ペルーはいつも雨

2014年12月17日
南部4

DSC01712.jpg
プーノの町を出発。
クスコ以降は汚い町が多い。
ご飯の値段も下がったし,この辺りは貧しい地域なのかもしれない。

DSC01717_201412202039224ac.jpg
チチカカ湖を横目に走る。
チチカカ湖はボリビアまで続いている。

DSC01715_20141220203900f7a.jpg
チチカカ湖にはワラで作った浮島があって観光名所になっているけれど,このワラが多分そう。島だけじゃなく家とか船もこのワラで作っているらしい。

DSC01718_201412202039296e8.jpg
アルパカ。

DSC01719_20141220203926a50.jpg
これは羊。
遠目で見るとちょっと紛らわしい。

DSC01720_20141220203930c2f.jpg
102km先の町がボリビアとの国境の町。
明日の昼頃に到着予定。

DSC01724_2014122020393153c.jpg
昼立ち寄った町の中華屋でお昼。
中華屋ではオープンキッチンになっている場合がちょくちょくある。

DSC01726.jpg
チャーハンと肉野菜炒めのセット。
うまい。

DSC01727.jpg
イタリア人サイクリスト。
アルゼンチンからエクアドル旅行しているらしい。
2人とも60前らしいんやけど,その年で標高4000mを自転車で走るとか驚異的過ぎる。

DSC01728_20141220203958816.jpg
見かけたことがないバッグだったので,「イタリアブランドのバッグなんですか?」ってきいたら,なんと手作りだとのこと。びっくり。ちゃんと防水仕様になっている。

DSC01731_2014122020395818b.jpg
この辺りでは,町の入口の看板に標高が書いてある。
だいたいずっと3800m台で横ばいなので,別にいちいち教えてもらう必要はない。

DSC01734_20141220204022f3b.jpg
あとこのフリという町からちょっとしんどめの丘越えがある。

DSC01737_20141220204026030.jpg
ちょっと離れればいくらでも平地があるのに,なんでわざわざこんな丘の斜面に町を作るのかが謎。町の中は結構な斜度の坂が多く,歩くのもしんどいやろうに。

DSC01740_201412202040253f9.jpg
このあと雨に降られて,よくわからない雨をしのげるところでテントを張らせてもらう。そばに民家もあるし,道路からも丸見えの場所だけれど,そのへんのおばさんにきいたら安全だとのことだったので,その言葉を信じて寝る。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート