塩湖から陸へ

2015年1月14日
ボリビア8

DSC00612_2015011606495852f.jpg
ウユニ塩湖の夜明け。

DSC00662.jpg
用意を済まして出発。
ここから岸までは50kmくらい。

DSC00663_2015011606502043b.jpg
基本的にしっかりした轍があるので,迷わない。
車が通って路面もなめらかなので,普通の舗装路くらいのスピードが出せる。

DSC00689_20150116065025a52.jpg
忘れないうちにトリック写真を撮っていく。

DSC00694_20150116065042695.jpg
岸まであと10kmくらいのところに塩のホテルがあった。
建物からベッド,テーブル,椅子に至るまで塩でできている。
場所は知らなかったけれど一目見てみたかったので,進路上にあってくれたら嬉しいなと思っていたらあった。

DSC00695.jpg
ここまで来るとかなり人も多くて,ちょっとうっとうしい。

DSC00696_2015011606504401d.jpg
塩作りの見学をしている人たち。

DSC00698_20150116065048143.jpg
岸に到着。
塩湖内の走行は2日間で110kmでした。
しかし,実はここはウユニの隣町でウユニの町まではここからさらに25kmくらいあるらしい。未舗装路なので結構めんどくさい。

DSC00703.jpg
そしてウユニ。
町で会ったサイクリストに教えてもらったホテル。
無駄に広いわりに宿泊者が少なくて心おきなく塩だらけの荷物を洗えた。
自転車,バッグ,テント,エアマット,服,靴などなど,洗いに洗って午後は過ぎていく。

DSC00704_20150116065151127.jpg
夜は肉を食べに行く。

DSC00707.jpg
1回限りだけれど,盛り放題のサラダに,

DSC00708_20150116065153d86.jpg
初リャマ肉。
でかくて食べごたえ十分。
リャマ肉ですが,牛肉だと言って出されたら,「やけに硬いな」と思いながらもそのまま食べてしまいそうな味でした。
これで20ボリ(340円)は格安。

DSC00369.jpg
ちなみにリャマはこいつのことです。
ひょっとしたらアルパカかもしれないですけど。

そして肉がうまいからこそ米のクオリティの低さが目立つ。
ボリビアの米ははっきり言って不味い。
中南米の美味しくない米に慣れているハズなのに,はっきりと際立つ不味さ。とにかく食感が無い。パサパサでカスカスで,舌と上あごでつぶせるくらい食感が無い。
関連記事

 

カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サポート