ペルーの定食を少しだけ解説

DSC00920_2014122722190165d.jpg
ペルーは南米の中でも特に定食屋のメニューの種類が多い。
僕も毎日外食はしていなかったので情報量としては少ないが,ペルーを旅行する人の参考になればと思い,よく見かける定番メニューを写真とともに解説。

その前に簡単に書いておくと,
Pollo:鶏肉
Res,Carne:牛肉
Cerdo:豚肉
Pescado:魚介

Furito,Furita:フライ
Sopa:スープ
この用語を分かっているだけでなんとなくどんな料理が出てくるのか想像することもできる。

○Lomo Saltad(ロモ・サルタード)
DSC01410 - コピー
定番中の定番料理。簡単に言うと肉野菜炒め。
醤油で味付けされているので,日本人は抵抗なく食べられて美味しい。
間違いなく美味しいけれど,決して味を期待して食べる程のものではない。

○Milanesa de Pollo(ミラネサ・デ・ポヨ)
DSC00919_20141227212549df2.jpg
卵が多めの衣で包んで揚げたもの。
これも日本で食べたことがあるような味。
美味しい。

○Tallarin Saltad(タジャリン・サルタード)
DSC01710_20141227212612074.jpg
「タジャリン」っていうのはパスタのこと。
想像だけれど「Saltad」が「~炒め」にあたるっぽいので,これはパスタと焼きそばの中間のような料理。
残念なのはペルー人に「アルデンテ」という概念がなく,基本的に麺はブヨブヨに伸びた状態で出される。簡単に言うとまずい。

○Arroz con Pollo(アロス・コン・ポヨ)
DSC00939_20141227212550629.jpg
英語に訳すと「Chickenin rice」。
しかし米と鶏に関連性は特にない。
米はピラフ,鶏は普通に焼くか揚げるかして出てくる。

○Arroz Chaufa(アロス・チャウファ)
DSC01237_20141227212553cd5.jpg
チャーハンのこと。
安定した味。

○Escabeche de Pescado(エスカベッチェ・デ・ペスカード)
DSC01099_20141227212551742.jpg
写真ではわかりにくいけれど,揚げた魚をちょっと酸味のあるタレみたいなので絡めてある。
確か,わりと美味しいと思った気がする。

○Sopa de Tulucha(ソパ・デ・トゥルーチャ)
DSC01279_2014122721260993b.jpg
「トゥルーチャ」っていうのは山岳部でよく食べられるサケに似た魚。
これはスープだけれど,トゥルーチャはフライにして出されるのが一般的。

○Cebiche(セビーチェ)
DSC01748_20141227212615532.jpg
代表的なペルー料理のひとつ。
店で食べると高いけれど,沿岸部の町ではよく屋台で1~2ペソ(40~80円)くらいで売っている。
さっぱりしていて美味しい。
ついでに一緒に付いてくる,このとうもろこしと揚げたものも美味しい。

○Anticucho(アンティクーチョ)
DSC00842_20141227212547fa2.jpg
これもペルーの代表的な料理。
牛の心臓の串焼き。これはかなりうまい。
内蔵と普通の肉の間くらいの食感と味。
屋台でも売っているけれど,屋台ではトリのハツが出てくることがよくある。
レストランで食べたほうが高いけれど,肉厚で美味しい。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート