ラテン系の気質

2014年10月18日つづき
ペルー1
現在位置。
エクアドルからペルーに入国したところから。
こうして見ると,まだまだ南米は長い。

DSC00500.jpg
ペルーのロゴマークがかわいい。

DSC00507.jpg
エクアドルの後半は常に曇り空で,数日間,全く青空が見えなかったけれど,今日は見違えるような快晴。

DSC00509.jpg
ペルーの海沿いの町がしょぼすぎる。
スラム街のような集落が点在している。
でも不思議とそんなに嫌な雰囲気はしない気がする。

DSC00512.jpg
海が見えだした辺りから急に向かい風が強くなる。

DSC00519.jpg
もう1時間くらいこの直線の道を走ってる気がするけど終わりが見えない。向かい風でスピードも出ないし余計に長く感じる。

DSC00520.jpg
休憩したカフェみたいなところで,初めてインカコーラを飲む。
南米を旅行している人のブログでたびたび見かけるインカコーラ。
いざ飲んでみると,全くコーラではなかった。
味に特徴があるわけでもなく,どこかで飲んだことのあるようなありふれた感じ。そこまで美味しいわけでもない。「インカコーラ」の名前がなければ見向きもされないような飲み物だった。多分2度と買うことはないと思われる。

珍しく長文を書きますが,ここのオーナーがアメリカ人だった。
インカコーラを飲みながら,「ここから○○の町(今日の目的地)まであと何kmくらい?」って訊いたんやけど,アメリカ人オーナーは「何kmかはわからんけど,車で○○分くらいだから自転車だったら○○分くらいじゃないか?」と答えた。
僕はその答えを聞いて,この人は信用できる人だなと感じた。

こういう場合,ラテン系の地元民はだいたい「○○kmだ」と断言する。
しかしこの時,この地元民は,あと○○kmと知っているわけではなく,適当に答えているのである。

ラテン系の人たちと接していてよくあるのが“喜ばせておいて後でガッカリさせる”というパターン。例えば,この「あと○○km」の話だと,たとえば「どこそこまであと5kmだ」と断言されて,そのどこそこに5kmで着くことはまずない。(経験的には大体言った距離の2倍前後で着くことが多い。最初から言われた距離の2倍だと思っておいたら後で腹を立てずに済む。)
喜ばせようとしているわけではないと思うけれど,「あぁ,あそこならすぐすぐ」と適当に短い距離を言っているだけだ。こういう風に適当に喜ばせておいて,あとでムカつく思いをすることがすごくよくある。

分からなければ正直に分からないと言えばいいのに,なぜそれができないのか?
ラテン系の人たちはフレンドリーで親切な人が多いとみんな言うけれど,そんな真摯さに欠ける適当で上辺だけの人間と仲良くなりたくないと僕は思う。
正直に自分のわかる範囲で正確な情報を教えるのが,本当の親切,優しさじゃないだろうか。そういうことのできるこのアメリカ人が素晴らしいなと思ったというお話。

DSC00521.jpg
話は戻りますが,さらに向かい風の中進み,

DSC00523.jpg
目的の町に到着。

DSC00525.jpg
ペルーで初の外食。
量が多くて安いのって言ったら,魚のフライだと言われたので注文。
海沿いを走っているだけあって,このあたりは魚介の料理が豊富みたいだ。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート