グアヤキル到着

2014年10月4日
エクアドル15

DSC00138.jpg
赤道直下の国エクアドルを走行中。
昨日,山岳地帯から海抜100mの低地に来たわけですが,思ったよりも暑くない。むしろ朝なんか,Tシャツ1枚だと肌寒いくらい。
目的地の大都市グアヤキルまでは80km程度。ひたすら平坦な道なので,昼過ぎにはグアヤキルに到着するでしょう。

DSC00139.jpg
平地の走行っていうのは楽なんですが,作業感が強い。
退屈。

DSC00161.jpg
退屈な作業を終え,予想通り昼過ぎにグアヤキルに到着。
調べてみると,グアヤキルはエクアドルの首都であるキトよりも人口が多いとか。まあキトは標高3000m近くある山岳地帯の町なので,海岸沿いの方が栄えやすいのは当然ですが。

DSC00148.jpg
グアヤキルはガラパゴス諸島への玄関口としても知られており,7日の飛行機でガラパゴスに行くつもりでここに来ました。ガラパゴスへのチケットを取ったのは10日ほど前。コロンビアの国境の町で。出発前々日の5日グアヤキルに着くように計算して走ってたんやけど,ドンピシャで5日に到着することができた。

DSC00153.jpg
と思ったら今日はまだ4日だった。
セントロ(中心街)にあるホテルにチェックインした時に,受付の人が台帳に日付を記入しているのを見て気がついた。僕はずっと自分のパソコンのカレンダーを見て予定を立ててたんやけど,パソコンの時計は日本時間のままなので,時差の関係で1日早くなっているのを忘れていた。まあ早く着く分には構わないんやけど。
ついでにその台帳の,僕の名前が書かれている欄が502号室だったのが目に入り,ちょっと目眩を起こしそうになった。自転車とバッグ,合計60kgを5階まで運べというのか。

DSC00151.jpg
しかも1階はロビーだけで,2階から101号室が始まるので,502号室があるのは6階だった。
高地トレーニングの効果も実感できないほど,心臓バクバク,足フラフラで運びきる。
でも一泊5ドルの激安宿だから文句は言えない。
ついでにwifiが1階のロビーでしか使えなくて,ネットを使うたびに6階と1階の往復をしなければならないのも,文句は言えない。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート