サイクリストの聖地、ドロミテを走る

2017年5月26日
イタリア8

DSC00687_201705271540233ce.jpg
今日も雲一つない青空。

DSC00692.jpg
昨日、ジロデイタリアのレースが行われていた道なので、町の至るところに垂れ幕なんかが掛かっている。

DSC00696_201705271540312d0.jpg
カナツェーイという町で、川沿いを緩やかに上る道は終わり。
ポルドイ峠を目指して本格的な上りが始まる。

DSC00695_20170527154027ab7.jpg
サイクリストが非常に多く、みんな声を掛けてくれる。
普段、こんなサイクリストに囲まれて走ることって無いので心強い。

DSC00699.jpg
ポルドイ峠まであと9km。
昨日と同じように、1km置きに、標高や毎kmごとの平均斜度などが書かれた看板が設置されている。傾斜はロッレ峠よりも若干きつめ。

DSC00700_2017052715404110c.jpg
さらにつづら折りのヘアピンカーブの度に標高まで知らせてくれる。
こんなサイクリストに優しい道、ドロミテだけだと思う。

DSC00701.jpg
今日も素晴らしい景色。
意外と昨日の疲れもない。
むしろ昨日よりも調子いいかも。
キウイ食べまくってるからかな。

DSC00704_201705271540462a7.jpg
一つ残念なのはバイカーがも異常に多いこと。
快晴で、あとジロデイタリアのレースが行われた翌日だからっていうのもあるのか。
けたたましいエンジン音を響かせて次から次へとバイクが通るのでうるさくてしょうがない。

DSC00727_2017052715404778f.jpg
なんでみんなあんなうるさい乗り物に乗るんだろう。
自転車にすればいいのに。

DSC00732_20170527154123724.jpg
景色が開けてきた。

DSC00731_201705271541228b0.jpg
ポルドイ峠まであと1km。

DSC00737_2017052715412680e.jpg
そして到着ー。
標高2239mまで。
サイクリスト、バイカーでわんさか。

DSC00743.jpg
自転車のオブジェとか、銅像みたいなのがある。
ストレッチをしてキウイでクエン酸を補給したらとっとと下山。

DSC00745_20170527154131d54.jpg
峠の反対側も絶景。
上り坂でのレースはまだ楽しそうって思えるんですが、ここを下りながら競争するのはちょっと考えられない。道もそんなに広くないし、舗装がガタガタの箇所もあるし。恐ろしすぎる。

DSC00750_20170527154252bfc.jpg
少し下ったアラッバの町でお昼休憩。
今日はこの町までになるかとも思ってたんですが、思ったよりも早く着いたので先に進みます。

DSC00756_20170527154257e71.jpg
ジロデイタリアの選手はもっと大変な道のりを走っているんだし。
僕も頑張る。

DSC00755_20170527154256925.jpg
1470mまで下ったら再び上りに転じる。
次は2105mのファルツァレーゴ峠まで。

DSC00757_20170527154258a86.jpg
行けるかちょっと不安。

DSC00762.jpg
やはり毎kmごとに看板が設置されている。
峠の頂上まであと6km。
このたった6kmが果てしなく長いのです。
そもそも7kmの看板から6kmの看板までが果てしなく長かったし。

DSC00766_20170527154352ee1.jpg
ただほんとに来てよかった。

DSC00767_20170527154356777.jpg
これまで、サイクリストの聖地と呼ばれる場所をいくつか走ってきましたが、ここドロミテもまた、紛れもなくサイクリストの聖地だと感じました。

DSC00773_201705271543583e9.jpg
そしてゴーール。
バッグの中で寝ていただけのはずのピーターですら、なぜか「もう無理」とぐったり。
いやー疲れた。

DSC00774_20170527154628450.jpg
ここから16km下ったらドロミテ街道の終着地点、コルティナダンペッツォがある。

DSC00775_20170527154630a17.jpg
コルティナダンペッツォが見えた。
カーブを曲がった先に突然現れるこの景色。

DSC00776_20170527154632b09.jpg
ドロミテで一番感動した景色だったかも。

DSC00777_20170527154633cbf.jpg
到着。
建物の雰囲気、景観ともに素晴らしい町だったんですが、思ったよりも観光地色が強かったため、素通り。

DSC00779_2017052715463457e.jpg
もっと静かで落ち着いた町で休みたい。

DSC00782_20170528210524be8.jpg
10kmちょい走った次の町。
スーパーで食料の補給。
そして郊外に出てキャンプ。

DSC00783_20170528210528213.jpg
天気にも恵まれ、思い切りドロミテを満喫しました。
これでもうヨーロッパに思い残すことはない。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると投票されます。
良ければ1日1回クリックをお願いします。


関連記事

2017年05月 31日05:39 イタリア

最近(僕の中で)流行りの野宿地の見つけ方PageTop世界一サイクリストに優しい峠

Comment

ドロミティ通過したんですね。このごろ良く晴れて気持ちよかったでしょう。パラグライダー飛んでた?ピーター君も疲れてしまったみたいで、ご苦労様でした。この日、獲得標高はどのくらいだった?自分は1日で2000mロードバイクであがったことが歩けど、もう一回やるかっていわれたらNo Grazieですね。

お天気最高

無事、走破されて良かったですね!
僕はアラアッバで泊まったけど・・・。

フランスのツール・ルートも同じ表示があります。
現地の人は、カナツエイ辺りまで車で来て、自転車を運び、楽しいヒルクライムだけを楽しんでいるようです。
それと、バイクは休日だけ多いんですが・・・。

さむさん
そういえばなぜかパラグライダーは見なかったですね。快晴だったのに。獲得標高は1500~2000の間くらいだったと思います。1日2000mは僕も南米で一度ありましたが、ほんと死ぬかと思いました。

ヨッシーバイクさん
フランスにもサイクリストに優しい標識があるんですね。ツールの山岳ステージになるようなところは走っていないので知らなかったです。この辺りに来る人はみんな自転車積んでますもんね。ほんと遊び場の多い土地で羨ましいです。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート