◇記事一覧
次のページへ>>

まさかの自転車旅再開 メキシコボーダー~チワワ5

無題

レストランでのバイト生活も3週間が過ぎ,約束の期間まであと1週間ほど迫ったある晴れた日。
というか12月28日。
ちょっと色々あって急遽バイトを辞めることになり,自転車旅を再開することになりました。
急に辞めることになった理由はいくつかあるので,あえて「まあ,色々あって…」と言葉を濁しておきます(笑)

DSC04452.jpg
チワワまではあと150kmほど。
到着は明日の昼ごろかな。

DSC04455.jpg

DSC04461.jpg
そういえば3週間前もこんな景色やったなと思いながら自転車を漕ぐ。
自転車が久しぶりだからか,最近食べるご飯を少なめにしていたからか分からないけれど,やけにしんどい。この間体重をはかったら,日本にいるときよりも5kgほど増えていたので,体重を減らそうと思っているのです。今は74kgなので,60kg台まで落としたい。

DSC04454.jpg

牛のそばを通り過ぎるときは決まって,ひたすら凝視される。
彼らの目には僕の姿がどう映っているのだろう。

DSC04457.jpg
50kmくらい走って,小さな集落に到着。

DSC04456.jpg
分かりにくいけれど,集落唯一のコンビニ。
日本人からしたら,なんでこんなところに住むのか不思議でしょうがないが,貧しいメキシコ人はちゃんとした教育を受けることも出来ないので,いい仕事にも就けずに,結局こういうド田舎の集落で暮らすしかないそうだ。
wikipediaに書いてあったけれど,貧しい家庭に生まれたメキシコ人が金持ちになるには,スポーツ選手になるか,俳優や歌手になるか,犯罪者になるしかないそうだ。

DSC04459.jpg
全然デニーズがある気配は無いけれど,デニーズ。

DSC04464.jpg
先に進んだところにメニーズやったらあったけど。

DSC04465.jpg
言うてる間にチワワ着いてしもた。
今日は久しぶりやから,せいぜい80kmくらいに抑えておこうと思ってたのに。
平地とはいえ140kmほど走って,ものすごい疲れた。
なんでこんなことになったかと言うと,どうしても,久しぶりに心行くまでネットをしたかったからなのです。
しかしネットができる店を探すも見つからず。
夜ご飯を食べたレストランで,どこかでネットが出来る場所が無いか聞くと,まさかのそのレストランの隣がネット屋という。

DSC04467.jpg
インテルネットとは書いてあるけれど,分かりにくい。

DSC04469.jpg
ここの従業員が日本のアニメが好きらしく,日本人の僕にすごく親切にしてくれた。
ネット接続代をタダにしてくれた上,野宿場所の紹介までしてくれてすごく助かった。

DSC04470.jpg
その野宿場所が長距離バスのバス停の建物で,人が多く,大きい通りに面しているため車の走行音がうるさいのがちょっと問題ではあったけれど。

2014年01月 01日05:11 メキシコ

チワワ観光

今日1日はチワワの町でゆっくりする。
DSC04479.jpg
なんとチワワにも,アメリカの大型スーパー“ウォルマート”があってびっくり。

DSC04471.jpg
値段はアメリカと同じくらいな気がする。

DSC04472.jpg
オートミールを購入。
カナダではオートミール対しトラウマを抱えていて,オートミールを見ただけで気分が悪くなるほどだったのだが,今はもうオートミール無しでは生きていけないくらいにハマっている。
たぶん,オートミールは世界一優れた食材でしょう。

DSC04480.jpg
チワワの町
“チワワ”っていう名前から感じるようなかわいらしさはない。

DSC04486.jpg
もしチワワが好き過ぎて,チワワに来たいという人がいるとしたら,たぶん後悔するので止めておいた方が良いかと思います。チワワには雑種の野良犬しかいません。

DSC04481.jpg
メキシコを600kmくらい自転車で走っているが,町はアメリカカナダの方が好きだ。こういう寂れたボロイ町の雰囲気が好きな人もいるのだろうが,僕はもっと小奇麗な町の方がいい。

DSC04483.jpg
中心街(セントロ)まで来た。
この辺りにはええ感じの建物がちらほら。

DSC04484.jpg
なぜかスケートリンク。

DSC04487.jpg

DSC04488.jpg
町をざっと走っただけだけど,貧困層の人たちが住む地域がすぐにわかる。
雰囲気が明らかに違うし,貧富の差が激しいメキシコならではなのだろう。

DSC04490.jpg
昼は約束があって,昨日立ち寄ったネット屋で,日本のアニメ好きの店員とお昼ご飯。
翻訳サイトによると,『バーベキューという名のケーキ』という名前らしい。違ったかもしれない。

DSC04493.jpg
ネット屋に来た消防署の人たちと話が弾み一緒に写真を撮る。
なぜかフェイスブックの友達にもなった。
フェイスブックではあんまり旅の写真は載せてないんやけどな。
ちなみに一番左側の人がネット屋の店員,ルェネ。
なんと15歳。
好きなアニメは『ナルト』と『ブリーチ』。
彼に「“死神”って何?」って聞かれてすごく困った。
午前中みたいにブラブラ町を走って観光するよりも,こうしてダラダラと翻訳サイトで話している方がよっぽど楽しかったりする。

2014年01月 02日05:19 メキシコ

年の瀬のチワワ

もう年末やし,年越しはチワワで迎えることにする。
どこか分からない町でひっそりと年を越すよりは,知り合いができた町で迎えたい。

DSC04517.jpg
ネット屋店員のルェネの家に親戚の子どもが来ていた。かわいい。
「よっしゃ,そしたら折り紙でツル作ったろ」とか日本語で言うんやけど,当然全く意味が分からなくてケタケタ笑うのがまたかわいい。
「これをこうするやろ?」チラッ
「そんでここに折り目をつけるやろ?」チラッ
とか言いながら僕が見るたびに首を傾げて笑う姿は,もう天使そのもの。

DSC04501.jpg
夜,日本のアニメ好きのルェネと,彼の友達の家に。
彼女も日本にアニメが好きらしい。
テレビで時々メキシコのアニメを見ることがあるけれど,こっちのアニメは日本の大昔のアニメと同じくらいのクオリティなので,今の日本のアニメにはまるのも,まあ分かる。

DSC04506.jpg
昨日,ネット屋で出会った消防士の人が消防署に泊めてくれた。
僕がチワワにいる間は泊めてくれるそうだ。ありがたい。

DSC04510.jpg

DSC04511.jpg
出動するらしい。
それまで陽気に喋っていた彼らの顔付きが真剣になって,テキパキ準備しているんやけど,写真の撮影を待ってくれる辺り,さすがメキシコ人。

2014年01月 03日05:10 メキシコ

年の瀬のチワワ2

大晦日。
朝,昨夜泊めてもらった消防署でダラダラしてコーヒーを飲んでいると,消防署にテレビ局の人が来て,なぜか僕が取材されました。
DSC04514.jpg
確かに昨日,「シンペイはテレビに出るから,有名人になれるぞ」みたいなことを消防士の人が言っていたけれど,意味が分からなかったから,適当に聞いていたんやけど,本当の話だったみたいだ。
まだ歯も磨いていないし,寝癖も付いた頭だったけれど,アナウンサーのお姉さんのインタビューを受ける。しかし僕の拙い英語力では質問の意味をあまり理解できず,超グダグダなインタビューに終わった。あとは僕が自転車の装備(どんなものを持っているかなど)を説明し,最後にちょっとだけ自転車に乗っている姿を撮影して終了。
後々話を聞くと,昨日消防士の人がテレビ局に電話をして,僕を取材することになったようだ。それにしても昨日,僕のことを知って,今日即取材とかすごいフットワークの軽さだ。

DSC04494.jpg
午後は,ネット屋店員のルェネとそのおじさんとで,中心街(セントロ)に出かける。

DSC04529.jpg
大晦日だけあってなかなかの賑わい。

DSC04531.jpg
立派な教会。
メキシコはスペインとかフランスとかの文化が混じっているので,こういうヨーロッパ調の建物が多いらしい。

DSC04535.jpg
そんで中の雰囲気がまたすばらしかった。
みんな黙って手を合わせてお祈りをしてるんやけど,キリスト教徒でない僕でもお祈りしたくなってくるような雰囲気。

DSC04536.jpg
鳩は日本と同じ。

DSC04542.jpg
夜,ルェネの家に帰ると,昨日会った,ルェネの親戚のダヤナが来ていた。
大晦日にサンタクロースの格好をしているのが少し不思議だったけれど,そんなことどうでも良いと思えるかわいさ。

DSC04544.jpg
メキシコの文化なのか知らないけれど,花火みたいなのをする。
かわいい。

DSC04548.jpg
夜ご飯は昨日も泊めてもらった消防署でいただいた。
夜はパーティーだ,みたいなことを言われて招待されてたんやけど,メニューはスープとパンという割と質素なものだった。タダ飯にありつけるだけでありがたいことなんですけどね。

DSC04546.jpg
メキシコの伝統料理,メヌード。
日本の年越しそばみたいに,決まって大晦日に食べるようなものではないらしいけど。
大晦日だけど,特にカウントダウンみたいなことをするわけでもなく,年越しの前に就寝。
考えてみれば,年越しを迎えることなく寝るのって,小学生以来とかな気がする。
日本にいた時の年末年始のワクワク感を味わえないのは,寂しい。

2014年01月 04日05:24 メキシコ

新年を迎えました

元日。
来年の年越しはどこで迎えることになるのだろう。
とりあえず,無事に海外で迎えられることを願うのみ。

DSC04549.jpg
テレビでは,普通にニュースを放送している。
あまり新年を迎えた感覚は無い。

DSC04566.jpg
チワワに来て知り合ったネット屋店員のルェネと中心街(セントロ)に行く。
何かのアトラクションなのかと思うような運転の荒さ。
でも,ちんたら辛気臭い京都のバスよりかは,僕はこっちのバスの方が好感が持てる。

DSC04565.jpg
商店街にて,メキシコ版おみくじ。
胡散臭さ過ぎる。

DSC04567.jpg
何が書いてあるのかは全く理解できないのでした。

DSC04560.jpg
ハト。

DSC04554.jpg
昨日も来た教会に入りたかったんやけど,人が溢れていて入れず。
神社に初詣に行く日本人のように,キリスト教徒のメキシコ人は教会にお祈りに行くらしい。

外のベンチで少し休憩していたのだが,ルェネが何か思い立ったように「カマン! カマン!」と僕を教会の前に連れて行く。道行く人に声を掛けて,フォトがどうのこうの…と言うので,僕とルェネで写真を撮ってもらうようにお願いするのかなと思ったんやけど…

なぜか声を掛けた女の人と僕の2ショットだった(笑)
DSC04562.jpg
初対面の人との謎の2ショット。

さらにびっくりなのが,その後,その女の人も加わってお昼ご飯を食べに行くことになったことだ。歩いて店に向かう途中,僕の頭の中はハテナしかなかった。

DSC04564.jpg
店に着くことには結構打ち解けてるし。
当然僕は全く話についていけず。
そんなよくわからない元日。

2014年01月 05日05:38 メキシコ

全メキシコデビューしました(全チワワかもしれない)

1月2日。
DSC04574.jpg
ニュース番組に出ました。
大晦日に僕の自転車旅行について唐突に取材されたんやけど,まさかもうニュースで流れるとは。
しかも朝,夕方の2回。
正月早々,こんなニュース流してる場合ちゃうと思うんやけど。

DSC04587.jpg
あとはネット屋で時間潰したり,
消防士さんと写真を撮って遊んだり,

DSC04594.jpg
ビリヤード連れてってもらったり。

2014年01月 06日05:23 メキシコ

首都に向けて チワワ~メキシコシティ1

地図
次の目的地は,首都メキシコシティ。
チワワでのんびりしすぎたので,メキシコシティまでは頑張って漕ぐ。
多分2,3週間で着くと思う。

朝,5泊くらいお世話になった消防署を後にする。
DSC04606.jpg
お土産に消防署のワッペンをもらう。
また別の町の消防署でも,このワッペンを見せて泊めてもらったらいいよとのことらしい。
やったね。

DSC04595.jpg
そしてネット屋店員のルェネともお別れ。
厚かましく朝ごはんをいただいて,最後に写真を撮らせてもらう。
メキシコの家は大体どこでも,防犯のため,玄関のドアや窓にも二重に鉄格子の柵がある。
そんな用心深い彼らなのに,よくこんな素性の知れない外国人自転車旅行者を家に招き入れる気になるなと思う。本当にメキシコ人の親切心に感謝。

DSC04526.jpg
チワワは思い出深い町になった。
ただ,唯一の心残りはピアノを弾けなかったこと。
楽器屋を探したり,ピアノを置いているホテルを当たったり,人に尋ねたり頑張ったのだが,結局弾けず。

DSC04527.jpg
消防士さんにも尋ねたら,兄弟が大学で音楽の先生をしている人がいて,弾かしてもらう約束をしたはずなのだが,なぜかその願いは叶わないのでした。

DSC04599.jpg
語学力が無いせいで,きっちりと約束ができないというのが本当につらい。
不安だったから,念を押しまくって10回くらい日付と時間を確認したはずなのだが,なぜか約束は果たされず。だいぶ前からチワワに行ったら絶対ピアノを弾こうと思っていたし,チワワでの滞在の最後の2泊はピアノを弾く約束のためだけに留まっていたので,弾けないと分かった時は,もう自転車旅辞めたろかと思うくらいショックだった。

DSC04596.jpg
全然関係ない話ですけどね。

DSC04600.jpg
でも走っているとヒマなので,そんなことばっかり考えてしまい,ずっとイライラしながら走っていた。

DSC04602.jpg
お正月の僕が出たニュースを見たという人に,一緒に写真を撮ってくれと頼まれ,お礼にマンゴージュースをもらった。さすがテレビ効果。定期的に同じニュース放送してくれへんかな。

DSC04603.jpg
100km走って,デリシアスの町に到着。

DSC04604.jpg
そして消防署を尋ねる。
チワワの消防士さんが,ここの消防署に電話を掛けてくれていて,泊まれることになっていたのです。
野宿の難しい町で泊まるあてがあるのはものすごく助かる。

2014年01月 08日05:04 メキシコ

メキシコ野宿事情 チワワ~メキシコシティ2

地図

出発。
DSC04612.jpg
今日の目的地は132km先のヒメネスか,67kmのカマルゴか。
間くらいの距離に町があってくれたらうれしかった。

DSC04614.jpg
年末の3週間のバイト生活で食べる量を減らしていた甲斐あり,あまりお腹が減らないようになった。
少し食べただけでおなかが膨れるし。
一番食べていた頃は,朝にパン一斤弱,昼,晩とパスタ300g×2,間食でパンやらクッキーやらを食べていたので,その頃と比べると,半分か3分の1ぐらいしか食べないと思う。またいつか体重量るのが楽しみだ。

DSC04615.jpg
度々見かける料金所。
自転車は素通りだけれど,実際法律では自転車はどういう扱いをされているのだろう。

DSC04624.jpg
昼過ぎにカマルゴの町に到着。
これが町の中心地な程度の町。

DSC04618.jpg
立派なピザ釜があるピザ屋があったので,お昼を食べていく。

DSC04619.jpg
小食の僕は半分サイズ。500円くらい。
アメリカのピザとは違い,生地が薄めのタイプ。

DSC04620.jpg
食べたらとっとと出発してヒメネスを目指そうと思ってたんやけど,ここのwifiがかなりいいwifiだったので,今日はこの町に留まることに。

DSC04621.jpg
夕方暗くなる前に,町をブラブラしつつ,野宿できそうな場所が無いか探す。
工事現場っぽいところ。ここ良さそうな気がする。

DSC04622.jpg
僕の中での定番野宿スポットの野球場やけど,メキシコでは小さい野球場でも閉まっていることが多い。

DSC04628.jpg
教会も柵があって夜は敷地内に入れないことが多い。北米では教会に柵があることはほとんど無かった気がするけど。
やっぱりメキシコは治安が悪いためなのか。

DSC04626.jpg
この町はそんなに嫌な雰囲気はしないんやけどな。
わりと良い家が多い気がするし。

夜,再び良いwifiがあるピザ屋にご飯を食べに行くと,なんと「今晩,良かったらここの店の敷地でキャンプする?」とのお誘いが。ありがたく泊まらせていただくことに。
DSC04629.jpg

2014年01月 09日05:06 メキシコ

よくわからないメキシコの治安 チワワ~メキシコシティ3

地図

朝,昨夜泊めてもらったピザ屋オーナーのカルロスに,朝ごはんに連れて行ってもらう。
DSC04632.jpg
どこの町でも朝から屋台をよく見る。
なんと店の人が,新聞で見たとかで,僕のことを知っていた。お正月にニュース番組で,僕の旅のことを放送してもらったけれど,新聞にも載ったらしい。もしメキシコで有名な日本人ランキングみたいなのがあったら,下手したら20位くらいには入ってるんちゃうかな。

DSC04631.jpg
代表的なメキシコ料理ブリトー
ここのトルティーヤ(巻いてある生地)がモチモチで良かった。

DSC04633.jpg
お礼を言って出発。
朝ゆっくりしたせいで,出発が11時前になってしまったけれど,今日の目的地までは70km程度なので問題なし。

DSC04634.jpg
珍しくここ数日曇りが続いている。
晴れていたら半そでやけど,今日はウインドブレーカーを着ていても肌寒い。
アラスカから走ってきて,一番暑かった地域がいまだに6月のアラスカというのがすごい。

DSC04637.jpg
この標識が0になったら目的のヒメネスなので,あと30km。
メキシコに入ったばかりの時は,側道が無い区間が多くて,メキシコの道に絶望感をしか抱いていなかったけど,チワワ辺りからはほぼ常に側道があるので走りやすい。

DSC04638.jpg
ヒメネスまで残り10kmを残したところで,雨。
残り30分ほど走行なのにレインウェアを引っ張り出したり,ほんまめんどくさい。

DSC04639.jpg
ヒメネス。
排水溝というものがないので,大した雨じゃなくても道がこんなことになる。
メキシコに入ってすぐの時に,ヒメネスが特に治安が危ないと教えてもらったことがあったが,他の町とそんな変わった様子は無い。そのときはマフィアがどうのこうので危ないと聞いていたので,表面上に見てわかるような治安の悪さではないのかもしれない。

DSC04641.jpg
でも一応宿に泊まることにする。
雨だし。

DSC04643.jpg
200ペソ(約1600円)
このぐらいが安宿の平均的な価格なのだろうか。
安い割りにwifiが付いていたのだが,電波がしょぼすぎて部屋まで届かないっていう。

2014年01月 10日05:07 メキシコ

おもんない道 チワワ~メキシコシティ4

地図
昨晩は雨が続いていたけど,朝には止んだ。
ヒメネスの町を出ます。

DSC04644.jpg
道の両脇に木があるだけで,ちょっと日本っぽくなる。

DSC04647.jpg
カーブすらめったに無い,単調で平坦な道。
代わり映えのしない景色。
360度真っ白な曇り空。
そして向かい風。
もう心の底からおもんないと思える道。

DSC04648.jpg
上りは線路をまたぐときくらい。

DSC04650.jpg
できることならヒッチハイクしたかったくらいおもんない。

DSC04652.jpg
よくわからんゲートをくぐる。

DSC04656.jpg
昼過ぎにエスカロンという小さな集落に着く。
トラックがよく通りかかるらしく,小さい割りにレストランは充実している。

DSC04657.jpg
昼ごはん。
小さい町のレストランにはメニューが無いことが多い。
言葉が分からないので,何が出てくるかが分からず,ちょっとしたドキドキが楽しめる。

結局今日はエスカロンの集落で終了。
夜,レストランの裏で野宿させてもらう。
DSC04660.jpg

2014年01月 11日05:09 メキシコ

PageTopNext>>

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート