自転車旅にはエアマットか折りたたみマットか

自転車旅ではキャンプや野宿の機会が多いので、テント、寝袋などキャンプ道具一式を持っている人がほとんどです。テントの中ではマットを敷いてその上に寝ることになりますが、そのマットの種類と特性を比べてみたいと思います。
マットでは大きく、空気を入れて膨らます『エアマット』
スポンジ製で蛇腹に畳んだりクルクル巻く『折りたたみマット』
の2種類がある。

今回は僕が使っていたマットの中から、

エアマットの『Prolite Plus』(THERMAREST)


折りたたみマットの『Zライト ソル』(THERMAREST)
を比べてみたいと思います。
どちらも「サーマレスト」というマット業界最王手の定番の商品だと思うので、使っている人も多いんじゃないかと思います。


サーマレスト
【エアマット】
《長所》
・寝心地が良い。
・収納がコンパクト。

《短所》
・出したり、片付けたりが少し手間。
・値段が高い。
・パンクする可能性がある。


DSC01562_20161228214244d02.jpg
【折りたたみマット】
《長所》
・収納が簡単。
・価格が安い。
・パンクしない。
・若干軽い

《短所》
・寝心地があまり良くない。(固い)
・かさばる。


【まとめ】
僕の中では、「寝心地」を取るならエアマット、「収納の簡単さ」を取るなら折りたたみマットという感じでした。サーマレストのエアマットの寝心地の良さは素晴らしくて、当時、ホテルに泊まると逆に寝られなくなるという逸話が残っているくらい。一方で、エアマットは空気を入れたり抜いたり、畳んだりの手間もちょっとめんどくさい。
一長一短で、どちらの方が優れているかは決めにくい。

キャンプをする機会が多いのなら、毎日の疲れをしっかり取るためにも寝心地重視のエアマット。ホテルに泊まる割合が高くなるのなら手軽に使える折りたたみマットが良いかもしれない。
あと例外的に、砂漠とか乾燥した地域だと、トゲの生えた植物が多くパンクのリスクが大きくなるので、折りたたみマットをお勧めします。

関連記事

2016年12月 30日05:56 情報と雑談

自転車旅行者の自炊まとめPageTopマラケシュの新市街

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ

出発前 (49)
旅の計画 (3)
出発準備 (4)
持ち物 (34)
出発前 (8)
北米編 (145)
アラスカ (21)
カナダ (54)
アメリカ (70)
中米編 (167)
メキシコ (93)
ベリーズ (8)
グアテマラ (24)
エルサルバドル (6)
ホンジュラス (2)
ニカラグア (7)
コスタリカ (13)
パナマ (14)
南米編 (204)
コロンビア (37)
エクアドル (18)
ペルー (46)
ボリビア (24)
アルゼンチン (12)
チリ (38)
アルゼンチン2 (29)
一時帰国 (12)
アフリカ (182)
エジプト (18)
スーダン (14)
エチオピア (29)
ケニア (11)
一時帰国2 (6)
ケニア2 (4)
タンザニア (29)
ザンビア (18)
ボツワナ (12)
ナミビア (30)
南アフリカ (11)
ヨーロッパ (86)
北欧 (48)
ドイツ (21)
ベルギー (1)
フランス (16)
西アフリカ (94)
モロッコ (67)
モーリタニア (16)
セネガル (11)
ヨーロッパ2 (108)
ポルトガル (9)
スペイン (26)
アンドラ (2)
フランス2 (22)
スイス (9)
オーストリア (3)
イタリア (12)
スロベニア (4)
クロアチア (4)
セルビア (10)
ブルガリア (7)
中東 (8)
トルコ (8)
アジア (109)
タジキスタン (28)
キルギス (18)
カザフスタン (4)
中国1 (12)
モンゴル (29)
中国2 (12)
韓国 (6)
日本 (0)
情報と雑談 (37)
学校見学 (9)
2010西日本一周 (33)

月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート