世界一登りやすい6000m峰ワイナポトシに挑戦(前編)

ワイナポトシ

2014年12月20~21日 <出発まで>
ペルーの首都リマで会った日本人旅行者に,ボリビアのラパス近郊に世界一簡単に登れる6000m峰があるという話を聞いてずっと興味を持っていた。
そしてラパスのホテルに着いた日,ちょうどそこに泊まっていた日本人旅行者がそのワイナポトシという山へのツアーを申し込んできたところやって,僕も便乗させてもらい一緒に申し込むことにした。2泊3日のスケジュール。

DSC01809.jpg
出発前日の晩はワイナポトシ登頂を祈願してカツ丼!玉ねぎの盛りつけは汚いですけど,味はおいしかった。
そういえばラパスには『けんちゃん』という有名な日本食レストランがあって,50ボリくらい(約850円)でカツ丼が食べられるらしい。なので僕は世界一周後にラパスで『しんちゃん』っていう日本食レストランをオープンして,30ボリでカツ丼を出す計画を立てています。


2014年22日 <1日目>
朝,ツアー会社でピックアップされて,ワイナポトシのベースキャンプまで連れて行ってもらう。
そういえば装備類は全部レンタルしました。またその辺りの詳細は後ほど書こうかなと思います。

DSC00007.jpg
パンク修理待ち。
すでに景色がすごい。

DSC00037.jpg
昼頃にベースキャンプに到着。
標高4700m。スタート地点がすでに富士山の山頂よりも1000m高いっていう。

DSC00010_2014122600492889c.jpg
初日は登山は無しで,アイゼンとピッケルを使う練習をするだけ。

DSC00017.jpg
楽しい。
本番ではこんなところ登らないんですけどね。
どっちかというと,ただの遊びです。

DSC00033_20141226005030a86.jpg
10mくらいの氷の壁を登るまでに5回くらい滑落しかけた。
というか命綱がなかったら落ちてた。

DSC00035_20141226005038cfa.jpg
3時ごろにベースキャンプに戻る。
その後はゆっくり休憩。

DSC00038_20141226005052a9a.jpg
ガイドがご飯を作ってくれる。
4700mといえども,ちゃんと電気はガスは使えるので,ご飯は一応ちゃんとしたものが出てくる。
夜は8時頃に就寝。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート