憂鬱な出発

2015年1月6日
ボリビア
気がつけばラパスには18日間滞在していました。
この先はウユニ塩湖を目指す。世界一周の全行程の中でも特に楽しみにしていたところ。
ウユニ塩湖までは多分1週間くらい。

DSC00297_201501080759227d2.jpg
僕の利用していたホテルにはたくさんの日本人が滞在していたのですが,仲良くしていた人たちのほとんどは昨夜と今朝早くに出発してしまったので,僕はひとり寂しく出発。

DSC00299.jpg
できることならみんなに見送られながら出発したかった。
みんなに見送られるのも当然寂しいけれど,充足感を感じながら走り出すことができる。
でもたったひとりで去るのは,ただただ寂しいだけ。

DSC00302.jpg
本当は僕も他のバックパッカーの人たちみたいに,
「○○さんも次どこそこの町に行かはるんですね。よかったら一緒のバスで行きませんか?」
とか,
「夜行バスやし晩ご飯考えないといけないですね。ちょっと早めやけどどっかで食べていくか,それかパンでも買ってバスの中で食べます?」
みたいな会話をしてみたいんですよ。
少数派である自転車旅行者の悲しいところ。

DSC00306_2015010807592541a.jpg
ラパスはお椀のようにくぼんだ地形にできた町なので,お椀の底の方から“ふち”まで上らなくてはならない。体も鈍ってるし,非常にめんどくさい。
筋力も体力もやる気もないのに,どうしたらええねん。

DSC00308_20150108075941477.jpg
上りが続く。
思ったよりも傾斜がゆるいので,なんとかなっている。
標高4000mくらいまで上るんやけど,自分でもびっくりするくらい呼吸が楽。滞在中にした標高6000mのトレッキングの成果かもしれない。

DSC00307.jpg
頂上付近まで上ってきた。

DSC00311_20150108075942463.jpg
頂上まで上ってこればあとはほぼ平坦な道になる。

DSC00314.jpg
なぜこういう平らな地形の場所にラパスを築かなかったのかと問わずにはいられない。

DSC00313_2015010807594471d.jpg
ちょくちょく雨に降られながらの走行。
久しぶりに走ると,よくこんなにしんどい旅行を1年半も続けてきたなと思う。

DSC00321.jpg
夕方。
わりと強めの追い風が吹き出して,ペースが上がる。

DSC00327.jpg
天気も回復してきた。

DSC00325_20150108080034586.jpg
今日は初日なのでそんなに距離を走るつもりはなかったけれど,追い風さんの手伝いもあって100kmちょい走って終了。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート