ゲストハウスのお手伝いをすることになりました

2016年12月4日~
モロッコ22
現在、ヨーロッパに再入国のために西アフリカで3か月時間つぶし中なんですが、ちょっとここマラケシュのゲストハウスで、1か月ほど住み込みでのお手伝いをすることになりました。

DSC05940_2016121121402236c.jpg
そのゲストハウスというのがここ『Riad House13』(HP)

DSC05941_201612112140224fe.jpg
オーナーさんは日本人、お客さんもほぼ100%日本人なので、日本人宿とも言えるんですが、オーナーさんはバックパッカー経験があったわけではなく、そこまで“日本人宿”を意識はされていないそう。
一般的に日本人宿というのは、長期旅行中のバックパッカーの溜まり場みたいなイメージなんですが、ここは高めの個室があったり、どっちかというと日本人向けの普通のゲストハウス。一応ドミトリー(相部屋)もあるんですが、モロッコの相場から言うと、ちょっと高め(一泊120ディルハム=約1320円)。

DSC05934.jpg
その代わり、ウエルカムドリンクのサービス、クオリティの高い日本語のマラケシュ案内マップがもらえたり、ここのゲストハウスが企画している砂漠ツアーを紹介してもらえるなどなど、何かとサービスが手厚いので、やはりなんでも自力でこなすバックパッカーよりも、短期、中期の旅行者に、より向いているのかもしれない。

DSC05947_2016121122194689b.jpg
お手伝いは1か月の約束なので、年越しはここで迎えることになる。
今回が世界一周旅行、最後の年越しになる。
正直、最後の年越しは自転車旅の中で、どっか砂漠のど真ん中とかで一人ぼっちで迎えたかった思いもあったんですが、そこは甘えました。
というわけで、しばらくの間、更新が不定期になるかと思います。


関連記事

2016年12月 13日05:33 モロッコ

短期旅行者との語らいPageTopモロッコ・マラケシュの自転車屋情報(3軒)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート