◇記事一覧

世界一周最後の国

2017年10月13日
ちゅうごく11
中国の天津から韓国の仁川までフェリーで移動中。

DSC06598_2017101409143933c.jpg
退屈。

DSC06602_20171014091441b03.jpg
午後2時くらいに仁川に到着。

DSC06603_20171014091442229.jpg
入国審査の際にリンゴを没収される。
ショック。

DSC06605_201710140914445a7.jpg
韓国の町を走る。
フェリーの中で運動不足だったので、ペダルを踏みこむ負荷が気持ちいい。
そして韓国の街並みがあまりに日本と酷似していることに衝撃を受ける。
ずっと信号の多い町なかを走っているにも関わらずなぜか気持ちよく走れているのは、日本を思い出すからかもしれない。

DSC06608_20171014091447214.jpg
あとそういえば、韓国と中国に時差があることにびっくりした。
陸地で繋がっている中国と時差があって、海で隔てられている日本とは時差が無いのか。

DSC06611_20171014200230fa0.jpg
今日はヨーロッパで良く利用していたウォームシャワーを久しぶりに使い、現地の人の家に泊めてもらいます。
家主のソングさんはカタコトながら日本語を話せる。勉強してたんですかと尋ねると、日本のドラマを見続けてたら覚えた、と。そんなことがあり得るんだろうか。
出身地の話になった時も、僕が関西弁なのを理解して「関西ですよね?」って聞いてくるくらいの実力者。

DSC06609.jpg
その夜は、ソングさんに韓国の焼き肉に連れて行ってもらいました。
めちゃくちゃ美味しかった。
韓国ではやはり焼き肉屋が多いらしい。
日本と同じく、海に囲まれていて山の多い国なのに、これだけ肉食文化が発達しているのがちょっと不思議。

2017年10月 18日05:24 韓国

韓国縦断サイクリングロードちょっとスタート

2017年10月14日
韓国1
ソウル近郊の町に滞在中。
今日はここに滞在。

DSC06613_2017101420023272e.jpg
商店街の雰囲気が完全に日本。
明日からの韓国縦断のルートですが、ちょうどソウルから釜山までを繋ぐサイクリングロードがあるらしくて、それを使って走ろうかなと思います。

DSC06617.jpg
で、やってきたのはここ。
ソウル市街から30kmくらい離れたところにある『仁川フェリーターミナル』(地図)
ここがサイクリングロードのスタート地点になっていて、この建物でサイクリングパスポートっていうものが買える。
※ちなみに中国の天津から到着したフェリーターミナルはここではなく、ここから10kmくらい南にある「仁川第二国際ターミナル」みたいな名前のところでした。

DSC06619.jpg
4500ウォン(約450円)で購入。
このサイクリングロードでスタンプラリーができるらしくて、これはその台紙。
右側はサイクリングロードの地図。

DSC06620_201710142002379c7.jpg
定期的にこの赤い電話ボックスが設置してあり、ここでスタンプを押せる。

DSC06621_20171014200239762.jpg
ゴールの釜山までは633kmの道のり。
明日から5日間で目指す予定。

DSC06625_201710142002400b4.jpg
今日はソウル市街付近まで、スタンプを押しながらサイクリングロードを進む。

DSC06627.jpg
21km走って2か所目のスタンプ。
大体20km前後くらいの間隔でスタンプ台が設置されているみたい。
今日は3か所目の地点まで走る。
土曜日だからか今日はサイクリストがものすごく多い。
自転車が盛んっていうだけで韓国のことを好きになれそう。

DSC06629_20171014200243de2.jpg
川の向こうに大都会ソウルが見える。
ちょっと今回は時間の関係でソウル市街には行けなさそう。
この後、3か所目のスタンプ押し場付近に到着したんですが、探してもスタンプの電話ボックスが無い。とりあえず地図に描かれているスタンプマークのある場所の建物で聞いてみることに。

そこはレストランで、店員さんに、このパスポートに押すスタンプって知らないですかね? と尋ねると、「ちょっとまだこのお店に入ったばかりだからわからないの」と言いつつ、店内を探してくれた。スタンプは電話ボックスじゃないのか?
そのまま10分くらい、店員さんは他のスタッフに聞きながらスタンプを探していて、僕は店内で待たされる。

僕がここでびっくりしたのがその店員さんの腰の低さ。
何度も「待たせてごめんね」と言いながら、気遣ってくれた。
ここは本来、僕は逆切れされるべきところなのに。
だって、新人の店員さんがそんなサイクリングロードのスタンプなんか知るはずがないのに、そんなしょうもないことに手を煩わされているんだから、僕は逆切れされるか、少なくともイライラした態度をぶつけられて然るべき状況なのです。
少なくともこれまで僕が通ってきた国を基準にして考えるなら。
でもその店員さんは一切そんなイライラを見せることなく、ずっと僕にごめんねと謝り続けた。
なんという民度の高さ。
ちょっと韓国を舐めていた。

DSC06632_20171014200245416.jpg
最終的に押されたスタンプはパスポート用のスタンプではなかったけれど、そんなことは全くどうでも良かった。韓国人のすばらしさに感動していたから。
そしてその後、帰路に付いた。

2017年10月 19日05:47 韓国

『四大河川自転車道』走行開始

2017年10月15日
韓国1

DSC06636_20171016105147c38.jpg
今日から本格的に韓国縦断開始。
本当に韓国の街並みは日本とそっくり。
日本に帰った時の感動が薄れそう。

DSC06637_2017101610514908e.jpg
川沿いのサイクリングロードに到着。
日曜日なので、今日もサイクリストが多い。

DSC06638_20171016105150da1.jpg
結構な頻度でコンビニが登場する。
あとはメンテナンスをしてもらえる簡易自転車屋とか、水汲み場とか、トーレーニングの器具とか、休憩用ベンチとかそういうのが度々登場する。さすがにここまで充実しているのはソウル市街付近だけでしょうけど、それでもすごすぎる。

DSC06639_20171016105151afb.jpg
マラソン大会があるみたい。
この土日、町の至るところで催し物がやっている。
走っていると、いろんなところから韓国という国の豊かさを感じる。
人も変わって、みんな信号を守るし、クラクションもむやみに鳴らさないし。

DSC06640_20171016105153762.jpg
金持ちの住むエリアだけを豊かにすることは比較的貧しい国でも行われていることですが、韓国、少なくともソウルは町全体から豊かさを感じる。そもそも国を縦断するような大規模なサイクリングロードを作れることが豊かさの証明だし。
ヨーロッパと全く遜色ない。

DSC06647_201710161051573b3.jpg
日本も作れないんですかね。
とりあえず東京-大阪を繋ぐサイクリングロードだけでも作ってほしい。
もしくは九州一周、四国一周とか。

DSC06645_20171016105156517.jpg
ゴールの釜山までの道のりですが、今日から5日間で縦断し19日に釜山到着、20日のフェリーで帰国という感じ。20日のフェリーは夜行なので、最悪20日に釜山到着でも問題ない。
そして日本には21日の朝に博多着という感じ。
4年間旅行してきて、もう帰国まで1週間切ってるのか。

DSC06651.jpg
思ってなかったところでスタンプラリーのスタンプが登場する。
地図を見なおすと、一つ飛ばしていたみたい。
ショック……。
サイクリングロードは川沿いの一本だけではなくて、たくさんルートが枝分かれしているので、曲がらないといけないところを見逃していた。

DSC06652_20171016105201d55.jpg
この看板の左上のマークが釜山まで続くメインのサイクリングロードのマークみたい。
このサイクリングロード、正式名称は「四大河川自転車道」というらしい。4人の人みたいなのが4大河川を表してるとかそんな感じでしょう。

DSC06654_201710161052022e0.jpg
ソウルを出ると一気に自然が多くなる。

DSC06657_20171016105203235.jpg
ヨーロッパでもよくあった、古い線路をサイクリングロードとして活用しているパターン。日本もこういうことしてほしいな。

DSC06672_201710171032536cd.jpg
夕方、途中の休憩エリアでキャンプ。

2017年10月 20日05:51 韓国

韓国物価高すぎる問題

2017年10月16日
韓国2

DSC06674_2017101710325556d.jpg
曇り空の朝。
ちょっと気温も低め。
まあモンゴル、中国に比べると暖かくなったけど。

DSC06675_20171017103256d8e.jpg
川沿いを走っているときは平坦ですが、川沿いを外れると険しい山道になる。

DSC06677_201710171032577f2.jpg
今日もスタンプラリーを回りながら釜山を目指す。

DSC06678_20171017103259855.jpg
中はこんな感じ。

DSC06681_20171017103300480.jpg
カフェでネット休憩。
ラージサイズのコーヒーが4600ウォン(約460円)。
高い。

DSC06684_2017101710330279f.jpg
お昼なのでご飯を食べて行こうと思ったんですが、韓国だと安くても1食6000ウォン(約600円)くらいするみたい。中国の2倍だし、モンゴルと比べると3倍。
韓国でもヨーロッパと同じく3食米生活になりそう。

DSC06725.jpg
ただその米も高くて、ソウルで買ったものは1kgで400円もした。

DSC06689_20171017103306660.jpg
野菜や果物も異常に高く、また量り売りじゃなくて、日本と同じように1パックでいくらみたいな感じなので、量が多くて買いにくい。
こんなに物価の高い国は北欧やスイス以来だし、日本よりも高い気がする。

DSC06693_20171017103308733.jpg
右側の小さな看板が今走っているサイクリングロードの看板。
よそ見をしていたら見逃す。

DSC06695_201710171033117ee.jpg
夕方、大きな町でスタート地点から12個目のスタンプを押し、ついでに野宿用の水も確保。

DSC06698_20171017103312691.jpg
日が短くなってきているので、走れる時間は6時くらいまでが限界。

2017年10月 21日05:35 韓国

サイクリング日和

2017年10月17日
韓国3

DSC06701_2017101812314349c.jpg
朝起きると濃霧の中。
ただ日が昇るとすぐに晴れた。

DSC06703.jpg
仁川から始まったスタンプラリーの13個目のスタンプのある小さな町が温泉地らしく、足湯があった。
しかし僕が着いた時にお湯を張り始め、時間が掛かりそうなのでパス。

DSC06706_201710181231464f8.jpg
どちらにせよ足が届かない。

DSC06708.jpg
今日は晴れ。
晴れた日に、景色の良いところを走ると気持ちがいいっていう当たり前のことを今さら再確認する。

DSC06711_201710181231497c4.jpg
大きな上りがあった。
ちゃんとした峠も久しぶりなので、まあそれなりに楽しいと思える。

DSC06712_201710181231502ac.jpg
一瞬、こんな峠道にケンタッキーがあるのかと思った。

DSC06716_20171018123152c83.jpg
そして頂上。
標高は500mちょい。
ここがこの韓国縦断サイクリングロードの最高地点。

DSC06720_20171018123153cb3.jpg
ときどき看板とかいろんなものに漢字を見かける。
韓国の人ってちょっとくらいなら読めたりするのかな。

DSC06722.jpg
夕方。
毎日このくらいの時間に川沿いを走るとコバエがうっとうしい。

DSC06732_201710181232045fd.jpg
写真ではわかり辛いけれど、ものすごい激坂。
全く容赦のない斜度。少なくとも20%は越えてると思う。
坂を上って少し下ったとこらへんで終了。

2017年10月 22日05:31 韓国

サイクリストの世界の狭さ

2017年10月18日
韓国4

DSC06733_20171019140107483.jpg
走行中の韓国縦断サイクリングロードは9割がた自然の多い田舎を走っているので、野宿場所には全く困らない。

DSC06734.jpg
後2日で釜山に到着予定でしたが、まだ釜山までは300kmくらいある。
意外と走行距離が伸びなかった。
釜山到着は明後日、帰国フェリーの当日になりそう。
フェリーは午後8時に出航なので、最悪夕方に着けば問題ない。
それでも昼くらいには到着しておきたいところ。

DSC06736.jpg
スタバのホットコーヒーのトールサイズで4100ウォン(約410円)。
日本より高くないですか?
こんなもんでしたっけ?

DSC06737.jpg
釜山まで223km。

DSC06738_201710191401129f8.jpg
1日1回くらい長期のサイクリストを見かける。
みんな欧米人。日本人とは会っていない。
初めて同じ進行方向のサイクリストに会うので、追い越しざまに声を掛ける。すると、
「あれ、前に会ったよね? シンペイでしょ?」
と。

DSC06739_20171019140113159.jpg
なんと5ヶ月前にイタリアのマクドナルドで出会ったサイクリストでした。(その日の記事)
めちゃくちゃびっくりした。
でもこういう風な、何ヶ月後も経ってから、数千kmも離れたところでの奇跡的な再会をこの旅で何度か経験している。今回を除いて3回かな。北米~南米を走っているときに。
こういう再会をすると、あらためて自転車旅っていいなと思う。

DSC06743_20171019140115091.jpg
あと、イタリアで会った時に旅用名刺を渡していたとはいえ、彼らが僕の名前を憶えていたことが衝撃だった。僕はもちろん忘れていた。前にも書いたかもしれないですけど、外国人って日本人と比べて名前を大切にしているなって感じます。いつも出会ったらまず最初にお互いの自己紹介をするし、こうして覚えてくれている。これが日本人同士だと、1時間くらい話しているのにまだお互いの名前を知らないとかザラにあるし。

2017年10月 23日05:59 韓国

ゴールを前に

2017年10月19日
韓国5

DSC06745_20171020134044c89.jpg
ゴールの釜山まではあと180kmくらい。
明日のお昼までには到着したい。
そしてお昼ご飯に釜山で焼肉を食べて、夕方フェリーに乗り込んで、そして帰国。

DSC06753_20171020134049ca8.jpg
明日には帰国という実感が無い。
自転車旅が日常になりすぎた今、日本での日常に戻ることがいまいち現実感無くて、でも日本はすぐ目前に迫っていて、ずっと気持ちが浮ついた感じ。

DSC06750_20171020134047420.jpg
ただ一方で、ここ最近なかなか寝られなかったり、逆に早くに目が覚めたりする。
4年4ヶ月前、自転車旅出発前の心境と少し被る。
当時も常に仄かな緊張状態にあり、眠りが浅くなったりしていた。

DSC06754_20171020134050f02.jpg
お昼ご飯。
韓国のりと、左下のはスーパーで見つけて初めて買ってみた納豆。
日本の納豆ほど食べやすくなくて、腐敗臭が強い。
近くにいたおっさんによると、韓国でもなっとうは「なっとう」と言うらしい。
日本語と韓国語って共通の単語が多いらしいですね。
ちなみにおでんもおでん。

DSC06756.jpg
釜山まで60km。
今日は一部サイクリングロードではなくて、一般道を走ってちょっとショートカットした。

DSC06757_20171020134055dc6.jpg
このサイクリングロードは仁川から釜山まで633kmありますが、車で最短距離を走れば430kmくらいの距離しかない。
アップダウンが無い代わりにずっとクネクネの川沿いを走ったりする。
釜山まで残り50kmを切ったくらいのところまで走って終了。

2017年10月 24日05:56 韓国

大きな区切り

2017年10月20日
韓国6
釜山までは45kmほど。

DSC06761_20171022123847d5c.jpg
最終日の朝。
とても天気が良くて、それだけで思わず、うれしくて泣きそうになる。

DSC06762_201710221238482a2.jpg
たまにふざけた傾斜の坂が登場するこのサイクリングロードですが、ずっと景色の良いのどかな田舎が続くし、でもたまにまともな町もあるし、楽しかったです。

DSC06768.jpg
釜山市街に入ってきた。
ゴールまではあと数km。

DSC06769.jpg
『FINISH』
韓国縦断終了。
そばに事務所みたいなのがあるので、ずっとスタンプを押してきたサイクリングパスポートにシールをもらった。一応日本に記念のメダルと賞状を送ることもできるらしい。ただ送料がかかるらしいので今回はパス。韓国国内だったら無料らしい。太っ腹。

DSC06774_20171022123856fad.jpg
もうお昼でお腹ペコペコペコなので、お祝いを兼ねて焼肉屋さんに入る。
韓国での外食は、ソウルで泊めてもらったホストの方にごちそうになった1回だけで、自分で入るのはこれが初めて。

DSC06778_20171022123857dc3.jpg
サムギョプサル(厚切りの豚バラ)しか頼んでないのにいろいろ付いてきた。韓国のレストランはキムチとかサラダとかスターターセットみたいなのが充実しているみたい。
あとご飯とキムチチゲみたいなのを頼んで、お腹パンパン。
食前にバナナを2本食べていたとはいえ、最近あまり食べられなくなった気がする。

DSC06788_201710221239036c2.jpg
その後、フェリー乗り場へ。

DSC06786_20171022123901740.jpg
最後に記念撮影。
もっとインスタ映えする背景だと良かったんですけど良い感じの場所が見つからず。
4年世界を周ってきて、初めて自分から写真撮ってくださいって人にお願いした気がする。
僕が撮ってもらうときは基本的に向こうから「良かったら写真撮ろうか?」と言ってこられた場合。

DSC06782_20171022123900cac.jpg
午後3時半~6時半の間にチケットを受け取り、7時~7時半に乗船。
今回予約した「カメリアライン」っていうフェリーがめちゃくちゃ安かった。
片道一人2500円で、自転車代と港使用料みたいなのでプラス2000円くらい。
距離が違うとはいえ、中国~韓国のフェリーは2万円以上もしたのに。

DSC06789_2017102212390543f.jpg
とりあえず自転車で世界一周し終えました。
ただ思った以上に達成感や感慨深さなどはなし。
毎日の走り終わり程度にはホッとしているけれど、それ以上の感情は無い。
まだ日本も走るのでこれで終わりではないっていうのもある。
ただともかく、海外を走るのはこれでおしまい。
アラスカをスタートして、トータルで6万5千kmくらい走りました。
頑張りました。

2017年10月 25日05:02 韓国

PageTop

 

カテゴリ

出発前 (49)
旅の計画 (3)
出発準備 (4)
持ち物 (34)
出発前 (8)
北米編 (145)
アラスカ (21)
カナダ (54)
アメリカ (70)
中米編 (167)
メキシコ (93)
ベリーズ (8)
グアテマラ (24)
エルサルバドル (6)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (7)
コスタリカ (13)
パナマ (14)
南米編 (204)
コロンビア (37)
エクアドル (18)
ペルー (46)
ボリビア (24)
アルゼンチン (12)
チリ (38)
アルゼンチン2 (29)
一時帰国 (12)
アフリカ (182)
エジプト (18)
スーダン (14)
エチオピア (29)
ケニア (11)
一時帰国2 (6)
ケニア2 (4)
タンザニア (29)
ザンビア (18)
ボツワナ (12)
ナミビア (30)
南アフリカ (11)
ヨーロッパ (86)
北欧 (48)
ドイツ (21)
ベルギー (1)
フランス (16)
西アフリカ (94)
モロッコ (67)
モーリタニア (16)
セネガル (11)
ヨーロッパ2 (108)
ポルトガル (9)
スペイン (26)
アンドラ (2)
フランス2 (22)
スイス (9)
オーストリア (3)
イタリア (12)
スロベニア (4)
クロアチア (4)
セルビア (10)
ブルガリア (7)
中東 (8)
トルコ (8)
アジア (135)
タジキスタン (28)
キルギス (18)
カザフスタン (4)
中国1 (12)
モンゴル (29)
中国2 (12)
韓国 (8)
日本 (24)
情報と雑談 (37)
学校見学 (9)
2010西日本一周 (33)

月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート