盛りだくさんの1日(後編)

2017年4月29日の続き
フランス18
アヌシ―近郊の村で日本人の方の家に泊めてもらっている。
お子さんたちと一緒にスケート場で久しぶりにスケートを楽しんだところから。

DSC09495_20170501143125570.jpg
聞いたところによると、アヌシ―はパラグライダーの聖地らしい。
実はパラグライダーの世界チャンピオンが日本人で、その人がアヌシ―に住んでいて、今泊めてもらっているさむさんとお友達とのこと。

DSC09499.jpg
で、なんとその世界チャンピオンの方に、2人乗りのパラグライダーで一緒に飛んでもらえるという。なんだかいろいろ展開がすごい。今日は忙しかったみたいだったんですが、わざわざ時間を作ってくださり本当にありがたい限りです。

IMG_20170429_174430.jpg
で、飛び立つ。
考える暇もなく「走って」と言われたからか、意外と怖くはなかった。

DSC09513.jpg
すごい。

DSC09517.jpg
何て言うんでしょうか。
空を飛びながらこの景色を見下ろすっていう非現実的な状況下で、視界から入ってくる情報を処理するのに頭がいっぱいいっぱいで、言葉が出てこない。
本当にすごい景色を見た時ってこんな感じになるんだって思った。

DSC09519_20170501143203834.jpg
この画面に映っているどれかがヨーロッパ最高峰のモンブランのはず。
雲が掛かって見えないことも多いらしいのでラッキー。
いやー自転車で世界一周していて良かった。

DSC09516_20170501143148323.jpg
パラグライダーって緩やかにパラシュートで降りてくるだけのものと思っていたんですが、上昇気流を捕まえて高く上がったりもできるらしいです。実際の競技では、種目によっては何時間もかけて何百kmもの距離を移動することもあるらしい。初めて知った。

DSC09520.jpg
この時もかなり高くまで上がってもらった。
少し寒い。

DSC09521.jpg
アヌシ―湖。
湖の上には上昇気流などもなく、風が落ち着いているので、緩やかに降り続ける。
最後、着陸の直前に、ちょっとだけクルクル回ってもらった。そういうアクロバットを競う競技もあるらしい。軽く回っただけらしいのですが、遠心力によるGで意識が遠のく。
薄れゆく意識の中で、「このまま死んじゃうのかな」と思った。
まあこれも貴重な経験でした。

DSC09523.jpg
その後、お家に帰って、夜ご飯にチーズフォンデュを頂きました。

DSC09526.jpg
こういう家族でチーズフォンデュを囲むような夕食、日本ではまずないので憧れますよね。
でも考えてみれば、日本だって冬に鍋を囲んだりするんだから同じようなもので、ようはないものねだりなだけなのかもしれない。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

関連記事

2017年05月 04日05:49 フランス2

滞在3日目PageTop盛りだくさんの1日(前編)

Comment

日本で炬燵を囲んで鍋。フランスに住んでいると憧れますよ。

確かに海外にいるとこたつ入ることって絶対ないですね。
やっぱり隣の芝は青く見えるということなんですかね。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート