FC2ブログ
◇記事一覧
<<前のページへ | |次のページへ>>

『四大河川自転車道』走行開始

2017年10月15日
韓国1

DSC06636_20171016105147c38.jpg
今日から本格的に韓国縦断開始。
本当に韓国の街並みは日本とそっくり。
日本に帰った時の感動が薄れそう。

DSC06637_2017101610514908e.jpg
川沿いのサイクリングロードに到着。
日曜日なので、今日もサイクリストが多い。

DSC06638_20171016105150da1.jpg
結構な頻度でコンビニが登場する。
あとはメンテナンスをしてもらえる簡易自転車屋とか、水汲み場とか、トーレーニングの器具とか、休憩用ベンチとかそういうのが度々登場する。さすがにここまで充実しているのはソウル市街付近だけでしょうけど、それでもすごすぎる。

DSC06639_20171016105151afb.jpg
マラソン大会があるみたい。
この土日、町の至るところで催し物がやっている。
走っていると、いろんなところから韓国という国の豊かさを感じる。
人も変わって、みんな信号を守るし、クラクションもむやみに鳴らさないし。

DSC06640_20171016105153762.jpg
金持ちの住むエリアだけを豊かにすることは比較的貧しい国でも行われていることですが、韓国、少なくともソウルは町全体から豊かさを感じる。そもそも国を縦断するような大規模なサイクリングロードを作れることが豊かさの証明だし。
ヨーロッパと全く遜色ない。

DSC06647_201710161051573b3.jpg
日本も作れないんですかね。
とりあえず東京-大阪を繋ぐサイクリングロードだけでも作ってほしい。
もしくは九州一周、四国一周とか。

DSC06645_20171016105156517.jpg
ゴールの釜山までの道のりですが、今日から5日間で縦断し19日に釜山到着、20日のフェリーで帰国という感じ。20日のフェリーは夜行なので、最悪20日に釜山到着でも問題ない。
そして日本には21日の朝に博多着という感じ。
4年間旅行してきて、もう帰国まで1週間切ってるのか。

DSC06651.jpg
思ってなかったところでスタンプラリーのスタンプが登場する。
地図を見なおすと、一つ飛ばしていたみたい。
ショック……。
サイクリングロードは川沿いの一本だけではなくて、たくさんルートが枝分かれしているので、曲がらないといけないところを見逃していた。

DSC06652_20171016105201d55.jpg
この看板の左上のマークが釜山まで続くメインのサイクリングロードのマークみたい。
このサイクリングロード、正式名称は「四大河川自転車道」というらしい。4人の人みたいなのが4大河川を表してるとかそんな感じでしょう。

DSC06654_201710161052022e0.jpg
ソウルを出ると一気に自然が多くなる。

DSC06657_20171016105203235.jpg
ヨーロッパでもよくあった、古い線路をサイクリングロードとして活用しているパターン。日本もこういうことしてほしいな。

DSC06672_201710171032536cd.jpg
夕方、途中の休憩エリアでキャンプ。

2017年10月 20日05:51 韓国

韓国物価高すぎる問題

2017年10月16日
韓国2

DSC06674_2017101710325556d.jpg
曇り空の朝。
ちょっと気温も低め。
まあモンゴル、中国に比べると暖かくなったけど。

DSC06675_20171017103256d8e.jpg
川沿いを走っているときは平坦ですが、川沿いを外れると険しい山道になる。

DSC06677_201710171032577f2.jpg
今日もスタンプラリーを回りながら釜山を目指す。

DSC06678_20171017103259855.jpg
中はこんな感じ。

DSC06681_20171017103300480.jpg
カフェでネット休憩。
ラージサイズのコーヒーが4600ウォン(約460円)。
高い。

DSC06684_2017101710330279f.jpg
お昼なのでご飯を食べて行こうと思ったんですが、韓国だと安くても1食6000ウォン(約600円)くらいするみたい。中国の2倍だし、モンゴルと比べると3倍。
韓国でもヨーロッパと同じく3食米生活になりそう。

DSC06725.jpg
ただその米も高くて、ソウルで買ったものは1kgで400円もした。

DSC06689_20171017103306660.jpg
野菜や果物も異常に高く、また量り売りじゃなくて、日本と同じように1パックでいくらみたいな感じなので、量が多くて買いにくい。
こんなに物価の高い国は北欧やスイス以来だし、日本よりも高い気がする。

DSC06693_20171017103308733.jpg
右側の小さな看板が今走っているサイクリングロードの看板。
よそ見をしていたら見逃す。

DSC06695_201710171033117ee.jpg
夕方、大きな町でスタート地点から12個目のスタンプを押し、ついでに野宿用の水も確保。

DSC06698_20171017103312691.jpg
日が短くなってきているので、走れる時間は6時くらいまでが限界。

2017年10月 21日05:35 韓国

サイクリング日和

2017年10月17日
韓国3

DSC06701_2017101812314349c.jpg
朝起きると濃霧の中。
ただ日が昇るとすぐに晴れた。

DSC06703.jpg
仁川から始まったスタンプラリーの13個目のスタンプのある小さな町が温泉地らしく、足湯があった。
しかし僕が着いた時にお湯を張り始め、時間が掛かりそうなのでパス。

DSC06706_201710181231464f8.jpg
どちらにせよ足が届かない。

DSC06708.jpg
今日は晴れ。
晴れた日に、景色の良いところを走ると気持ちがいいっていう当たり前のことを今さら再確認する。

DSC06711_201710181231497c4.jpg
大きな上りがあった。
ちゃんとした峠も久しぶりなので、まあそれなりに楽しいと思える。

DSC06712_201710181231502ac.jpg
一瞬、こんな峠道にケンタッキーがあるのかと思った。

DSC06716_20171018123152c83.jpg
そして頂上。
標高は500mちょい。
ここがこの韓国縦断サイクリングロードの最高地点。

DSC06720_20171018123153cb3.jpg
ときどき看板とかいろんなものに漢字を見かける。
韓国の人ってちょっとくらいなら読めたりするのかな。

DSC06722.jpg
夕方。
毎日このくらいの時間に川沿いを走るとコバエがうっとうしい。

DSC06732_201710181232045fd.jpg
写真ではわかり辛いけれど、ものすごい激坂。
全く容赦のない斜度。少なくとも20%は越えてると思う。
坂を上って少し下ったとこらへんで終了。

2017年10月 22日05:31 韓国

サイクリストの世界の狭さ

2017年10月18日
韓国4

DSC06733_20171019140107483.jpg
走行中の韓国縦断サイクリングロードは9割がた自然の多い田舎を走っているので、野宿場所には全く困らない。

DSC06734.jpg
後2日で釜山に到着予定でしたが、まだ釜山までは300kmくらいある。
意外と走行距離が伸びなかった。
釜山到着は明後日、帰国フェリーの当日になりそう。
フェリーは午後8時に出航なので、最悪夕方に着けば問題ない。
それでも昼くらいには到着しておきたいところ。

DSC06736.jpg
スタバのホットコーヒーのトールサイズで4100ウォン(約410円)。
日本より高くないですか?
こんなもんでしたっけ?

DSC06737.jpg
釜山まで223km。

DSC06738_201710191401129f8.jpg
1日1回くらい長期のサイクリストを見かける。
みんな欧米人。日本人とは会っていない。
初めて同じ進行方向のサイクリストに会うので、追い越しざまに声を掛ける。すると、
「あれ、前に会ったよね? シンペイでしょ?」
と。

DSC06739_20171019140113159.jpg
なんと5ヶ月前にイタリアのマクドナルドで出会ったサイクリストでした。(その日の記事)
めちゃくちゃびっくりした。
でもこういう風な、何ヶ月後も経ってから、数千kmも離れたところでの奇跡的な再会をこの旅で何度か経験している。今回を除いて3回かな。北米~南米を走っているときに。
こういう再会をすると、あらためて自転車旅っていいなと思う。

DSC06743_20171019140115091.jpg
あと、イタリアで会った時に旅用名刺を渡していたとはいえ、彼らが僕の名前を憶えていたことが衝撃だった。僕はもちろん忘れていた。前にも書いたかもしれないですけど、外国人って日本人と比べて名前を大切にしているなって感じます。いつも出会ったらまず最初にお互いの自己紹介をするし、こうして覚えてくれている。これが日本人同士だと、1時間くらい話しているのにまだお互いの名前を知らないとかザラにあるし。

2017年10月 23日05:59 韓国

ゴールを前に

2017年10月19日
韓国5

DSC06745_20171020134044c89.jpg
ゴールの釜山まではあと180kmくらい。
明日のお昼までには到着したい。
そしてお昼ご飯に釜山で焼肉を食べて、夕方フェリーに乗り込んで、そして帰国。

DSC06753_20171020134049ca8.jpg
明日には帰国という実感が無い。
自転車旅が日常になりすぎた今、日本での日常に戻ることがいまいち現実感無くて、でも日本はすぐ目前に迫っていて、ずっと気持ちが浮ついた感じ。

DSC06750_20171020134047420.jpg
ただ一方で、ここ最近なかなか寝られなかったり、逆に早くに目が覚めたりする。
4年4ヶ月前、自転車旅出発前の心境と少し被る。
当時も常に仄かな緊張状態にあり、眠りが浅くなったりしていた。

DSC06754_20171020134050f02.jpg
お昼ご飯。
韓国のりと、左下のはスーパーで見つけて初めて買ってみた納豆。
日本の納豆ほど食べやすくなくて、腐敗臭が強い。
近くにいたおっさんによると、韓国でもなっとうは「なっとう」と言うらしい。
日本語と韓国語って共通の単語が多いらしいですね。
ちなみにおでんもおでん。

DSC06756.jpg
釜山まで60km。
今日は一部サイクリングロードではなくて、一般道を走ってちょっとショートカットした。

DSC06757_20171020134055dc6.jpg
このサイクリングロードは仁川から釜山まで633kmありますが、車で最短距離を走れば430kmくらいの距離しかない。
アップダウンが無い代わりにずっとクネクネの川沿いを走ったりする。
釜山まで残り50kmを切ったくらいのところまで走って終了。

2017年10月 24日05:56 韓国

大きな区切りの日

2017年10月20日
韓国6
釜山までは45kmほど。

DSC06761_20171022123847d5c.jpg
最終日の朝。
とても天気が良くて、それだけで思わず、うれしくて泣きそうになる。

DSC06762_201710221238482a2.jpg
たまにふざけた傾斜の坂が登場するこのサイクリングロードですが、ずっと景色の良いのどかな田舎が続くし、でもたまにまともな町もあるし、楽しかったです。

DSC06768.jpg
釜山市街に入ってきた。
ゴールまではあと数km。

DSC06769.jpg
『FINISH』
韓国縦断終了。
そばに事務所みたいなのがあるので、ずっとスタンプを押してきたサイクリングパスポートにシールをもらった。一応日本に記念のメダルと賞状を送ることもできるらしい。ただ送料がかかるらしいので今回はパス。韓国国内だったら無料らしい。太っ腹。

DSC06774_20171022123856fad.jpg
もうお昼でお腹ペコペコペコなので、お祝いを兼ねて焼肉屋さんに入る。
韓国での外食は、ソウルで泊めてもらったホストの方にごちそうになった1回だけで、自分で入るのはこれが初めて。

DSC06778_20171022123857dc3.jpg
サムギョプサル(厚切りの豚バラ)しか頼んでないのにいろいろ付いてきた。韓国のレストランはキムチとかサラダとかスターターセットみたいなのが充実しているみたい。
あとご飯とキムチチゲみたいなのを頼んで、お腹パンパン。
食前にバナナを2本食べていたとはいえ、最近あまり食べられなくなった気がする。

DSC06788_201710221239036c2.jpg
その後、フェリー乗り場へ。

DSC06786_20171022123901740.jpg
最後に記念撮影。
もっとインスタ映えする背景だと良かったんですけど良い感じの場所が見つからず。
4年世界を周ってきて、初めて自分から写真撮ってくださいって人にお願いした気がする。
僕が撮ってもらうときは基本的に向こうから「良かったら写真撮ろうか?」と言ってこられた場合。

DSC06782_20171022123900cac.jpg
午後3時半~6時半の間にチケットを受け取り、7時~7時半に乗船。
今回予約した「カメリアライン」っていうフェリーがめちゃくちゃ安かった。
片道一人2500円で、自転車代と港使用料みたいなのでプラス2000円くらい。
距離が違うとはいえ、中国~韓国のフェリーは2万円以上もしたのに。

DSC06789_2017102212390543f.jpg
とりあえず自転車で世界一周し終えました。
ただ思った以上に達成感や感慨深さなどはなし。
毎日の走り終わり程度にはホッとしているけれど、それ以上の感情は無い。
まだ日本も走るのでこれで終わりではないっていうのもある。
ただともかく、海外を走るのはこれでおしまい。
アラスカをスタートして、トータルで6万5千kmくらい走りました。
頑張りました。

2017年10月 25日05:02 韓国

再会×2

2017年10月21日
Sans titre

DSC06799_20171022133906dcf.jpg
朝起きると、フェリーはすでに港についていた。
ただ本当にここが日本なのか、まだ少し半信半疑。
そのくらい、帰国の実感が無い。

DSC06796_20171022123909c49.jpg
朝7時半にフェリーを降りて入国手続き。
やっぱり日本だった。
ここで、いま九州に台風が上陸しようとしていることを教えてもらう。
びっくり。

税関検査でなぜか僕だけ薬物検査を受け、ゲートを出る。
すると……

DSC06801_20171022123911799.jpg
モロッコで会った誠一氏がお出迎えに来てくれていた! 福岡に住んでいるので、この後会おうとは約束していたけれど、僕の到着が早かったのでもっと遅い時間に待ち合わせだったのに。めっちゃうれしかった。
白いボードには「Welcome back Sinpei」と書かれている。
今日は博多を案内してもらいます。

DSC06802_20171022123912fd9.jpg
久しぶりに日本を走る。
道路に出て早々いきなり車が車線を逆走してきて、福岡の運転マナーヤバいなって思ってたら、逆走をしていたのは僕だった。左側通行の国って久しぶり。ケニアかタンザニアが左通行だった気がする。それ以来。

DSC06804_20171022123914165.jpg
温泉に連れて行ってもらった。
風呂上がりのコーヒー牛乳がたまらない。

DSC06811_20171022125435c33.jpg
ここは日本語が100%通じる世界なのか。
それがまずすごい。

DSC06812_20171022125437ea3.jpg
博多って実はコーヒーが有名らしい。
美味しい。

DSC06814.jpg
僕がセネガルで出会ったバックパッカーがちょうど同じタイミングで博多に帰国していたので、ここで合流。あと誠一さんのお友達と4人でご飯。
基本的にバックパッカーって変な人が多いんですが、僕がセネガルで出会ったあきこさんは特にぶっ飛んでいて、久しぶりに話を聞いてすごく面白かった。

DSC06813_2017102212543808a.jpg
あきこさんのパスポート鑑賞会。
これまでに170か国くらい行っているらしい。
ちなみに僕で50か国とかそのくらいだと思う。
しかも行った国数が多いだけじゃなくて、北朝鮮に3回も行ってるっていうのが笑える。
まず北朝鮮に行けるっていうことを知らなかった。
この間北朝鮮に行ったときは、滞在中にミサイルが発射されていたらしいし。
国民は発射した時はそのことを知らなくて、翌日のニュースで知るらしい。
ミサイル発射成功のパレードの様子の写真を見せてもらったりした。
海外を回っていると、日本ではまず会えないような変な人にたくさん会えるので楽しい。

DSC06815_201710221254416c8.jpg
今日は厚かましく、誠一さんに全てごちそうになってしまった。
帰国早々、本当にありがたいことです。
また京都でお会いできれば、ちゃんとお返しをしたいと思います。

DSC06818_201710221254428eb.jpg
荷物満載で屋台街に突っ込むすごく邪魔な人。
今日はあきこさんがネットカフェで寝るっていうので、僕も一緒にネカフェに泊まることにした。

2017年10月 26日05:54 日本

博多に待機

2017年10月22日
Sans titre
今日は台風が来るらしいので、博多に待機。
ゆうべ泊まったネットカフェでホテルの予約をして、そこに向かうことにする。
昨晩に韓国から博多に帰国したばかりのあきこさんは、なぜか今日、帰国早々上海に飛ぶらしく、朝にネットカフェを出て行った。日本での滞在時間18時間くらい。わざわざ日本に帰ってくる必要は無かったと思う。まさにYouは何しに日本へ?

DSC06838_2017102418263762d.jpg
予約した『旅籠天神』ってとこ。

DSC06833_20171022230741655.jpg
Booking.comで一番安い1500円のゲストハウスにしたのに、掃除代みたいなので計2000円請求されたことに関してはいまだ納得はいってないんですが、ただまだかなり新しいゲストハウスらしくて、すごく快適だった。

DSC06832.jpg
こういう感じの大部屋に20人くらいで泊まれるタイプのドミトリー。
ただ各ベッドにカーテンやライト、コンセントもあって、かなり快適。

貸し出してくれるタオルがちゃんとバスタオルとフェイスタオルの2枚あったり、しかも毎日交換してくれたり、シャワールームの洗面所にドライヤーや綿棒が置いてあったり、そういう細かい気づかいが完璧で、さすが日本と言わざるを得なかった。

DSC06822_20171022230736f30.jpg
台風が若干逸れたのか、雨が降りそうで降らない。
ただ風は強い。
ちょっと町ブラ。

DSC06820_201710222307359fd.jpg
ビックカメラの電子ピアノコーナーで練習。
やっぱり相当訛ってるし、弾けた曲も思い出せない。
ちょっとずつリハビリしていかないと。

DSC06831_20171022230738b10.jpg
ソフトバンクが優勝したらしいです。

DSC06829_20171022230737bfa.jpg
基本的に出歩くときは短パンジャージにサンダルっていう格好なんですが、日本の都会を歩くときってこの格好で問題ないんだろうか。少なくともパルコの中では少し浮いてる気がしました。

DSC06834_201710222307439b6.jpg
そして夜……。
今日はメキシコのコスメル島で出会った、しんごさんと奥さんにご飯に連れて行ってもらった。帰国早々いろんな人たちと再会できてとてもうれしい。
これはもつ鍋を食べ終わったところ。

DSC06835_2017102223074485f.jpg
ソフトバンクファンのしんごさんに、僕はソフトバンクの上林誠知という選手に顔が似ているということを教えてもらう。帰って調べてたら確かに似てた。

DSC06836_20171022230746df8.jpg
これから似ている有名人を訊かれたら、ソフトバンクの上林って答えます。

2017年10月 27日05:05 日本

日本語の通じる国

2017年10月23日
Sans titre

DSC06839_20171024182638021.jpg
朝ごはん。納豆かけご飯に韓国のり。
希少食材である納豆がコンビニで24時間いつでも手に入るというのがすごすぎる。ここは夢の国かもしれない。

DSC06840_2017102418263572c.jpg
出発。
一応ゴールは実家のある京都ということになってるんですが、旅行中に出会った人たちとも会いたいので、少し足を延ばして東京まで行こうと思います。
もし東京までの道中で声を掛けて頂いた方には、韓国で買い込んできた韓国のりを贈呈します。僕も毎日食べるので、残っていたらですが。

DSC06841_201710241826394fb.jpg
これから日本を走るのがすごく楽しみ。
まず言葉が通じる時点で精神的にすごく楽だし。

DSC06842_201710241826382dc.jpg
ブックオフでさっそく森博嗣のエッセイを買う。
本もずっと読みたいと思ってたんですよね。

DSC06844.jpg
果物の補充。
ここでお店の人とちょっと話をする。
こういう時も日本語だから言葉がスラスラ出てくる。

DSC06848_20171024182646b8e.jpg
さらにお土産にぶどうを頂く。
めちゃくちゃうれしい。
やっぱり日本の人も優しいな。

DSC06846_20171024182644ec7.jpg
改めて走ってみると、やっぱり日本って自転車後進国だなと思う。
こういう自転車レーンとかって先進国だったらあって当然なのに、日本ではほとんど見かけない。とにかく自転車レーンや自転車道みたいなものが少なすぎる。

DSC06850_20171024182650341.jpg
神社でお昼休憩。

DSC06855_2017102418265357d.jpg
大分県に入る。
そういえばこの後ですが、大分から四国にフェリーで渡り、四国を走ります。
香川まで走って、そこから本州に戻り、その後は本州を東へ。

DSC06858.jpg
一応明日には四国に渡りたいなって思ってる。
温泉に入ってるヒマはあるのか。

DSC06856_201710241826566be.jpg
山に入って行って景色も良いんですけど、交通量が多いのだけが残念。
どう考えても日本って人口が多すぎると思う。

DSC06860_2017102418270417b.jpg
夕方、天ヶ瀬という小さな町に到着。
温泉地らしい。
駅の駐車場でテントを張らせてもらえないか尋ねると、ちょっと川下の観光客用の無料の駐車場を勧められた。一応そっちもチェック済みだったが、隣に少し流れの速い川があり、うるさいかなと思い保留にしていた。
まあ耳栓して寝ればいいかと言うことで、そちらでキャンプ。
それにしてもこういう交渉でも日本語でスラスラ話せるのがものすごく楽。

2017年10月 28日05:17 日本

別府でちょっとゆっくり

2017年10月24日
DSC06861_20171025102918cb2.jpg
大分県の天ヶ瀬温泉。
昨日テントを張っていた無料の駐車場。

DSC06863_2017102510292016a.jpg
川湯っていうのがあった。
ゆうべ気づいてたら入ってたのに。
安いし。

DSC06866_20171025102921f37.jpg
川湯。
川の音を聞きながら温泉って新鮮でいいですね。

DSC06868.jpg
黄金色に光る稲穂がとてもきれい。
日本に帰ってきたなって思う。

DSC06870_20171025102923b5c.jpg
景色が良いだけに、ほんとに交通量の多さだけが残念。
こういう国にこそ、サイクリングロードがあったらうれしいのに。
惜しい。

DSC06872_2017102510292458d.jpg
それよりいつまで上り続けるんだろう。
ずっと緩やかに上り続けている。
もう九州を横断して海沿いに出そうなんですけど。

DSC06876_2017102510292603e.jpg
峠に到着。
ようやく下るみたい。

DSC06877_20171025102928d48.jpg
下ると湯布院の町がある。

DSC06882_20171025102929276.jpg
有名な温泉地のわりに思ったよりも観光地化されていなくて、落ち着いた雰囲気。
この先に別府があるので、湯布院は素通り。

DSC06883_20171025102931dcb.jpg
湯布院を過ぎるとまた上り。

DSC06886_201710251029324c9.jpg
意外とのどかな湯布院の街並み。

DSC06888_2017102510293434b.jpg
別府市に入ったところで峠の頂上。
標高は780m。疲れた。
ここからは一気に下り。

DSC06892_20171025102935f74.jpg
別府市街まで、21kmで780mダウン。

DSC06896_2017102510293890b.jpg
中国・九州地方に展開しているショッピングモール、ゆめタウン。
ちょっと必要なものの買い物と、休憩のために寄っていく。

DSC06894_20171025102937fe1.jpg
長期旅行中の自転車が泊まっていた。
ただ残念ながら持ち主とは会えず。
持ち主の方と会って「日本一周ですか?」って聞かれて、ちょっと澄まして「あ、いや、世界一周っす」って言いたかった~~。日本を走ってるうちに実現してほしいな。

DSC06897_20171025102939b62.jpg
やっぱり今日は別府に留まることにしたので、ゆっくり温泉に入っていく。
風呂上りに涼みながら、「海岸でテント張れそう」と目星をつけるピーター。

DSC06902_20171025102941338.jpg
夜。
海岸は道路が近くて車の走行音がうるさいということで却下された。
こんな暗くなって野宿地の目星が付いてなくても全く焦りが無い。
夜9時なのに、ブックオフで立ち読みしていられるくらい。
日本だなあ。

2017年10月 29日05:53 日本

<<PrevPageTopNext>>

 

カテゴリ

出発前 (49)
旅の計画 (3)
出発準備 (4)
持ち物 (34)
出発前 (8)
北米編 (145)
アラスカ (21)
カナダ (54)
アメリカ (70)
中米編 (167)
メキシコ (93)
ベリーズ (8)
グアテマラ (24)
エルサルバドル (6)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (7)
コスタリカ (13)
パナマ (14)
南米編 (204)
コロンビア (37)
エクアドル (18)
ペルー (46)
ボリビア (24)
アルゼンチン (12)
チリ (38)
アルゼンチン2 (29)
一時帰国 (12)
アフリカ (182)
エジプト (18)
スーダン (14)
エチオピア (29)
ケニア (11)
一時帰国2 (6)
ケニア2 (4)
タンザニア (29)
ザンビア (18)
ボツワナ (12)
ナミビア (30)
南アフリカ (11)
ヨーロッパ (86)
北欧 (48)
ドイツ (21)
ベルギー (1)
フランス (16)
西アフリカ (94)
モロッコ (67)
モーリタニア (16)
セネガル (11)
ヨーロッパ2 (108)
ポルトガル (9)
スペイン (26)
アンドラ (2)
フランス2 (22)
スイス (9)
オーストリア (3)
イタリア (12)
スロベニア (4)
クロアチア (4)
セルビア (10)
ブルガリア (7)
中東 (8)
トルコ (8)
アジア (142)
タジキスタン (28)
キルギス (18)
カザフスタン (4)
中国1 (12)
モンゴル (29)
中国2 (12)
韓国 (8)
日本 (31)
情報と雑談 (37)
学校見学 (9)
2010西日本一周 (33)

月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート