食育業界に物申す!

2014年6月21日
ニカラグア2
出発して1年とちょっとが経ったけれど,出発時と大きく変わったのが,食に対する考え方。
ものすごい健康的な食生活を心がけるようになった。
一番ひどかったカナダ辺りの食生活をざっくり言うと,摂取していた食品の9割くらいが炭水化物(小麦粉製品),残りが脂質とわずかのビタミンなど……という最低なものだったけれど,中米に入ったくらいからかなり改善されている。

DSC07446.jpg
筋肉の元となる,たんぱく質摂取のため,苦手な牛乳もちゃんと飲みます。
朝ご飯のオートミールを牛乳で煮て食べたり。

DSC07451.jpg
走行中もゆで卵でたんぱく質補給。
ゆで卵は1日2個食べています。コレステロールの取りすぎとの声もありますが,毎日運動をしているので,多分大丈夫だろうという話で現在は落ち着いています。
他にはビタミン,ミネラル補給のため,トマトも毎日大量に食べています。

昼ご飯や晩ご飯には,これまでチキンを食べることが多かったけれど,最近になり,「脂質を取りすぎている説」が浮上してきている。低脂肪,高たんぱくな食品を探し求めて,現在試しているのが,中米地方ではおなじみの「フリホレス」という名前の豆のペースト。スーパーでも買える。豆製品(元の見た目は小豆みたい)なので,たんぱく質が豊富で低脂質。
DSC07456.jpg
これはレタス,トマトと一緒に食べている。特においしくはない。

最近はネットを開いては,食品の栄養素や,各栄養素の働きなんかを調べている。
グアテマラから一緒に旅行をしている小笠原君との会話の半分は,食に関する話題なくらい,僕たちの中で今,「食」がアツイ。
これを食育と言わずしてなんと言おう。

日本では近年「食育」が盛んに行われている。
その甲斐あってか,日本人の食に対する考え方や知識はすばらしい気がするし,健康面で見る日本食のすばらしさも世界屈指な気がする。
しかし,勘違いしている人が多い気がするのは,「食育」とは“手段”であって“目的”ではないということだ。僕の場合は,もっと快適に楽に自転車で走れるようになりたいっていう目的があって,こうやって調べては,食生活を試行錯誤しています。
「健康になって何がしたいか」っていう目標が明確でなければ,「健康になる方法」を学ぶ意味なんて見出せないんじゃないか? そんなことまで偉そうに考えたりする,今日この頃です。

DSC07455.jpg
そんなこんなでレオンという,ニカラグアで2番目に多きな町に到着。

DSC07453.jpg
中米最大級のカテドラル(大聖堂)
でかい。

DSC07460.jpg
夜はホテルに泊まり,白菜,セロリ,にんじんのミルク煮を作る。
キッチンで調理ができる機会は貴重なので,こういうときに普段食べられない野菜をたくさん食べておく。
関連記事

2014年06月 26日05:05 ニカラグア

久々の治安の悪そうな町PageTopニカラグア国境の町『ソモティリョ』の無料宿泊施設情報

Comment

Commentの投稿

 管理人だけに表示する

TrackBack

http://sakiyanma.blog.fc2.com/tb.php/389-d280ab43

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート