アンデス山脈突入!の巻

2014年8月7日
コロンビア9

DSC08590.jpg
タラサの町を出発。

DSC08591.jpg
この辺りは水が豊富らしく,そこら中でホースの水が出しっぱなしにされている。
ちょっと手前の町では断水になって水が使えなかったりしていたのに。この有り余った水をそっちにまわせないものなのか。
ここでシャワーを浴びていこうかすごく迷ったけれど,雲が掛かっていてわりと涼しかったので断念。

DSC08596.jpg
朝から40km走ってバルディビアという小さな町に到着。
この40kmはアップのつもりで走っていた。
なぜならここは,アンデス山脈の入り口の町でもあるからだ。

無題
南米大陸の西側には大陸を縦断するようにアンデス山脈が走っている。
南米大陸の出発地点カルタヘナからここまでの約460kmは,せいぜい標高100m前後の低地が続いていたが,この先はゴールのアルゼンチンまでひたすらアンデス山脈を縦走していくことになる。
とりあえず今日は,目的の町までの残りの20kmで標高を1000mまで上げる。

DSC08597.jpg
お昼ご飯を食べて少し長めの休憩を取る。

DSC08599.jpg

DSC08602.jpg
この橋を渡ったところから上り坂が始まる。

DSC08604.jpg
しばらく上ったところからの景色。

DSC08610.jpg
ここの坂は勾配にムラがあって,ときどき恐ろしく急勾配な坂道があるのがちょっとめんどくさい。

DSC08614.jpg
工事中のおじさんにキンキンに冷えた水をもらう。
うますぎる。

DSC08627.jpg
結構上ってきた。

DSC08629.jpg
時間帯によって光の当たり方が違うので,毎回違った雲の表情を見られるのがいいですよね。

DSC08630.jpg
あそこが今日の目的地っぽい!
町になっているって知らなかったので,これはうれしい誤算。

DSC08634.jpg
本当にちゃんとした町になっていた。
グーグルマップには町の表記は無かったのに。

DSC08640.jpg
とりあえず,今日の頑張りを無に帰すパンの暴食。
ショーケースを指差しながら「これと,これと……」って言っていくんやけど,袋に入れてくれるんじゃなくて,そのまま手渡してくるので,急いで食べながら注文していく。

DSC08642.jpg
セントロ(中心街)に移動。

DSC08645.jpg
見晴らしの良い場所から。

DSC08644.jpg
こんな場所で凧を上げたらさぞ気持ちいいことでしょう。

DSC08654.jpg
夜はその見晴らしの良い場所でキャンプ。
ここは警察署のすぐ裏側に位置するので,安全だからここでテントを張ったらいいよと警察署で教えてもらいました。
標高が上がって涼しくなり,久しぶりに寝苦しくない夜を過ごす。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート