サンクリストバル島編

2014年10月9~10日
ガラパゴス2
フェリーで揺られること2時間。
別の島,サンクリストバル島に来ました。

DSC00288.jpg
この島にはアシカがたくさんいることで有名で,海岸沿いの道を歩いているとそこら中で寝てる。

DSC00353.jpg
ビーチで泳ぐアシカ。

DSC00354.jpg
砂まみれで死んだように眠るアシカ。

DSC00313.jpg
自転車をレンタルして,島を回る。
町から離れたところに,ガラパゴスゾウガメの飼育センターがあるらしく,そこまで行こうと思ったのだが,距離を聞くと20kmほどだと言う。そんなん毎日自転車で100km走ってる僕には楽勝やと思って,いざ向かうが……,

DSC00317.jpg
むちゃくちゃきつかった。
まず思いのほか上りがきつかった。最大600mまで標高を上げて,さらにそこから数百m下ったところに飼育センターがあるので,往復で1000m近く上ったと思う。

DSC00315.jpg
もう一つは自転車がオンボロ過ぎだったこと。
サドルがすごく悪くて,短時間しか乗っていないのに,お尻がむっちゃ痛くなった。

DSC00322 (2)
そしてガラパゴスゾウガメの飼育センター。
柵もないところなので,まじまじと観察できる。
ゾウというよりは恐竜のような肌。

DSC00318.jpg
近づくとすぐに顔を引っ込める。
そういえば北半球と南半球でカメの首の引っ込め方が違うと聞いたことがあるけれど,赤道直下に住む,ガラパゴスゾウガメは北半球方式でした。(南半球のカメは首を横に向けてしまうとかじゃなかったでしたっけ?)

DSC00329.jpg
接写。
気持ち悪い。

DSC00328 (2)
こっち見んな。

DSC00336.jpg
帰りに,湖に立ち寄る。
ここはガラパゴス諸島唯一の淡水の湖だとか。

DSC00338 (2)
魚釣りに励む鳥の姿が見られる。
よく海でも空から急降下して魚を取っている鳥の姿を見かけるけれど,あれの成功率が気になる。海面の魚めがけてダイブして捕まえるとか,かなり難しそうやけど。

DSC00343.jpg
この湖は標高600mの一番高いところにある湖なので,遠くまで見渡せてすごくよかった。
島にはなかなか来ないので,島の景色というのも新鮮だった。
ここにはグンカンドリがいると聞いてきたんやけど,残念ながら姿は見られず。

この絵の鳥がグンカンドリ↓
DSC00286.jpg

DSC00395 (2)
一応,港で姿を見掛けたんやけど,ノドにある赤い袋は膨らましてくれなかったので,せっかくだから見たかった。

DSC00305.jpg
夕方。

DSC00298.jpg
1日中寝てる。

DSC00308.jpg
よく見るとブサイクだ。

DSC00375_201410130053374a9.jpg
港にはたくさんのカモメの姿が。

DSC00365_20141013002810e81.jpg
サンクリストバル島は夕焼けがすごく綺麗だった。
これまでも,夕日が綺麗だった場所はずっと印象に残っている。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート