田舎の村を訪ねる

2017年6月11日
セルビア5
アメリカを一緒に走ったセルビア人サイクリスト、ボヤーナのいとこの家に滞在中。

DSC01232_2017061214412320b.jpg
町を案内してもらいながら、セルビアの国のことも教えてもらう。
何度も書いてますが、こういう時、ほんとに英語を勉強しておけばよかったと思います。
その国を走ると、いろんな気になることが出てくるし、その国の歴史も気になる。
せっかく現地の人に教えてもらえるチャンスなのに、すごくもったいないと思う。

DSC01234_201706121441243df.jpg
その後、ボヤーナの両親が住むという村に連れて行ってもらった。
滞在中のポジェガからは10kmほど。
結構な山奥に来た。

DSC01243_20170612144254bbc.jpg
ボヤーナのご両親と。

DSC01235_2017061214412683b.jpg
昨日到着してから、すでにもう幾度となく勧められたラキアというお酒。
プラムから作られる、セルビアでは非常にポピュラーなお酒らしい。

DSC01236_20170612144127c65.jpg
ちなみに自家製。
「どこの家にもこの樽があって、みんなじぶんちで作ってるよ」とのこと。
ほんまかいなって思ったけど。

DSC01241_20170612144141863.jpg
あとセルビアに入って、トルコ風コーヒーっていうのが登場するようになった。
パウダー状に細かく挽いたコーヒー豆の中にお湯を入れて一緒に煮立て、それを豆ごとカップに注いだのがトルココーヒー。
なので最後、カップの底には泥状のコーヒー豆が沈殿する。
そして隣にはラキア。

DSC01237_20170612144136fc4.jpg
家畜を飼っていたり、

DSC01240.jpg
ラズベリー畑があったり。
自然に囲まれた素敵なお宅でした。

関連記事

2017年06月 16日05:06 セルビア

セルビアの小学校を見学PageTop節目の日に

Comment

初めまして。

fc2で自転車ブログを始めて、偶然ここを見つけました。
スッゲーですね。
お見受けするに、アメリカからずっと走っているようですね。
家庭を持っているので、長い時間家を空けられない私のようなサイクリストには本当に羨ましいなぁ。
ちょくちょく見に来ます!

Re: 初めまして。

ありがとうございます。
そうですね。
独り身の内に思い切り遊んでおきたいと思います。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート