FC2ブログ
◇記事一覧
<<前のページへ | |次のページへ>>

日本の大人とコスタリカの大人

2014年7月5日
コスタリカ10
実は昨日,グアテマラから一緒に自転車旅をしている小笠原君のカメラが壊れてしまうというトラブルがあった。小笠原君は新しいカメラを買いに,首都サンホセまで150kmをバスで引き返す。
僕はサンイシドロの町に残り,昨日の標高3300mの峠越えの疲れを癒す。

DSC07895.jpg
また消防署に泊めてもらっています。
なんとこの消防署,wifiが使えてしまうのです。
何の期待も無かったサンイシドロの町に,まさか天国があったとは。
wifiがある消防署には初めて泊まる。

DSC07877.jpg
今日は土曜日だと言うのに,人通りが少ない。
そして急にバタバタと店のシャッターが閉まりだした。
どうやら今日はワールドカップのコスタリカの試合があるらしい。

DSC07878.jpg
『午後2時から4時まで店閉めます』の張り紙。
ちょうどサッカーの試合がある時刻。

DSC07879.jpg
ちゃんと営業している店もあるにはあるが,店員さんがユニフォームを着て,顔にペイントをして,コスタリカの旗を持ってテレビに釘付け。
町にある全ての店の店員が,店に置いているテレビに夢中で,全く仕事する気なし。

DSC07875.jpg
たまに,「子どものころに思い描いていた30歳はもっと大人だと思っていた。」みたいな話をしている人がいる。僕もそう思う。もういつの間にか30手前だけれど,全く中身は子どものままだという実感がある。まず今僕がしていること自体,非常に子どもじみているし。そう思っている人がたくさんいるということは,つまり日本人の大人は子どもの前で“大人ぶった態度”を取っているという風に考えられる。

DSC07882.jpg
一方,コスタリカ人は絶対にそんな“大人ぶった態度”は取らないだろうなと思う。
コスタリカに限らず,中米人の大人は非常に子どもっぽい。
店頭に置かれているテレビで客と店員が同じになって観戦している。
仕事よりも自分の楽しみを優先する。
子どもっぽい。

DSC07883.jpg
消防署でももちろんサッカー観戦。ちょっとピンチになったり,逆にチャンスの場面が訪れるたびに机やいすをバンバン叩くところも,子どもっぽい。
話が変わるけれど,夜,消防士さんと少し話をしていたときに,「この言葉は日本語で何て言うんだ?」って聞かれた単語が,「ハゲ」と「ブサイク」と「眉毛」ですからね。同僚の悪口を言いたかったみたいだったが,その動機も含めて子どもっぽい。
コスタリカの子どもの目には,自分の国の大人たちはどう映っているのか気になる。

DSC07886.jpg
試合後は再び,公園に人が集う。
試合は最後PK戦の末,オランダに負けました。
気になるのはサッカーの視聴率。

2014年07月 11日05:05 コスタリカ

気がつけば南国

2014年7月6日
コスタリカ10
今日は,一緒に旅行している小笠原君が,バスで首都サンホセから帰ってくるのを待ってからの出発。サンホセにはカメラを買いに行ったのだが,タイミング悪くワールドカップのコスタリカ戦があったため店がお休みで,結局カメラは買えずに帰ってきたらしい。

DSC07897.jpg
ここ数日,山道ばかりだったので,久しぶりの平地が気持ち良い。昨日1日休みも挟んで体力も回復しているし走っていて楽しい。朝4時起き+バス酔いで首都からバスで帰ってきた小笠原君はしんどそうでしたが。

DSC07904.jpg
アップダウンはあるものの,どっちか言うと下りが多いし問題ない。

DSC07911.jpg
デルモンテの看板と,広大なパイナップル畑が数kmに渡って延々続いている。
多分,日本に売っているデルモンテ製品に使われているパイナップルもコスタリカ産だと思いますよ。知らないですけど。

DSC07919.jpg
ゲリラ豪雨のため1時間足止め。

DSC07926.jpg
コスタリカも終わりが近づいている。
暑いけれど自然が豊かな国でした。
自転車旅だと移動がゆっくりだから,劇的に景色や気候が変化するということは無いんやけど,ふと,ずいぶん南国っぽい景色になったなと思った。

DSC07927.jpg
ブエノスアイレスという,アルゼンチンの首都と同じ名前の町で今日は終了。
アルゼンチンの首都とは比べ物にならないくらい小さな町ですけど。

2014年07月 12日23:24 コスタリカ

コスタリカ出国に向けて

2014年7月7日
コスタリカ11

DSC07936.jpg
泊めてもらっていた消防署を出発。
国によって少しずつ消防車のデザインが違うけれど,コスタリカの消防車は大きくてかっこいい。

DSC07937.jpg
153km先の町がパナマとの国境の町。
明日に通過する予定。
コスタリカも終わりが近づいてきた。

DSC07940.jpg
今日は多少のアップダウンがありつつも,川沿い緩やかに下っていくルート。

DSC07953.jpg

DSC07944.jpg
コスタリカは,町なかでは先進国的な部分があったけれど,一方で自然も非常に豊かな国。
物価が高いのが難点だけれど,外食をしなければダメージは少ないので,自炊派の僕は,割とコスタリカが好きでした。

DSC07933.jpg
小笠原君情報によると,コスタリカは世界一,生息する動物の種類が多いとか。
お札にも色んな動物の絵が描かれている。
カラフルだし,これまでの国の中だとコスタリカのお札が一番好き。

DSC07946.jpg
途中通過した村。
「ぼくのなつやすみ」のゲームに出てくる村よりも田舎。

DSC07959.jpg
夕方,ゲリラ豪雨のため雨宿りをしていると,村のアミーゴ達に絡まれ,

DSC07957.jpg
フルーツをもらった。

DSC07960.jpg
中身は意外と,とぅるんとしている。
甘くておいしい。

DSC07956.jpg
雨も上がったので出発。

DSC07965.jpg
晩に到着した町。
コスタリカも明日で出国ということで,外食をしていく。

DSC07966.jpg
いいところだと高いので,普通の定食屋。

DSC07968.jpg
メニュー自体は他の中米諸国と全く変わらないけれど,盛り付けが明らかにきれいになった。サラダ系の品数も増えているし。
ただ値段が倍くらいになった。これで500円ちょい。

DSC07970.jpg
夜はビールでささやかなお祝い。

2014年07月 13日05:25 コスタリカ

中米最後の国へ

2014年7月8日
コスタリカ12
リオクラロという町を出発。
小さな町にも関わらず,ちゃんとしたスーパーが何軒もあったし,さすがコスタリカと言わざるを得ない。

DSC07972.jpg
国境の町パソ・カノアスまでは,あと33km。

楽勝で午前中に着けるなと思っていたら,まさかのスポーク(車輪の細い鉄の棒)折れのトラブル。
つい何日か前に折れたところやったのに,もうちょっと頑張れよと思った。
やっぱりスポークが折れたまま下り坂を40km下ったのがマズかったのかもしれない。

DSC07975.jpg
自転車屋を探していると,知らんおっちゃんが案内してくれた。

DSC07977.jpg
店が閉まっていたり,工具が無かったのか修理できなかったりして,3軒目にしてようやく修理してもらえる店に到着。自分だけでは絶対に発見できないような自転車屋だったので,すごく助かった。

DSC07978.jpg
遅れてしまったので,急いで出発。

DSC07980.jpg
で,国境の町。

DSC07979.jpg
出国手続きはツーリストカードを書いて,7ドルを払って終了。
なぜか小笠原君は8ドルだったのが謎。

DSC07981.jpg
中米最後の国,パナマ入国を果たす!

2014年07月 14日05:47 コスタリカ

ドキドキのパナマ入国審査

2014年7月8日 続き
パナマ1
パナマ入国を果たしたところから。

DSC07985.jpg
そういえばパナマの入国審査は少し厳しいと聞いていた。
入国時の条件とは,「500ドル」と「パナマからの出国チケット」の提示。
お金を持っていることと,ちゃんと出国をする証拠みたいなものを見せる必要があるらしい。
不法労働者の多いアメリカやったらわかるけど,パナマでそこまで厳しくする必要あるのか?

500ドルはお金を下ろして用意した。
問題は出国のチケット。自転車旅行者でも関係なく提示を求められ,無ければその場で出国用のバスのチケットを買わされるとかいう話も聞いていた。僕たちはパナマから船で南米に渡る予定だけれど,その辺の手配は首都パナマシティに着いてからと思っていたので,用意していない。
他の自転車旅行者は“ダミーチケット”なるものを用意する人が多いらしいけれど(ネットでのチケットの予約画面だけ見せて,後でキャンセルすることを指すみたい),僕たちは説明したらなんとかなるんじゃないかと,そのまま突っ込んだ。

そしたら大丈夫だった。

もちろんチケットの提示は求められたけど,「自転車で旅行してて,船でコロンビアに渡る」って言ったら通してくれた。どこの国でも入国審査は,審査官の当たり外れがあるので,他の審査官だったらダメって言われていた可能性も大いにあるけれど,入れたので良かった。

DSC07989.jpg
パナマに入って久しぶりに2車線+側道付きの快適な道を走る。

DSC07997.jpg
適当に50kmくらい走ってダビ(ッド)という大きな町まで。
パナマで3番目の都市とのこと。

DSC07995.jpg
24時間営業のスーパーに驚愕。
メキシコでも無かったと思うけど。
気になるのはパナマの治安だけれど,僕は全く問題ないように感じた。
この町にはスーパー以外にも24時間営業のレストランもたくさんある。
24時間営業の店があるということは,夜も他の町に比べると安全なんだろう。実際暗くなってからも割りと人でにぎわっていたし。

DSC07998.jpg
夜は,よく分からない施設(?)にお願いして,コンテナの中にテントを張らせてもらう。

2014年07月 15日05:27 パナマ

ダビにて

2014年7月9日
パナマ2

DSC08004.jpg
ダビ(ッド)の町を出ると,200kmちゃんとした町が無くなる。
出発前にこの先のルートについてネットで調べるために,wifiの使えるカフェへ。
まあそしたらごく自然と,「とりあえず今日は休んで,明日から頑張れば良いのでは」という流れに。

DSC08002.jpg
パンを買ってきて,再びカフェにこもる。
パンとコーヒーとネット。
こんなに幸せでいいのかと思ってしまうひと時。

DSC08006.jpg
夕方,大きなスーパーに出掛ける。

DSC08007.jpg
大きなスーパーを見て回っていると,決まっていつも「この町に住みたいな」と思う。

DSC08010.jpg
夜は昨日も泊まったコンテナへ。
アップルパイを買ってきて,小笠原君と1/2ホールずつ分ける。

2014年07月 16日05:24 パナマ

パナマの過疎地帯を走る。

2014年7月10日
パナマ2
実は昨日,パナマに入ってから時間が1時間進んでいるという衝撃事実を知った。
1時間,早く時間が進むということは,1時間損するということ。
ショック。

DSC08014.jpg
2連泊したダビ(ッド)を出発。
スペルは「David」ですが,スペイン語読みだと最後の「d」をほとんど発音しないので「ダビ」となるわけです。ちなみに「都市」を意味する「Ciudad」も最後の「d」をほとんど発音せずに「シウダー」と言います。

DSC08016.jpg
ずっと工事が続いている。
ダビを出てから1車線の道路が続いているが,道幅を広げようとしているみたいだ。

DSC08018.jpg
道端で魚が木から吊るされて売られている。
1匹いくらぐらいするのか,少し気になった。

DSC08021.jpg
この工事は200km先のサンチアゴまでの道路を広げる一大プロジェクトらしい。
各所で工事中だけれど,手付かずの区間も多いので,完成するのにまだ数年は掛かりそう。
3,4年後くらいにパナマを走る自転車旅行者は快適に走れるんじゃないでしょうか?

DSC08029.jpg
枝の中に入ったタイヤ。

DSC08037.jpg
どうやって入れたのかが気になる。

DSC08046.jpg
100km走って,「トレ」という小さな村へ。

DSC08049.jpg
久しぶりにこんなのどかな村に来た。
すごく和む。

DSC08050.jpg
今日の寝床を探していると,学校のような施設にたどり着いた。
なぜか夜にも関わらず普通に子どもたちが過ごしている。

DSC08051.jpg
先生に話を聞くと,ここは“Internado(寄宿学校)”とのこと。
子どもたちにも少し話を聞いていると,夏休みの間だけ,ここで生活しているとか。
おぼろげにしか,実態を掴めないのがもどかしい。

DSC08053.jpg
夜は使われていない一室を借りて泊まらせてもらう。

2014年07月 17日05:52 パナマ

中米で学校見学(パナマ・トレ)

2014年7月11日
このエントリーの日の話……。
昨夜はパナマのトレという小さな田舎町の寄宿学校に泊まらせてもらっていた。
これも何かの縁だし,翌朝,学校を見学させてもらうことにした。

DSC08088.jpg
この寄宿学校は子どもたちが寝食の生活をするだけで,授業が行われるのはまた別の学校だった。

DSC08084.jpg
その別の学校。

DSC08054.jpg
事務所で見学のお願いをしに行くと,まさかの「短パンじゃあちょっとねぇ……」という展開に。
わりと適当な人が多い中米で,「短パンだと学校に入れられない」と言われるとは思わなかった。
一応,スエットなら持っているので,「これでも良い?」と訊くと,すんなり入れてもらえた。先生の中にはGパンの人もいたし,本当に長ズボンだったらなんでも良いらしかった。それもよくわからんけど。

DSC08057.jpg
1年生の教室。
少人数制。

DSC08060.jpg
数字の7のお勉強。

DSC08064.jpg
5年生の教室。
このクラスが一番反応が良かった。
各クラスで簡単な自己紹介くらいはして,少し子どもたちと交流を交わすんやけど,それよりも普通の授業を見せて欲しい。でもそういう要求を先生に伝えられないのがもどかしい。

DSC08067.jpg
学年が上がると(中学生以降?),制服になるらしい。
ハチャメチャなクラスが多い中,このクラスの落ち着きは異常といえるほどだった。
唯一,ちゃんと勉強している感があった。

DSC08066.jpg
「English Week」らしい。
ほとんど英語の喋れなかった他の中米諸国とは違って,パナマでは英語教育も頑張っているようだ。でも子どもたちに聞くと,「あんまりしゃべれない」とのことでした。多分,日本の小学生よりかは多少理解できている程度かなと思う。
教室を覗くと映画の「ハリーポッター」を上映していたので,ひょっとして英語版なのかと思い先生に尋ねると,「これはスペイン語だ」と言う。ただ映画を楽しんでるだけだった。
※パナマではスペイン語が話されています。

DSC08062.jpg
食堂。
一応栄養素のピラミッドみたいなのも教えているみたい。

DSC08063.jpg
鶏小屋。
日本の学校にある鶏小屋と違うのは完全に食用だということ。
そういえば他の中米諸国では給食が無いと聞いていたけれど,パナマでは給食があるのか?

DSC08071.jpg
売店のキオスコ。
ここで買ったものはみんな当たり前のように教室で食べている。
そのあたりの規律はやはりゆるい。
短パンだけに厳しいのが納得いかない。
ただ,中米では服屋が異常に多かったり,整髪料,ピアスを子どもの内から付けていたり,身だしなみ全般には気を使う国柄なのかもしれない。

DSC08083.jpg
くさいヘルメットで申し訳ない気持ちも少しありつつ,ヘルメットを貸す。

DSC08077.jpg
日本の子どもは絶対しないポーズ。
この子はこのポーズをどこで覚えたのか?

DSC08079.jpg
そんな感じの学校見学。
久しぶりだったけれど楽しかった。

2014年07月 18日04:58 学校見学

ギリギリでの出発

2014年7月11日
パナマ3
今日は朝からトレという村で学校を見学させてもらっていた。
そのときの様子はこちらから。

DSC08086.jpg
終えたころには昼前と,出発するには微妙な時間に。
しかも今日の行程では90km先まで町はなし。
小さな村は間に点在しているけれど,泊まれそうな感じではない。
今から出発して90km進むのは至難。
もう一日この村に滞在して,明日の朝出発するか?
という状況。

DSC08092.jpg
迷った挙句,とりあえず出発することに。

DSC08091.jpg
景色はいいけれど,見晴らしが良いということはそれだけ苦労して標高を上げているということ。
アップダウンが非常に多いです。

DSC08097.jpg
小さな村の商店でお昼休憩。
パナマではチェーン店以外の小さなスーパーは大抵中国人が経営している。
ベリーズでもそうだったけれど,なぜそういうことになったのか不思議だ。
逆にスーパー経営以外の仕事をしている中国人っているのかな? ってくらいみんなスーパーを経営している。

DSC08098.jpg
言うてる間に目的のサンチアゴまで40km。
時刻は3時半。15km/hペースで走って6時過ぎくらい。
むちゃくちゃしんどいけど,「これイケるかも」という気がしてきた。

DSC08099.jpg

DSC08102.jpg
坂がきつくて舗装が悪いという最悪な状況。
「最近,隕石でも落ちた?」と訊ねたくなるような大きな穴もちょくちょく見かける。

DSC08105.jpg
そして6時半。
奇跡じゃないかと思えるような頑張りの末,なんとかサンチアゴの町に到着。
町に入ったところで,ガソリンスタンドがあったので今日はガソリンスタンドの裏にテントを張らせてもらう。

DSC08106.jpg

DSC08107.jpg
近くにスーパーがある好立地。
ミニスーパーと書かれているけれど,「ちゃんとしたスーパーやで」と言ってあげたくなるくらいきれい。
田舎の過疎地帯を通ってきたので特にそう感じる。

2014年07月 18日05:05 パナマ

北米大陸のゴールが見えてくる

2014年7月12日
パナマ4
サンチアゴを出発し,今日は100km先の町まで。
昨日すごく頑張って走って疲労が溜まっているので,それとなく「休みたい」という旨を小笠原君に伝えるも,彼の出発の決意は固かった。

DSC08109.jpg
でもサンチアゴ以降はアップダウンもなだらかだし,道幅も広くなったし,おまけに追い風まで吹いている。
疲れが溜まっている中でも問題なく進む。

DSC08118.jpg
快調に飛ばしているとパンク。
すごく分かりやすく針金が刺さっていた。
さらに前半の50kmは追い風だったのに,後半の50kmになると急に向かい風になってしんどい。

DSC08119.jpg
ゴール,パナマシティの標識が登場
あと221km。

DSC08120.jpg
強烈な向かい風の中,目的地パノノメに到着。
マクドナルドとその向こうの「スーペル99(スーパー)」の看板を見たときの安堵感と言ったら無かった。

DSC08122.jpg
夜は消防署を訪ね,泊まらせてもらう。

2014年07月 19日05:10 パナマ

<<PrevPageTopNext>>

 

カテゴリ

出発前 (49)
旅の計画 (3)
出発準備 (4)
持ち物 (34)
出発前 (8)
北米編 (145)
アラスカ (21)
カナダ (54)
アメリカ (70)
中米編 (167)
メキシコ (93)
ベリーズ (8)
グアテマラ (24)
エルサルバドル (6)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (7)
コスタリカ (13)
パナマ (14)
南米編 (204)
コロンビア (37)
エクアドル (18)
ペルー (46)
ボリビア (24)
アルゼンチン (12)
チリ (38)
アルゼンチン2 (29)
一時帰国 (12)
アフリカ (182)
エジプト (18)
スーダン (14)
エチオピア (29)
ケニア (11)
一時帰国2 (6)
ケニア2 (4)
タンザニア (29)
ザンビア (18)
ボツワナ (12)
ナミビア (30)
南アフリカ (11)
ヨーロッパ (86)
北欧 (48)
ドイツ (21)
ベルギー (1)
フランス (16)
西アフリカ (94)
モロッコ (67)
モーリタニア (16)
セネガル (11)
ヨーロッパ2 (108)
ポルトガル (9)
スペイン (26)
アンドラ (2)
フランス2 (22)
スイス (9)
オーストリア (3)
イタリア (12)
スロベニア (4)
クロアチア (4)
セルビア (10)
ブルガリア (7)
中東 (8)
トルコ (8)
アジア (142)
タジキスタン (28)
キルギス (18)
カザフスタン (4)
中国1 (12)
モンゴル (29)
中国2 (12)
韓国 (8)
日本 (31)
情報と雑談 (37)
学校見学 (9)
2010西日本一周 (33)

月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート