◇記事一覧
次のページへ>>

2010西日本一周の旅23日目 広島県東広島市~愛媛県今治市

一時帰国中のため、番外編をお送りしています

2010年8月16日
今日は広島の尾道から出ている「しまなみ街道」を使って四国へ渡る予定。
しまなみ街道とは、本州と四国の間にある6つのちっちゃい島を7つの橋で繋いだ道で。
自転車で四国まで渡ることができる唯一の道でもある。

10:24
564.jpg
というわけで尾道
ゆうべ泊った東広島市は山の中にあるので、海岸沿いにある尾道までは下りが多く、あっさり到着。

565.jpg
上のほうにお城が
町自体が山の斜面にある感じがする。

今日はむちゃくちゃ天気が良い。
暑いけれど、天気が良い方が気分が良いしテンションも上がる。
特に海沿いの道を走るときなんかは天気が良い方が景色も良いしうれしい。 

10:26
566.jpg

567.jpg
駅に尾道ラーメンがあったので食べていくことにする。
お店に置いてた『メジャー』のマンガを読んでいたらちょっと遅くなったけれど、気を取り直して出発。

11:29
568.jpg
一つ目の橋

570.jpg
良い眺め

571.jpg
渡ったところに料金所があった

572.jpg
自転車は10円

574.jpg
四国に着くまでに10円玉が大量にいる気がするので食料を買いがてら、お金を崩す。

575.jpg
ちゃんと自転車道があったりして、自転車乗りにやさしいつくりになっている。
しまなみ街道はこの辺りではメジャなサイクリングスポットなのか、すごい大勢の自転車乗りの人たちとすれ違った。

578.jpg
2つ目の橋

577.jpg
今度は50円だった
橋によって値段が違うのか

3つ目の橋も50円で、あとはずっと50円なのかなと思っていたら
580.jpg
4つ目の橋は100円だった。
確かにほかの橋よりも立派ではあったけれど。
結局5、6番目の橋は50円で、最後の最も大きな橋は200円だった。

579.jpg
毎回海面の高さから橋の高さまで上がらないといけないのが結構しんどい。
特に今日はあまり調子が良くなくて、途中の休憩所で仮眠したりしながら何とか走っていた。
休憩とか食事の取り方も普段と変わらないはずだけれど、なぜか不調で疲れやすかった。
昨日はすごい好調だったのに不思議。

594.jpg
橋を渡りきったところにある、愛媛県今治市に到着
コンビニで立ち読みしたるるぶによると、この町は「タオル」と「焼き鳥」が有名とのこと。
この旅には荷物を減らすという理由でハンカチサイズのタオル一枚しか持ってこなくて、お風呂とかですごく大変な思いをしていたのでせっかくだからタオルを1枚買っていく。

595.jpg
いまばりタオルブティック
そのほかにも「タオル美術館」なんていうものまでこの町にはある。

夜ご飯は焼き鳥にしようと思って何軒か回ってみたけれど、定休日とか臨時休業とかばっかりで、あきらめて普通にスーパで安く済ませた。

走行距離 150.18㎞

2010西日本一周の旅23日 愛媛県今治市~高松市

一時帰国中のため、番外編をお送りしています

2010年8月17日
四国に入ったのは良いけれど、実はまだ進むコースが決まっていない。
というか決めていたけれど、当初の計画とずれてきているので、残りの日数なんかも踏まえて、もう一度考え直さないといけない。
今決まっているのは反時計回りに進むってことだけ。
ということでとりあえず今日は反時計回りに進んだ先にある最初の街、高松市まで進むことにする。
そこからどういう進路を取るかは、道後温泉にでも浸かってのんびり考えたいと思う。
まあ高松なんてすぐそこやし、実質今日は休息日みたいなもの。

11:25
598.jpg
ネットカフェでのんびりしていたらお昼前になってしまった。

11:45
599.jpg
目的地まで45キロとか、いくらなんでも楽しすぎかもしれん。
ちょっと罪悪感。

600.jpg
今日もものすごく天気が良い

13:01
603.jpg
ちょうど中間地点ぐらいの道の駅でちょっと休憩

604.jpg
鯛めし
今治でも「鯛めし」の文字をちらほら見かけたけれどこの辺じゃ有名なのかな。

606.jpg
向かいは海水浴場になっていた
ちょっとだけぶらぶらする。
時間に余裕があるとのんびりできて良いですね。

607.jpg
「ちょっと焼きたい」とか言いだして横になるカピバラさんとクマ 氏

15:17
608.jpg
松山市に到着
まだ早いけれど道後温泉にお風呂に入りに行く。

611.jpg
道後温泉駅
この辺りから急に観光地っぽくなりだす。

612.jpg
ローソンが茶色い
景観のためだろうか。

618.jpg
道後温泉
ここではお風呂に入るだけのパターンとお風呂に入った後、部屋でくつろぐパターンを選べる。
今日は時間に余裕があるので、部屋でくつろぐパターンにした。

616.jpg
浴衣とお茶とお菓子が付いていて、のんびり部屋でくつろぐ。
すごく落ち着く。
お風呂も、お風呂場自体は狭くて湯船も一つしかないけれど、それでも他の銭湯や温泉にはない独特の雰囲気があり、気持ちよくお風呂に入れた。

19:16
620.jpg
松山市駅前
駅前に観覧車があるのって大阪くらいかと思ってたけれど、たまに見かける。あと鹿児島にもあった気がするし。

走行距離 67.02㎞

2010西日本一周の旅24日 愛媛県高松市~高知県梼原町

一時帰国中のため、番外編をお送りしています

2010年8月18日
8:21
621.jpg
はじめの3、40キロほどは海沿いの走りやすい道を走る。
この道は夕焼けがきれいなことで有名らしい。

9:48
622.jpg
海沿いの国道378号線から山道の県道24号線に入る。
四国の左下部分をショートカットして高知を目指す。
ここから山に入っていくので急な上り坂になるっぽい。

623.jpg
と思ったけれど案外ゆるい坂道。
川沿いの道を登っていく。

11:20
628.jpg
小さな町に着いた
適当に走っていたらおばあちゃんの家の匂いがする一画に迷い込む。
こういう匂いってすごい落ち着きますよね。
あんまり落ち着いている場合でもないんですけど。

627.jpg
タイムスリップしたかのような昔の家が並んでいる

12:36
636.jpg
坂の傾斜がずっと変わらないんやけど、ちゃんと標高を稼げているか心配。
今日の目的地付近に『雲の上のホテル』っていうのがあるんやけど、あとからすごい坂に出くわしたりしないだろうか……。

16:16
639.jpg
トンネルの中で高知県に入る
写真だと怖く写ってるけれど、実際かなり怖い。
車はライトが明るいから気にならないけれど、トンネルって場所によっては電気が全然付いていないようなところも結構あって、遠くにかすかに見える出口の明かりだけを頼りに走ることも珍しくない。

16:45
640.jpg
今日の目的地
『雲の上の温泉』ってあるけれど全然雲よりも下にある。
結局最後の10~20キロくらいから多少きつい坂が出てきたくらいで、思っていたよりも難易度は低目だった。びびって損した。 ここら辺は温泉とホテルと道の駅が併設された施設があるだけで、他に店はなにもない。 することがないので、9時頃に就寝。

走行距離 125.74km

2010西日本一周の旅25日目 高知県梼原町~田野町

一時帰国中のため、番外編をお送りしています

2010年8月19日
8:31
642.jpg
昨日登った山を下っていく。
道もきれいですごく気持ちが良い。
最近気が付いたけれど、僕は海よりも山の景色の方が好きみたい。

8:57
645.jpg
3000キロ達成
多分4000キロ前後で家に到着すると思う。

11:38
647.jpg
なぜか新名古屋トンネル

13:17
648.jpg
高知市内に入る
高知に入ってから標識になぞのアルファベットをよく見かける。

17:10
650.jpg
なんやかんやしてたら遅くなった。
今日の目的地まではあと50キロもあるのに。
とりあえずネットカフェに入ったことでHPは全回復してるし、多少飛ばして目的地を目指す。

651.jpg
せっかくだから自転車道を使ってみる

652.jpg
自転車道
走りながら写真撮ったらなんか疾走感出た。

19:37
653.jpg
目的地付近の温泉施設
急ぐはずが普通に遅くなった。
ていうか日没が19時とか聞いてなかったんやけど。
僕の中では日没は19時半ってことになってたから、19時頃から暗くなりだして焦った。
ここら辺は田舎の方なので道が真っ暗ですごい怖かった。

よく考えたら今日はお昼に牛丼を食べた以降何も食べてなかった。
お腹が空きすぎて腹が立ったので、むちゃくちゃ食べたった。
654.jpg
焼肉定食(ご飯大盛り)

655.jpg
立て続けに親子丼
満足。

走行距離 146.71㎞

2010西日本一周の旅26日目 高知県田野町~徳島県徳島市

一時帰国中のため、番外編をお送りしています

2010年8月20日
はじめは南下して室戸岬を目指す。
その後は北上し、今日の目的地、徳島へ。

6:58
656.jpg
なばり駅
電車はこの駅で終点。
ここから南には電車は通ってないみたい。

657.jpg
徳島まで意外と距離があった。
7時出発で160キロっていうのは結構本気出さないといけないレベル。

9:02
665.jpg
室戸岬

658.jpg

668.jpg
室戸岬まできたので、今度は海沿いをひたすら北上
本当に海と山と道しかないので休憩場所に困る。

11:30
669.jpg
徳島県に入る

16:08
672.jpg
ローソンにロードバイク専用のスタンドと空気入れが置いてあってびっくりした。
この辺りは自転車人口が多いのだろうか。
高知~徳島の間は大きい町がないので食料補給なんかの面で辛い区間。

ローソンで『メジャー』の立ち読みを済ませ、出発しようとしたところでタイヤがパンクしていることに気付く。
確認してみたところ、前回パンク修理した箇所が多少甘かったみたいで、この暑さのため修理した時のノリが溶けて再び同じ所から空気が漏れているみたい。
ちょっとコンビニでゆっくりしすぎたな。
徳島まであと20キロ程度なのに、めんどくさい。

17:21
674.jpg
徳島駅
市内の中心街になんとか到着。
意外と早くに着けた。
基本、田舎道を走るほうが信号も少ないいし、お店などの誘惑がないぶんペースは速い。
あと今日はフラットな道が多かったのと追い風の力を借りれたので、距離走った割には疲れはない。
久々の都会なので今日はネットカフェ泊。

走行距離 174.77㎞

2010西日本一周の旅27日 徳島県徳島市~香川県丸亀市

一時帰国中のため、番外編をお送りしています

2010年8月21日
10:14
676.jpg
昨夜、地図を無くしてしまったらしい。
朝からゆうべ立ち寄った店とか、心当たりの場所を探し回ったりして、でも結局見つからずに買い直してたりしていたらかなり時間が遅くなってしまった。 (その後、地図は実は鞄の奥に入っていたのに気が付き、結局2冊持ちになってしまった)
出発が遅くなってしまったけれど、今日の目的地までは100キロちょいくらいだと思うので問題はない。 実は香川に兄家族が住んでいるので、今日は泊まらせてもらうことになっているのである。

11:39
677.jpg
香川県
東かがわ市のマークがなんかかっこいい。

12:36
678.jpg
道の駅のうどん屋さんで昼食
香川に入ってからちょくちょくうどん屋さんを見かけるようになった。
大体の店がセルフ。
セルフってどのくらいまでセルフなのか知らなかったけれど、ようは学校の食堂と同じシステムなんですね。

14:30
679.jpg
香川県庁
夕方、兄の家に行く前に、この近くに住んでいる友人M氏と会う。
車で迎えに来てくれて、近所を案内してもらう。

680.jpg
景色がきれいな山 に連れてってもらった。
この旅ではできるだけアップダウンの少ないコースを選んで通っているので、こういう景色のところにはなかなか来れない。

683.jpg
ご飯は香川で有名な「一鶴」という鳥料理のお店に来た
メインの料理は「ひな鳥」と「おや鳥」の2つだけというシンプルなお店。
これだけで有名になるだけのことはあり、大変おいしい。

684.jpg
食後にケーキ屋さんにケーキを食べに行った。すごい久しぶりにケーキを食べた。
この甘さが疲れた身体に染みわたる。

その後、兄の家に向かう。
実は甥っ子は去年の12月に生まれたばっかりで、まだ会ったことがなかったので、今日が初対面。
同じ人間とは思えないほどのプニプニ感で、ちょっとした仕草や表情などとても可愛かった。
人見知りもせず、よく笑ってたし。
ちょっとお酒も飲んだりなんかして、久々に楽しい夜を過ごした。

走行距離 124.50㎞

2010西日本一周の旅28日 香川県丸亀市~愛媛県今治市

一時帰国中のため、番外編をお送りしています

2010年8月22日
今日も目的地までは100キロくらいなので、朝は比較的ゆっくり。
兄の家で久々にサンデーモーニングを見ながらゆっくりして、9時半出発。
なんか大沢あかねのおじいちゃんがしばらく見ないうちにすごい弱々しくなっている気がするんですが、大丈夫でしょうか。

686.jpg
注意書き
僕の通ったときは美人の姿は見当たらなかったけれど、まぁわき見して事故ることを考えれば、逆にこれで良かったとポジティブにとらえる。

11:00
688.jpg
ゆうべ教えてもらった、『大釜』といううどん屋さん。

689.jpg
釜玉うどん大+いなりずし
すごくおいしかった。
うどんやと消化も良いからすぐ動けるし、安くて量も多いし、すごく良い。
僕の通るコースに20キロ置きぐらいにあってくれないかな。

13:19
690.jpg
愛媛県に帰ってきた

14:52
692.jpg
この標語、各地で何回か見た気がする。

697.jpg
今日もほぼフラットな道で大変走りやすい

18:24
699.jpg
夕方、今治に到着し、前は行けなかった焼き鳥屋さんへ

700.jpg
皮焼き
この店の看板メニューらしい。
カウンタに座るとまだ注文していないのに、お店の方に「皮焼きでいいやろ?」って言われたほどやし。
でもそれだけあって、むちゃくちゃおいしかった。
ここでは焼き鳥を鉄板で焼いていた。

702.jpg
その後、近くのショッピングモール『フジグラン』へ。

701.jpg
ここで映画のレイトショーがやっていた。
セブンイレブンに貼ってあるポスタを見続けてずっと気になっていた(※19日目の日記参照)『ハナミズキ』を観てみた。
映画って普段はほとんど観ないけれど、たまに観ると面白いですね。
映画を観終わった後、同じ建物内の、前回も泊まったネットカフェで寝る。

今日で四国一周を達成した。
九州と比べると平坦な道が多く、非常にあっさりした印象。

走行距離 135.20㎞

2010西日本一周の旅29日目 愛媛県今治市~広島県福山市

一時帰国中のため、番外編をお送りしています

2010年8月23日
9:24
703.jpg
しまなみ街道の入り口

10:36
706.jpg
しまなみ街道の、四国から数えて2番目の島に伯方の塩で有名な「伯方島」という島がある。
行きのときは知らずに通り過ぎていたけれど、この島の道の駅に伯方の塩の入った塩ラーメンがあったので食べてみた。
まぁ伯方の塩って別に特別でもなんでもないですけどね。
僕は塩ラーメン自体ほとんど食べたことがなかったけれどあっさりしていておいしい。この旅で食べたラーメン計4、5杯ぐらいの中だったら一番おいしかったと思う。

708.jpg
さらに伯方の塩アイス
用はちょっと塩味がきいているバニラのソフトクリームなんやけど、これもおいしかった。

14:22
711.jpg
そうこうしている内に最後の島にたどり着く。
最後の島からは本州とを行き来してるフェリーがあるみたいで、帰りはフェリーを使ってみた。

712.jpg
片道数分で着くので、刻表もなくひたすら本州と島を行き来している。乗っている人が降りて、待っている人が乗り込んだらすぐに出発する。

713.jpg
尾道駅が見えてきた
今日の目的地は決めてなかったんやけど、とりあえず2号線を東へ。

16:42
715.jpg
そして夕方、広島と岡山の県境付近にある福山市に到着。
福山市ってあまり聞かないけれど、普通に都会だった。
さすが山陽側。
できたらもうちょっと進みたかったけれど、しまなみ街道で疲れたのでこの辺りで終了。

四国から本州に戻りようやく旅も終盤。
後は山陽を東に進み、京都を目指すのみ。
出発前に立てた予定では、明後日には京都に到着することになっていたが、これまでのペースを保つことができれば、無事予定通り帰れると思う。

走行距離 116.90㎞

2010西日本一周の旅30日目 広島県福山市~兵庫県姫路市

一時帰国中のため、番外編をお送りしています

2010年8月24日
5時半ごろ、公園のベンチで寝ているところを警察官に起こされる。
寝ぼけている僕に対して、「ゆうべ公園に酔っ払いがいませんでしたか?」みたいなよく分からないことを尋ねる。
そういえば夜中にうるさい集団が騒いでいた気がしたので、「あぁ、そういえばそんな感じの人たちがいた気がします、むにゃむにゃ……」と答えたら、そうですかと言って、僕の名前と生年月日だけメモして帰って行った。
結局何なんだったんだろうか?
ていうか名前を聞くのはわかるけど、僕の生年月日をメモる意味がわからん。

最近出発が遅くなることが多かったので、たまには早く出発しようと思い、眠たかったけれど、もう起きて出発の準備をする。

6:34
717.jpg
国道2号線の終着地点、大阪梅田まで227キロ、という標識。
ということは京都市内まではあと300キロ弱ぐらいだろうか。
予定通り明日には京都に到着できそう。

6:51
718.jpg
走ってすぐに岡山県に入る

8:11
719.jpg
走っていたらバイパスっぽい高架の上にのぼってしまったんやけど、自転車が走ってはいけないにおいがプンプンする。
歩道が30センチぐらいしかなくて、トラックが横スレスレのとこ通るし怖い。

720.jpg
なんとか下道に降りられてほっとする。

9:06
722.jpg
倉敷市に到着
美観地区に寄っていく

724.jpg
知らん間に『うずまさ映画村』に来てしまったんじゃないかと錯覚するような町並み。

11:23
730.jpg
岡山県庁
倉敷に時間を取られたので岡山市はほぼ素通り。
初めて岡山に来たけれど、意外と都会だった。

11:36
731.jpg
今日の目的地は姫路
この時間で残り77キロなら問題なく着きそう。

733.jpg
ホルモン焼きうどん
岡山の名物らしい。たまたま通りかかったので食べて行く。
焼きうどんのタレが、ちょっと焼き肉のタレ風ですごくおいしかった。

13:42
734.jpg
バス停
今日は早く起きたためむちゃくちゃ眠たい。
1時間くらい仮眠していこうか迷ったけれど、そんな余裕もないし先を急ぐ。

14:23
735.jpg
兵庫県に入る

17:38
738.jpg

739.jpg
姫路城に到着
今は工事中みたい。

ここで大変なことに気付く。
後ろのキャリアに乗せていたカバンの口が開いたまま走行していて、いつの間にかカバンの中からクマ氏がいなくなっていていたのである。
そして代わりに置手紙が。
そこには、「一人で旅に出ます、探さないでください」といった内容が書かれていた。
3人でゴールを迎えられないのは大変残念だが、彼の意志を尊重し、残り1日、カピバラさんと二人で京都を目指したいと思う。

19:04
740.jpg
今日は旅行最後の晩ご飯なので、良いものを食べようかと思ってたんやけど、姫路には特に名物の食べ物はないらしい。
代わりにるるぶに載っていたイタリアンのお店にきた。
テーブル席が4つか5つあるだけの小さなお店。

741.jpg
前菜5点盛り(ドライトマト、カプレーゼ、鯛のカルパッチョ、地蛸の何か(忘れた)、自家製生ハム)

742.jpg
岩牡蠣のカルパッチョ (でかい)

743.jpg
ニョッキのゴルゴンゾーラソース

744.jpg
地蛸のラグーソース
ここでお腹いっぱいになる。

ウエイトレスの女の子がシェフに対して普通にため口で喋っていてびっくりしたんやけど、どうやらシェフの娘さんらしかった。
この後、奥さんも登場したし、ご家族だけで店をされているみたい。
客は僕だけだったので、いろいろな話もできて、最後に楽しい夜を過ごせた。

走行距離 168.63㎞

2010西日本一周の旅 最終日31日目 兵庫県姫路市~京都府京都市

一時帰国中のため、番外編をお送りしています

2010年8月25日
6:50
745.jpg
最終日の朝。
姫路城のふもとで目覚める。
自転車にはスタンドがないので寝かしてある。

746.jpg
じゃじゃ丸、ピッコロ、ポロリに見送られながら姫路を出発する。
どうやら僕のためにNHKの建物から出てきてくれたっぽい。

748.jpg
機関車トーマスがなぜかアスファルトを走っていた。
そういえば小さい頃はトーマスの顔が不気味で怖かったなーなんて事を思い出しながら街の中を進む。よく「自転車で走ってるときって何考えてんの?」って訊かれるけれど、何かを思い出していることが多い気がする。 今回の機関車トーマスみたいに、走っていて見かけたものから何かを連想して思いだしたり、考えたり……。

751.jpg
姫路を出てからずっと街中を走っている
道が狭く、車や信号が多いのでなかなかペースが上がらない。

11:51
752.jpg
神戸市に到着
知ってたけど、神戸ってむちゃくちゃ都会ですね。
大阪と並んどく必要ないやろって思った。
なんか貴重な都会が並んでいると、もったいない気がしてしまう。

753.jpg
ポートアイランド(多分)

12:14
754.jpg
お昼ご飯を中華街で食べた

755.jpg
なんでこんなことになったんやってくらい中華料理のお店しかない

756.jpg
ここであえて神戸牛のステーキ丼をチョイス

758.jpg
水の入った鍋の取っ手を手のひらでこすって水しぶきを上げるという遊び
最初はこすってもただツルツルすべるだけなんやけど、ある時、微妙な摩擦というか、引っかかりみたいな感覚を感じて、かすかに鍋が振動しだす。
その振動させる感覚を掴めば、あとはそれを徐々に膨らませていくことで振動が水に伝わり、最終的に水しぶきが上がるというシステム。
僕はちょっとしか水しぶきが上がらなかったけれど、お店にいた、いかにも達人風のおじいちゃんがやると、胸のあたりくらいまで水しぶきが上がる。
すごい楽しかった。
ていうかこの鍋欲しい。コーナンとかに売ってないかな。

13:52
760.jpg
国道2号線から171号線へ
標識にとうとう京都の文字が。
泣けてくる。

761.jpg
京都まで53キロ

16:08
762.jpg
大阪府

18:03
3696314_561029217_64large.jpg
あっという間に大阪を通り過ぎ、京都府に入る

3696314_561029214_29large.jpg
車が渋滞していてなかなか進まないが、今日は目的地に着いても、お風呂もコインランドリィも寝床も探す必要はない。
そんな当たり前のことがものすごく幸せを感じられる。
というわけで、焦らずにのんびり自転車を走らせる。

3696314_561029206_7large.jpg
帰ったらゆっくり本が読みたいなと思っていたので、ブックオフに立ち寄り、森博嗣の本を中心に5千円分くらい買いこむ。
もう家は近いとはいいつつもこの量は重い。

19:13
3696314_561029200_254large.jpg
もう日は落ちてしまっているけれど、知っている道というだけでものすごい安心感。
この時間にまだ目的地に着いていなかったら、普段だったら目に涙を浮かべて、スンスン鼻をすすりながら走っているレベル。
この地元の安心感がカピバラさんの自信に満ちた後姿からもみてとれる。

そして31日間の旅のゴールを迎える
大きなトラブルもなく、計画通りゴールを迎えることができたことが本当にうれしい。
今晩は1か月ぶりの自分の部屋でゆっくり休みたいと思います。

走行距離 145.17㎞

PageTopNext>>

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート