スーパーで気になるスイスの物価調査

2017年5月6日
スイス2」

DSC09772.jpg
今日は朝から雨。
昨日はあんなに気持ちよく晴れていたのに。
今日はビールに滞在。

DSC09762.jpg
物価が高いことで有名なスイスのスーパーを偵察。
その結果、問題ないだろうということに落ち着きました。
買えるもの買えないものを整理していきます。
まず果物、野菜は高いので買えません。

DSC09761_2017050622422502c.jpg
卵も買えない。
高いものだと6個パックで5スイスフラン(約560円)以上する。
卵1個100円とかふざけてる。

DSC09764.jpg
あとパンも高い。
フランスで1本1ユーロだったフランスパンが3ユーロとかそのくらいする。
ただ、探せば安いパンも無いことはない。

DSC09760_20170506224223c3b.jpg
チーズが有名な国なので、チーズはそこまで高くはない。
少なくとも日本よりは安い気がする。
値引きシールが貼ってあるものやセール品がねらい目。

DSC09767_2017050622424103e.jpg
豆類。
400gくらいの普通の缶詰のサイズで1スイスフランちょいくらい(約150円)。
フランスの2倍くらいするけれど、これも買える。

DSC09766_20170506224229ff8.jpg
あと米。
日本米と似ているリゾット用の米が、安いもので1kg2.5スイスフラン(300円弱)くらい。
米もスイスにしては安いです。
フランスで同じようなのが2ユーロ弱くらいだったと思うし、ちょい高いくらい。

あとはパスタも比較的安かった。
ただ米はおかずが無くても食べられるけれど、パスタはソース無しでは食べられないからソース代で高くついてしまいそう。そういう意味でパスタは買いにくいかもしれない。

DSC09768_20170506224243d76.jpg
安く買えるものを選んでいくと、どうしても炭水化物中心になってしまいますが、スイスなんて数日あれば抜けられる小さな国なので全く問題はない。

DSC09769_20170506224245b7e.jpg
スーパーを見る限り、やはり物価はノルウェーと近い感じがする。
世界でも物価の高さで2トップの2か国ですし。
僕は確かノルウェーには3週間くらい滞在していたと思うけれど、特に不便も感じていなかったので、スイスも大丈夫だと思う。

DSC09771.jpg
ビールの町で泊めてもらっているアパート。
家賃は一か月で1350スイスフラン(約15万円)らしい。
狭そうに見えて、実はフロアが3つもあって結構広い。
現在は3人でシェアして暮らしているから、金銭的にはそんなに大変じゃないとのこと。
旧市街のど真ん中っていう最高の立地を考えたら、やっぱりそこまで高くはない気がする。

DSC09774.jpg
部屋にある暖炉はもう使われていないと思ったら、まだ現役でした。
北米の寒い地域でもそうでしたが、意外と薪ストーブや暖炉など、昔からのアナログな暖房手段が使われている地域は多い。結局、薪を燃やすのが一番パワーがあるし、凍結などのトラブルもないし確実って聞いたことがある。
現代の日本だと、囲炉裏で暖を取るなんてありえないし、そう考えると、欧米のように昔からの物を使い続ける姿勢が素敵だなと思いました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。

関連記事

2017年05月 11日05:34 スイス

小雨のビール(Biel)を町ぶらPageTopフランスとの違いを感じながら

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート