温かい水(直訳)

2014年12月13日
南部1

DSC01638.jpg
昨夜は雨に降られて,テントのところだけ乾いている。

DSC01639.jpg
だいたい毎日,午前中は晴れて午後から夜に掛けて天気が崩れるというパターン。

DSC01641_2014121623501644b.jpg
川沿いに少しづつ標高を上げていく。

DSC01644.jpg
昼頃ちょうど大きめの町に着いたのでお昼を食べていく。
ペルーの定食屋はだいたい6~8ソル(300円前後)でスープとご飯メインのセットが出てくる。
ここで値段を訊くと,3.5ソル(140円)と。
妙に安いのでひょっとしてスープだけなのかと思ったら,ちゃんとご飯とメインも出てきた。

DSC01643_20141216235019490.jpg
これはひょっとして「トレス・シンクエンタ(3.5)」じゃなくて「トレセ・シンクエンタ(13.5)」って言ったのかと思ってドキドキししながら会計をするも,ちゃんと3.5ソルだった。
ペルー最安のご飯でした。
しかもかなり美味しかったし。

DSC01645_201412162350229e9.jpg
この辺の景色が田舎ののどかな感じがして,すごく良かった。

DSC01647_20141216235048ccb.jpg
アップダウン的には全然大したことのない道なのに、すごくつらい。
クスコ滞在中に食あたりで寝込んだのが響いているのか。
しんどい上,雨まで降ってきて,もはや人生に絶望しながら自転車を漕いでいると,

DSC01651.jpg
『アグアス・カリエンテス(温かい水)』の看板が!
ここが今日の目的地でした。
『温かい水』が何を意味するかというと……,

DSC01653_20141216235052289.jpg
温泉なんです。
お風呂に浸かるのは,多分10ヶ月前くらいにメキシコシティで入った以来。最高に気持ちよかった。

DSC01655.jpg
温泉には夏のアラスカ,カナダでも入ったけれど,その時と何が違うって,外気温。
アラスカ,カナダでは夏だったので,かんかん照りの中で入ったんやけど,これが全く気持ちよくなかった。
一方ここは標高4000m。この寒さの中入るあったかい温泉っていうのがもうたまらんかった。

DSC01656_20141216235131a09.jpg
温泉が吹き出している。
水温は場所にもよるんですが、並からぬるめの間くらい。僕はすぐにのぼせてしまう方なので,逆にありがたくて,ずっと並とぬるめのゾーンを行ったり来たりしていた。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート