FC2ブログ
◇記事一覧
<<前のページへ | |次のページへ>>

あれよあれよと

2017年8月4日
中央アジア(キルギス)2

P_20170804_074415.jpg
南米で出会ったバックパッカーが現在、首都ビシュケクにある日本人宿に滞在中で、連絡を取ると僕のことを待つために少し滞在を伸ばしてくれていたそうだった。
ただ僕は体調を崩してしまっていたので、延長した出発日にすら間に合わなさそう。

P_20170804_075155.jpg
2泊テントを張らせてもらっていたお宅でパンとチャイの朝ごはんを頂いていく。
昨夜の晩御飯も全く同じパンとチャイだけのメニューだった。
1日30品目の食品を取ることが健康に良いって言われてますが、そんな豊かな食事が可能になったのは、数百万年に渡る人類の歴史においてもここ数十年の先進国に限った話でしょう。恐らくこれまでの人類史の大半は毎日全く同じ数品目を食べ続けていたことだと思う。
人類は数百万年に渡って間違った食生活を送ってきたのか。
発展途上国だと今でもそういう食事が行われている地域は多い。全く同じものを朝昼晩、365日食べ続けているような感じのところとか。

P_20170804_082935.jpg
橋を渡って幹線道路に復帰。
この先にタクシー乗り場があるらしい。
タクシーに乗ると今日中に首都ビシュケクに行けるらしい。

P_20170804_083023.jpg
ただ今日は珍しく一面の曇り空。
追い風まで吹いて超スーパーサイクリング日和。
一応、タクシー乗り場でビシュケクまでの値段だけ聞いてみる。

P_20170804_084724.jpg
そしたら自転車を車の上に乗せられる。

P_20170804_175657.jpg
気が付いたらビシュケクにいました。
ビシュケクの日本人宿に滞在中の亮平氏は僕が海外で出会った中でも特に仲良くなった旅行者の一人だった。登山とKOF(格闘ゲーム)の絆は深い。

正直言ってもう体調は全く問題なかったし、天候等のコンディションもばっちりだった。それでも再会したくて来てしまった。帰国時期が同じくらいの予定なので、日本でも全然会えたんですけど、せっかくだったら海外で再会したい。
中央アジアではもう走るべきところは走ったからと何度も言い聞かせての車移動。

P_20170804_222845.jpg
やけに言い訳がましい内容になっていますが、一番は自分に対する言い訳でしょう。
車移動を正当化するための。

2017年08月 11日05:50 キルギス

南旅館の再会

2017年8月5日
中央アジア(キルギス)3
キルギスの首都ビシュケクに滞在中。

P_20170805_101451.jpg
ビシュケクには3つ日本人宿があり、その中の一つ、南旅館(地図)に泊まっています。
ただ南旅館はアパートの一室を宿として利用しているので割と狭い。
泊れるのは4人部屋のドミトリー(相部屋)が2部屋だけ。
ベランダの自転車を置くスペースが狭く、4階まで持って上るのがめんどくさいので、サイクリストはあまり南旅館には泊まらない。
僕は南米で仲良くなったバックパッカーの亮平氏がここに泊まっていたので、ここにやってきた。

またあの頃のようにKOF(格闘ゲーム)で熱くなることは無かったけれど、それでも亮平氏との再会は思ったよりもテンションが上がったし、一緒に過ごせたのは今日1日だけなんですけど楽しかったです。

P_20170805_212122.jpg
また同じくらいの時期に帰国することになるので、日本での再会を楽しみに帰りたいと思います。

2017年08月 13日04:58 キルギス

中南米を思い出す

2017年8月6日、7日
中央アジア(キルギス)3
キルギスの首都ビシュケクに滞在中。
泊まっているのは日本人宿の南旅館。

P_20170806_164038.jpg
1日を振り返ってしたことと言えば、ケーキを買いに行ったことくらい、っていうくらいだらけた生活を久しぶりに送る。中南米の日本人宿に泊まっていた時はいつもこんな感じだったなと思い出す。今思うとなんで中南米の日本人宿では毎度毎度あんなに長居していたんだろうって不思議に思います。

P_20170807_213811.jpg
南旅館では日本人の管理人さんが毎日美味しいご飯を作ってくれる。
材料費をみんなで割るだけなので、毎食100円くらいでご飯がお腹いっぱい食べられる。
唯一残念なところは晩御飯が夜9時過ぎから始まること。
晩ご飯の時間が早ければ完璧なのに。

2017年08月 14日05:51 キルギス

アラクル湖へのショートトリップ(1/4)

2017年8月8日
アラクル湖1
ビシュケクの日本人宿、南旅館に滞在中。
ビシュケクから東に数百km。キルギス東部にアラクル湖っていうそれはそれはきれいな湖があるらしい。トレッキングスポットとして有名らしく、同じ宿に滞在中の39歳女性バックパッカーと一緒に行ってきた。ビシュケクに戻ってくるまでは3泊4日の行程。

DSC02167_201708121046148fc.jpg
今日はとりあえずビシュケクからボコンバエバという町にミニバスで向かいます。
ボコンバエバは大きなイシククル湖の南側にある。
イシククル湖沿いの道は北側がメインロードらしく、南を通るバスは少ない。
バスがいっぱいにならないと出発しないのでここでいきなり2時間待たされる。
早起きしてバス停に向かった意味なし。
2時間待たされ、さらにバスで4時間の移動。
運賃は350ソム(約550円)。

DSC02196.jpg
4時間バスに揺られてボコンバエバに到着。疲れた。
今日はここから8km先のトン村のユルタ(遊牧民のテント)に泊まる予定なんですが、このCBTっていうオフィスで予約しなければならないらしい。その後トン村へ。

DSC02170_201708121046175b2.jpg
たった8km先のトン村までのタクシー代に250ソム(約400円)払うののをケチって、ここはヒッチハイク。親切な青年が乗せてくれたので良かった。

DSC02171.jpg
トン村に着いたはいいものの、いくつかユルタ(遊牧民のテント)のキャンプ場があり、僕たちが予約したキャンプ場はどこなのかちょっと迷った。CBTで予約したのは『Bel-Tam』っていうところでした。(地図)

DSC02172_20170812104620159.jpg
到着。
湖沿いのとてもロケーションの良いキャンプ場でした。
このユルタっていうモンゴルとかにありそうなテントはタジキスタンからよく見掛けている。
泊まるのは初めて。

DSC02183_201708121046245ea.jpg
疑問なのは、わざわざボコンバエバでユルタの予約をする必要があったのかということ。予約時にはパスポート番号を控えるどころか僕たちの名前すら聞かれなかった。そして予約をするのはユルタのキャンプ場に行く直前なので、そもそもあまり予約する意味が無い。飛び込みでトン村に向かっても全く問題ないと思う。トン村にはユルタのキャンプ場がたくさんあるので、どこにも泊まれないっていうことはないだろうし。ビシュケクからのミニバスをボコンバエバで降りずにその先のトン村で降りれば、タクシーなりヒッチハイクでの移動の手間も省ける。

DSC02173_20170812104621936.jpg
イシククル湖。
世界で2番目の透明度らしい。
ちょっと水が冷たいけれど泳ぐこともできる。
写真で見ると透明度は高そうなんですけど、実際に泳ぐと意外とそうでもなかった。
世界2位の透明度っていう情報を知っているとハードルが上がっちゃうので、知らずに行くことをおすすめします。

P8080099.jpg
水の冷たさに顔を歪める僕。

DSC02188_20170812104627ec8.jpg
欧米人旅行者が多く、ちょっとツーリスティックではあるものの、のどかな雰囲気がとても良かった。

DSC02189_20170812104629cba.jpg
夕陽は沈み切った後の方が、空が赤く染まってきれいっていうことを覚えておくと、少しだけ旅が豊かになることがあるかもしれない。

2017年08月 15日05:15 キルギス

アラクル湖へのショートトリップ(2/4)

2017年8月9日
アラクル湖2
日本人旅行者と共にアラクル湖トレッキングへお出かけ中。

DSC02193_201708121046306be.jpg
イシククル湖の朝焼け。
ユルタ(遊牧民のテント)泊は朝ごはん付きで800ソム(約1260円)でした。
やっぱりツーリスト向けの施設なので、すこし値段が高い。
晩ご飯を付けるとさらに高くなるので、僕たちは事前にスーパーで食料を買ってきていた。

DSC02194_201708121046321d8.jpg
ここからカラコルという大きな町に向かうんですが、朝6時にタクシーを呼んでもらって一旦ボコンバエバの町に戻ることにした。ただ完全に町はまだ眠ったまま。さらにカラコル行きのミニバスは8時か10時くらいにならないよと教えてもらう。
だったらヒッチハイクを試みようと幹線道路に向かう。

DSC02197_20170812104635d94.jpg
そしたら運良く、カラコル行きのミニバスが通りかかる。
ラッキー。
結局バスが何時から出始めるのかは謎のまま。

DSC02198_20170812104636d59.jpg
カラコルに到着。
ここが最後のまともな補給地点なので、トレッキング中の携帯食等を買い出し。
今日も15kmくらいの道のりを歩かないといけないので、できるだけ早くカラコルにたどり着きたかった。スムーズに到着できてよかった。

DSC02200_20170812104638603.jpg
カラコルのメインバザール(市場)近くのバスターミナルから350番のミニバスに乗って登山口に向かう。
乗車時間は30分。料金は30ソム(約50円)。

DSC02203_20170812115417520.jpg
で、登山口。
ここからようやくトレッキングがスタート。
今日の目的地、アルティンアラシャンっていう村までは15kmの道のり。

DSC02206_20170812115420415.jpg
川沿いに道を進む。
登山者も多い。
詳しくは知らないんですけど、向かっているアラコル湖がキルギス観光の目玉っぽいという話。

DSC02213.jpg
度々、羊の群れが通る。

DSC02212_20170812115422600.jpg

DSC02215_2017081211542516a.jpg
今日トレッキング中に撮った写真を見返すと、半分くらいが羊の写真でした。

DSC02216_201708121154264aa.jpg
こんなに自然の豊かな山も久しぶりに見る気がする。
草木の生えない山々の景色が多かったので。

DSC02218_20170812115428c9e.jpg
15kmの道のりを4時間半くらい掛けて歩き、アルティンアラシャンが見えてきた。
遠かった。

P8090154.jpg
村にはいくつかのゲストハウスやユルタ(遊牧民のテント)がある。
いくつかのゲストハウスに訊いて回った感じ、値段はどこも大差無さそう。
僕たちは村一番手前の一番きれいな感じのゲストハウスに泊まることにした。

DSC02221_20170812115429ce7.jpg
朝晩2食付きで900ソム(約1420円)。

P8090157.jpg
こういう「外国の都市まで何千km」みたいな看板、観光地でたまに見るけれど、手書きのって初めて見た。

DSC02223_201708121154319d8.jpg
実はアルティンアラシャンは温泉地でもあり、村から少し歩いたところに無料の露天風呂があるとのことなので行ってみた。

DSC02225_201708121154320f2.jpg
まさかこんなところには無いやろうし、道間違えたのかなぁと向かった先にその露天風呂はあった。中央ちょっと右の小さい石が積みあがってるやつが温泉。

DSC02227_20170812115434216.jpg
そして入ってみるも、ほとんどお湯が循環しておらず、お湯は汚いし、ゴミは浮いているし、温度はぬるいしで、これまでに入った温泉の中では一番ひどかった。
来る価値があるとすれば、すぐ目の前が渓流っていうロケーションくらい。

2017年08月 16日05:17 キルギス

アラクル湖へのショートトリップ(3/4)

2017年8月10日
アラクル湖3
現在位置はアルティンアラシャン村。
今日、最終目的地のアラクル湖までトレッキングで向かう。

DSC02229_201708121236372b0.jpg
泊まっている宿にお願いをして、朝6時にご飯を用意してもらう。
ご飯を食べて6時45分に宿を出発。

DSC02230_201708121236350ba.jpg
アラコル湖までは片道11kmの道のり。
高低差は1400mにもなる。
その行程を行って帰ってこないといけないので結構ハード。
最後の最後には崖のような急斜面も登場するらしい。
ただその崖の手前までなら馬に乗って行くこともできる。
値段はガイド代込みで2000~3000ソム(3000~5000円くらい)
僕たちは徒歩。
同行者のまみさんはかなり悩んでいたけれど。

DSC02233_2017081212364490d.jpg
アルティンアラシャンは標高2600m程度でそこまで高くはないんですが、朝はかなり冷え込んだ。5℃かもうちょいくらい。

DSC02234.jpg
ただ傾斜もそこそこ急なので、身体はわりとすぐに温まる。

DSC02237_20170812123706df6.jpg
川沿いに登っていく。

DSC02238_20170812123706420.jpg
こういう不安定な岩場とか歩くの好き。

DSC02239_20170812124013221.jpg
川を越えないといけない。
狭いところでギリギリジャンプして届く距離。
こういうとき思い切ってジャンプして越えるか、靴を脱いで安全に渡るか迷う。

DSC02240_201708121237054ad.jpg
たまにキャンプ地がある。
あと普通に草むらでテントを張っているトレッカーの姿もちょくちょく見かける。

DSC02241_20170812123705f7b.jpg
このトレッキングルートは、僕たちみたいに旅行ついでに思い付きでやってくる人は少なく、装備をきちんと整えた本気のトレッカーが多い。

DSC02242.jpg
そういう人たちはアラクル湖のキャンプ場でも1泊して、翌日下山するゆとりのある日程でトレッキングをしている。アルティンアラシャンからアラクル湖の往復はちょっと無茶な行程らしく、日本人バックパッカーくらいしか行かないらしい。確かに結構大変。

DSC02243_20170812141753c21.jpg
真ん中ちょっと左の山の稜線辺りがゴール。

DSC02244_20170812141755357.jpg
景色が良いです。

DSC02247_20170812141756b5e.jpg
峠の数百m手前から、崖ゾーンが始まる。

DSC02251.jpg
上りが苦手でぐったりしているまみさん。

DSC02252_20170812141759eea.jpg
この崖ゾーンは傾斜が60度くらいあるらしい。
傾斜がきつい上に地面がボロボロ崩れる。
手足を使って這うように登るも、砂が崩れるだけで全然進まない。
アリ地獄に落ちた気分。

DSC02253_2017081214180171b.jpg

DSC02254_2017081214180395d.jpg
何が一番恐ろしいって滑落してしまうことではなく、大きな石を落としてしまって、下の人をケガさせてしまうかもしれないこと。実際一回人に当てちゃったし。上っていると絶対に石を落としてしまうので、下に人がいる時は、石が止まってくれることを祈るしかない。

DSC02262_2017081214181008b.jpg
素晴らしく良い景色。

DSC02257.jpg
あそこの淵がゴール。

P8100179.jpg
とうちゃくー。
山の反対側がアラコル湖。

DSC02259_201708121418070ad.jpg
アルティンアラシャンを出発して、6時間くらい掛かっての到着。
曇り空だし写真ではそこまでですけど、死ぬほど良い景色だと思った。
ただここで雨に降られ、ゆっくりすることなく急いで下りる。

DSC02267_201708121418126d4.jpg
崖ゾーンを降りたところで天気が回復したので、お昼ご飯。
そして頂上で起こしてもらえず、アラコル湖を見ることができなくて、悲しそうなピーター。

DSC02271_20170812141815435.jpg
その後、また11kmの道のりを下り、アルティンアラシャンまで戻ります。
上りはスローペースだったのに、下りはびっくりするくらい速いまみ氏。

DSC02269_20170812141813e1a.jpg
下りは足が痛くなるので嫌い。

DSC02272_20170812141816871.jpg

DSC02273_20170812141818efd.jpg
雨に降られながらも、下りは3時間くらいでゴール。
めっっっちゃ疲れた。
往復で9時間半くらい。

DSC02274_201708121418198a7.jpg
アルティンアラシャンに帰った後は露天風呂へ。
この時、土砂降りで個室は雨漏りするくらいだったんですが、温度も熱々で死ぬほど気持ち良かった。
明日は首都ビシュケクまで戻ります。

2017年08月 17日05:19 キルギス

アラクル湖へのショートトリップ(4/4)

2017年8月11日
アラクル湖4
3泊4日のショートトリップ最終日。
首都ビシュケクまで帰ります。

DSC02277_201708122204064b2.jpg
足がめっちゃ筋肉痛。
さらに昨日は結構雨が降ったので地面がぬかるんでいる。
雨の少ない国の、特に雨の少ないシーズンにも関わらず雨に降られたり、なかなかしんどいトレッキングでした。

DSC02278_20170812220407070.jpg
ただ、それでも来てよかったと思えたことがよかった。

DSC02279.jpg
こういう素晴らしいトレッキングを経験すると、やはり自転車旅の限界を感じたりします。
見える景色が違いすぎる。
所詮、自転車旅は道路を走るだけですから。
それでも僕は自転車旅が好きなんですけど。

DSC02283_20170812220412763.jpg
帰り道にも羊。
日本人旅行者と一緒に観光をしていて感じたメリットがあって、まずいつもより社交的になる。僕は普段、言葉の通じない現地の人とそんなに積極的に関わろうとする方ではないんですが、日本人と一緒にいるとなぜか僕も喋ろうかなという気持ちになる。
もう一点はイライラしにくくなること。やっぱりムカつく出来事も他の人と一緒に受けるとイライラは分散されるのか、あまり腹が立たない。隣に人がいるところであまりイライラした態度を取るのもどうかという自制心も働くんでしょう。

DSC02280_20170812220410750.jpg
あと、初めて会った人と、こうして数日間ずっと行動を共にするっていうシチュエーションも日本で暮らしていたらまずありえないことなので、それもまた貴重な経験だったかなと思うところです。
ともかく、連れてきてくれたまみさんに感謝です。

DSC02284_20170812220414c41.jpg
登山口まで戻ってきました。
帰りも雨に降られたりしたんですが、アルティンアラシャンからは4時間弱くらいで歩いてこれた。疲れた。
ここから340番のローカルバスでカラコルまで。

DSC02285_20170812220415e6e.jpg
カラコルでお昼ご飯を食べて、長距離バスでビシュケクまで。
ほんとクタクタだし足が痛い。
ただそれでもやっぱり来てよかった。

2017年08月 18日05:28 キルギス

最後に遊ぶ

2017年8月12日
中央アジア(キルギス)3
キルギスの首都ビシュケクに滞在中。

DSC02286_20170812232450d3b.jpg
日本人宿の宿泊者たちと一緒に遊びに行く。

DSC02287_20170812232935a27.jpg
到着。
ゲームセンター兼ボーリング場。

DSC02303_20170812232457722.jpg
中央アジアの国々は中国の影響を強く受けているなと感じる。
色んなところで中国語を見かけるし。

DSC02307_201708122324590ca.jpg
と思ったら頭文字D。

DSC02294.jpg
4年ぶりくらいのボーリング。
アメリカのシアトルでやったぶり。

DSC02291_2017081223245299a.jpg
真剣なまなざしでレーンの向こうのピンを見つめる僕。
僕の中でボーリングは運ゲーという位置づけなんですが、この時は運が良かったので150点くらい取れた。普段はそんなに取れないはず。

DSC02299_20170812232454e2c.jpg
そのあとは『レーザータグ』っていうやつで遊ぶ。
レーザーガンでするサバイバルゲームみたいなやつ。
めっちゃ白熱した。
ビシュケクの日本人宿に滞在する人は何人か人を集めて来た方がいいと思います。

DSC02310_20170812232500bea.jpg
終わった後は汗びっしょり。
最後に思いっきり遊んでいい気分転換になりました。
もうこの世界一周も終盤。
日本に帰るまでの元気ももえたので、明日からまた頑張って自転車漕ぎます。

2017年08月 19日05:15 キルギス

次の国へ

2017年8月13日
中央アジア(キルギス)3

P_20170813_091221.jpg
ビシュケクの日本人宿『南旅館』を出発。
もうこの先、日本人と出会うことはほとんどない気がする。

P_20170813_110959.jpg
と言いつつ、南旅館を出発して向かうのは、もう一つの日本人宿『さくらゲストハウス』。
海外を走っている日本人サイクリストの間で情報交換を行うメーリングリストがあるんですが、今朝そのメーリングリストに投稿したサイクリストがビシュケクに滞在中だという。たぶんもういっこの日本人宿だろうと思い、少しお話できないかと会いに来た。

P_20170813_103116.jpg
会えました。
この人も割と長く海外を走っておられて、通算3,4年で5万kmくらいって言ってはったかな。
世界を周っている日本人サイクリストの中では中堅レベルくらいにあたる。僕なんかもこの中に含まれます。
大体10年くらいか、もしくは10万kmくらい走っていると、自転車旅行者業界でも一目置かれる感じになる気がする。まともな大人たちが一体何してるんだって話ですけど。
この方は僕とは反対の中国方面から来られたので、お互いのルートに関して少し情報交換をして、自転車旅トークを繰り広げて別れる。

P_20170813_121226.jpg
ビシュケクから20kmくらい走ったらもう国境。
次の国、カザフスタンに入る。

P_20170813_123310.jpg
特に問題なく出入国の手続きが終わりました。
車は厳しく荷物チェックを受けていたけれど、自転車はノーチェックで通過。

P_20170813_130306.jpg
ATMが近くに見つからなかったので、手持ちのアメリカドルから50ドル分両替。
カザフスタンの通貨のレートを調べてくるのを忘れていて、ATMだといくら下せばいいのかわからなかったので、ちょうどよかった。

P_20170813_132516.jpg
ここから200km先にアルマトイという大きな町がある。
ビシュケクからは240kmくらいなので、3日での到着を目指す。

P_20170813_135901.jpg
ただカザフスタンに入ってから向かい風が強まる。
トレッキングの筋肉痛も残っているし、寝不足で体力も落ちている。
自転車旅ってこんなにしんどかったっけ。

P_20170813_152828.jpg
潰れた商店の軒下で休憩。
めっちゃ眠い。
もうここで終わりたいけど、3日でアルマトイにたどり着くために頑張る。

P_20170813_153108.jpg
夕方の時点でまだ50kmしか走れていない。
今日は100kmは走るつもりだったのに。

P_20170813_165841.jpg
ギャグかなっていうレベルの向かい風をどうにかしてほしい。
辺りは一面荒野で風を凌ぐ場所も無いので、今日のキャンプが心配。
またテントが風で飛ばされそうで怖い。

P_20170813_175159.jpg
町とか村が一切ない荒野のど真ん中に、謎の何かが建っていたので、かろうじて風よけにしてテントを張る。
あまり風よけれてないですけど。

2017年08月 20日05:20 キルギス

向かい風の荒野を

2017年8月14日
カザフスタン1
ビシュケクから60km地点。

P_20170814_063124.jpg
ゆうべは一晩中、強風が吹き荒れて風がテントを揺らすバタバタ音であまり寝られなかった。せっかく寝不足解消のために夜8時半に寝たのに。
そして朝になっても風は止まず。

P_20170814_065832.jpg
いつもなら朝は無風で午後から風が強まりだすのに。
すごく困る。

P_20170814_074117.jpg
峠の頂上に風車。
ここは強風地帯なのか。
明日までに180km先のアルマトイまで行く予定なのに、もし今日も強風の向かい風が続いたらかなり厳しくなってくる。

P_20170814_092343.jpg
峠を下ったらしばらくほぼ平坦区間。
そして下ると風が弱まる。チャンス。

P_20170814_090721.jpg
しかしここでペダルが壊れるハプニング。
軸からペダルが抜けた。
少し気を使うけど、そこまで走りにくくなるわけではないので、たぶん大丈夫。
アルマトイまで行けば自転車屋もあるみたいだし。

P_20170814_110007.jpg
国境の町以降、町は無いわりに意外と補給ポイントは多い。

P_20170814_092330.jpg
一面荒野が続く。
昼前になって徐々にまた向かい風が強まってきた。
ほんと恐怖。

P_20170814_165324.jpg
そして夕方。
1日中、向かい風は吹き続けたんですが、昨日ほど強く吹くことはなく、結局140kmも走れた。
途中からきれいな(というか普通の)舗装路になってくれたことがでかかったな。

P_20170814_194251.jpg
アルマトイまではあと50kmほど。
明日の午前中には到着できるはず。

2017年08月 21日05:26 キルギス

<<PrevPageTopNext>>

 

カテゴリ

出発前 (49)
旅の計画 (3)
出発準備 (4)
持ち物 (34)
出発前 (8)
北米編 (145)
アラスカ (21)
カナダ (54)
アメリカ (70)
中米編 (167)
メキシコ (93)
ベリーズ (8)
グアテマラ (24)
エルサルバドル (6)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (7)
コスタリカ (13)
パナマ (14)
南米編 (204)
コロンビア (37)
エクアドル (18)
ペルー (46)
ボリビア (24)
アルゼンチン (12)
チリ (38)
アルゼンチン2 (29)
一時帰国 (12)
アフリカ (182)
エジプト (18)
スーダン (14)
エチオピア (29)
ケニア (11)
一時帰国2 (6)
ケニア2 (4)
タンザニア (29)
ザンビア (18)
ボツワナ (12)
ナミビア (30)
南アフリカ (11)
ヨーロッパ (86)
北欧 (48)
ドイツ (21)
ベルギー (1)
フランス (16)
西アフリカ (94)
モロッコ (67)
モーリタニア (16)
セネガル (11)
ヨーロッパ2 (108)
ポルトガル (9)
スペイン (26)
アンドラ (2)
フランス2 (22)
スイス (9)
オーストリア (3)
イタリア (12)
スロベニア (4)
クロアチア (4)
セルビア (10)
ブルガリア (7)
中東 (8)
トルコ (8)
アジア (142)
タジキスタン (28)
キルギス (18)
カザフスタン (4)
中国1 (12)
モンゴル (29)
中国2 (12)
韓国 (8)
日本 (31)
情報と雑談 (37)
学校見学 (9)
2010西日本一周 (33)

月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート