FC2ブログ
◇記事一覧
<<前のページへ | |次のページへ>>

時計

DSC00555.jpg
◎時計…アクシオMAX(mont-bell モンベル)
 時計は絶対に必要なものではなかったが,せっかくなのでちょっといいアウトドアウォッチを持っていくことにした。時計機能のほかにも,コンパス,高度計,気圧計,温度計などが着いている。
 どうでもいい情報だが,僕が人生ではじめて買った時計でもある。
 あとこのアクシオMAX,驚くほど文字盤が暗くて見にくい。
 文字盤も暗ければ,文字も暗いので,暗い場所ではまず見えない(ライトが付いているので問題は無いが)。なんでこんなに見にくい仕様にしたのか謎だが,この時計はあくまで贅沢品と割り切っているので,多少めんどくさい仕様になっていても,それはそれでいいかなと思っている。

2013年12月 北米終了後
色んな機能が付いているが,時計としてしか使っていない。アラームも時々使うけれど,音が小さいので,起きないことが多い。
中でも,温度計と高度計がクソ。温度計は実際の温度よりも5~10℃高く表示されるし,高度計は,現在,標高1100mの場所にいながら,-2629mと表示されている。


2014年7月 中米終了後
いろいろな機能があるけれど,時計の機能しか使っていない。
しかもその時計版も暗くて見にくい。
お金に余裕があれば買い換えたいと思っている。


2015年10月 南米終了後
特に気にいってる訳ではないが,防水,耐衝撃で気を遣わずに済むので,ずっとつけている。

2013年04月 12日15:39 持ち物

寝袋

DSC00563.jpg

◎寝袋…オーロラ600DX(NANGA ナンガ)
寝袋選びも非常に難しかった。
寝袋には“快適使用温度”みたいな表示があって,本来,寝袋を選ぶ際には,その“使用温度”を目安にして決める。夏に使うなら10~20℃に対応しているモデルとか,逆に冬だったら0℃以下でもいけるモデルとか,そんな感じで。
しかし今回の旅では寒い日から暑い日カバーしないといけない。ということで非常に迷ったが,迷ったあげく,超有名自転車旅行者である染谷翔さんの装備をパクらせてもらう感じで落ち着いた。(他の装備に関しても染谷さんのをまんまマネさせてもらっているものは多い)
この寝袋の特徴としては,防水加工がされているのでダウンの弱点である「濡れ」に強いということがある。
そしてなんとびっくり,この寝袋,“使用温度”が-14℃~-30℃までカバーされているのである!
ただこんな馬鹿げた温度で寝られるのは一部の超人だけで,一般人はとてもじゃないが寝られないらしい。ちなみに僕が真冬に窓を開けっ放しで寝たところ(たしか-2,3℃くらい),そこまで厚着をしなくても気にせず眠れた,くらいの性能だった。
じゃあ夏はどうすんねんっていう話やけど,もし暑ければチャックを開けるなりして温度調節すればたぶん問題ないだろう。

余談だけど,寝袋ってしまうのむちゃくちゃ難しいですね。初めて寝袋をしまうときは30分くらい格闘した末,結局しまえず,本気で返品しようかと考えた。しかもこのオーロラ600は良い寝袋なだけあってダウンの膨らむ力が強く,また防水加工がされているせいか,空気が抜けにくく,本当に厄介だった。最終的にはyoutubeで寝袋のしまい方のコツを調べ,何とかしまえたけれど。
多分この寝袋を初見でしまえる人は1000人に1人くらいだと思う。

2013年12月 北米終了後
この寝袋のおかげで,氷点下の夜も問題なく寝れている。寒くて起きることもあるけれど。
逆に暖かい夜も,掛け布団のようにして寝れば,暑すぎて不快に感じるといったことはない。
ただこの寝袋,限界温度の表示が-14℃~-30℃ってなっているが,その気温で寝ることは,まず不可能。


2014年7月 中米終了後
中米では暑かったのでほとんど使用せず。


2015年10月 南米終了後
南米の寒い地域では活躍してくれた。
大体常に縫い目の隙間から羽毛が飛び出しているが,全く気にせず使っている。
氷点下いくかいかないかくらいなら,着こめば問題なく寝られる。



2013年04月 12日15:48 持ち物

ストーブ

DSC00566.jpg

◎ストーブ…MUKAストーブ+広口フューエルボトル1000ml(SOTO ソト)
ようは火を起こすためのコンロと燃料ボトル。
キャンプ場などで自炊をする場合に使用する。
ガソリンを燃料として火をつけることができる。
わりと最近発売されたもので,なんとかっていう賞もとっているようだ。よく知らないけれど色々画期的なモノらしい。

このMUKAストーブが発売されるまでは,「ドラゴンフライ」という無駄にかっこいい名前のコンロが主流で,大体の自転車旅行者がドラゴンフライを持って旅立たれていた。このドラゴンフライも同じようにガソリンなどを燃料に火を起こせるものなのだが,アウトドアショップの店員さん曰く,ドラゴンフライよりもMUKAストーブの方が火を付ける手間が少なくて済み,とりあえずいろいろ優れているとのことだったので,迷うことなくMUKAストーブにしておいた。

2013年12月 北米終了後
一回,ホースに砂が詰まって,使用不可になったことがあったが(僕の責任です),ホースを交換してからは問題なく使えている。ただ,今は足がちょっとグラグラしていて少し不安定なので,重い鍋を乗せるときは気を使わなくてはならない。
あと火力が強いのがとても良い。お湯が一瞬で沸く。


2014年7月 中米終了後
中米の後半から調子が悪くなり,現在,超弱火しか使用できない状況。
割と酷使してきた装備品のひとつとはいえ,1年ちょっとでダメになるのはちょっと早すぎないか。
(※ジェネレーターという部分が詰まっていたようだ。ジェネレーターは定期的に交換しなくてはならない部品なので,まあ仕方ないことだった。)



2013年04月 12日15:50 持ち物

クッカー

DSC00547.jpg
 ↑収納時

DSC00546.jpg
 ↑広げたところ

◎クッカー…アルパインクッカー 14+16パンセット(mont-bell モンベル)
鍋類。フライパンと2種類の大きさの鍋が収納されている。キャンプで使用する。
これまでキャンプで自炊をしたことが無いし,どのぐらいの大きさの鍋がいくつくらいあったら良いかとか全く分からないので,感覚で決めた。なんとなく数とか大きさとか,ちょうどいい感じなのではないだろうか。
僕の感覚が優れていることを信じたい。

2013年12月 北米終了後
鍋の大きさなどはちょうどいい。とても使いやすい。
すぐ鍋底が焦げつくのが困っているけれど,キャンプ用の鍋ってこんなものなのだろうか。


2014年7月 中米終了後
よく焦げ付くのと,取っ手の黄色いビニールみたいなのが焼けただれて無くなってきたのが困っている。
買い換えたい気持ちもあるけれど,この大きさに慣れてしまったので,買い換えにくいところもある。



2013年04月 12日15:51 持ち物

パソコン

DSC00575.jpg

◎パソコン…UX21E-KX564(ASUS エイスース)
パソコンについてはもともとの知識がなかった分,家電量販店に通いつめたり,インターネットで調べたりして,すごく悩んだ。
まず自転車旅に適したパソコンの条件として,「小さいこと」と「振動に強い」ことが挙げられる。
小ささに関しては常に持ち歩くのだから小さいほうが良いに決まっているし,振動に強いというというのも,自転車のかばんの中で常に揺られ続けることになるので,耐振動能力は必須である。

そこで振動に強いパソコンについて家電量販店の店員さんに尋ねたところ,「SSDを搭載しているパソコンがいい」とすすめられた。“SSD”とは,従来のパソコンの“HDD(ハードディスク)”に代わるもので,振動に弱いHDDに対して,SDDは振動に強いらしい。

というわけで,小さくて,SSDが付いていて,値段が安いものを探してたら,このパソコンに行きついた。
サイズは11.6インチ,SSDも付いているし(ただ容量は64GBと少ない),値段も49,800円で,満足の買い物ができた。
ついでにSSDのパソコンは立ち上がるのがむちゃくちゃ早いのもうれしい。

2013年12月 北米終了後
SSD搭載のPCなので立ち上げが非常に早いのが助かる。
ただやっぱり,容量が少なすぎる。驚異の64GBなのだが,実際に使えるのは10GB程度しかない(笑)
どうせ写真くらいしか入れてないからいいんやけど。


2014年7月 中米終了後
バックパッカーに特に人気のマックエアーと同じくらいのサイズ,重さなのに,値段が半額以下くらいなのでお得な商品ではある。しかしネットで見ていても不良品などのトラブルが多い商品,メーカーでもあるので,買うのなら自己責任で。




2013年04月 12日15:53 持ち物

DVDドライブ

DSC00576.jpg

◎DVDドライブ…Boostケーブル搭載 ポータブルDVDドライブ(BUFFALO バッファロー)
パソコンにDVDドライブが内蔵されているものもあるのだが,あえて外付けの物にした。
家電量販店の店員さんに聞いたところ,DVDドライブの中にも(あまり振動に強くない)HDDが入っているらしく,パソコン自体を振動に強いSSD内臓のものにするのなら,DVDドライブは外付けのものにした方がいいとアドバイスをいただいた。
強い振動が掛かったときに,パソコンはつぶれなくても,内蔵したDVDドライブがつぶれることで,パソコン自体がだめになる場合があるからだとのことだ。
ただ実は今回の旅ではDVDドライブの明確な使用目的があるわけではない。なんとなく使いそうな気がする程度の気持ちで買ったものだが,すでにパソコンの中に音楽を取り込むのに活躍してくれているので,まあいいだろう。

2013年12月 北米終了後
写真のデータをDVDに焼くときに使った。
使う機会は少ないけれど,軽いから別にいい。


2014年7月 中米終了後
特に新しい意見は無し。


2015年10月 南米終了後
一時帰国ついでに置いていく。
別に重いものではないけれど,使用頻度が低すぎる。



2013年04月 12日15:55 持ち物

外付けHDD

DSC00578.jpg

◎外付けHDD…USB3.0用 ポータブルハードディスク 500GB(BUFFALO バッファロー)
この商品もDVDドライブと同じく,いるか分からないけれどなんとなく入りそうな気がするので購入したもの。僕のパソコンは容量が64GBとかなり少ないので,なんとなくいるのではないかと思って買ってみた。
しかしAmazonなんかでは32GBのUSBメモリがたった2000円とかで売っているのに,こんな大層なものいらなかったかなという気はしている。USBメモリをたくさん買っておけばそれで十分だったかもしれない。

2013年12月
写真のデータを保存している。
USBがあったらいらないかなと思っていたが,やっぱりいらない気がする。


2014年7月
500GBもあったら十分だと思っていたのに,日本人宿でいろんなデータをもらっているうちにもう限界。やはり,いろんな日本人旅行者に暇つぶし用データをもらうために大容量の外付けハードディスクは必要な存在だった。持ってきて良かった。



2013年04月 12日15:57 持ち物

カメラ

カメラ

◎カメラ…デジタル一眼カメラ α NEX-5N ズームレンズキット(SONY ソニー)  
ローランドのカメラではなく,SONYのカメラ。
カメラの購入に関してはかなり悩んだ。
まず悩んだのが,本格的な一眼レフのカメラにするか,小さいミラーレス一眼にするか。
もし今回の旅がバックパッカーみたいな旅なら,迷わず大きい一眼レフカメラにしただろう。でも僕は自転車に乗って旅をしながら写真を撮らないといけない。自転車で走行中にいちいちカバンから大きなカメラを取り出して写真を撮るのはめんどくさそうな気がするので,手軽に撮れるミラーレス一眼のタイプのものにした。
後はレンズとの兼ね合いや,ちょうど新しいモデルが出たところで、少しお買い得になっていたこともあって,このNEX-5Nを選んだ。
カメラ自体は気に入っているのだが,まあしいて言えば,ノーマルレンズだけが付いているセットではなく,さらにズームレンズが付いているセットにしておけばよかったなという些細な後悔は残っている。

2013年12月 北米終了後
時々落としたりしているけれど,問題なく使えてる。
大きい一眼レフを持っている自転車旅行者を時々見かけるけれど,やっぱり大きすぎるので,コンパクトなミラーレスにして良かったと思う。一眼レフを持って自転車旅をしたことが無いので,ちゃんとした比較は出来ないけれど。


2014年7月 中米終了後
驚くべきはその耐久力。
機械類の中でダントツで一番落としているけれど,トラブル無く使えているのがすごい。
本当にこの1年間で何度落としたことか。
性能的な部分は他との比較も出来ないし,なんとも言えないけれど特に不満は無い。


2015年10月 南米終了後
南米で落として使用不可になっていたけれど,一時帰国の際に保険を使って復活。
新たに追記することはなし。



2013年04月 12日15:59 持ち物

カメラレンズ

DSC00550.jpg

◎レンズ…薄型広角レンズ E 16mm F2.8 SEL16F28(SONY ソニー)
       ウルトラワイドコンバーター VCL-ECU1(SONY ソニー)
左が薄型広角レンズで,右のウルトラワイドコンバーターは,左のレンズに装着することでより広い範囲が撮れるようになるというもの。
カメラに関しては完全に無知だったので,カメラ,レンズを選ぶのは本当に難しかった。
家電量販店で漠然とおすすめのカメラやレンズを聞くと,必ずと言っていいほどきき返されるのは「どんなものを撮らはるんですか?」ということ。
今回の旅行では当然風景写真が主になる。でもひそかに,星空の写真なんかも撮ってみたいなと個人的に思っている。鮮明に写っている天の川や数え切れないくらいの星々など,日本ではほとんど見ることができないような星空の写真を撮ってみたいと思っている。
そんな方向で店員さんに教えてもらったところ,星空を撮ろうと思ったらカメラよりもレンズの性能が重要になってくるらしい。星空を撮るのにどんなレンズが適しているかというと,まず広い範囲が撮れて,さらに暗いところでも撮れるレンズ。撮れる範囲の広さや,暗い場所でも撮れる能力っていうのは,レンズの「○○mm」や「F○.○」などの数字で表されているのだが,一つ問題がある。
広い範囲が撮れて,なおかつ暗いところでもいけるレンズっていうのは,ものすごく高い(ピンきりやろうけど,安くても10万円とかそのくらい?)。
できるだけ安くでそんなレンズがほしいと思って探して行き着いたのが,SONYのこのレンズの組み合わせだった(僕が買った時で,2つ合わせて2万2千円くらい)。
まあ値段が安い分,あまり綺麗には撮れないみたいなことがネットには書かれているが,ちょっと前までは1万そこそこのデジカメに何の不満も持っていなかった僕には十分だろう。

2013年1月 北米終了後
あまり使っていない。
トレッキングをするときには使ったけれど,普段の走行時に使うことはほとんどない。
というか付け替えがめんどくさい。
ある程度の広角から,ある程度の望遠までを兼ねているレンズがほしい。


2014年7月 中米終了後
最近気が付いたんやけど,薄型のレンズを無くしていた。
いつ無くしたのかも分からない程度の使用頻度だった。
普段自転車で走りながら風景を撮っている時などはまず使わなかったけれど,室内とか狭いところで使いたいなと思うことがある。


2015年10月 南米終了後
ワイドコンバーターだけ持っていてもしょうがないので,薄型広角レンズも購入しなおした。
室内で撮影時などはやっぱり便利なので,付け替えをめんどくさがらずに使っていきたい。



2013年04月 12日16:04 持ち物

サブカメラ

DSC00565.jpg

◎カメラ…TOUGH TG-610(OLYMPUS オリンパス)
サブカメラとして丈夫さが売りのデジカメを購入。
防塵,防水,耐衝撃と3拍子そろったデジカメで,そんな能力が求められるような場面で使用する。
他のメーカからも丈夫なタイプのデジカメが出ているのだが,しょせんサブのカメラと言うことで,深く考えずに店員さんにすすめられるがままにこのカメラに決めた。
実際にネットなんかで調べても,このオリンパスのモデルが割と人気なようだったし。

2013年12月 北米終了後
あくまでもサブなので使う機会は少ない。
メインで使っているカメラはズームがあまりできないのだが,このカメラはズーム機能が優れているので,ズーム要因として使うことが多い。


2014年7月 中米終了後
海に持って入ったときにカバーが開いていたのか浸水して潰れる。
そんなに使っていなかったし別にいいんやけど。



2013年04月 12日16:05 持ち物

<<PrevPageTopNext>>

 

カテゴリ

出発前 (49)
旅の計画 (3)
出発準備 (4)
持ち物 (34)
出発前 (8)
北米編 (145)
アラスカ (21)
カナダ (54)
アメリカ (70)
中米編 (167)
メキシコ (93)
ベリーズ (8)
グアテマラ (24)
エルサルバドル (6)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (7)
コスタリカ (13)
パナマ (14)
南米編 (204)
コロンビア (37)
エクアドル (18)
ペルー (46)
ボリビア (24)
アルゼンチン (12)
チリ (38)
アルゼンチン2 (29)
一時帰国 (12)
アフリカ (182)
エジプト (18)
スーダン (14)
エチオピア (29)
ケニア (11)
一時帰国2 (6)
ケニア2 (4)
タンザニア (29)
ザンビア (18)
ボツワナ (12)
ナミビア (30)
南アフリカ (11)
ヨーロッパ (86)
北欧 (48)
ドイツ (21)
ベルギー (1)
フランス (16)
西アフリカ (94)
モロッコ (67)
モーリタニア (16)
セネガル (11)
ヨーロッパ2 (108)
ポルトガル (9)
スペイン (26)
アンドラ (2)
フランス2 (22)
スイス (9)
オーストリア (3)
イタリア (12)
スロベニア (4)
クロアチア (4)
セルビア (10)
ブルガリア (7)
中東 (8)
トルコ (8)
アジア (142)
タジキスタン (28)
キルギス (18)
カザフスタン (4)
中国1 (12)
モンゴル (29)
中国2 (12)
韓国 (8)
日本 (31)
情報と雑談 (37)
学校見学 (9)
2010西日本一周 (33)

月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート