わかりやすくて大きな峠

2017年3月26日
DSC07822_201703271912004f0.jpg
ウォームシャワーでお世話になったヨハンにお礼を言ってグラナダを出発。

DSC07823_201703271912025e4.jpg
彼は今日友達とトレッキングに行くらしくて、良かったら一緒に行かないかと誘われたんですが、ヨーロッパの滞在期限にあまり余裕が無いので出発することにした。

DSC07826_20170327191203784.jpg
現在、ヨーロッパ19日目で、ヨーロッパの残り滞在日数は71日。
まだヨーロッパは全然序盤なので、今からすでに日数が足りなくなる予感がしている。

スペイン7
グラナダ以降のルートは内陸か海沿いかになるんですが、内陸を行きます。ヨハンの家に内陸を通る自転車ルートが書かれれた地図があり、メモしてきた。そのルートで進むことにする。

DSC07827_201703271912059fb.jpg
そういえば今日から、サマータイムで1時間進んだ。
ポルトガルとスペインの間でも1時間の時差があるのですが、ずっと時計はポルトガル時間のままだったので、2時間の時差になった。まあ僕は太陽の位置を基準に生活しているのでそんなに支障はない。

DSC07828.jpg
グラナダを出ると上り始める。
グラナダが標高600mで、1300mまで上る峠。

DSC07830_20170327191215657.jpg
途中のケンタルという町が恐ろしい山の斜面に築かれた町だった。

DSC07833_20170327191217634.jpg
すごい小さな町なのに、町が立体的過ぎて一生出れないんじゃないかって思った。

DSC07835.jpg
山と山の谷間の道を上り続けている。

DSC07836_20170327191219f82.jpg
複雑な地形の場所を上ったり下ったりしながら進むのではなく、景色は開けているので、なんとなくあそこら辺がゴールなのかなっていうのも見えている。道はアップダウンを繰り返すのではなく、割と一定の傾斜でひたすら上り坂が続く。

DSC07840_20170327191221015.jpg
そんなシンプルでわかりやすい峠が好き。

DSC07843_201703271913164eb.jpg
峠の頂上。
まあまあ疲れた。

DSC07847.jpg
山の反対側は気候が違うのか、景色が変わった。
草木が少ない。

DSC07845.jpg
あとこの辺りは、ほら穴に家を作る文化がある。
冬は暖かくて夏は涼しいらしい。

DSC07848_201703271913201bc.jpg
岩山と同化している家もちょくちょく見かける。
確かにちょっと粘土質というか、崩れにくそうな土質な感じがする。

DSC07849.jpg
一応目的地として考えていたグアディクスという町。
グアディクスまでの道中で結構アップダウンが多くてめんどくさかった。

DSC07851_20170327191411ed1.jpg
まだ走れる時間なので、もうちょっと進んでおく。
プルプルしていた足も、みかん食べてしばらく休んでたら割と回復してくれた。

DSC07852_20170327191412317.jpg
今進んでいるサイクリングルートは幹線道路ではなく、ローカルな道がメイン。

DSC07855.jpg
こういう道の方が走っていて楽しいけれど時間はかかるので、どっかのタイミングで幹線道路に復帰するかもしれない。

DSC07856_20170327191414dc4.jpg
河原でキャンプ。
野宿地で水が使えるっていうのは結構でかい。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

関連記事

2017年03月 30日05:36 スペイン

オリーブの謎PageTopグラナダで観光

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート