一路,海を目指す

2014年10月1日
7エクアドル
この先のルートなんですが,ちょっと事情によりアンデス山脈を離脱し,海岸沿いのグアヤキルという町を目指します。まぁネタバレですが言っちゃうと,グアヤキルから飛行機でガラパゴス諸島に行くのです。
グアヤキルまでのルートはいくつかあるのですが,最後にアンデスを満喫していくために,4000mの峠を越えて行くルートを使うことにします。4000mといっても,すでにここが標高2000m台後半なので,むちゃくちゃ大変というわけでもないと信じたい。

DSC09981.jpg
前置きが長くなったけれど,出発。
ここから次の町が,大体100km先。
2日掛けて行くので,今日は余裕のお昼出発。

DSC09982.jpg
アンバトの町を抜けるまでが結構大変。
道もややこしいし,坂道が多いし。

DSC09984.jpg
看板の真ん前に木を植えるセンスに脱帽。

DSC09990.jpg
山の斜面に小さな町があるけれど,周りを斜面と崖に囲まれている。ちゃんと道繋がってるのかな。

DSC09986.jpg
アンバトの町を抜けると,走りやすい一本道になる。
あとはひたすら漕げばいいだけっていう状況になり,急に4000mの峠にワクワクしてきた。4000m到達は明日だけれど,楽しみ。

DSC09993.jpg
しかし急に天気が崩れてきて小雨が降り出し,テンションだだ下がり。山の天気は変わりやすい。

DSC09995.jpg
小さな集落みたいな町で休憩。
次の補給ポイントに着くのは明日の午後になると思うので,食料と水を買っていく。

DSC09998.jpg
休憩している間に奇跡的に風向きが変わり,急に晴れてきた。
標高3000mを超えているとはいえ,太陽が出ているときの上りなら,半そで半ズボンになる程度には暖かい。

DSC00001.jpg
まだちょこちょこ民家や牧場,畑がある。

DSC00005.jpg
野宿場所を探しながら進む。

DSC00009.jpg
標高3500m地点。
手頃なところで茂みに入ってキャンプ。
こういう茂みに入っての野宿って相当久しぶりな気がするけれど,ものすごくワクワクする。
このワクワク感はやっぱり自転車旅行には欠かせない醍醐味の一つだと思った。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート