首都に向けて

2017年2月10日
モーリタニア5
ここから首都ヌアクショットまでは440kmくらい。
追い風の前提で考えると、あと3日で到着できるはず。

P_20170210_095229.jpg
泊まっていたキャンプ場を出発。

P_20170210_095423.jpg
本当はアタールにもう一泊ぐらいしていこうと思っていたんですが、あまりに何もなくて出発。この辺りで一番の主要都市にも関わらず、ちょっと落ち着ける観光客向けのカフェやレストランすらない。

P_20170210_101918.jpg
アタールは、近郊のシンゲッティという砂漠の町への観光の拠点となっているらしい。
観光客が多く立ち寄る町のはずなんですが、ほんとただの町でした。

P_20170210_104051.jpg
日本が支援して作った道路っぽい。
どおりできれい。

P_20170210_104556.jpg
渓谷みたいなのがあった。
なかなかの迫力。
雨期には結構雨が降るのかな。

P_20170210_112942.jpg
写真ではうまく伝わらないんですが、この町の景色が異世界感溢れていてすごい良かった。

P_20170210_113231.jpg
周りで採れる土で建物を建てるから色が一緒。

P_20170210_124156.jpg
そこから30kmくらいの集落。
急に緑が増える。
またしばらく走ると緑はなくなるので、ここら辺は地中に水が蓄えられているのかもしれない。

P_20170210_124412.jpg
ラクダの育成で成り立っている集落と思われる。
小柄なラクダが多いんですが、大きくなったら砂漠ツアー用とかに出荷されるんでしょう。

P_20170210_130719.jpg
あと都会に住む金持ちが、持ちラクダをこういうところに預けたりするってのも聞いたことがある。

P_20170210_144253.jpg
集落を過ぎると草木は無くなり、再び砂漠ゾーン。

P_20170210_162552.jpg
やはり何もないところなんですが、ポツンと謎の民家があった。
ちょっと休ませてもらう。

つづく

関連記事

2017年02月 15日05:41 モーリタニア

砂漠の民家にてPageTopアタールの町へ

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート