◇記事一覧
次のページへ>>

最近(僕の中で)流行りの野宿地の見つけ方

2017年5月27日
イタリア9

DSC00791_20170528210529ebe.jpg
昨日は頑張って走ったから、朝はカフェでゆっくりしていく。

DSC00797.jpg
朝10時ごろ出発。
緩やかに下り続ける。

DSC00800_20170528210543f54.jpg
この先は、このまま山岳地帯を東に進み、スロベニアに入る。

DSC00802_20170528210617a68.jpg
お昼に米を炊いてきていたんですが、スーパーで売っているチーズが美味しそうで、やっぱりパンにした。
イタリアはチーズがとても安い。種類によってマチマチですが、平均100gで1~1.5ユーロくらい。
高くても2ユーロとか。
ヨーロッパではいろいろチーズを食べてきましたが、僕はイタリアのゴルゴンゾーラとパルミジャーノが特に好きでした。

DSC00803_201705282106184ed.jpg
うっかり食べ過ぎ、苦しいお腹で出発。

DSC00804_20170528210620000.jpg
緩やかに下り続け、標高700m台まで下りてきたら、峠越えが始まる。

DSC00806_20170528210623608.jpg
山岳地帯では、そこらじゅうで水が補給できる。
しかも山の雪解け水だから、キンキンに冷えてるし。

DSC00805_201705282106243b4.jpg

DSC00808_20170528210644e06.jpg
標高1000m。
一体これいつまで上るんだ。

DSC00811_201705282106442b7.jpg

DSC00817_20170528210649747.jpg
最終的に1298mで峠の頂上。

DSC00820_20170528210720f5b.jpg
下ります。
意外とちょくちょく上りが挟まるのがめんどくさかった。

DSC00827_20170528210721c18.jpg
カッコいい山。

DSC00830.jpg
夕方着いた町で、ネット接続のためバーに。
コーヒーだと夜寝られなくなるので、グラスワインを頼んだんですが、1杯1ユーロと安かった。さすがイタリア。

DSC00831_20170528210726c66.jpg
その後、野宿のため、水道の使える場所を探す。

Screenshot_2017-05-27-22-30-5.jpg
スマホのオフラインマップ「マップスミー」ではこういう水道の位置もちゃんと表示されていて、「水飲み場」って検索したら出てくる。町の郊外の水飲み場の近くで野宿場所を探すのが今、僕の中で静かなブーム。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。


2017年06月 01日05:14 イタリア

線路はスロベニアに続く

2017年5月28日
イタリア10

DSC00832_20170529151634cf7.jpg
出発。
今日でイタリアは出国。
スロベニアに入る。

DSC00837_20170529151635696.jpg
日曜日で半日営業のスーパー。
イタリアは日曜日でも開いているスーパーを見つけやすかった。
ヨーロッパでは国によって、日曜日にスーパーが完全に閉まる国と、少しは開いている国がある。新しい国に入ると、まず気になるのは日曜日にスーパーが開いているのかどうかだった。

DSC00839_2017052915163604e.jpg
今日も山々がきれい。

DSC00843_20170529151639882.jpg
古い線路がサイクリングロードとして活用されている、ヨーロッパあるある。
この先、スロベニアまでこのサイクリングロードは続く。

DSC00845_20170529151648ba8.jpg

DSC00846_201705291516513fb.jpg
駅がカフェになってた。
おしゃれ。

DSC00848_201705291516524cb.jpg
そこそこ上ってるんですが、限りなく無駄なく、一定の斜度で上り続けるのでそんなに大変じゃない。

DSC00853_20170529151655ded.jpg
お昼にポンテッバの町に到着。
お昼休憩は教会のそばで取ることが多い。
人が少なくて静かだし、大抵そばにベンチがあったりするから。

DSC00854_201705291517288cb.jpg
スロベニアまであと32km。
オーストリアの国境も近くて30kmの距離。

DSC00855_201705291517292e6.jpg
引き続きサイクリングロードを進む。

DSC00858_20170529151731267.jpg
スロベニア方面から来る場合は、数十kmずっと緩やかな下りなので最高だと思う。

DSC00860_20170529151733ce2.jpg
オーストリア方面、スロベニア方面の分岐。
両方とも国境まで10km以内くらいのところ。

DSC00864_2017052915184352a.jpg
で、スロベニア入国。
シェンゲン圏最後の国。
あと1週間以内にスロベニアを出国できれば大丈夫。

DSC00865_20170529151845db1.jpg
イタリア、スロベニア国境が峠の頂上だったので、ここからは緩やかな下り。

DSC00866_2017052915184665a.jpg
スロベニアの山々もきれい。
明日はスロベニアの首都リュブリャナまで行きます。

【イタリア走行記録】
2017年5月17日~28日(12日間)
走行距離……864km(1日当たり72km)
出費……227ユーロ(1日当たり18.9ユーロ)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年06月 02日05:39 イタリア

ブレッド湖からのリュブリャナ

2017年5月29日
スロベニア1
スロベニアに入ってちょっと進んだとこ。

DSC00871_201705310034352c6.jpg
出発。
今日は首都までですが、途中、ブレッド湖という観光地に寄る。

DSC00872_20170531003437c81.jpg
毎日いい天気でうれしい。

DSC00873_20170531003438493.jpg
ブレッド湖が見えてきた。

DSC00876_20170531003441508.jpg
とてもレトロな雰囲気の駅。
ノスタルジーで辛くなってくる。

DSC00879_20170531003441694.jpg
泳いでる人がいる。
まだ泳ぐにはちょっと寒そうですけど。

DSC00880_2017053100345151d.jpg
このブレッド湖の一番の見どころは、

DSC00883_201705310034548a3.jpg
分かりにくいんですが、湖の中の小島に教会が建っているところなのです。

DSC00887_20170531003457040.jpg
船でしか行けない教会。
なんて素敵なんだ。

DSC00891_201705310036512b5.jpg
湖の周りには遊歩道が整備されている。

DSC00894_20170531003652de2.jpg
外食してみた。
鶏のグリル。
サラダが付いて6ユーロ。
スーパーもざっと見てみたけれど、やっぱりイタリアよりも若干物価は下がってる感じ。

DSC00896_201705310036542d3.jpg
こういうのは、その時の気分、体調、天候なども関係してくるから断言はできないけれど、この国の景色に僕はとても心惹かれた。

DSC00897_20170531003655330.jpg
なんというか、自然の多い山がちな地形が、日本の田舎を思い起こさせるのか。
これまで訪れた国の中で、一番景色が日本に近い気がする。

DSC00899_20170531003657503.jpg
たまに日本を走ったよというサイクリストに出会うけれど、彼らが日本を走った際にこういう気持ち良さを感じてくれていたらとてもうれしいなと思った。

DSC00906_20170531003706ee2.jpg
クラーニという町。

DSC00905_201705310037047ab.jpg
「町一番のコーヒー」で休憩していく。

DSC00909_20170531003708197.jpg
景色は最高のスロベニアなんですが、実は自転車では走りにくい。

DSC00918_20170531003816eb0.jpg
高速道路が自転車走行禁止なのは分かるけれど、高速と並走しているこのレベルのごく普通の道路すら自転車走行禁止ってどういうことだ。スロベニアではしょっちゅうこの看板が登場する。

DSC00912_201705310038144da.jpg
しかも地形が複雑だからう回路を探すのがすごく大変で、大きく遠回りしないといけなかったり、そのたびにアップダウンが挟まったり。

DSC00913_2017053100381590a.jpg
そして夜。
無事リュブリャナに到着。
今回も大きな町で度々利用しているウォームシャワーを利用。
サイクリストの家に泊まらせてもらう。

DSC00919_20170531003818d24.jpg
家主のロビンはベジタリアンらしく、野草のスープを振る舞ってくれた。
なんとなく体に良さそうな味だった。
明日は首都リュブリャナを観光します。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年06月 03日05:14 スロベニア

スロベニアの首都リュブリャナを観光

2017年5月30日
スロベニア2

DSC00956_201705310046355a8.jpg
今日はスロベニアの首都リュブリャナで1日観光。
人口は28万人くらい。徒歩でも周れるくらい小さな首都。

DSC00953_20170531004544d86.jpg
町の中心地。
分かりにくいんですけど、橋が3本並んでいる。
この橋が、この町一番の見どころらしい。

DSC00954_20170531004546f8a.jpg
確かに珍しいし、面白いなと思った。
建設の際には絶対、「いや3本も掛ける意味ないやん」っていう反対意見が出たと思うんですけど、一見無駄なことでも、意外と無駄じゃなかったりすることもあるんだという教訓を得て去る。

DSC00949_201705310045414a7.jpg
ネットで調べたレストランで外食してみた。
大きなお皿にちょこんと小さく盛られている様がおしゃれすぎて、僕なんかがこんなもの頼んでよかったのかなって不安になる。

DSC00950_20170531004543a03.jpg
一方でメインは豪快だった。
牛肉をトロトロになるまで煮込んだやつ。
ボリューム満点でこっちには親近感が湧く。
前菜とメインで15ユーロ。

DSC00946_20170531004540ce1.jpg
スロベニアではよくアパートの窓からピアノや楽器の演奏が聴こえてくる。
音大が有名だったりするのかな?
なんとなく、『のだめカンタービレ』を思い出した。

DSC00958_201705310046346d3.jpg
ヨーロッパでは国が変わると、信号を守る人の割合がちょくちょく変わるのが面白い。スロベニアはきっちり信号を守る人が多い。

DSC00924_20170531003954bfd.jpg
国立美術館

DSC00922_201705310039512af.jpg
小さくて見えにくいですが、町を築く場所は川のそばか、山と平地の境い目が良いらしいことが読み取れる。

DSC00925_20170531003956771.jpg
昨日行ったブレッド湖の絵があった!

DSC00886_201705310034556a6.jpg
全く同じアングルで写真撮ってた!

DSC00927_2017053100402250d.jpg

DSC00926_20170531011607e7f.jpg
ここの美術館はすごく好きでした。

DSC00932_20170531004028408.jpg
あと、せっかくヨーロッパにいるので、たくさん芸術に触れておきたいなと思っていて、ヨーロッパを出るまでにクラシックのコンサートと、バレエを観てみたいなと思っているんですが、今のところ叶わず。

DSC00930_20170531004025dac.jpg
調べたら今晩オペラの公演があったんですが、ストーリーのあるものは言葉がわからなければちゃんと楽しめないし、あと時間も夜7時半から10時までと遅かったので断念しました。

DSC00955_2017053100463155a.jpg
心にぽっかり穴が開いたとか、心が抜け落ちたみたいなことが言いたいのかな。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年06月 04日05:44 スロベニア

シェンゲン圏脱出に向けて

2017年5月31日
スロベニア2

DSC00964_20170602055116cf5.jpg
書くのも読むのもややこしい、スロベニアの首都リュブリャナを出発。
なかなか覚えられなくて、「リュブリャナ」って打つたびに地図を見て名前を確認していた。
ついでに「スロベニア」の国も「スロバキア」とごっちゃになりやすい。

DSC00962_20170602055115bd9.jpg
首都の中心地から1時間も走らずこんな田舎の景色が広がるところが素晴らしい。交通量の多い大きい道はできるだけ走りたくない。

DSC00965_2017060205511785b.jpg
ポルトガルから始まったヨーロッパのシェンゲン圏もここスロベニアでおしまい。なんとか90日の滞在期限をオーバーすることなく出られそう。6月5日が期限日なので。クロアチアには明日には入れる。

DSC00967_201706020551195ca.jpg
次の国クロアチア国境までは150kmもないくらいなので、今日できるだけ近づいて終わる。

DSC00971_201706020551285b3.jpg
ヨーロッパ全土でよく見かけたドイツの格安スーパー、リドル。
特に物価の高い北欧ではよくお世話になった。
これから東欧に入っていきますが、どこまでリドルは展開しているんだろう。

DSC00973_20170602055131c52.jpg
夕方。
雲が出てきたと思ったら雷まで鳴りだす。
風が無いので雨雲の動きが読みにくい。
ベンチでご飯を食べながら、様子見。

DSC00975_20170602055133d43.jpg
ちょっと逸れてくれたかなと思ったのもつかの間、急に雨に降られ近くで雷が鳴りだす。真上で雷が鳴った時はものすごい音と振動で、一瞬自分に落ちたかと思った。

DSC00979_2017060205541687d.jpg
急いで町に戻り、材木置き場みたいなところがあったので、今日はここでテントを張らせてもらう。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

2017年06月 05日05:04 スロベニア

意外と手こずったシェンゲン圏からの出国

2017年6月1日
スロベニア3

DSC00984_20170602055418ca6.jpg
日本的な田舎の風景の中を走る。
クロアチア国境まではあと30km程。

DSC00988_20170602055934708.jpg
ヨーロッパには「シェンゲン協定」っていう、国間の移動でいちいちパスポートの確認をするのを辞めようっていう決まりがある。これまではずっとシェンゲン圏を走っていたため、国を移ってもパスポートのチェックはなかった。
次のクロアチアからは、シェンゲン圏外になるので、出入国の際にパスポートチェックが入る。

DSC00991_20170602055936b8f.jpg
午前中の内に、クロアチア国境到着。
しかしなんと、「ここは地元民のための国境だから出国スタンプは押せない」と、謎の展開。
国境でそんなこと初めて言われた。そこまで小さな国境でもないのに。

DSC00992_20170602055938c26.jpg
クロアチアへは近くの町から電車で行きなさいと言われ、Dobovaという町の駅に来た。
なんで国境を越えるためにわざわざ電車に乗らないといけないんだ。
しかも来てみたら、夕方まで電車が無いって言うし。
さらに国境を越えたすぐの町じゃなく、国境から30kmくらい先の首都行きの電車しかない。
首都までは自転車代込みで10ユーロ。
乗りたくもない電車に乗るために10ユーロ払うのもな~って感じ。
10ユーロあればスーパーでどれだけごちそうが買えるか。

DSC00993_201706020559391ca.jpg
地図を見ると、ここから15kmのところにもう一つ自転車で通れる国境があった。
試しにそっちに行ってみて、ダメなら電車に乗ることにする。

DSC00994_20170602055941f1d.jpg
到着。
規模はさっきのとこと全く一緒くらい。
少し嫌な予感がする。
そして僕が日本のパスポートを出すと、係りの人が一瞬固まる。
さらに嫌な予感が増す。
やっぱりここも地元民専用みたいなところらしい。サイクリストはどこから出国すればいいんだ。
しかし、上司に掛け合ってくれて、10分くらい待たされたのちに、「特別大サービスやで」みたいな感じで無事スタンプゲット。よかったー。

DSC00995_20170602060600861.jpg
クロアチア入国。

そういえばポルトガルから続けてきた「世界一周ブログランキング」ですが、今日でシェンゲン圏も終わりということで、キリの良いタイミングで終わろうかなと思います。本当は1ヶ月くらいでやめようと思っていたんですが、最終的に3か月近く続けていた。

最後にざっと結果を書いておくと、毎日20人くらいの方にクリックしていただいていました。このブログの閲覧者数が今現在で200~300人の間なので、だいたい10人に1人くらいの方が押してくださっていたことになります。どうもありがとうございました。

DSC00996_201706020606016df.jpg
国境から30kmくらい走って、首都ザグレブに到着。
ランキングでは大体10~7位くらいを行ったり来たりという感じでした。始める前は10位以内くらいに行ければいいなと思っていたので、まあ一応満足のいく結果に終わることができました。

DSC01042_20170604205917775.jpg
野宿できない大きな町なので、例によってウォームシャワーで泊めてもらう。
もう今日で最後なので、せっかくだしみなさん良ければ下の「世界一周」のバナーをクリックしていってください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2017年06月 06日05:04 スロベニア

クロアチアの首都ザグレブを観光

2017年6月2日
クロアチア1

DSC00998_20170603015504c2e.jpg
出発するか迷ったんですが、せっかくの首都なので、今日1日はザグレブを観光していきます。

DSC01012_201706030155075d9.jpg
いかにも「ヨーロッパの旧市街」って感じの街並み。
隣のスロベニアの首都とはまた違った雰囲気。

DSC00999_201706030155064ca.jpg
この辺りは旧ユーゴスラビアと呼ばれる地域。
元々あったユーゴスラビアが解体されて独立した国々なので、言語に関してはかなり近いらしい。
ヨーロッパとかって近隣の国同士で似通った言語があるから羨ましい。日本語ってどこの国とも似てないし、当然日本でしか使えないし。

旧ユーゴスラビア
これらの国が、もともとユーゴスラビアだったところ。

DSC01018_20170603015518a7f.jpg
「聖母被昇天大聖堂」っていうかっこいい名前の大聖堂。
技名っぽく叫びたくなる名前。

DSC01021_201706030155202a2.jpg
市場があった。
今の時期、アメリカンチェリーがシーズンらしく、木になっているのも見かける。
値段は1kgでだいたい10~30クーナ(約170~500円)。
値段に幅があるので、違いを聞くと「大きさ」だという。
実の大きさってそんなに大事なのか。

DSC01040_20170603015546e72.jpg
隣に通っているのは世界一短いケーブルカーらしい。
距離は数十mくらい。
まあつまりは有料のエスカレーターのようなもの。

DSC01038_20170603015543cbd.jpg
『Museum of Broken Relationships(失恋博物館)』ってとこ。
珍しいなって思い来てみた。
色んな人の失恋の思い出の品を集めてそれを展示しているらしい。

DSC01027_20170603015530e00.jpg
日本語での解説(失恋のエピソード)が載ったパンフレットを借りられる。
失恋のエピソードと言っても、別に有名人のとかでもなく、ほんとに一般人の失恋の話。
思い出の供養も兼ねて、世界中から失恋のエピソードとそれにまつわる品物が博物館に送るられてくるらしい。

DSC01035_2017060301553625f.jpg
最初は全然知らない人の失恋のエピソードとそれにまつわる品を見ても……って思っていたんですが、何だかんだで結構面白かったです。微笑ましいエピソードから、確かにこれは供養してもらった方が良いなっていうパンチの効いたエピソードまでいろいろあって。

DSC01028_20170603015532bf7.jpg
時には『カードキャプターさくら』の絵が思い出の品となることもあるのです。
ちなみに日本人が送ったものではないです。

DSC01032_2017060301553559f.jpg
オリーブの種にまつわる話。
めっちゃ長かった割に、オリーブの種は全然キーアイテムじゃないっていう。

DSC01025_20170603015524b84.jpg
わりと長居して楽しみました。
日本人の物が無かったので、我こそはという方はぜひ送ってみてください。

DSC01022_2017060301552290c.jpg
そんな感じのザグレブ観光。
もうぼちぼちイタリアの山岳を走った際のダメージも抜けてきているので、また明日から頑張ります。

2017年06月 07日05:33 クロアチア

今後のルートを考えながら

2017年6月3日
クロアチア1
クロアチアの首都ザグレブを出発。
この先は東に進み、セルビアを目指します。
セルビアとか、ボスニア・ヘルツェゴビナとか徐々にヤバそうな雰囲気の国が登場してきますが、一応まだしばらくは大丈夫っぽい。東欧を抜けて、中東のトルコくらいまではたぶん大丈夫で、それ以降辺りからちょっと怪しくなってくる。

DSC01044_20170604205920309.jpg
クロアチアではアドリア海沿いを南下するのがサイクリストの定番コースで、『紅の豚』とか『魔女の宅急便』とかの舞台となった町もある。ずっと行きたいと思っていた場所なんですが、今回はパス。
時間の関係で先を急ぎます。

DSC01047_20170604205922ab7.jpg
ヨーロッパを抜けつつある今、ユーラシア大陸の楽しみは中央アジア。

中央アジア
中央アジアってどこ? って話ですが、「なんちゃらスタン」って言う国が集まっている辺り。
中央アジアにはパミール高原っていうサイクリストの聖地的な場所があり、走りたいなって思っている。ただ4000m以上の高地を走ることになるので、急いで向かわないと秋に入ると寒くなってくる。

DSC01048_20170604205923a04.jpg
お昼に着いた町で休憩。
銀マットを敷いて影でお昼ご飯。

DSC01050_20170604205929ed4.jpg
そういえば、ウォームシャワーのホストの方に聞いてびっくりしたんですが、クロアチアでは野宿していて警察に見つかると、罰金を取られるらしい。

DSC01055_20170604205931143.jpg

ルート
なので早々にクロアチアから南のボスニア・ヘルツェゴビナに入り、そこからセルビアに行こうと思ったんですが、クロアチアでも人の家にお願いしたら庭にテント張らせてもらえるよと言うので、やっぱりクロアチア北部を東に進むことにした。
ここはずっと平坦らしいので。

DSC01052_20170604205930003.jpg
今日の目的の町まで48km。
アルファベットの表記が微妙に違う。
読み方も違うのかな。

DSC01058_20170604205933f13.jpg
ヨーロッパでは常備していて、ほぼ毎食食べている赤ビーツ。
クロアチアに入ってスーパーの品ぞろえが充実したなと思っていたんですが、クロアチアの名産品なのかもしれない。算数の問題に使われるくらいだし。
ちなみに毎食食べているのは美味しいからではなく、健康のために。
特に持久系の運動をする際に、赤ビーツは良いらしいです。

DSC01059_201706042059344bf.jpg
前方に分厚い雲。
ここ数日、毎晩夜に雷雨になるからちょっと心配。

DSC01061_20170604205955969.jpg
夕方、目的の町に到着。
スーパーで買い物をしたのちに、郊外へ出つつ、テントを張らせてもらう家を探す。

DSC01062_20170604205957510.jpg
通りかかったおうちの庭にちょっと年配のおじさんがいたので、お願いをしてみる。
英語は一切通じず、身振り手振りで「テントを張らせてください」とお願いをする。
同じようなことをアフリカでもよくしたけれど、端から見たら完全にジェスチャーゲームで、なかなか滑稽な姿だと思います。
残念ながら僕の気迫のジェスチャーは全く通じなかったんですが、別の町に住んでいる英語の話せる息子さんに電話を繋いでもらえた。

DSC01069_2017060421024955b.jpg
そしたらなんと、ベッドが余ってるからと言うことで、部屋に泊めてもらえる展開に。
なんとありがたい。

DSC01063_20170604205958cf0.jpg
サクランボも山ほど頂く。
密かに口の中でサクランボの茎を結ぶのを特技としている僕。
試しに何度かタイムを計ったら最速で5秒だった。

DSC01067_201706042102480c5.jpg
お酒も頂く。
クルミから作ったお酒らしい。甘くてすごく美味しい。
涼しい風が吹くテラスでちびちびと飲みながら、そういえば日本って果物を加工して長期保存する文化ってあまりないなって思った。

2017年06月 08日05:09 クロアチア

結局好意に甘える

2017年6月4日
クロアチア2

DSC01072_201706062035599f5.jpg
お世話になったご夫婦のおうちを出発。
全く英語が通じないので、会話は基本的にお互い母国語で話していた。
お昼ごはん用にご飯を炊きたいからキッチンを使わせてほしい時も、「これ、タッパに詰めて、あとで、食べたいから……いや今食べるんじゃなくて、ランチ! フォーランチ!」みたいな感じ。
頑張ってジェスチャーを交えて意思の疎通を図っていた。

DSC01075_20170606203559355.jpg
ただこういう不自由も全然苦痛ではなく、逆に僕も英語が話せないので引け目を感じなくて済むし、なんかゲーム感覚で楽しいのから良いなって思った。

DSC01073_201706062036008d8.jpg
緑が多くて、ずいぶん暑くなってきた。
もうすっかり夏。
ただこの先、さらに暑い時期に、さらに暑い地域を走らないといけないのが憂鬱。

ロシア
本当はこの先ロシアを通りたいんですが、ロシア入国にはビザを取得しなくてはならず、そしてロシアのビザは取るのが難しいという話で、たぶん暑いモロッコ~イランを通ることになると思う。
ロシアは行く人が少ないから、ビザに関する情報も少ない。

DSC01079_20170606203613a26.jpg
お昼に着いた町で休憩中に夕立。
ただすぐに止んでくれた。

DSC01083_2017060620361431d.jpg
さらに進んで夕方、小さな町に到着。
クロアチアでは野宿をすると罰金を取られるという話なので、昨日と同じく、今日も人の家に頼んでテントを張らせてもらえないか交渉。
ただ昨日は厚かましくベッドの用意をしてもらい家の中に泊めてもらったので、今日は万が一、そういうことを言われても、テントを張らせもらうつもり。特別お返しができるわけでもないし、あまり人の好意に甘え続けていても申し訳ない気持ちになる。
敷地のゲートが開いていて、庭に人の姿が見えたので突撃。
で、そこからいろいろあって……






DSC01086_201706062036201c7.jpg
無事アパートに到着。

DSC01084_20170606203622ba1.jpg
ここは左のご夫婦のアパート。
気が付いたら、僕がアパートの鍵を預かり、彼らはそれぞれの実家に帰って寝るっていう謎の展開になってた。なぜか彼らのアパートに一人取り残される僕。

交渉のために突撃した家の庭ではホームパーティが開かれていて、僕が庭でテントを張らせてもらえないかとお願いをしたところ、そこにいた男性に「僕のアパートが今リフォーム中なんだけど、そこに泊めて上げれるよ。ベッドもあるし、シャワーも使えるよ」と。
できればキャンプがしたいという旨を伝えるも、「ノーキャンプ。ユースリープ、マイアパートメント」とぴしゃり。すでにかなり飲んでいたらしく、全く聞く耳持たずという感じでした。

さらになぜか彼の勤めている会社の社名が入ったポロシャツまで頂いた。
さすがに申し訳なくて、なぜかカバンの奥底に眠っていた日本の千円札を、せめてものお礼として渡した。一応お金だし、まあ記念にもなるかなと思って。
そんなわけで今日もご好意に甘えるのでした。

2017年06月 09日05:52 クロアチア

セルビアへ

2017年6月5日
クロアチア3
昨日は、町で出会ったマッデンのアパートに一人で泊めてもらっていました。

DSC01087_2017060620363893b.jpg
朝、彼のオフィスに鍵を返しに行く。
彼は英語が得意ではなく、あまり理解できていなかったんですが、彼は120年続く建設会社の社長さんだったらしい。昨日の陽気に酔っぱらっている姿からは想像できなかったけれど。
今日の朝一に大きな仕事が決まるかもしれないというところだったらしく、少しピリピリした雰囲気。すごいギャップ。

DSC01169_20170608212053d5c.jpg
さらにここで「ツールドクロアチア」のTシャツまで頂きました。
道路に看板が出ていたので、レースの存在は知っていた。
聞くとレースは先月行われたところらしく、まだ今年で開催2回目らしい。
彼の会社も出資しているらしく、そんな関係でTシャツを持ってたらしい。
最近Tシャツを干したまま忘れてきてしまい1枚無くしたところだったので、正直Tシャツはめっちゃうれしかった。

DSC01089_201706062036394f7.jpg
実は同い年(31歳)。
かたや会社の社長さんで奥さんもいるのに、僕は一体何をしているんだと思わないでもないけれど、まあ深くは考えないようにする。

DSC01094_20170606203641c47.jpg
今日、クロアチアからセルビアに入国予定。
国境まではあと100kmを切るくらい。

DSC01097_20170606203644f96.jpg
お昼に着いたオシイェクという町。
そんなに大きくはないけれど、きれいな街でした。

DSC01095_201706062036420d4.jpg
ちゃちゃっとご飯を食べたら、カフェのwifiでこの先の道を調べていく。

DSC01099_20170606203705088.jpg
お昼休憩を挟んで出発。
まだ6月なのにこの暑さっていうのが、ほんと先が思いやられる。
雨がちょくちょく降るからか湿度も感じる。

DSC01102_20170606203707f17.jpg
「ユーロヴェロ」っていうヨーロッパ全土に張り巡らされているサイクリングロードの看板。
いつの間にルートに合流していた。これは6番のコース。「ブラックシー」って書いてあるから黒海まで行くっぽい。やっぱり黒いのかな。

DSC01103.jpg
夕方、セルビア国境に到着。
手続きはパスポートを渡してスタンプを押されて終わり。
記入用紙や質問なども一切なし。
国境では別れ際の「サンキュー」しか言ってないし。

DSC01107_2017060620371081b.jpg
クロアチア、セルビアの国境を流れるドナウ川。
この川も黒海まで流れているらしい。

DSC01110_20170606203726957.jpg
川を渡ってセルビア入国。

DSC01112_20170606203727fd5.jpg
急に看板の文字が読めなくなった。
上がセルビア語で、下が英語ってことなんだと思う。

DSC01115_20170606203729246.jpg
そういえばセルビアの通貨のレートを調べてくるの忘れた。
ATMでいくらくらい降ろせばいいんだ。

DSC01114_20170606203728263.jpg
ガソリンの値段を見る限り、限りなく日本円と近そうな予感はする。

DSC01116_20170606203731d8f.jpg
今日は畑の隅っこをお借りしてキャンプ。
久しぶりにテントで寝る気がする。

2017年06月 10日05:01 クロアチア

PageTopNext>>

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート