バオバブと物乞いに囲まれ

2017年2月23日
セネガル2

P_20170223_093037.jpg
サイクリストということで無料で泊めていただいたホテル『カサ・イタリア』を出発。

P_20170223_093424.jpg
普段の僕だったらとても泊まれないようなきれいなホテルでした。

P_20170223_122906.jpg
相変わらず町と町の間はサバンナっぽい景色。

P_20170223_103933.jpg
なぜか休憩してくれと言わんばかりにソファーが置いてあったので、休憩。
売り物だった気がする。

P_20170223_134516.jpg
線路と並走している。
もう廃線になっているのかな。
よく考えたら道路を作るよりも線路を通す方が簡単だから、昔は列車が主な移動手段だったのかもしれない。で、舗装路が開通したらやっぱり車の方が便利なので、使われなくなって廃線、ってことなのかも。

P_20170223_142519.jpg
セネガルには物乞いの子どもが異常に多い。
みんな小脇に缶とかちっちゃいバケツを抱えてお金を集めている。
観光地だけではなくて、ただの小さな村にもたくさんいる。
観光客の来ない小さな町で絶対そんな稼げないと思うんですが。

P_20170223_145209.jpg
セネガルに入って子どもたちがよく手を振って声を掛けてくれるようになったので、かわいいなと思っていたんですけど、みんな「金くれ」って言っていたのかもしれない。

P_20170223_145436.jpg
バオバブの木がたくさん生えている。
やっぱり存在感がすごい。

P_20170223_191235.jpg
そして夕方、ダカールの70kmくらい手前のティエスという町。
セネガル第2の都市らしい。
都会感は皆無。

P_20170223_173617.jpg
できるだけ安そうな食堂を見つけてご飯。
玉ねぎを炒めたソースみたいなのがセネガルの定番らしい。
700フラン(約130円)
観光地じゃなければ外食も高くなさそう。

P_20170224_075358.jpg
ティエスの町を出たところでキャンプ。

関連記事

2017年03月 02日05:17 セネガル

ゴーールPageTopセネガルのサイクリスト向け無料宿泊所情報

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート