最初の町プキオ

2014年11月22日
ペルー南部11

DSC01214.jpg
アンデスでの目覚め。
テントを片付けていると,小さな女の子がスープを持ってきてくれた。朝からほっこりして心温まる。
昨夜は町の中でテントを張っていた。寝る準備をしているときに散々町の人に質問攻めにあったので,この小さい町の中ではちょっとした有名人なのかもしれない。

DSC01241_201411270453489a2.jpg
そろそろ出発しようというところに,またさっきの女の子がやってきて,とうもろこしを焼いたのを大量にくれた。

DSC01219_20141127043456505.jpg
普段から色んな人に親切にされ慣れている僕でも,嬉しくてちょっと泣きそうになった。せめてものお礼と思って,当て字の漢字で書いたその女の子の名前と,「Gracias ありがとう」の言葉をメモ帳に書いて渡した。

DSC01220.jpg
昨日に引き続き下る。

DSC01224_20141127043516bad.jpg
よく見る看板。
『ねぶりな』の単語がずっと気になっていたので調べてみると,霧とかスモッグという意味でした。『霧注意』とかそういうことでしょう。
スペイン語では日本語に聞こえるものがちょくちょくある。
例えば「Fuerte(フエルテ)」は「強い」という意味。「手が増えると強くなる」と覚えます。

DSC01229_2014112704352385a.jpg
相変わらずアンデスの景色はすごい。

DSC01227_201411270435217a3.jpg
アンデスを走っているときは結構同じような写真を載せていますが,生で見ると本当にすごいんです。

DSC01231.jpg
真ん中あたりに小さな集落みたいなのがある。

DSC01231 (2)
拡大図
あんな急斜面に作らんでもと思わずにいられない。

DSC01232_2014112704355305e.jpg
下ったり上ったりを何回かずつ繰り返して,ようやくナスカ以降初めてのちゃんとした町,プキオが見えてきた。

DSC01235_201411270436071a7.jpg
プキオ。
まあたいしたことない。

DSC01234_201411270436040db.jpg
何より残念なのはこの町でネットが使えないこと。
結構頑張って探したけれど,どこのホテルにもレストランにもWifiは無し。ネット屋にもWifiはなく,店のパソコンか有線接続でのみ。

DSC01239.jpg
仕方なくとっとといるものの買い物を済ませ,ホテルにこもる。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート