◇記事一覧
次のページへ>>

エジプトの鉄道の種類と乗り方

2015年11月にルクソールからカイロまで、鉄道で往復したので、わかる範囲で解説をします。

◎列車の種類
まず、普通列車と高級寝台列車がある(らしい)。
高級寝台列車についてはわからないので、普通列車について。
車両には1等車から3等車まである。
1等車と2等車の車両で編成された良い方の列車と、3等車だけの列車がある。
1等車、2等車については車両に番号が振ってあり、3等車は単純にボロいので見分けは付きやすい。また乗車客の身なりでもよくわかる。
DSC00461_20151122034344dd1.jpg
1等車・2等車編成の列車

DSC00460_20151122034329458.jpg
3等車の列車


◎チケットの買い方
駅のチケット売り場、もしくは列車内で車掌さんから買う。
恐らくですが、チケット売り場で買う場合は基本的に指定席のチケットになるらしく(チケット売り場で自由席のチケットを買えるのかは知らない)、逆に列車内で購入すると自由席チケットになるらしい。なので、安く行きたいのなら列車内で買うのがおすすめ。

あとスチューデントカード、ユースカードで割引が利くらしく(割り引いてくれない場合もあるのでその時は粘って言った方がいい)、ルクソール→カイロは81ポンド(約1215円)。カイロ→ルクソールはなぜか安く63ポンド(約945円)で行けました。
ちなみにカイロからルクソール行きのチケットはユースカード無しだと115ポンド(約1725円)と言われました。(全て一等車の自由席の価格)


◎列車に乗るまでの流れ
DSC00484_20151122034338beb.jpg
まず、駅に入るとチケット売り場がある。
指定席チケットを買いたい人は売り場で購入し、自由席が希望の場合は普通に列車を探して乗り込みます。駅には改札は無く、空港の荷物検査みたいなゲートだけがある。ただ音が鳴っても止められることはないし、気にせず通過すれば大丈夫。
ルクソール駅は、北(カイロ)行きと、南(アスワン)行きのホームの2種類なので非常にわかりやすい。
カイロ駅は11くらいまでプラットホームがあって少し難しい。
とりあえず2015年現在、カイロからルクソール(アスワン)行きの列車は、午前8時、午後9時、10時、11時の4本との噂がある。発着の電光掲示板があるので時刻とプラットホームの番号を確認することができる。

DSC00491_201511220344057a9.jpg
自由席の場合、新幹線みたいに自由席車両というのはなく(多分)、どこでもいいので空いている座っておけば大丈夫。もしその席の人が来れば、どいてまた別の席を探せばいい。僕は自由席チケットだったけれど、ほぼどこかしらの席には座れていた。
出発後少しすると車掌さんが来て、チケットの提示を求めてくるので、自由席がいい場合はそこで買うだけ。列車内で購入する方法は普通に行われていることなので、気にせずに乗り込めばいい。
カイロ~ルクソール間だと、11~12時間で到着。

エジプトという国

DSC00179_20151103113235439.jpg
エジプトでも中南米と同様、大きい町では「年中交通渋滞」、「ドライバーのマナー最悪」、「クラクションの嵐」と3拍子揃っている。タクシーに乗ったりすると、ゲームセンターのレーシングゲームかなってくらいスリリング。

DSC00184_20151103113314cc1.jpg
日本だとクラクション鳴らす時って、手の平の付け根辺り(最凶死刑囚のドリアンが最後の手段として爆弾を隠し埋めていた部分)でちょっと強めに押すと思う。

一方、こっちの人はハンドル握りながら常に親指をクラクションの位置に伸ばして添えられているんですよね。そして押すときはその親指で連打。結構なスピードで連打する。かなり軽い感触で押しているように感じるので、一回タクシーの助手席に乗ったときにクラクションを押させてもらったのだが、意外なことにそこそこ重かった。たぶん連打しすぎで、相当親指の筋肉が鍛えられているんだと思う。

DSC00479_2015112202212988a.jpg
初めてアラビア語に触れるけれど、文字がどこで切れているのかもよく分からない。
もちろんちんぷんかんぷんだし、アラビア語は右から読むっていうのも、エジプトに来て初めて知ったくらいなんやけど、実はほんのちょっとスペイン語に似ているんですよね。例えば“地下鉄”をスペイン語と同様、「メトロ」と言うし、“紙”はスペイン語だと「パぺレス」だがアラビア語だと「パピレス」とニアピン。他にもそういうのがたくさんある。あとはスペイン語の冠詞「la」や「el」が同じように使われていたり。

DSC00470_201511220220208c4.jpg
時々やたら長い横棒があるけれど、この横棒はどこで切れていて何文字分くらいなのか?

DSC00227_201511052321415a9.jpg
イスラム人女性は頭をスカーフで隠しているけれど、実はマチ針で止められていることがよくある。
満員電車や満員バスで怪我したりしないかちょっと心配になる。

DSC00482_201511220221373b5.jpg
あと実はこっちの人って足を組まないことに最近気が付いた。
聞くと、足の裏を人に向けるのは失礼だからとのこと。
他にもっと失礼だと思ってほしいことがいっぱいあるけれど。

DSC00317_201511112305237d8.jpg
最後にエジプトトリビア。
『エジプト人が電話に出るときの掛け声は、「ハロー」』

エジプト出国

2015年11月25日
アスワンスーダン

DSC00584.jpg
早朝4時にバスターミナルへ。
このバスでスーダンへ出国します。

DSC00585_20151202195144973.jpg
自転車は通路へ。
テレビ、冷蔵庫など家電を持ち込んでいる人が結構いて、荷物が恐ろしく多い。
バス車内は通路まで荷物でいっぱい。
荷物が多すぎて5時出発が1時間遅れて6時の出発に。
毎日運航のバスなんやけど、大量に持ち込まれる荷物のせいで、だいたい1時間程度遅れるらしい。

DSC00587.jpg
朝9時ごろ、ナイル川の船着き場に到着して、バスごとフェリーで対岸へ。オフラインの地図を確認すると、もうすでにスーダン国境付近でびっくり。

DSC00589.jpg
このフェリー、一般客の姿はなかったけれど、個人でも乗れるのかな?
ここのナイル川横断以外は普通に舗装路が続いているので、もしフェリーが個人でも乗れるんなら、自走でスーダン入国できそう。

DSC00590.jpg
川幅が広く、ちょっと湖っぽくなっているところなので、横断に1時間くらい掛かる。

DSC00591_20151202195229b33.jpg
陸に上がりしばらく走ると国境。
ここからが無茶苦茶長かった。
バス車内の通路までぎっしりの荷物を全部検査していく。
人と荷物で溢れかえっているところにフルパッキングの自転車で突っ込む。
2時間くらい掛かって荷物検査とエジプト出国スタンプをゲット。

DSC00595.jpg
というわけでエジプト編終了。

スーダン入国

2015年11月25日続き
アスワンスーダン
長かったエジプト出国の荷物検査を終え、次は……

DSC00596_20151202195254e80.jpg
スーダンのイミグレーションでまた入国の荷物検査。
2カ国で協力して一回で終わらせろよ。
しかも中身全然ちゃんと見ないし、そのくせチェックする人が少ないから無茶苦茶時間掛かってるし。

DSC00599_2015120220012573b.jpg
バス4台分の人と、ぎっしりの荷物が集まるのでパニック。
4台がフェリーで一緒に行くから時間をずらせないっぽい。

DSC00593_20151202195234f2f.jpg
結局、出入国の手続きだけに5時間くらい掛かった。
色んな人のブログ見ていると、やはり大体いつもこんな感じらしい。

DSC00597_20151202195228615.jpg
そういえば、スーダンでは普通にATMでお金を下すよりも、エジプトポンドをスーダンポンドに両替する方がレートが良く、さらにその両替も国境付近の方がレートが良いらしい。
なのでベストなのはスーダン国内で使う分のお金を全部をエジプトで下してきて、スーダン国境で全額換えること。
僕は約1200ポンド(約18000円)を持ってスーダン入国。スーダンには恐らく2週間ちょいの滞在。18000円も使わん気がしてきた。
ちなみにこの国境と国境の町ワディ・ハルファで両替して、国境では(1エジプトポンド=1.22スーダンポンド)、ワディ・ハルファでは(1エジプトポンド=1.23スーダンポンド)という感じでした。
公式レートだと1スーダンポンドが20円くらいなんやけど、この方法だと1スーダンポンドが12~13円くらいになる。

DSC00600_201512022001174a3.jpg
そして少し走ったところのワディ・ハルファの町。
中心地のみ賑わっていて、少し外れると、一気に静まり返る、自転車旅行者好みの町。

DSC00601_20151202200113701.jpg
町の外でテント張って自分でご飯作るつもりだったけれど、レストランの活気と雰囲気につられて、ご飯食べていくことに。

DSC00602_20151202200126eee.jpg
ラム肉の焼肉。美味しかった。
最近肉を食べ過ぎてあごが筋肉痛。

DSC00605_20151202200100e28.jpg
買い物だけ済まし、野宿場所を求めて町の外へ。
写真だと真っ暗ですが、まっすぐに伸びた一本道と両サイドの砂漠、それを満月がボワッと照らしている景色が幻想的だった。ちょうど右側に見える使われていない建物で野宿。

砂漠を走る

2015年11月26日
スーダン1

DSC00607_20151202200819923.jpg
6時50分、起床。
エジプトの真南に位置するスーダンだけれど、なぜか時差があって1時間進んだ。

DSC00612_20151202200812265.jpg
ご飯を食べて、8時半、出発。
次のまともな町までは170kmくらいある。
ワジ・ハルファの中心からだとプラス10kmくらいの距離。
一応そこまでが目標。
追い風なので行けそうな気がする。

DSC00613_2015120220075283d.jpg
首都のハルツームまでは892km。

DSC00614_201512022008257a5.jpg
1時間ちょい走って休憩。
同じ景色の中を走る。

DSC00616_2015120220105131b.jpg
さらに1時間。
景色変わらず。

DSC00618_201512022011375af.jpg
お昼頃、お腹が減ったのでゆで卵休憩。
思ったよりも店とかレストランが無くて、少し戸惑っている。
そんなに水を持っていないので、心配になってきた。

DSC00617.jpg
少し走ったところにレストランがあった。
ゆで卵我慢すればよかった。

DSC00623_20151202201555c58.jpg
スーダンから急にアフリカ感が増した。
人もほぼ黒人になったし。

DSC00621_20151202201235c87.jpg
牛肉の煮込み。
盛り付けに気を使っているところが好印象。

DSC00624_20151202201557e87.jpg
食後は読書。
一時帰国中に買ったけれど読めなかった本を持ってきいるのです。文庫本サイズじゃなくてハードカバーくらいの大きさで、重いし邪魔。早く読んで処分してしまいたい。
最初7冊くらいあったのが、あと1冊半。

DSC00637.jpg
一応撮っておきたくなるゾロ目。

DSC00639_20151202201923913.jpg
水がめの休憩所。
これはエジプトにもあった。
なんだかんだ150kmちょい走り、目的の町まであと20kmほど。

DSC00644_20151202201925df0.jpg
到着。
今日は頑張って175kmも走った。

ここでホテル経営者の男に話しかけられ、レストランの場所を案内してもらう。
そして「今スイス人サイクリストがうちのホテル泊まってるから呼んでくる!」と言い、連れてきた。
そしてやってきたスイス人のおじさんサイクリストにご飯をご馳走になり、さらに夜はキャンプするつもりだと言うと、ホテルの宿泊費も出してくれて、泊まらせてもらうことに。

DSC00647.jpg
若いサイクリストを応援したいとのことらしい。別にそんなに若くないのに、ありがたいことです。お言葉に甘えることに。結構高そうなホテルだけれど、1泊いくらくらいなのかが少し気になる。

おじさんとペアラン

2015年11月27日
スーダン2
首都ハルツームを目指しています。

DSC00654.jpg
朝7時過ぎ。
夕日のようで朝日。

DSC00659_20151202202653588.jpg
昨日ホテル代を出してくれたスイス人サイクリストのおじさんと一緒に走ることになった。
お腹もすごい出てるし、絶対ペース遅いやん。
ペースを合わせてゆっくり走りたくないし、できることなら一人で走りたいけれど、宿泊代をお世話になった身としては従うしかないところがある。

DSC00662_201512022028109cc.jpg
と思ったら、ペースむっちゃ速かった。
平地でガンガン立ち漕ぎして攻める人初めて見た。

DSC00661.jpg
今日も同じ景色の中を走る。

DSC00671.jpg
集落に立ち寄ってお昼。

DSC00668_201512022028225e1.jpg
焼き鳥をなぜか油で揚げなおしたもの。
油も汚いのであまり気が進まない。
と思い食べると、これがビックリするくらい美味しかった。下味のスパイスがとにかく美味しい。アフリカのレストランで食べた料理の中では間違いなく一番と言えるくらい。
っていうかスーダンに入って料理が明らかに美味しくなった。

DSC00672_2015120220300996a.jpg
午後になり、北からの追い風が東からの横風になりペースダウン。
そしてこの55歳の太ったおじさん、明らかに僕よりペースが速いんですけど、どういうこと?

DSC00678_201512022032007c8.jpg
立ち寄った集落で休憩。
中南米のクソ集落と比べても際立つ途上国感。
さすがアフリカ。

DSC00677_201512022030309ab.jpg
と言いつつ、先進国民の僕とピーターが現地民のおじさんにジュースをご馳走になる。

DSC00685.jpg
夕方。
今日のキャンプ地。
ハエが恐ろしく多い。

DSC00693_20151202203421c7b.jpg
勝手に耳の中入ってきてそんで出られなくなって、耳の中で暴れるのほんま止めてほしい。

DSC00713_20151202203425445.jpg
ただ、なぜか暗くなると姿を消すので、のんびりお月見をしてから寝た。

ペアラン2日目

2015年11月28日
スーダン3

DSC00717.jpg
砂漠キャンプからの夜明け。

DSC00720.jpg
首都ハルツームまでこのくらいの距離からスタート。
あと5日で到着予定。

DSC00723_20151202203431254.jpg
昨日から一緒に走っているスイス人のピーター。
今日も砂漠を走って、

DSC00738_2015120220442746d.jpg
休憩ポイントがあれば、

DSC00739_201512022044538f6.jpg
休憩していく。

DSC00742_20151202204444178.jpg
その繰り返し。

DSC00745_201512022044476da.jpg
ペプシとチャイで休憩。
こっちではチャイと呼ばれているけれど、紅茶と全く同じ。
ミルクが入っているわけでもない。

DSC00751_201512022045458e9.jpg
走って、

DSC00748 (2)
休憩して、

DSC00757_20151202204749fbe.jpg
ナイル川越えて、

DSC00766_20151202205200b1f.jpg
今日のゴール。
ドンゴラという町。国境からハルツームまででは一番大きな町。
ピーターはここからバスでハルツームに向かうので今日でお別れ。
最後ということで、バイクタクシーのおじさんに「ドンゴラで一番のレストランに連れて行ってくれ」と頼み、良いものを食べていく。ピーターは一日中、「ドンゴラに着いたらごちそうを食べよう」みたいなことを言っていた。

DSC00759.jpg
ドンゴラで一番のレストランで出てきた料理。
僕とピーターが想像していたものとは多分違ったけれど、確かに美味しかった。昨日も書いたけれど、スーダンはエジプトと比べてご飯のレベルが高い。

DSC00761_20151202204752525.jpg
食後にナイル川を見に行く。
2日間ピーターと一緒に走ったけれど、いろいろ新鮮に感じることが多かった。
例えば僕との一番大きな違いで、彼はとにかくジュースをよく飲む。休憩の度に500mmのジュース最低3本は飲む。そして、ご飯はあまり食べない。

DSC00767_201512022052121e5.jpg
僕は逆に走行中は水しか飲まない。
その代わりご飯をたくさん食べる。
考えてみれば、飲み物でエネルギーを摂る方が消化にエネルギーを使わなくてもいいから、1日中走りっぱなしのサイクリストには適しているのかなとも思うけれど、でもやっぱり食べることの方が好きなんですよね。

食はナイルを越える

2015年11月29日
スーダン4

DSC00768_201512022052157de.jpg
2日間一緒に走ったピーターが朝一のバスで首都に向かうのを見送る。

DSC00771_20151202205222274.jpg
夜明けと同時に僕も出発。
と言っても朝の7時なので、言うほど早くもない。
ゆうべは蚊と騒音のせいで3時間しか寝れてなくて、もう一泊しようか迷ったけれど、それよりも早く首都ハルツームに行きたかった。

DSC00772.jpg
追い風の助けと僕の謎の頑張りで、3時間ノンストップで走り続けてあっという間に80km。

DSC00775.jpg
そっから小一時間走って、ドンゴラから100km弱くらいのところに数件のレストランと商店が並ぶ集落があった。
お昼休憩。

DSC00777_20151202205323c1f.jpg
食欲をそそられない見た目。
右側の“フル”はスーダンで最もメジャーな料理。豆のペースト。中米でよく食べてたフリホレス(豆ペースト)を思い出す味。
一方、左の謎のスープは初めて食べる。
全然期待せず食べたんやけど、魚介系のスープでこれがめっちゃうまかった。
お代わりしたくてたまらなかったけれど満腹のため断念。
スーダン料理のレベルの高さには驚かされるばかり。

DSC00778.jpg
食後、レストランの奥でちょっと寝させてもらって、ここで読み終わった本を寄贈してきた。日本から持ってきた本は残り1冊。

DSC00782.jpg
少し走って警察の検問があった。
「パサポルテ」と言うのでパスポートを出すと、中の写真を確認せずになぜかお金を請求してきた。パスポートが日本のものだったから、金を取っておこうってことなのか。
説明もなしに金を請求する態度が嫌だったので、ゴネたら通してもらえた。この暑い中、頑張ってお湯を飲みながら走ってるサイクリストから金を取るなよと思う。
そもそも高いビザ代も払って入国してるんやし。

DSC00784_20151203161137db5.jpg
小さな影を見つけて休憩。
夕方の西日がキツイ。

DSC00785_201512031612231bf.jpg
夕方、目的の町に到着。
とりあえずご飯。
どんな美味しいものが食べられるのか、すでにワクワクしている。

DSC00790_20151203161238941.jpg
晩御飯はフライドチキン、フル(豆ペースト)、パン。
このフライドチキンも手が込んでいて、

DSC00788_201512031612400f5.jpg
わざわざスープで煮た鶏を、

DSC00789.jpg
揚げている。
煮ると鶏のダシが出てしまうと思うけれど、そのスープも別の料理に使われるんでしょう。どっちにしろ、カレー風味が利いていて美味しかった。

DSC00786_2015120316123870c.jpg
サンドイッチの具がフライドポテトだったり、
米とパスタとマカロニを混ぜたものにトマトソースぶっかけただけの食べものをソウルフードとか呼んでいるエジプトとは、まあ悪いけど、雲泥の差。

303kmの砂漠越え(前編)

2015年11月30日
スーダン5

DSC00792_20151203162511170.jpg
ここ数日、体調が良くない気がしていたのだが、今朝から鼻が出るようになった。少し風邪気味。
旅行中、何度か風邪を引いているが、毎回町に滞在中に引いていたので、走行中に体調崩したのは初めて。
最近寝不足なことが多かったからだと思われる。

DSC00799_20151203162511955.jpg
ちゃちゃっと30km走って交差点に到着。
ここからナイル川沿いの道を離れ、砂漠を横断するルートを取る。砂漠の向こうが首都ハルツーム。

sabaku.jpg
ナイル川沿いを南下してきたのだが、ここから川が東に大きく膨らんでいるので、赤線のショートカットコースを行く。砂漠と言えども、一応エジプトと首都を繋ぐメインの幹線道路なので、ちょこちょこ補給ポイントはあるみたい。

DSC00801.jpg
風邪気味なのでオレンジでビタミン補給。
そこまで体がダルイとかは無いけれど、進む気は起きない。

DSC00805.jpg
しばらく休憩して砂漠越え開始。
ハルツームまで303km。

DSC00810_201512031625454c0.jpg
基本的に北からの追い風が吹くんやけど、日中はどっちかと言うと北東気味の方角から吹くことが多い。
そして進路も真南ではなく南南東くらいに進んでいるので、横風っぽくなることが多く、そこまで風の恩恵が受けられていない。

DSC00812_20151203162553023.jpg
60kmくらい走って補給ポイント。
なかなかきつかった。やっぱり調子良くないんかな。
ご飯を食べて、タオルで体拭いて、本気で頭洗って、シャツも洗って、ベッドで横になる。

DSC00815_20151203162552185.jpg
編んでいる途中の屋外ベッド。
スーダンのレストランによく置いてある。
日中はハエが恐ろしく多いんやけど、なぜか日が沈むとぱったり姿を消すので、夜は涼しい屋外で寝ているらしい。

DSC00817.jpg
昼過ぎから夕方5時まで休憩した後に再出発。
この時間になるとさすがに暑さも和らぐ。

DSC00822_201512031643498a4.jpg
日が地平線に沈み切ったらテントを張る場所を探すことにする。

DSC00824.jpg
それから30分後、使われていない建物の陰にテントを張って終了。

DSC00825_20151203215355c7a.jpg
隣には動物の天然ミイラ。
走っていると、ラクダとかロバの天然ミイラが、よく転がっている。

303kmの砂漠越え(後編)

2015年12月1日
スーダン6
現在地から首都ハルツームまでは208km。
中心地まではさらにプラス20kmくらいあるみたい。

DSC00837_201512032154456ec.jpg
今日は砂が舞っていて、視界も若干悪い。
今朝起きたらノドが痛かったのはこの砂塵のせいかもしれない。

DSC00843_20151203215446cab.jpg
今日はかなりいい感じの追い風に恵まれ、午前中に100kmを走り切り、お昼休憩。
ここがまた、すごいアフリカ感出てた。
大人たちが集まってただ寝たり喋ったりしているんやけど、これだけ働かなくてもちゃんと食べて生きていけるってすごいことのような気がしてきた。

DSC00842_20151203215445588.jpg
この辺ではヤギが食べられていて、ちょうど吊るされていたので、切り分けてもらい、お昼はヤギ肉の焼肉。

DSC00849_20151203215623f95.jpg
そして後半戦。
砂塵を浴びながら走る。

DSC00850_2015120321562482a.jpg
食事中のラクダたち。
気が付けば200km走破し、ハルツーム着いてしまった。追い風さまさま。

DSC00851_20151203215623292.jpg
今日は町の郊外でキャンプしたかったのだが、次第に民家も増えてきたので、もう中心地まで行ってしまう。

DSC00853_201512032159509d0.jpg
想像以上の交通渋滞は無かったけれど、排気ガスはやはりドス黒い。

DSC00857_2015120321595749f.jpg
暗くなるのと同時くらいに中心地に到着し、適当に安ホテルを探してチェックイン。
好感が持てるシンプルな内装。
ていうか案内されたとき、部屋の中には何も無くて、あとからベッドだけを持ってこられた。
広くて余計なものが無いから自転車の整備や荷物の整理をしやすいし、何より一泊20ポンド(約260円)と恐ろしく安い。大満足の物件。
そして今日は232kmも走った。
普段は100kmを目安に走っているので、2倍以上。
なのに疲れ方はいつも通りなので、本当に追い風さまさま。

PageTopNext>>

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート