僕の心を癒すもの

2017年1月9日
モロッコ24
海沿いの観光地エッサウィラでもう一泊していきます。

DSC06611_20170110053128950.jpg
調子に乗って朝からおしゃれなカフェとか入っちゃう。
この先、サハラ砂漠に入っていくので、エッサウィラで最後の贅沢。

DSC06632.jpg
細い路地が魅力的な町、エッサウィラ。

DSC06633_201701100531596ce.jpg
散歩のしがいのある町なんですが、歩いていても、不思議なほど心は晴れない。

DSC06610.jpg
やはり1か月滞在した日本人宿を出発した際の心の傷は深い。

DSC06613.jpg
自転車で走っているときの選曲も、マラケシュ以降、明らかに悲しげな曲に偏ったんですが、悲しい時に悲しい曲を聴いて、余計にズーンと悲しくなるのも、意外と嫌いじゃなかったりします。

DSC06635_20170110053429398.jpg
カフェでお茶休憩。
コップに注ごうとしたら、「2,3分待ってから注いでね」と。
なぜ2,3分待ってから出してくれなかったのか。

DSC06630_2017011005314769a.jpg
エッサウィラでは魚市場がある。
生ガキを食べようか迷ったんですが、もう夕方だったので鮮度が心配だったことと、小ぶりなのに1個100円とちょっと高かったのでやめておきました。

DSC06594.jpg
ネコが多いモロッコで珍しい犬。

DSC06597.jpg
やっぱ犬の方がかわいいな。

DSC06596_20170109054500299.jpg
かわいい(確信)

DSC06593_201701090545015af.jpg
瞬きしているところかわいい。

DSC06599.jpg
穴を掘ってるところかわいい。

DSC06621_20170110053142b4e.jpg
夕陽が沈むまで海辺で待つつもりだったんですが、まだしばらく掛かりそうだったし、またいくらでも見る機会はあるだろうと思い、去る。

DSC06636_201701100534336a1.jpg
夜ご飯。
奮発して60ディルハム(約660円)のタジン。
タジンは通常20~30ディルハムで食べられる。
味はまあそれなり。
3年ぶりくらいに店員さんにチップを渡す。

DSC06638.jpg
ホテルまでの帰り道にたこ焼き屋を発見。店員さんはモロッコ人。
1個4ディルハム(約44円)。
食べる前からわかりきっていたことですが、美味しくはなかったです。


関連記事

2017年01月 13日05:22 モロッコ

アルガン地帯を往くPageTop港町エッサウィラ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート