帰路に付く(砂漠ツアーその4)

2016年12月

DSC05898_20161211221201f43.jpg
朝6時半ごろ。
まだ朝日が昇る前なんですが、暑くなる前に砂漠の入り口の町、メルズーガまで戻る。

DSC05902_2016121122120230c.jpg
朝日が昇ってきた。
ラクダに乗りながらなのでピンボケ。

DSC05910_20161211221609f53.jpg
こんな感じ。
朝は特に寒いので、防寒はきっちり。

DSC05915_20161211221613ed3.jpg
足が長い。

DSC05921_20161211221612591.jpg
ラクダって初めて乗りましたが噂通り乗り心地悪いですね。
足を踏み出すたびに膝カックンされているような感じで、歩きにくそうに歩く。
平坦と上りではそこまでなんですが、下りが極端に揺れる。
あと、乗り降りする際に勢いよく前傾に振られるので割と危険。

DSC05927.jpg
途中からお尻が痛くなってきたので、一緒に歩く。
ラクダって意外と背が高くて、乗る場所も180cmくらいある。

DSC05925.jpg
足を取られやすい砂の上を歩くためなのか、馬とかよりもかなり足の裏が広い。

DSC05928_20161211221637440.jpg
砂漠の向こうにメルズーガの町が見えてきた。
大体砂漠の横断で4時間くらいの道のりでした。

DSC05931_20161211221940342.jpg
メルズーガにはお昼頃に戻り、その日の夜行バスでマラケシュへ。
思い出しただけでも吐きそうになってくる。
ほんとバスは嫌い。

関連記事

2016年12月 24日05:40 モロッコ

マラケシュの旧市街(メディナ)PageTop砂漠を抜けて荒野(砂漠ツアーその3)

Comment

https://matome.naver.jp/m/odai/2138773571970244301
バス酔い防止まとめ

ファイト〜!

わざわざありがとう笑
近々また長いバスに乗る予定あるから参考にするわ!

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート