翻訳サイトとスペイン語

自転車で旅行をしていると現地の人に話しかけられたり親切にしてもらったりして,仲良くなることがよくある。メキシコ以降はずっとスペイン語(ベリーズ除く)なので,頑張ってカタコト以下のスペイン語でコミュニケーションを取るのだが,当然なかなか意思の疎通は取れない。

そこで便利なのが,「グーグル翻訳」とか「エキサイト翻訳」などの翻訳サイトである。スペイン語と日本語で翻訳をし合い,パソコンを囲んで会話をするわけだ。しかしこの翻訳サイトが使ってみると実は,便利なのか不便なのかよくわからないシロモノなのである。

「英語→日本語」で翻訳サイトを利用したことがある人は多いかと思うが,そのとき不自然な日本語になることがよくある。でもなんとなく意味は理解できるだろう。でも,「スペイン語→日本語」の場合,英語を翻訳したときよりも100倍ぐらい不自然な日本語になるのだ。もうまったくの意味不明。なんとなく意味が感じ取れることすら稀。

はっきり意味が通じることは皆無で,おぼろげに内容を理解できることが10回に1回とかその程度。
ほとんどスペイン語がわからない僕ですら,日本語訳よりもスペイン語の原文を見たほうが理解できるレベルで意味不明。冗談じゃなく本当に。

以前聞いたことがあるのだが,スペイン語は日本語よりもフランクな表現が豊富らしい。今まで僕が会話した人はそういうフランクな文章のまま翻訳してしまうせいで,変な日本語になってしまうのかもしれない。
あともうひとつ,現地の人がよく文章を書くときに,略字で「q」一文字で何かを表すことがある(後で聞くと「que(何)」の意味らしい)。当然そんな時は,日本語に翻訳されずに「q」のまま日本語訳になってしまう。ほかにもそういう表現があるのか,日本語訳された文章の中には,かならずいくつかスペイン語のままの言葉がある。そういうのも翻訳をわかりにくくしている理由のひとつだろう。
現地の人とコミュニケーションを取るためには,僕がちゃんとスペイン語を勉強するしかないということみたいだ。
関連記事

2014年05月 15日05:05 情報と雑談

チーノPageTopブログを見てくださっている皆様へ

Comment

ブログ再開おめでとう!!心待ちにしていました。それにしても遥か彼方までちゃんとパソコン届いたんですね。毎日の楽しみが復活しました。仕事で疲れ果ててもこのブログで気持ちが救われています。

私の名字も崎山で、どこか縁を感じ、ひそかにみまもっております。
スペイン語は発音に即した綴りが多いと聞いていたので、簡単なイメージがあったのですが、なかなか難しいのですね…

130R先生
いや,まだ届いていないんですけどね。
ただ少しずつですが更新していきます。
毎日更新になるのはまだもう少し先なので,もうちょっと待っててください。

名無しさん
奇遇ですね。まあ本当は「﨑」山なんですけどね。
スペイン語は英語よりは簡単だと僕は感じています。
フランクな(汚い)表現が豊富と聞きましたが,おそらく外国人にはそんなに使ってこないと思うので,普通に現地人とコミュニケーション取ったりすることはそんなに高いハードルではないと思いますよ。

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://sakiyanma.blog.fc2.com/tb.php/366-54e1310a

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート