アンティグア到着

2014年5月1日
グアテマラシティ

DSC06951.jpg
昨夜はグアテマラシティの消防署を訪ねて泊めさせてもらっていました。
しかも消防士さんたちのベッドをお借りすることができた。
普段なら断ってテントを張らせてもらうところだけど,昨日は夕方から深夜まで激しい雷雨が続いていたのでお言葉に甘えることにした。

DSC06953.jpg
朝,とっととグアテマラシティを抜けて山道へ。
グアテマラシティは,交通量の多さや排気ガスの汚さなど,どことなくメキシコシティを思わせるストレスフルな町だったので,写真も取らずにすぐに抜ける。凶悪な排気ガスから逃れたい一心で山道に入ったはいいものの,バスやトラックはひっきりなしに通り続けるのでどっちにしろきつかった。しかもバス,トラックは上り坂なので平地よりもエンジンを踏み込んで黒煙のような排気ガスを撒き散らして走るわりに,時速15kmくらいのスピードしか出せずにゆっくりと排気ガスを振りかけてくるので,逆にこっちのほうがきつかったかもしれん。

DSC06954.jpg
そして雨が降ってきた。
5月に入って,もうこのあたりの地域は雨季に入りつつあるみたいだ。
グアテマラシティからアンティグアまで抜ける600mアップの峠を本当は押さずに頑張って上りきろうと思っていたのだが,集中力も切れ,木の下で雨宿り。

DSC06955.jpg
しかもだんだん強まってきているし。
しょうがないのでレインコートを引っ張り出して嫌々出発。
高度計を見ると,頂上まではあと標高で100mくらいみたいだったし。

DSC06956.jpg
そっから山頂まで上って,一気に下りて,雨が弱まってきた頃,急に道路が石畳になった。
もうここがアンティグアらしい。下り坂の先にある町というのは,いつもあっけなく到着する。

DSC06957.jpg
メキシコでも石畳になっている町はたくさんあったけれど,こんなガタガタな石畳は初めて。
そのへんの未舗装路よりもよっぽど走り辛い。
ええカッコしようとしてんのか知らんけど,調子乗って石畳になんかせんでええねんって心の中で思っていました。内緒ですけど。

DSC07016.jpg
目的のペンション田代という日本人宿を訪ねる。
看板すらない宿で探すのに少し苦労した。
関連記事

2014年05月 26日05:38 グアテマラ

アンティグアの悲劇PageTopグアテマラの本気

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://sakiyanma.blog.fc2.com/tb.php/367-80ee66e2

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート