◇記事一覧
次のページへ>>

首都サンティアゴを目指す

2015年2月23日
DSC00888_20150227105314eeb.jpg
11泊したビーニャの町を出発。
朝8時くらいには出発したいと思っていたのに,寝坊して10時前出発。

DSC00889.jpg
今日の目的地はチリの首都サンティアゴ。
ビーニャからの距離は120km。
アップダウンが多くて途中に標高1000mの峠がある。
1ヶ月以上自転車から遠ざかっていたのに,はっきり言って辿り着ける自信ナシ。
でもアコンカグアでテントが潰れて野宿ができないので,たどり着くしかない状況。
初日からピンチ。

DSC00890_20150227105323844.jpg
出発してすぐに上り坂が始まる。

DSC00892_20150227105318ead.jpg
上り坂が始まって2km。
すでにサンティアゴは無理やなって結論に達した。
しんどすぎる。

DSC00894_20150227105342bf7.jpg
高速道路の休憩所みたいなところでお昼休憩。
トイレにシャワーが併設されていたけれど,タダでシャワーが浴びられるってことなのか?
そうだとしたら,さすが南米の中では先進国のチリ。

DSC00895_20150227105346229.jpg
サンティアゴまで59km。
時刻は2時。
なんだかんだ行けそうな気がしてきた。
追い風にかなり助けてもらっている。

DSC00898_201502271053443f2.jpg
トンネルのクオリティが日本並み。
さすが南米の中では先進国のチリ。

DSC00901_201502271053473d1.jpg
夕方,なんとか大都会サンティアゴに辿り着けました。
日没が遅くて助かった。

そういえばビーニャ~サンティアゴ間に2ヶ所トンネルがあるんですが,二つ目のトンネル(ビーニャから約90km地点)が自転車禁止でした。たまたまだったのか,入口の前に警備員みたいな人が居て止められました。僕は仕方なくトンネルの間だけヒッチハイクをして切り抜けました。
警備員が言うにはトンネルを通らない別の道があるらしいけど,僕は気付きませんでした。
トンネルも警備員がいない時は通れるんでしょうけど,交通量は多く,側道みたいなのは無くてトンネルの長さも2~3kmと長めなので通る方は気をつけてください。

南米走破に向けての準備

2015年2月24~26日
サンティアゴ
チリの首都サンティアゴに滞在中。
サンティアゴにはアウトドアショップが多く,そしてアルゼンチンで買うよりも安いので,ここで準備を整えていく。ここから南にはそこまで大きな町はないと思うので,いろいろ買い揃えるのなら多分ここが最後の町。

DSC00904.jpg
そういえばホテルで,僕を合わせて4人ものサイクリストが偶然集まってびっくりした。
そのうちの一人,航さんはなんとアメリカ,カリフォルニアのキャンプ場で一回あったことがある人やってさらにびっくりした。ただ,同じペースで南下しているのではなくて,航さんはすでに南米最南端まで行ってきて,Uターンしてここまで戻ってきたところ。むちゃくちゃペースが早い。
せっかくなのでブログを紹介しておきます→『untitled

DSC00911_20150227105440bf6.jpg
ちなみに航さんは料理上手な人でもあり,シェア飯では料理を作ってもらった。
中米以降,僕も料理はわりと頑張って作ってきたけれど,まだまだ及ばないなって思った。

DSC00907_201502271054224a5.jpg
ホテルに泊まっていて,こんなにたくさんのサイクリストが集まったのはもちろん初めて。

DSC00900_20150227105350e9c.jpg
みんなで少し郊外にあるショッピングモールに来た。
『MALL SPORT』といって,アウトドアショップしか入っていないモール。すごい。
自転車屋さんも多数入っている。

IMG_3322.jpg
さらにここから自転車旅を始める,5人目のサイクリストが誕生しました。自転車を持ってる人。4人のサイクリストに意見をもらいながら自転車,その他パーツを買い揃えられたラッキーガイ。

DSC00924_201502280652031e2.jpg
僕は他の店で買ったんやけど,自転車のブレーキを新たに購入。
多分ウユニ塩湖の塩が原因なんやけど,固まって動かなくなっていたので。
分かりにくいと思いますが,マウンテンバイク用のVブレーキに変更。

DSC00925_20150228065205007.jpg
これもよく分からないと思いますが,こっちが今まで使っていたカンチブレーキっていうやつ。
カンチブレーキは効きがあまりよくない事で有名。

DSC00909_20150227105422304.jpg
あと,アコンカグアでテントが潰れたので,新たに買い直した。
『DOITE』というチリのアウトドアメーカーのもの。

南へ

2015年2月27日
サンティアゴ
同じホテルに泊まっていたサイクリストたちに見送られながらサンティアゴを出発。
こんなにたくさんの自転車旅行者に見送られての出発は初めてだ。固く握手を交わした時に伝わってくるものや掛けてもらう言葉の重みなど,同じ苦労を自転車旅行者同士だからこそ伝わってくるものがある。久しぶりに別れで涙ぐんだ。

DSC00913_2015022806514391f.jpg
この先は,チリを南へ進む。
とりあえず,ここから1000kmは高速道路をひた走る。
1000km先のプエルトモンの町からは自転車旅行者の聖地とも言える,『アウストラル街道』が始まる。
簡単に言えば“景色の良い未舗装路”って事なんだと思いますが,ずっと楽しみにしていた場所なので早く行きたい。

DSC00916_20150228065145454.jpg
『Al Sur(南へ)』
シンプルさがカッコ良いなって思った。
すごく楽しみにしているアウストラル街道なんですが,ちょっと問題がある。
アウストラル街道のゴール地点がアルゼンチンとの国境になるらしいんやけど,国境手前のフェリーがシーズンオフのため3月いっぱいで終了らしい。3月の終わりまであと33日。それまでにアウストラル街道のゴールまでたどり着けるのか,限りなくきわどいところ。

DSC00917_20150228065147824.jpg
高速道路わきでお昼休憩をしている時に,後ろの自転車バッグに付けてた日本国旗が消えていることに気が付く。お気に入りだったのにショック。
あとここでペダルも片方潰れた。なんだかさい先悪い初日だ。

DSC00920_20150228065150844.jpg
大きい町が近くにあったので,ペダルは交換してもらって事なきを得たのですが。
というかこの町でお昼を食べれば良かった。

DSC00926_20150301073608429.jpg
夕方5時半。
初日は120kmを走ってガソリンスタンドでキャンプ。
とにかく駆け足で急ぐ。

高速道路走行

2015年2月28日
チリ1

DSC00928_201503010736326b3.jpg
今日も高速道路を走るだけの日。
これがあと1週間くらい続くのかと思うと気が重い。

DSC00938_20150301073612ef5.jpg
昭和シェルで休憩。
ちょくちょくガソリンスタンドがあって,トイレ,シャワー,コンビニ,ファーストフード店,WIFIなど設備が整っていて快適。

DSC00933_20150301073636a40.jpg
アルゼンチン,チリに入って野良犬をあまり見なくなったけれど,ガソリンスタンドにはよくいる。
あと,その他南米諸国の野良犬は何かを投げつける仕草をすると怯えて逃げていくんやけど,こっちの野良犬は全く反応しない。
よっぽどいじめられているんでしょう。その他南米諸国の野良犬を不憫に思った。

DSC00939_20150301073617734.jpg
サグラダ・ファミリアの標識が気になった。

DSC00940_201503010736516d6.jpg
夕方6時過ぎまで走って走行距離は150km。ガソリンスタンドのコペックに到着。
高速道路は走っていて面白くはないけれど,距離を稼ぐには向いている。
プエルトモンまで高速道路を走ってる間は基本ガソリンスタンド泊になりそう。

心を無にして高速道路を走る

2015年3月1日
チリ2

DSC00945_20150302081103bfa.jpg
朝7時くらいからやっと明るくなり出す。
そして夜,日が暮れるのが午後9時頃。
時間の設定をミスってるとしか思えない。

DSC00952_201503020811151c6.jpg
このチリの高速道路は町に入るのにイチイチ高速を下りないと行けないアメリカ方式。中南米以降は高速を走っていたらそのまま町を通過する幹線道路に変わっていた。

DSC00948_20150302081116cb6.jpg
数十kmごとにあるガソリンスタンドで水も補給できるし,野宿もできるので,下りんとこうと思えばずっと高速を走るだけで1日を終えることもできる。

DSC00947_20150302081114c3e.jpg
ときどきフルーツや野菜を売っている露天があるのが非常にありがたい。
トマトはスペイン語だとトマテ。

DSC00953_20150302081138f1e.jpg
高速道路走行3日目にして初めて高速を下りて町のスーパーで買い物。
ガソリンスタンドにスーパーが併設してあったら完璧なんやけどな。

DSC00954_201503020811407ac.jpg
疲れは溜まってきているけれど,今日も頑張って145km走って終了。
基本的に風向きは向かい風だけれど,高速を走っている車が追い風方向に風を作ってくれるので,そんなに大変じゃない。

DSC00955.jpg
今日もコペック(ガソリンスタンド)泊。

疲れが溜まってきました。

2015年3月2日
チリ3

DSC00956_2015030307595768a.jpg
普段,わりと目覚めは良い方なんですが(毎日8,9時間寝てるので),今日はしんどくてなかなか起きられなかった。平坦な高速道路とはいえ,いつになく頑張って走っているのでだいぶ疲れが溜まってきている。

DSC00959_2015030308000072f.jpg
ロサンゼルスと書いてロスアンヘレスと読みます。
スペイン語読みだと。
ちなみに意味は「天使(複数形)」。
サンフランシスコとかもそうですけど,アメリカのカリフォルニア辺りなんかは昔メキシコの土地だったので,町の名前がスペイン語だったりする。

DSC00960.jpg
緩やかなアップダウンが続き,さらに今日は向かい風が強めでペースが上がらない。しんどい。

DSC00961_20150303080003362.jpg
100km走ってロスアンヘレスの町。
スーパーで買い物をするために高速を降りる。

買い物と出発準備を済ませるといつの間にか夕方5時半。
日没が遅いのでまだ十分走ることはできるけれど,もういっかと思い今日はここでストップ。
コペックでシャワー,洗濯,自転車の整備,ゆで卵作りなど時間がある内にやることをやっておく。
それよりチリに入って卵の値段が上がった。今まで6個パックが100円前後だったのにチリでは150円くらいする。困る。

DSC00966_2015030407511351e.jpg
明日は頑張って走る。

向かい風に苦戦

2015年3月3日
チリ4

DSC00967_20150304075115d63.jpg
今日は頑張って走るつもりなので,できたら162km先のテムコまで行きたい。
出発のロスアンへレスの町からだと170kmくらいあるけど,ここまで行ければ明日以降だいぶ楽になる。

DSC00968_20150304075116d5b.jpg
だいたい1日1回くらいの頻度で料金所が登場する。もちろん自転車はタダ。
料金所を過ぎたところはなぜかいつもおしっこ臭い。
あとおしっこ臭い場所はバス停の裏。

DSC00969_20150304075118aef.jpg
昨日よりもアップダウンと風がキツイ。
しかし昨日早めに切り上げたので昨日よりも体力的には楽。
頑張って走っている時ほど,短い休憩でも回復を実感できる。
適当にしか走っていないと,丸1日休憩しても回復の実感はない。

DSC00970_2015030407511962d.jpg
それよりも風が強い。
これまでは1日の中でも風が弱まる時間帯があったのに,今日は1日中強風。
急いでるのに勘弁してほしい。

DSC00971_20150304075135e0f.jpg
初めてプエルトモンの標識が登場。あと416km。
一応今日を除いてあと3日で到着予定。

そこから5kmほど進んだところにガソリンスタンドがあったので,今日はここまで。
信号のない1本道の高速を,朝8時から夕方5時前まで走って110kmしか進めてないというのが納得いかない。
目標にしていたテムコまでまだ60kmもあるし。
明日は風が弱まっていることを願いながら寝る。

つかの間の休息

2015年3月4日
チリ5

DSC00978_20150306070240c35.jpg
風が強くなる前に距離を稼ぐために朝7時半出発。

DSC00979_20150306070241223.jpg

DSC00982_20150306070244291.jpg
朝もやが非常にきれい。
高速道路を走り始めて6日目にして,初めて写真を撮りたいと思った景色。

DSC00983_20150306070302fff.jpg
時間は進み夕方。
140km走ってロンコチェの町。
スーパーで買い物をするために高速を降りる。

DSC00986.jpg
のどかな田舎町を走るのが気持ちいい。
と思っていたらなんと……,

DSC00984_2015030607030367c.jpg
ハンドルが折れる。
これ以上移動はできないので,今日はホテルに近くの泊まるしかない。プエルトモンまでは節約のためホテルに泊まるつもりはなかったのに。
チェックインしてすぐに,町に一軒の自転車屋さんに折れたパーツを買いに行く。

DSC00989.jpg
無事に見つかり,ホッとしてのんびりホテルまで散歩をして帰る。
この時間になるとようやく気温が落ち着き,気持ちの良い風が吹く。
ここ数日間,起きてから寝るまでの間ずっと,とにかく急ぐことだけを考えて過ごしてきた。
思わぬトラブルで足止めを食らう形にはなったが良い気分転換になった。

DSC00991_20150306070406f06.jpg
帰り道,久しぶりにアイスを買う。
100円と安く,そして美味しかった。
となりの文房具屋さんでずっと買おうと思っていたボールペンを購入し,

DSC00992.jpg
再びアイスを食べる。
美味しい。

DSC00998_2015030607041373b.jpg

DSC00997_201503060704117f6.jpg
泊まったホテルも木造で,古い学校の校舎のように歩くたびに床は軋み,手すりはグラつくが,またそれも良い。

高速道路は書く内容に困る

2015年3月5日
チリ8
昨日,ハンドルを支える軸の部分が折れたので,部品を買って交換した。
それに伴いまた別のパーツも交換しないといけなくなり,朝から再び自転車屋へ。

DSC00999_20150306070437f8d.jpg
そんなことをしていたらもう昼12時過ぎ。
のどかな田舎町では緩やかに時間が流れている。
もう今日はここに連泊しようかという葛藤に打ち勝ち出発。
ほんとは急いでるんです。

DSC01002_20150306070440927.jpg
明日到着予定だったプエルトモンまではまだあと280kmくらいある。
今日が昼出発になったので明日の到着は100パー無理。
まあしょうがない。

DSC01001_20150306070440ffd.jpg
しばしばトルティーヤ(メキシコ料理のタコスの皮部分)の看板を見る。
なんでここで今さらトルティーヤなのか。

DSC01004_20150306070443e64.jpg
夕方,今日はシェル泊。
結局85kmしか進めず。
サンティアゴ~プエルトモン間の高速にあるガソリンスタンドは基本シェルかコペックの2種類。
コペックの方が施設などは若干充実している感じがするが,Wifiはシェルの方が上。

高速道路終盤

2015年3月6日
チリ6

DSC01005_20150307234311ddc.jpg
濃霧の朝。
ちょっと寝坊して8時半出発。
日中は真夏のような陽射しと暑さなのに,朝晩は結構冷える。
夏でこの気温ってことは一体冬場はどうなるのか。

DSC01006_2015030723431539c.jpg
今日も高速道路で足をクルクルと回すだけの機械と化す。
と言ってる間に走行距離は100kmを超え,プエルトモンまであと89km。
一応明日の午前中にプエルトモンに着けるくらいのところまで行くのが目標。

DSC01007.jpg
プエルトモンまであと40km地点の町の外れの草原でキャンプ。
退屈だった高速道路走行も明日で終わり。
ブログ的にも書く内容に困る日々でした。

PageTopNext>>

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート