ってことになっているんだろうか。ちょっとヒーロー的な扱いを受けている印象を受けた。

DSC08840_20170417193916a2a.jpg
小高い丘の上にあるので、カルカソンヌ市街が見える。

DSC08851_20170417193936bd7.jpg
ここの教会のステンドグラスも今まで見た中でもトップレベルの美しさ。

DSC08836.jpg
中のお城に入るには9ユーロが掛かるので入らず。
入ると、お城+城壁の上も歩けて景色が良いらしい。

DSC08859_2017041719394786e.jpg
そういえば日本の町って、こうして町ごと塀で守るってことはしないですよね。
安全なのはお城だけで。

DSC08828.jpg
一つ残念なのは、人が異常に多いこと。
今はイースターっていう連休のため、スペインからの観光客が多いって観光案内所で教えてもらった。

DSC08839_20170417193916984.jpg
あと荷物満載の自転車を城壁の外に止めたままなので、あまりゆっくりはできず、30分くらいでざっと町を歩いて終了。

DSC08855_20170417193943f84.jpg
でもほんと良かったな。
人が少なければ言うことなしだった。

DSC08862_20170417193954b4b.jpg
もう夕方なんですが、かなり強風の追い風が吹いているので、少し走っておく。

DSC08864_20170417193958e8e.jpg
30kmくらい走って、Hompsという小さな町で終了。
風がものすごく強かったので、一応風を防げるところにテントを張れて良かった。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年04月 19日05:49 フランス2

フランスの村を巡る

2017年4月16日
フランス3

DSC08866.jpg
出発。
この辺りはワインの産地らしく、ぶどう畑が続き、ワインセラーの看板も目に付く。

DSC08867.jpg
しかし限りなくお酒に弱い僕の心には響かず。

DSC08871.jpg
ミネルヴァという村。
ここは2日前にも訪ねた、フランスに150個くらいある『フランスの最も美しい村』のうちの一つ。

DSC08877_201704171940112ed.jpg
すごい。
スペインで度々見かけた、渓谷に囲まれているパターンの村。

DSC08880.jpg
この橋とかたまらないですね。

DSC08881_2017041719401814a.jpg

DSC08882_20170417194020df8.jpg
古い石造りの建物がとてもいい。
フランスの村だなと思う。

DSC08883_20170417194022cc3.jpg
十字軍の旗がある。

DSC08890_20170417194024784.jpg
元々この地域にいたキリスト教の一派と、カトリック教会の率いる十字軍とが戦った歴史があるらしく、この村もその舞台になったんだとか。

DSC08895.jpg
カトリック教会はキリスト教最大の教派らしいので、そんなところに攻められたらひとたまりもなかったんでしょう。

DSC08894_20170417194036395.jpg
本屋。

DSC08896.jpg
村を眺められるスポットに向かう。

DSC08901_201704171940366db.jpg
村を美しく見せるのに、やはり立地は大切だと実感。

DSC08907.jpg
出発。

DSC08916_20170417194100351.jpg
お昼に立ち寄った小さな町の広場でフリーマーケットがやっていた。

DSC08917_2017041719410183b.jpg
常備しているオリーブがちょうど切れたところだったので、買って行く。
市場に売っているオリーブはたくさん種類があるのでいつも迷う。

DSC08921_20170418154652b96.jpg
さらに進んでベジエという町。

DSC08924_20170418154654fc3.jpg
町なかで自転車レースをやってた。
自転車レースって初めて見た。

DSC08926_20170418154655e83.jpg
こうして毎日自転車で走っていると、一度こういうレースに出てみたい気持ちもある。

DSC08936_20170418154326c9a.jpg
フランスではしょっちゅう出くわす水路沿いのサイクリングロード。
懐かしい。

DSC08937_201704181543287f4.jpg
町や建物や道など、小さな再会の積み重ねが、フランスに戻ってきたことを実感させる。

DSC08938_2017041815433230a.jpg
夕方、Agdeという町に到着。
日曜のため、スーパーが軒並み閉まっていた。
まあ食材はあるので構わないんですが。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年04月 20日05:16 フランス2

思い出の地を懐かしむ

2017年4月17日
フランス4

DSC08943.jpg
出発。

DSC08947_2017041815434258f.jpg
すぐに海沿いの道に出た。

DSC08941_2017041815433212f.jpg
お昼頃に「SETE(セット)」へ、そして「MONTPELLIER(モンペリエ)」が今日の目的地。
これらは前回フランスを走った時の思い出の町。

DSC08952.jpg
前回(昨年の秋ごろ)にヨーロッパを走った時は、北欧から南下してきて、フランスを縦断し、最後にセットからフェリーでモロッコへ渡ったのです。(その時の記事)

DSC08958.jpg
こうして一度通った同じ町に再び戻ってくることってなかなか無いので、わくわくしている。

DSC08962.jpg
セットに到着。
アフリカへの玄関口なだけあって、明らかにアラブ系の人が多いし、建物もイスラム色が強い。

DSC08963.jpg
今はこういう文化の混ざった町を見て面白いと思いますが、当時はこの町の雰囲気にすごく落ち込んだことを覚えています。「アフリカが近づいてる……」って。

DSC08966.jpg
フェリー乗り場にも来てみた。
まさかこうしてこの場所に戻ってくることになるとは思わなかったな。
フェリーに乗った時の部屋のカードキーを借りパクしたまま、まだ持っているんですけど、今から返しても大丈夫かな。

DSC08968.jpg
フェリーの時間まで時間を潰したマクドナルド。
懐かしい。

DSC08970.jpg
お昼休憩を挟んで出発。

DSC08971.jpg
普通の道を普通に走ってモンペリエ到着。

DSC08976.jpg
ここでもウォームシャワーで泊まらせてもらいます。
久々のシャワーですっきり。

DSC08978.jpg
実はモンペリエでは知人と会う約束があるのですが、そういう意味でもここでシャワーを浴びられたのはデカかった。臭いまま会うわけにわいかないし。

DSC08980.jpg
その後、知人K氏と落ち合い、ご飯を食べに町へ。

DSC08981_20170418154427f65.jpg
モロッコ滞在中に1ヶ月間、ゲストハウスの手伝いをしていたことがあって、彼はその時に泊まりに来たお客さん。2泊3日での砂漠年越しツアーにも一緒に行った人。フランスに住んでいるということで、今回連絡を取り会うことになった。

17973565_1860298040893403_7232234010512598781_o.jpg
彼はフランス外人部隊に所属していて、軍隊の話とか普段は聞けない面白いネタをたくさん持っている。久々に日本語でたくさん喋った。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年04月 21日05:53 フランス2

学生の町モンペリエ

2017年4月18日
フランス5

DSC08985_201704190342352cd.jpg
モンペリエの町に繰り出す。

DSC09018.jpg
ここモンペリエでは、今使っているパソコンを買った思い出がある。
5~6ヶ月前、フランスからフェリーでモロッコに渡る前々日の晩にパソコンを紛失し、前日の晩にモンペリエでパソコンを買って、翌日のフェリーでモロッコに旅立ったっていうドタバタ劇があった。
いやーあの時は焦った。(その時の様子)

DSC08983.jpg
まず向かったのはモンペリエ駅。

DSC08984.jpg
ここにはピアノが置いてあるのです。
ヨーロッパ初ピアノ。
しかし鍵盤が壊れていたり、弦が切れていたりで全然うまく弾けず。
どこかに自由に弾けるちゃんとしたピアノ置いてないかな。

DSC09019_201704190342561a4.jpg
凱旋門。

DSC09027.jpg
凱旋門をくぐると水道橋。
水を送るためにこんな大掛かりなものを作っていたんだから、当時のヨーロッパがいかに水不足で苦しんでいたかが伺えますよね。

DSC08988.jpg
最近ネットで知ったんですが、フランスには『エシレバター』というバター界最高峰の、高級バターがあるそうです。
試しに買ってみた。100gで1.69ユーロ(約200円)
普通のバターよりは高いけれど、むちゃくちゃ高いって訳でもない。


アマゾンで買うと同じサイズで698円。高い。
肝心の味ですが、そもそも日本だとほとんどバターって食べてこなくて、旅行に来てからたまに買うようになったくらいなんで、正直味の違いはよく分からなかったし、感激するほどのものでもなかった。初めてフランスで普通のバターを買って食べた時点で、美味しくて感動していたので、ハードルが上がっていたのかもしれない。

DSC09031.jpg
帰ってからエシレバターと普通のバターと食べ比べをしたところ、エシレバターの方が味が濃いとは思った。ただ有塩、無塩の違いの方が大きくて、本来のバターの味の違いがそこまではっきり分かったわけではない。
有塩を買ったんですが、かなり塩気が強かったので無塩の方がよかったかも。
日本だと有塩はパンに塗って、無塩はお菓子作りなどにってイメージですが、こっちで聞くと、無塩のことを「スウィーティー」と言っていたので、好みの問題でどっちもパンには使うのかもしれない。

DSC08993.jpg
モンペリエは学生の町らしい。
町には若者で溢れている。

DSC08994.jpg
学生時代にこんな町で過ごせたら幸せだろうなと思います。

DSC09016.jpg
そんな素敵な町。

DSC08979_20170418154424ce2.jpg
ちなみに、今ウォームシャワーで泊めてもらっているところも、学生のシェアハウスみたいなところ。

DSC08977.jpg
見ていて楽しくなってくるくらい、みんなだらしなくて、とにかく散らかっていて、なんかもう絵に描いたような学生寮という雰囲気がある。ちなみに男女2:2で暮らしているっていうところも、なんというかベタなドラマのようなシチュエーション。
なんだか微笑ましい気持ちになり、流しに山積みになっている食器の洗い物とかを頑張った。ちょっと母親の心境かもしれない。

DSC08978.jpg
4人で暮らしているとは思えないほど、もので溢れている。
結構広い建物なのに、いくらで借りているんだろう。

DSC09029.jpg
観光は早めの時間に切り上げて、その後は自転車整備。
いくつかの消耗品を交換する。

DSC09032_20170420173503d8c.jpg
夜にはよくわからないゲームを一緒にした。
20分くらい掛けてじっくりルールを説明してもらうも一切理解できず。
ゲームが終わるころにようやく理解できた。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年04月 22日05:09 フランス2

風と花粉に苦しむ

2017年4月19日
フランス6
現在、海沿いのモンペリエにいますが、ここからは北上し、リヨンという町を目指します。リヨンまで行ったら、東に進路を変えスイスへ。

DSC09033_20170420173507c26.jpg
朝、7時頃には起きていたのに、あまりに風が強くて出発する気が起きず、昼前の出発。

DSC09034.jpg
10km走ったところでマクドナルドに逃げ込む。
今日は内陸からの強風の北風で、特別花粉がすごい。
この先、ずっと内陸の自然の深いところに入っていくのに大丈夫なんだろうか。不安になってきた。

DSC09035.jpg
花粉抜きにしても、そもそも風が強すぎる。
今、一体フランスで何が起きているんだって思うくらいに風が強い。

Screenshot_2017-04-19-16-07-15.jpg
天気予報でも他の日は晴れ具合について書かれているのに、今日は「とても強い風」とあるくらいだし。

DSC09036.jpg
どんなに険しい坂が立ちはだかろうが走れる自信があるんですが、この風は無理。
再びマクドナルドに避難。
ヨーロッパのマクドナルドではこのセルフでオーダーする機械をよく見かける。便利そうですが、この機械でカード払いでお会計できるっていうのが大きな利点なので、現金払い文化の日本では導入されないんだと思う。

DSC09038.jpg
毎日天気が良いのはありがたいですが、この風は辛い。

DSC09039.jpg
出発が遅かった上に、ほぼマクドナルドで休んでいたような1日だったけれど、終わってみれば何だかんだで50kmは走っていた。
ミローという小さな町で終了。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。


2017年04月 23日05:11 フランス2

引き続き風に苦しむ

2017年4月20日
フランス10

DSC09043.jpg
昨夜は風がテントを揺らす音で何度も目が覚めたし、朝になっても風は収まらず。

DSC09050.jpg
もはや僕の中には、ほんの一かけらのやる気すら残っていない状態ですが、とりあえず数km走ってニームという大きな町まで進む。

DSC09053_20170421185117968.jpg
立派な円形闘技場。

DSC09056.jpg
マクドナルドで休憩中に、在住の日本人の方に話しかけられる。
バッグに日本の国旗を付けているので、ごく稀に話しかけてもらえることがありますが、やっぱり声を掛けてもらえるとうれしいものです。日本語で話せる機会も貴重だし。
その方に教えてもらったのですが、次の日曜にフランスで大統領選挙があるらしく、最近近くの町でテロ未遂があったらしい。危ないから大きな町にはいない方がいいと教えてもらう。

DSC09048.jpg
本当は土日辺りにリオン到着かなと思っていたけれど、強風で行程が遅れて結果オーライだったかも。

DSC09061.jpg
応援もしてもらえて元気も出たことだし、昼過ぎから出発。

DSC09063_201704211851331a6.jpg
幹線道路ではなく、山道を通っていく。

DSC09067.jpg
ただ大きい町の近くだからか、意外と交通量はある。

DSC09070.jpg
昼過ぎくらいには強かった風も若干落ち着いた気がする。

DSC09075.jpg
ユゼスという町。
教会で休憩。

DSC09076.jpg
夕方くらいから再び風が強まる。

DSC09078.jpg
「バニョル・シュル・セズ」という町。
最後の10kmくらいが凄まじい向かい風だった。
昨日も、何か天変地異の前ぶれかなってくらい異常な強風だったけれど、今日はモロに向かい風だったので、さらに大変だった。
もし明日も強風だったら絶対休みにする。

DSC09077.jpg
1日マクドナルドでサボる。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年04月 24日05:24 フランス2

怒涛の『フランスの最も美しい村』巡り(前編)

2017年4月21日
フランス11
『フランスの最も美しい村』……質の良い遺産を多く持つ田舎の小さな村の観光を促進するために、1982年にフランスで設立された協会。

DSC09090.jpg
昨日から続く北風は相変わらず止まず。
やる気は出ず。
とりあえずマクドナルドへ。

DSC09094.jpg
昼過ぎまで粘って、お客さんで混んできたのと、あとヒマやなってことで出発する。

DSC09096.jpg
地図を確認すると、この辺りには『フランスの最も美しい村』がたくさんあって、今日だけで4つくらい回れそう。ただ時間的にギリギリかもしれない。もっと早く出発すれば良かった。

DSC09102.jpg
すぐに一つ目の美しい村『ラ・ロック・シュル・セーズ』

DSC09105.jpg
立体的で、かつコンパクトな外観が良い。

DSC09107.jpg
村の入り口に教会。

DSC09110.jpg
かなり斜面が急。

DSC09113.jpg
建物も道も塀も、すべてが石を積み上げて作られている。

DSC09109.jpg
木材の豊富な森の中ですけど、木造の建築物を全く見ないのは技術的な問題なのかな。石造りだと石を積み上げるだけで簡単そうだし。

DSC09123_201704222139490dc.jpg
出発。
スペインでは延々とオリーブ畑の中を走っていたように、フランスではずっとワイン用のぶどう畑が続いている。
午後から風はすっかり落ち着いてくれた。よかった。

DSC09128_2017042221400124c.jpg
小一時間走って、次の美しい村『モンクリュ』。

DSC09130_2017042221395776b.jpg
ここではそこまで大きな感動は無かった。

DSC09139.jpg

DSC09140.jpg
のら犬が歩いていたのと、

DSC09144.jpg
この四角い塔が珍しいなっていう感想だけ。

DSC09150.jpg
どんどん進みます。

DSC09152_201704222145299b3.jpg
ここは美しい村ではないけれど、観光地のヴァロン・ポン・ダルクという町。
時間が無いので素通り。

DSC09155.jpg
日が傾いてきた。
あと2つ回るのは難しいかも。

DSC09156_20170422214811a4b.jpg
道を間違えて変なところに迷い込むし。

DSC09157_201704222148337fe.jpg
幹線道路に復帰できるのか不安になるし。

DSC09158.jpg
その後、無事復帰し、3つ目の美しい村『バラジュック』。
時間的に今日はここでおしまいかな。

DSC09161.jpg
村の地図。
とりあえず向かうはトイレ。

DSC09163_20170422215011b02.jpg
今日回った中では若干大きめの村なのかもしれない。

DSC09166_20170422215042fb3.jpg
村の裏が深い渓谷になっていた。

DSC09168_20170422215037a45.jpg
川まで下る。

DSC09175.jpg
やっぱり立体的な村は見栄えが良い。

DSC09178.jpg
景観の美しい土地には、美しい村が集まるのかな。
最後にそんなことを思った1日でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年04月 25日05:00 フランス2

怒涛の『フランスの最も美しい村』巡り(後編)

2017年4月22日
フランス12
『フランスの最も美しい村』……質の良い遺産を多く持つ田舎の小さな村の観光を促進するために、1982年にフランスで設立された協会。

DSC09181.jpg
昨日の夕方に到着したバラジュックという村。

DSC09192.jpg
もう少しだけ歩いていきます。

DSC09191_2017042318211149d.jpg
さすが美しい村。

DSC09196_201704231821145fe.jpg
出発。

DSC09199.jpg
10kmも走らないところに、ほんとは昨日のうちに行こうと思っていた『ヴォギュエ』の村。
紛れもない『フランスの最も美しい村』といった外観。

DSC09214_20170423182149510.jpg
自転車を止めて歩きます。
すごく静か。

DSC09226.jpg
一部の貴重品を除いて、ほとんどすべての荷物は自転車に載せたまま離れている。
無警戒と言えば無警戒ですが、こんな美しい村を訪ねる人が、人の物を盗んだりしないだろうと信じて、いつも駐車場とかに止めて散策しています。
あと、どこもすぐに回れる小さな村ばかりで長い時間離れるわけじゃないし、そもそも田舎の村だから人も少ないし。

DSC09210_20170423182204625.jpg
ひと際目立つ建物。
中には入れないのかな。

DSC09217.jpg
屋根から覗くねこ。

DSC09221.jpg
にわとり。

DSC09203_20170423182141f48.jpg
非常に素晴らしい村でした。
出発。

DSC09233_20170423182232cb4.jpg
峠を越える。

DSC09236_2017042318223947c.jpg
下った先に『LE RHONE(ローヌ川)』

DSC09238_20170423182307034.jpg
ローヌ川を上流へ進むとリヨンの町がある。

DSC09244.jpg
川を渡ったところのモンテリマールの町は素通り。
近くにもう一つ美しい村があるので向かいます。

DSC09292_2017042318305817b.jpg
『ミルマンド』
ここもさすが美しい村。

DSC09251_20170423182334569.jpg
山の斜面にできた村なので、とりあえず一番高いところを目指す。

DSC09256.jpg
そういえば、僕が訪ねまわっている『フランスの最も美しい村』ですが、こちらのサイトを参考にさせてもらっています。
『my lifelog yuu-koma.jp』(HP)

DSC09260.jpg
数年を掛けて、150個以上ある全ての『フランスの最も美しい村』を回った方のサイト。
地図はもちろん村の評価なども載っていて、とても見やすく完成度が高い。
もしこのサイトを見つけていなかったら、ここまで熱心に美しい村巡りはしていなかったと思う。

DSC09261_201704231825187c2.jpg
山頂に到着。

DSC09264.jpg
教会があった。
一番下にも教会があったけれど、そっちは足が悪い人向けに建てられたものなんだろうか。ここまで上ってくるのも結構大変だったし。
教会っていうのは大抵、町の中心か、町の一番高いところにあるもの。

DSC09265_20170423182654a34.jpg
しかし中は教会ではなく、何かの展示が行われていた。

DSC09285_201704231832256b1.jpg
昨日、今日とで『美しい村』を5つ回りましたが、その中ではここ『ミルマンド』が一番良かったかなと思います。

DSC09280.jpg
外から見る村の景色、中から見る村の景色が良いのはもちろんですが、急斜面の村の一番上に教会があって目指すところがあるわかりやすい村の造りも良かった。シンプルさ、わかりやすさっていうのが、僕の中では割と重要なんだと気が付いた。
それなりに広く、高低差もあったので、一番歩きごたえがあったし、散策のしがいのある村だった気がする。

DSC09297_201704231831045f7.jpg
少し進んで、夕方。

DSC09302.jpg
適当に進んでキャンプ。
スイス出国までに立ち寄れる『美しい村』はあと一つ二つかな。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年04月 26日05:20 フランス2

風で足止め

2017年4月23日
フランス13
『Livron-sur-Drôme(リヴロン=シュル=ドローム)』という町から。

DSC09311.jpg
出発してすぐに橋を渡って、ローヌ川の対岸(西側)に移る。

DSC09310_20170424185024e5e.jpg
東側の方が町も多く栄えているっぽいので、西側の方が交通量が少ないかなと思って。

DSC09309.jpg
やっぱり交通量は少なくなったんですが、ただとても走れないレベルの向かい風(北風)が吹いている。

DSC09314_201704241850362bc.jpg
少し走って、開店と同時にマクドナルドに避難。
窓の外の木々の揺れ方をチラチラ観察しつつ、風が弱まるのを待つ。
……そしてそのまま8時間。

Screenshot_2017-04-23-19-36-11.jpg
ふざけてんのかってくらい強風の1日でした。
突風時の風が「82km/h」とかヤバすぎる。
死んじゃう。

DSC09316.jpg
ただ、こんなペースじゃいつまで経ってもリオンに着かないので、夕方からちょっとだけ走る。

DSC09319_20170424185045852.jpg
今日はフランスの大統領選挙の日だったらしいです。
そのせいでここ最近は、大きな町では警官が殺されたりいろいろ危ないみたいだったので、まあマクドナルドに1日引きこもっておいて正解だったと前向きにとらえることもできる。

DSC09326.jpg
夜になってようやく風が落ち着く。
静かな小川のほとりでキャンプ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。


良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年04月 27日05:45 フランス2

PageTopNext>>

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート