北欧で自転車でオーロラ

今回、2016年8月中旬から10月上旬まで自転車で北欧を回っていました。
寒くなってくる秋を選んだのはオーロラを見るためだったんですが、ブログの本編ではほとんど触れていなかったので、一応まとめておきます。


そもそもオーロラって何?

o-rora.jpg
※イメージです。
カーテン状に光るやつ。
太陽から流れてくる磁気の関係で起こる自然現象らしいので、太陽の活動が活発になるとオーロラの光り方、動き方も活発になるらしい。


オーロラはどこで見える?

オーロラベルト
オーロラはアラスカとかとにかく北の方で見えるものというイメージだと思いますが、オーロラが出現しやすい緯度があり、その地帯をオーロラベルトと言います。北欧だったら北極圏に入れば問題なく見えるし、オーロラの活動の大きさによってはもっと南でも見えるって感じでしょうか。


オーロラはいつ見える?

だいたい秋から春に掛けて観察できます。
オーロラ自体は1年中発生していますが、オーロラとは非常に弱い光です。
昼間の空に星が見えないのと同じで、オーロラも空が暗くなければ見えません。
オーロラの見える極北の地域では、夏は「白夜」と呼ばれる現象により日が沈まず、日の明るさにより見えない。なので逆に太陽の上らない、冬の暗い時期に見えるというわけ。


オーロラ観察のポイント

1.「広い空を見つける」
オーロラはどこに現れるかわからない。できるだけ空を広く見渡せる場所が良い。

2.「こまめに空をチェックする」
オーロラはいつ現れて消えるかわからない。ちょくちょく空を見回してチェックする必要がある。僕はテント泊だったので、いちいちテントから出て確認するのがめんどくさくて、少しオーロラ観察はしにくかったです。

3.「天気とオーロラの活動状況をチェック」
北欧でオーロラを観察する際の最大の問題は天気。
空が曇っていたら当然オーロラは見えないんですが、秋から冬に掛けての北欧は曇ることが多いので、夜間の天気予報をチェックしましょう。
またオーロラ予報も、インターネットでチェックできる。
いくつかサイトがあるのですが、その中でも比較的わかりやすいものを紹介。
『Aurora Forecast』
アラスカ大学の研究サイトなのですが、オーロラベルトは世界中繋がっているので北欧の予報も見ることができる。
オーロラ予報
例えばこれを書いている2016年12月22日、北欧の予報ですが、オーロラの強さが5とあります。
これはかなり強い方で、ノルウェー、フィンランドの南部までオーロラが見える可能性がある。
僕が滞在していた時は1~3が多く、4の日すらめったになかったので、たぶんオーロラハンターの人なんかはこの数字を見ただけでアドレナリン出まくりで、徹夜余裕ってレベルだと思います。


今回の北欧自転車旅では……

今回の自転車旅北欧編ではフィンランドを北上しました。
北欧のオーロラベルトがある北極圏に入ったのは8月の終わり。
この時期だとまだ夜は完全に暗くはなっておらず、深夜0時を過ぎても地平線に若干の夕焼けが残っていた。 
具体的な北欧でのオーロラのシーズンですが、9月に入ったくらいから徐々に見え始めてくるって感じな気がする。
9月初めだとまだ深夜にならないと真っ暗にはならないので、早寝早起きの習慣が染みついている僕には少し難しかった。これが9月中旬を過ぎると夜の時間が長くなってきて、夜10時11時でもう地平線もほぼ真っ暗(だったと思う)。十分オーロラ観察は可能になる。9月中旬以降は、よっぽど活動が弱くない限り、晴れてさえいればオーロラは見えると思います。
秋ごろだと寒さもそこまで厳しくはないので、比較的オーロラ観察はしやすいのではないでしょうか。

今回見たオーロラたち

結果から言うとオーロラは数回見ました。
しかしオーロラを見て感動することは一度もなかった。
オーロラにあこがれを持っていて、「死ぬまでに1度は見てみたい」と思う方は多いんじゃないかと思いますが、一つ言っておくと、しょぼいオーロラっていうのは、たぶん皆さんが思っている以上にしょぼいです。あまり心が動かないので笑ってしまうくらいに無感動。
10秒くらい雲かオーロラかどっちか迷って、試しに写真を撮ってみたらうっすら緑に光っていたので、「あぁ、オーロラやったんか(鼻ほじくりながら)」ってくらい大したことないです。なぜかオーロラは肉眼よりも写真の方が鮮やかに写るので、実際の発色の強さは下の写真の3分の1程度でした。

2016年9月2日
20160902.jpg

2016年9月9日
20160909.jpg

201609092.jpg

2016年9月15日
20160915.jpg

2016年9月16日
20160916.jpg


関連記事

2017年01月 01日05:40 情報と雑談

年越し砂漠ツアーその1PageTop自転車旅行者の自炊まとめ

Comment

あけましておめでとうございます。今年もブログ楽しみにしています。旅の安全を日本より祈念しています。

あけましておめでとうございます。
長かった旅も最後の1年となります。
気を付けて無事に日本まで帰りたいと思います。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート