祝! 自転車旅とブログの毎日更新再開!

2014年9月10日
コロンビア1

DSC09185.jpg
1ヶ月のときを経てメデジンを出発。
グアテマラから一緒に走っていた小笠原くんですが,日本から送ってもらっている荷物を待つために,ここで一旦お別れ。特に,どこそこでという約束はしていないけれど,目的地が一緒なので,多分いつかまたどこかで会えるでしょう。
今日は20kmそこそこしか走らないので,ホステルで昼ごはんを食べてから余裕の1時出発。
……が,2kmくらい走ったところで,引き返す。

DSC09179_20140910063010125.jpg
滞在中に,ペダルをトゥークリップ(足をカポッてはめてベルトみたいなんで固定するやつ)から,ちょっと大きめの普通のペダルに交換したんやけど,やっぱりこれがイマイチ。ペダルに付いている突起で靴が滑ることはないんやけど,それは踏み込んでいるときの話で,ペダルを回していて足が真上に来ているときなんかには結構動く。
慣れの問題なんかもしれんけど,気になるので,ペダルを買った自転車屋へUターン。トゥークリップ用のペダルに交換してもらった。

DSC09186.jpg
1時間のタイムロスで2時に再出発。

DSC09187.jpg
メデジンの町を抜けるまでは,交通量と排気ガスに耐える。

DSC09191.jpg
町を抜けたら上り坂がきつくなる。
体がなまっているので,当然のことながらしんどい。
なまった体を本調子まで戻す作業が嫌いだ。
すごいムダなことしてるなって思うから。

DSC09193.jpg
夕方,カルダスの町に到着。
久しぶりにこういう小さくて活気のある町に来れたのが嬉しい。
多分自転車旅行者はほぼ全員そうだと思うけど,大きな町よりもこういう町の方が好きだ。
そもそも大きな町と自転車っていうのは相性が悪いので。

DSC09197.jpg

DSC09196.jpg
こういう定番の定食を食べるのも久しぶり。
これは別に時間があいたからといってそんなに食べたくなるものではない。

DSC09200.jpg
夜はガソリンスタンドの空き地を借りてキャンプ。
昨日までの快適なホステル暮らしから一転,辛くて不便な生活が始まることになる。でも不思議とそんなマイナスの気持ちよりも,この生活に戻って来れた嬉しさの方が大きい。やっぱり僕は,宿でネット三昧の日々を過ごすのでもなく,いろんな観光地を回るのでもなく,宿で出会った日本人とおしゃべりをするのでもなく,現地の人と仲良くなって飯おごってもらうのでもなく,自転車で世界を走るために,ここにいるんだということを,走りながら感じていた。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート