ドラえもんの話(砂漠ツアーその2)

2016年12月4日~
メルズーガ
砂漠ツアー2日目。

DSC05841_20161211214211701.jpg
泊まっていた砂漠のテント。

DSC05844_20161211214710e9a.jpg
今日はラクダに乗って砂漠を越える。
そして砂漠を抜けたところの荒野に住む遊牧民の家に泊まる。

DSC05846_20161211214716049.jpg
ラクダ。

DSC05849_20161211214848c61.jpg
出発。
360度砂漠。

DSC05923_2016121122161320a.jpg
砂漠と言えば、やっぱり思い出すのは、映画『ドラえもんのび太のドラビアンナイト 』。
序盤から終盤までずっとしずかちゃんが悪者に囚われっぱなしというストーリーがあまり好きになれず、お話自体はそこまで好きではないんですが、でもこの頃のドラえもん(僕が小学校低学年~中学年くらい)っていうのは、僕が一番好きな時代のドラえもんでもあるので、思い入れは強い。
映画館でもらったおもちゃ(たしかターバン巻いたドラえもんの人形で、緩い傾斜を付けた板の上とかに置くと勝手にテクテク歩いていくやつでしたよね?)とかまだ実家にあるはず。

DSC05850_20161211214716576.jpg
あと『ドラビアンナイト』はなんといっても主題歌が良いですよね。
名曲が多いドラえもん映画の主題歌の中でも、僕は『銀河超特急(エクスプレス)』とともに1,2を争うくらい好きです。

DSC05852_2016121121485197a.jpg
ドラえもん映画の主題歌というと『銀河超特急(エクスプレス)』が海援隊、翌年の『ねじ巻き都市(シティー)冒険記』が矢沢永吉ときて、さらに翌年の『南海大冒険』の主題歌で、いきなり吉川ひなのの『ホットミルク』と雰囲気が一転したのがちょっとびっくりしましたよね。この時が小6だったかな。
ついでに、これも僕がすごく好きなドラえもんの映画音楽なんですが、『ブリキの迷宮(ラビリンス)』の主題歌を歌っているのが島崎和歌子だったことを大人になってから知ってびっくりしました。

DSC05858_201612112148523ab.jpg
あと、僕のドラえもんにまつわるエピソードとしては、高校時代、部活で家に帰るのが7時を回るからって言うんで、わざわざ毎週家に電話して、親にドラえもんの録画をお願いしていたというのがあったりします。
でも、もう高校生の前半くらいから見なくなったのかな。ドラえもんは。
長く続くアニメだとだんだん絵柄や作風が変わっていくことはよくありますが、この頃(いわゆる「旧ドラえもん」の最後の5年間くらい)のドラえもんが、僕は一番嫌いでした。これは共感してもらえる方も多いんじゃないでしょうか。
当時、30分の内の前半に新作、後半に旧作を放送していたんですが、楽しみにしていたのは旧作の方だけだったし。

DSC05860.jpg
実は砂漠なのに電話が通じます。

関連記事

2016年12月 20日05:01 モロッコ

砂漠を抜けて荒野(砂漠ツアーその3)PageTop最大の難所を越えて(砂漠ツアーその1)

Comment

わたしは、雲の王国が好きでした。

雲の王国いいですよね。
最後に見たのはだいぶ昔なので細かいところは忘れたりしていますが、ドラえもんがタンクに突っ込むシーンとかは強烈に印象に残ってます。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート