小学校見学 in Dakar

2017年3月2日
セネガル4
セネガルの首都ダカールに滞在中。
アフリカを去る前に久々に小学校を訪ねて授業風景を見学させてもらいました。

P_20170302_132208.jpg
泊まっているホテルのすぐそばにある小学校。
英語の喋れる先生を見つけて、見学させてくれとお願いをするとすんなりOKをもらえた。

P_20170302_103900.jpg
驚異の75人学級。
全員の名前を覚えるので1年掛かりそう。

P_20170302_103932.jpg
すごいなと思ったのは75人もいて、授業中に誰も私語や雑談をしていないこと。
これだけ人数がいると後ろの子どもとか、落書きとか一人遊びをしていそうなものですけれど、そういった様子もない。

P_20170302_104005.jpg
机の上はごちゃごちゃしているんですけどね。
授業態度は良い。

P_20170302_104039.jpg
すごいと思った2点目は文字がきれいなこと。
これは先生も児童も。
海外の学校って、文字をきれいに書こうとする意識が低いって印象を持っているんですが、これまで見た学校の中でもトップレベルできれい。子どももみんながみんなきれいって訳ではないけれど、少なくとも雑ではない。
これはこの先生の指導によるものなのか、もともとの国民性みたいなものなのか。

P_20170302_121951.jpg
あともう一個すごいのはプロジェクターがあったこと。
学校に2つしかないらしいですけど、それでもびっくり。

P_20170302_112218.jpg
休み時間。

P_20170302_110550.jpg
学校内にサンドイッチの売店があって、ここで朝ごはんを食べるっぽい。

P_20170302_131047.jpg
最後にすごいところをもう1点挙げておくと、子どもの気遣いのレベルの高さ。
前にも書いたと思いますが、アフリカの子どもの気遣いのすごさは何なんでしょうか。
先生に頼まれるわけでもなく僕のためにイスを出してくれたり、汚れていたのか、わざわざ座るところを拭いてくれたり。その他にもいろんな場面で気を遣ってくれる。しかも3年生4年生くらいの子が。どうやったらこの年の子どもにこんな気遣い能力が身に付くのか、不思議でしょうがない。

関連記事

2017年03月 08日05:23 学校見学

ダカール(セネガル)の日本人宿を比較PageTopアフリカ人のフレンドリーさとは (ゴレ島でアサラト 後編)

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート